HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
『US FESTIVAL』でヘッドライナーをつとめた時のVAN HALENのアルバムはこれだ!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

diver down 

 VAN HALENの凄さを垣間見るのに最適なのが、83年の3月29日に、35万人を動員したUS FESTIVALであろう。

ファイル0095 
  『US FESTIVAL

 このフェストで彼らはヘッドライナーをつとめるのである。 

 彼らの人気の凄さはデビュー当時から既に爆発していた。

 デビューアルバムからチャートの19位に送り込み、セカンドは6位,サードアルバムが6位,4枚目のアルバムが5位,そして5枚目のアルバムが3位を記録した。

 売り上げはファーストから1000万枚,500万枚,300万枚,200万枚と凄まじい記録ですらある。

そして今回紹介する5枚目のアルバムのDIVER DOWN400万枚を売り上げるのである。

ファイル0374


 大抵のアーティストは、だいたい2枚から3枚のアルバムを売って、それから次第に売れなくなる…というパターンがほとんどであるが、ことVAN HALENは例外なのだ。

 日本での人気も凄まじく、最盛期は89年で、来日公演において東京ドームでの単独公演を2日間敢行してなおも日本武道館での公演を実現している。 

 これはBON JOVI以上の偉業である。

bon 85 
     BON JOVI

 その彼らの最初の偉業としてUS FESTIVALでのヘッドライナーをつとめた時のことを紹介するのに、やはり当時のタイムリーなアルバムのDIVER DOWNを述べるのが良いと思う。

●”(Oh) Pretty Woman”(全米12位)
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=JcB-BRSnlf8 

 この曲こそが、このアルバムの代表的な曲である。 

 彼らは、デビュー当時から他のアーティストのカバー曲を多くしてアルバムにも収録してきた。

 このアルバムも例外ではなく、KINKSのカバーである”Where Have The Good Time Gone”や、このロイオービンソンのカバーも収録されている。

 しかし、この曲を聴けばすぐさまVAN HALENだ、と心が反応してしまうようにオリジナルを超えるほどのヒットとなってしまったのである。

●”The Full Bag”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=18ZE4J_oCrQ

 このフレーズ、畳みかけかた、そして燦然としたアレックスヴァンへイレンのドラミング音は、この後デイヴが脱退してからサミーヘイガーが加入してからのVAN HALENにも受け継がれた特徴的な音である。

ファイル0373 
アレックスヴァンへイレン

 こういった特徴的なメロディは、バンドにとっては貴重な財産である。

 この曲を聴いてもアレックスヴァンへイレンのドラミングの凄さ、技能の高さが窺われるというもの!

 ここ日本で、彼の偉大さが強調されなさすぎなのが不思議でしょうがないのであるがどうだろうか?

●”Little Guitar”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=YX1f9nEe4Kw&feature=fvwrel

 今や、新人が完成度の高いアルバムを出すのは、何ら珍しいことではなくむしろ当然のことになった。

 80年代には、最初は荒削りだが徐々に新人離れしていく音を作りだすのが当然であった。

 このVAN HALENのアルバムはまだ粗削りである。

 しかし、それは下手というのではない。 

 荒削りと下手とは違う。

ファイル0371 


 しかし、その荒削りさが一般のファンとの心理的な距離を近づけるのだ。 

 あまりに完成度の高い音をはじめに作ってしまうとその心理的な距離が遠ざかる気もしないではない。

 しかし、この曲もアルバム収録の”Where Have The Good Time Gone”にしても単なる普通の曲になりかねない作りであるが、エディの独特のメロのおかげで聴き手の心を鷲掴みにしている。

その効用で、私もこのアルバムを20年以上愛聴しているのだ。

●”Secret”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=peZbLN7dOig

 この曲は、 “Cathedral”というエディヴァンへイレンのギターのみのインストに導かれて始まるのだが、そのピッキングをしない、フィンガリングとハンマリングの組み合わせだけの音色しかないが、非常に幽玄でゆらりとしたメロディにうっとりとなる。

 それのメロディは、NIGHT RANGERMIDNIGHT MADNESS収録の”Rumour’s In The Air”の出だしにそっくりで、これを弾いているブラッドギルスが、その“Cathedral”を参考にしたとしか考えられない。

midnight madness 
MIDNIGHT MADNESS

非常に他のアーティストに影響を与えたのだ。

しかし、91年に発表のFUCKアルバムには、電気ドライバーを使用した”Poundcake”というシングルがあったが、これはMR.BIGポールギルバートの方法を真似したのだ。

fuck.jpg 
     FUCK』 

 エディは、その独自の技法であるライトハンドが世界的に有名なギタリストであるが、その地位に甘んじることなく、どんなことでも取り入れるその柔軟性には頭が下がる思いがする。

ファイル0371 


 なにはともあれ、94年において、VAN HALEN初のベストアルバムが制作され、その際に新曲を2曲それに付け加えるに際し、デイヴリーロスが戻りレコーディングをし、「ついに待望の再加入か!?」と騒がれたにもかかわらず、エディヴァンへイレンとの確執でまた別れてしまったが、ついに昨年にデイヴがもどったフルアルバムが制作され、そのラインナップでの世界ツアーが敢行される運びとなってファンにとっては嬉しい限りである。

 日本でのツアーも予定されているが、ファンには残念ながらチケットは全公演売り切れになってしまった。

 これではダフ屋が儲かってしまう(笑)

 そのデイヴがいた最初の頃のアルバムで、聴いておかなくてはいけないアルバムが、このDIVER DOWNであろうということで今回紹介させていただいた。

★この全米3位を記録し、400万枚を売ったアルバムはコチラ!
  ↓
diver down

20110619100611.jpg


★国内盤はコチラ!
  ↓
diver down

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

スポンサーサイト

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

SUMMER NIGHTS! 夏にヴァンへイレン!

515.jpg 

夏だ!海だ!サマーフェスティバルだ!

 

 とバカ騒ぎしたい、そんな気分の今日この頃であるが、こんな日和にはどんなハードロックのアルバムが聴きたいだろうか?
私は、サラリーマン兼スポーツマン兼ブローガーである…ってそんなことだれも訊いてませんが(笑)

 今日この頃の日程は仕事終わった後に数kmを全力で走り、そのあとに数種類のアスリートトレーニングのメニューをこなす。汗びっしょりである。

 そして、帰宅してシャワーを浴びる、そこでスカッシュを飲りながら、オーディオをかける。その時、かけていて最高の気分になるのは、なんといってもVAN HALEN5150である!


 このアルバムは、前作までシンガーを勤めていたデヴィッドリーロスがぬけて、サミーヘイガーが加入し見事、全米NO、1を獲得することになる。

 前作の1984は惜しくも2位に甘んじてしまう。

 それは、今までに全世界で1億4000万枚の売上を記録し、今でもこの記録は破られていないマイケルジャクソンTHRILLERアルバムに阻まれてしまったからだが、そのTHRILLERVAN HALENのギタリストのエドワードヴァンへイレンがゲスト出演していたのは、なんとも皮肉であった!

 ちなみに、 1984アルバム収録の“Jump”全米シングルチャート3週連続で1位を獲得した。
その困難をのりこえてアルバム初の全米NO.1は彼らも、嬉しさひとしおであったろう。



 
 蛇足ながら、ヴァンへイレン兄弟は、かの、世界でハリーポッターよりも売った話題作の本「金持ち父さん、貧乏父さん」で有名なロバートキヨサキが発明した、マジックテープを使ったナイロン製サーファー用財布の使用者であった。

 
ヘイレン兄弟
はサーファーだったようだ(詳しくは、ロバートの著『金持ち父さんのファイナンシャルIQ』参照のこと)(ロバートキヨサキ) robert kiyosaki

 

 この5150であるが、

 強調したいのは、シングルヒット云々よりも、全体的な曲の良さである!

 VAN HALENのシングル曲はどれも良いが、アルバム1枚通して聴けるものといえば、なかなかないのである。

 『DIVER DOWN』アルバムもなかなかいいが…。

 こういった理由で、かれらのは、スタジオアルバムよりもどうしてもベストアルバムのほうに手がいってしまうのである。

そういう思いでいるのは私だけではないはずだ。それはVAN HALENのみならずDEF LEPPARDや最近のBON JOVIにも当てはまる。シングルカットされる曲は最高だが、1枚通して聴けるアルバムが少ないのである。


       だが,こと5150に関しては、事情が違う! 5150.jpg
   佳曲揃いである!
 
 始めの“Good Enough”から疾走感のあるスピードナンバーであり、その曲でアレックスヴァンへイレンの畳み掛けるようなバスドラとシンバルが気持ち良いドラミングにエディのスウィープピッキングが折り合わさって快感度がなんともいえない具合に増すのだ!


 私の特に好きなこのアルバム収録の曲は、 “Dreams”“Love Walks In”である。

 “Dreams”はスピーディな曲である。

 透明感あるエディのキーボードに、それになぞるようなアコースティックギターがかぶさるイントロで始まるが、この時点で、すでにこの曲の世界に引き込まれるようだ!

 甲高い声で歌うサミーヘイガーの声によってさらに新しい世界観が開ける。そこに、またエディのこれぞといわんばかりのライトハンド奏法のギターソロを聴いていると、もう胸が熱くなる!




 “Love Walks In”は名が示すとおりバーラードである。 

 サミーの叙情的な声に、ふくよかで奥の深いキーボード音に、エディの強いギターリフがかぶさりさらに彼独特のフレーズがあるソロが入ると,感動のあまり声が出なくなる!

 上手いだけではない。独特のものをもっているのだ!

 その他、このアルバムには、数曲スピードナンバーが収録されているが、その曲の良さを増す要因になっているのは何といっても、エディのギタープレイである!

 荒削りながらも整序さがあり、しかも彼独特のフレーズがあり、一度聴いただけで、彼とわかるものを持っているのである 
 
 これは貴重な財産である!

Love walks In(『LIVE WITHOUT A NET』より)




先にも書いた通り、このアルバムは佳曲揃いのアルバムであり、しかも夏に聴くと大変に気持ちの良い快感が得られるアルバムでもある!

 そういったアルバム発表後に行われたツアーの模様はどうしても、オフィシャルビデオ(DVD)としても発表して欲しいと思うのは、ファンとして当然の心理だろう。

 BON JOVISLIPPERY WHEN WET
 RATTDANCING UNDERCOVER
 WHITESNAKESLIP OF THE TONGUE
 
JUDAS PRIESTPAINKILLER
 
NIGHT RENGERBIG LIFE

 
それぞれの発表直後のツアーを収めたオフィシャルライブDVDが出て欲しいと思うのだが、なかなかどうして人生自分の思い通りにいかないもので、出ていないのである。なんとも残念至極である。 など

 しかし、

 この5150発表後のツアーの模様を収めたライブDVDLIVE WITHOUT A NETがあるのは、自分にとって嬉しいことこの上ない!しかも、 5150からの選曲が一番多いのも非常に嬉しい。

 今でも、私は愛観している。非常に出来の良いライブDVDである!

 
アメリカンロックここに極まれり!

 そう叫びたくなるのである。そう思うのは、私だけではないであろう。大勢の人間がそう考えているからこそ、86年発表というにもかかわらず、未だにavailable(入手可能)なのである。

Best Of Both World(『LIVE WITHOUT A NET』より)



 van halen
 蛇足ながら、85年発表BON JOVIのライブDVDWELCOME BACK TO TOKYO ROADですら早々と廃盤になっている。

 このようにライブビデオは生産の寿命が短いのである。

 夏休みにヒットしていた曲は、いつまでも思い出に残るのではないだろうか。

 

そして、もう1つのシングルがこれ!

Why can‘t This Be Love



 それくらい夏というのは特別なものである。

 このVAN HALENのアルバムやライブDVDで特別な夏にしてもらいたいものである!これを読んだひとは、この気持ちを汲んでもらいたいものである。このアルバムで、夏を気持ちいいものにしていただきたいものである。

 聴いたことのないない人も、VAN HALENにそんな音楽があるということを心に留めておいてもらえたら嬉しいです。

 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 ショッピングコーナー

    



<『5150』ツアー時のセットリスト>

There 's Only One Way To Rock
Summer Nights
Get Up
Drum solo
5150
Best Of Both Worlds
Bass solo
Panama
Love Walks In
Guitar solo
I Can't Drive
Ain't Talkin' 'Bout Love
Why Can't This Be Love
Rock 'N Roll
 



メルマガ読者さん募集!  

 読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

10月16日17日 KORNOZZYがそれぞれヘッドライナーに決定したLOUD PARK

16日HALFORD、STONE SOUR、ACCEPT、RATTなど
17日MOTORHEAD、AVENGED 7FOLD、ANGRAなどが参戦決定!
その他の、参加バンドは以下を見てチェック!

loud park



11月30日 12月1日 東京ドーム公演が決まったBON JOVI!
BON JOVI


チケットはこちらからどうぞ!





テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト