HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
(祝)WINGERのサードアルバム=『PULL』のアナログでの再発決定!
【PR】美脚を目指す人のためのエステサイトの紹介です!

僕は、ダイエットについて勉強しているのと同時に育毛についても勉強しています。

ダイエットにも育毛にも共通して言えるのは、


 『サロンだけに通っても効果はない』


 ということです。

体内部をよくするために、食べるもの、飲むもの、エクササイズ…etc

 体外部をよくするために、マッサージ…etc

そして精神論…etc

 とその詳細についてすべてをここで書くことはできませんが、やはり日々の行動の積み重ねが、ダイエットや育毛に成功を導くのです。

GRP_0393


決してサロンだけに通っていて叶うものではないことはお断りしておきます。

しかし、ダイエットにしろ、育毛にしろ、全部が全部サロンが悪いのか、というとそうではないことも確かです。

 育毛サロンでヘッドスパをしてもらうことによって毛穴を開けて、毛穴に詰まったアブラを除去してくれるのです。
これは育毛に良いことは間違いありません!

事はダイエットにも同様のことがいえて、サロンにおいて外部からのケアが、肌をきれいにし、脂肪を除去してくれることは間違いないのです。

しかし、それだけで満足してくれては困ります(笑)

先にも書きましたように、育毛にしろ、ダイエットや美容にしろ、日々の行動の積み重ねが大事なのです。

 サロンに通うだけではいけないのです。

 日々行動を重ねて、サロンでケアをしてもらう、そのことでダイエットや美容に相乗効果を生むのです。

sekkushi


 そのことを銘記しておいていただければ、僕の喜びはこれに堪えません。

 そのことがわかったの貴女には、以下のダイエットサロンをお勧めしたいです!

⇒美脚時代コース




pull


きたる4月13日WINGERのサードアルバムであるPULLが再発販売される運びになった。

しかもアナログLPでである。

このアルバムは、発売から10年くらいたった『BURRN!』誌上で、「グランジの要素とハードロックを上手く融合させた傑作」というような書き方をされていた記憶がある。

このサードは、ファーストやセカンドと比べてそんなに売れていなかったから長らく廃盤になっていてもなかなか再発されなかったのは予想がつく。

ファーストは話題になっていたからCDで買い、セカンドは友人に借りてダビングしていたからCDは買わずじまいであった。

しかし、2014年KAWASAKI ROCK CITYに出演して、直に彼らのライヴをみてものすごく感動し、急遽セカンドもCDで買い、そしてサードも買おうとしたが廃盤になっていたので仕方なくネットで中古で取り寄せて聴いた。

しかし、その同じ年の暮れにWINGERは同じく『KAWASAKI ROCK CITY』の第2弾として来日公演をおこない、私はそれにも足を運んだ。

しかし、その時演奏されたのはこのPULLからは“Down Incognito”が演奏された。

しかし、妙な気分になった。

廃盤のアルバムからの演奏ということである。

これまで私はいろんなアーティストのライヴに行ってきたが、廃盤になったアルバムからの曲を演奏されたことはないからだ。

それは昨年のLOUD PARKに行った時も同様であった。

iikalouper


これにWINGERは出演したが、そこでもこの“Down Incognito”は演奏された。

この時はものすごくうねるようなキップのベース音が印象的だった。

曲をよく彩るに最高の音色だったのだ。


しかしこの時も、廃盤になったアルバムからの~という気持ちがよぎったのだ。

妙な気分になったのだ。

まあこれまでいろんなアーティストが公演をおこなって、いろんな曲を演奏したが、それぞれのバンドは、このように廃盤になったアルバムからの曲を演奏することもあっただろう。

そういう時の感慨はどういうものかを教えてほしいものである。

さてそのPULLの内容であるが、私は聴きこんで好きになった記憶がある。

ファイル0037


一発で惚れるのはやはり派手でキャッチーな音をしている音楽になりやすいが、そうではなく実に荒涼としたアメリカンな風景が思い浮かぶのがこのアルバムの特徴とっていいだろう。

93年に発表されたアルバムであるからして想像しやすいのは、グランジの影響である。

それの影響を見逃すわけにはいかない。

そういう要素を融合させてアルバムを作った例は多くある。

しかし、そのことについて、「今はそういう時代だからそうせざるをえなかった」だの「レコード会社からの要望で仕方なくこういう出来になった」というあからさまなコメントをしたアーティストは私の知る限りないのだ。

直截的に言うのは業界内ではタブーなのかもしれない。

しかし真の目的が何であれ、このアルバムは実にいいアルバムに仕上がったと思う。

当時の暗めの要素を取り入れたとはいえ、それを佳曲に仕上げるには、多様な能力がなくては様にならないのは言うまでもない。

それを難なくこなしてしまうのだからこのバンドのシンガーや他のプレイヤー達は多彩な能力の持ち主である。

PULLの内容についての詳細は以下。
  ↓
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51225349.html


しかし、昨年のLOUD PARKをみながら感じたのは時代の流れの予測不可能さである。

私がWINGERを本格的に聴いていたのは90年から91年ころである。

そのころは、ハードロックの嵐はまだ吹いていたし、WINGERはセカンドを出して大物バンドの前座を務めたりで、話題性に事欠くことなく順調にアルバムもプラチナに達した。

昨年のLOUD PARKに出演したOVERKILLも同時期に露出度も高めであったが、WINGERのようにプラチナディスクを獲得はせず、おろかゴールドにも達していなかった。

kirisugi
OVERKILL 90

それから後も、OVERKILLはどのアルバムもゴールドプラチナも獲得していない。

同じくSLAYERSEASONS IN THE ABBYSをリリースし、それに伴うツアーもこなしていたがゴールドに達していただけであった。

seasons.jpg
SEASONS IN THE ABBYS

これまでSLAYERが出したアルバムは4つゴールドに達しただけである。

しかし、昨年のLOUD PARKではヘッドライナーになり、当然観客からの歓声では一番の反応をされていた。

romGRP_0083


SLAYERALICE COOPERが後順のイベントということもあり、同類に分類されるOVERKILLの反応もすこぶるよかった。

サークルピットもできていた。


しかしこのイベントではWINGERの方が先に出演し、反応でも負けていたのは明白であった。

これを歴史の皮肉といわずしてなんと言おうか?

93年以降の空前のヘヴィラウドブーム、ハードロック勢の後退、しかもその傾向はいまだに続いている。

だからこそ『LOUD PARK』はあり得ても『HARD PARK』なるものはないのだ。

WINGERは、1度解散しブランクがあったこともあった。

wink


解散と同じくメンバーのソロアルバムを出しての休止をしたりなどもするとどうしてもファンは離れてしまうものだ。

しかし、SLAYERは敢然と活動を続けてきた。

それも今のこのバンドの地位の確立に役立っていることも間違いない。

それにヘヴィラウドのブームの継続も相まってのことであるが。

しかし、いくらヘヴィラウドのブームの継続といえども、そういったバンドの熱烈なファンにはなれない、あるいはファンになれてもそんな多くのバンドのファンにはなれないという人はいるだろう。

そんな1人が私である。

だがヘヴィメタルも魅力を有しているのは間違いない。

それに、ヘヴィメタルを聴き続けているとどうしても、その魅力をハードロックにも盛り込んでほしいという要求が必然的に心から出てくるものなのだ。

人間だれしも保守的なのだ。


そういう面があるゆえに、やはりそういう特徴を有したハードロックの佳作としてこのWINGERPULLは人さまに勧めれるだろう。

しかし再発とはいえ、なぜかアナログのみである。

アナログはこのPULLのようにヘヴィで渋めの曲を堪能するには最適なのだ。

anarogusikou


そのことに頷いてもらえる人には、今回のこのアルバムは是非とも勧めたい!

私も予約した。

このPULLのアナログは以下よりどうぞ。
  ↓



Pull -Hq- [Analog]

aota

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム




 




【PR】睡眠はダイエットにとても大事です!『NO!ストレスダイエット』の紹介です!

今回は、有名な清水一成さん『NO!ストレスダイエット』を紹介します。

ダイエットにおいて睡眠は重要です。


夜更かしして、朝遅く起きるなんていうのはダイエットの敵です。

夜きちんと寝ることで、痩せやすい体を作ることにつながるのです。


脳を休める、身体を休める、ホルモンを作る、身体を作るうえで睡眠は欠かせないものです。


寝ている間に肝臓が活躍してくれるのです。

sarondayo


起きている間には、肝臓の働きは寝ている間にはかなわないほどの活動しかしないのです。

肝臓はいろんなものを分解してくれるものですから、睡眠は充分にとらなくてはいけないのです。

かといって、9時とか10時とかまでに寝ている、というのもダメです(笑)。

起きている間は、交感神経が活発になりますから、その時間に寝ていては体温が上昇しないままに終わってしまいます。

hadareya


そうなると冷え性の原因にもなります。


冷え性はダイエットの敵ですよね?

ですから、ダイエットには熟睡をして、朝はきちんと起きることが重要なのです。

そういった行為が重要であると清水さんは申しています。

清水一成さん
『NO!ストレスダイエット』に興味のある方は以下よりどうぞ!
   ↓


スポンサーサイト

テーマ:おすすめ - ジャンル:アフィリエイト

全米、カナダ両方でゴールドディスクを獲得したDAUGHTRYのサードアルバム=『BREAK THE SPELL』
【PR】もう一回女性の男性受容の具体的方法! 

 みなさん、こんにちは!

前回は、「男性を受容できない女性が、男性を受容出来るようになるためにするべきことの1つ」を書きました。

 
今回は、もう1つについて書きます。

もう1つは、


 意識変革の心理学…「自分は人から受容されてしかるべき人間なんだ」ということを心の深層に訴えかける心理学の本をたくさん読むのです!
 
 通勤途中や休み時間、休暇の日などにたくさん読みまくるのです!


 こういったことを繰り返すと、自然と自分に自信が持てるようになるのです。

 その期間は、…そうですね3カ月、6カ月、1年と人によって様々ですから一概には言えないですが、共通するのは3日とか1週間などの短い期間では無理であるということを明記しておきたいと思います。


 このように長期間の日月が必要ですから、本人の「人とくに異性を受容したい!受容出来るようになりたい」という意思が不可欠なのは言うまでもありませんが…

syouzaiyou



 このように、人が精神的にある状態から回復するにはどうしたらよいか、を文書の形で残して、それを後続の人間が参考にして実行する…これを科学の効用であるとボクは認識していますが、こういった人間の叡知の力には脱帽です!


 実は、ボクも極度の自己卑下に陥り、人を受容出来なくなっていた時期がありました。


 そういった状態から抜け出すのに非常に役立ったのは、こういった自己変革の心理学といったモノの本を無数に読んだことですね。

 こういった人生を送ってきてしまったがために、人を受容出来ないし、自己卑下している…この状態を治すためには、どういった心理状態を保つのが良いのか?

 どういった人との関係を築くのがいいのか?

 本等を参考にして行動してきました。

 長い期間ががかりましたが、人と良好な関係を築けるようになり、友人もたくさんでき、今こうして異性である女性に癒しの空間を提供できるまでになりました。

benunmei

 このように、今の現状を分析してどういった行動をすればいいのかを考えて行動する

これが、一番賢明な方法であると思います。


 宗教に凝っている人は、「この宗教にはいって祈れば必ず叶う!」なんていう人がいますが、そういった言葉を聞く度に苦笑せざるをえないんですね(苦笑)

 男性を受容出来ない女性がこの宗教にはいって祈ってるだけで男性を受容できるようになる…そんなこと絶対にあり得ません!(笑)

 私もそういうことを言う宗教の人に勧められたように必死に祈ったものの、そういったことが解決したためしがないんですね(笑)

 そういうと、その宗教の人は「祈りが足りなかったから」などというのですね(笑)

あんなに必死に祈った人がそれでは可哀そすぎます!(笑)

 宗教によって男性を受容できるようにはなりませんから、深層心理に長い期間訴えかける方法をおススメします!(笑)

 それはどのくらいかは、人によって違いますから、敢然と○ヵ月などとは断定できません。

 人によって違いますから、長期間頑張ってください、としか言えません。


 また、男性を「女性をいやらしい目つきで見るケダモノ」あるいは「自分を精神的に肉体的にいじめる最低の存在」という誤った認識を改めたいという女性にとって、一番の強敵はやはり、

「女性をいやらしい目つきで見る男」や「自分を貶す男」ではないでしょうか?

 やはり、ボクも激しい自己卑下から立ち直る途上で、一番の強敵は「人を貶すことしか知らない無神経な人間たち」でした。

 こういった人間が、精神的な回復の途上で一番邪魔になるのですね!

 こういった人間は、どこにでもいますので、気にせずに、そういった本をめげずに読み続けることをおススメします。

 その苦労を乗り越えて獲得した「男を受容できるようになった自分」はかけがえのないものです!

 大いに自分を誇り、これからの幸福の人生や生活を謳歌していってもらいたいものです!


 ●そんな、自己も男性も受容できるようになった女性におススメなのが以下の商材です!
   ↓

【脚痩せるんるん、美脚の創り方】

GRP_0393

コチラ→http://infotop.jp/click.php?aid=169091&iid=24314




spellwokowas.jpg


人間というのはどうしても年齢を重ねると同じことに拘泥してしまうものだ。

例えば、決まった人としか付き合わなくなる。

決まった趣味しかしなくなる。

決まったモノしか食べなくなる。

音楽も同様である。

決まったアーティストばかり聴くようになってしまう。

音楽を聴くことに目覚めた当初は、なんでも気の赴くままいろんなアーティストを聴いていたにもかかわらず。

でも、いろんなものを聴くうちに、徐々に自分の好みが形成されていって、本当に好きなものがわかるというのは否定できない事実であるし、そういう経路をたどるのは誰もが必然であるが。

しかし、そればかりに拘泥していると思わぬ損をすることになる。

私は、2006年TOWER RECORDSの店内で、DAUGHTRY“It's Not Over”が流れているのを聴いてすぐに欲しくなって、その場でこの曲収録のアルバムを買った。

GRP_0122.jpg


それで、このアルバムにぞっこんになったが、それからは、80年代に好きになったバンドを中心に聴くようになり、DAUGHTRYのデビュー作はあまり聴かずにいた。

そしてそれから何枚かリリースされるのをネットからの情報で知っていたが、見向きをしないでいた。

それが過ちだったのだ。

このバンドの2011年発表の3rdアルバムBREAK THE SPELLのDVD付きアルバムが廉価で販売されているのをネットでみて、これは逃してはなるまいと急いて買って、さっそく聴いた。

GRP_0109.jpg


そしたらどうだろうか?

アルバム最初の曲から出てくるオーラ全開のボルテージ全開のパッション全開の演奏と歌唱に圧倒されまくりになってしまったのだ私は!

何故、こんな素晴らしい、いや素晴らしすぎるアルバムを聴かずに今まで来たのだ?

と自分を責めてしまったのだ。

これは素晴らしい、いや素晴らしすぎるという形容がぴったりだ。

デビューアルバム以外に買わずにいたDAUGHTRYのアルバムも早速買い集めたのだ。

でもこういった失敗経験が、本人とその趣味との絆を強くする結果になるのであって別段そういう経験を批判したりしないでほしい(笑)

いい方を変えれば、毎回親から好きなだけお金をもらって、好きなものを毎回買っていては、こういう絆は生まれないにちがいない。

であるからして、ちょっとハングリーなほうが趣味には最適なのだ。

ちょっと脇道にそれてしまったが、さっそくこのアルバムの内容に入っていこう。

最初は“Renegade”という曲から始まる。

こういう名のバンドが20年以上も前に北欧からデビューしていたが、そのバンドはどうなったのだろうかと思った。

おそらく解散か、もしも続いたとすれば、ちょぼちょぼとしているに違いない。

もしこのバンドが良き活動をしていたとすれば、このサイトで紹介したいものだ。


●“Renegade
  ↓





https://www.youtube.com/watch?v=PfypxzUF1y4


聴いたとたん「何だこのパッションの高さは!」と驚異に思った。

これほどのパッションを出して歌えるアーティストが今のハードロックにいるか?と思われてならなかった。

人間とはどうしても時代の雰囲気に左右されざるを得ないわけで、景気がいいときにはパッションの高い曲を作り演奏し歌う。

しかし、不況期になればパッションは落ち、演奏も歌も気落ちしたものになる。

そういう喜劇を私はいくつも見てきた。

しかし、そんなにいいとは言えない今のご時世においてよくもこんなパッションのあふれる曲を作り、演奏からもものすごいオーラが出るんだ?と驚愕の思いでいるのだ私は。

この音楽を聴いたとたん、86年TOP GUNのテーマソングを思い出した。

topgun.jpg
TOP GUN

TOP GUNはこの年のアメリカ最高の興業収入を上げた映画で、ケニー.ロギンスがメインテーマを歌っている。

やはりそういった最高の興業収入の映画のテーマソングを歌った曲からはものすごいパッションを感じるのだ。

不思議だがそういうものだ。

しかも、当時のアメリカ経済はバブルの全盛期、音楽ももちろん最高の好景気のさなかにあった。

そんな当時にタイムマシンで戻ったかの錯覚をしてしまったのだ。

そんな気がするのは、私だけではないだろう。

クリス.ドートリーの声は、ケニー.ロギンスのと似ているのもここで発見した。

kennyrog.jpg
ケニー.ロギンス

クリス.ドートリーのみならずドラマーからのオーラも凄まじい!

そして第一シングルになった“Clawling Back To You”につなぐ。

泰然自若的な演奏スタイルだが、非常にパッションの高い曲だ。

私が88年BON JOVIを見て、ハードロックにのめりこむことになったのだが、そのせいかこういうアメリカンな雰囲気満載なロックはどうしても耳をそばだてて聴いてしまう。

アメリカのアーティストが、その土壌でそれに見合った音楽を体現する。

それ故にか非常にいい雰囲気を醸し出している。

BON JOVIにみならずHARDLINEもこういう音楽を体現しているのだ。

感情的に歌うクリスにも好感が異様に高まる。


●“Otta My Head
  ↓




https://www.youtube.com/watch?v=6ElIXnmw5-U


次もシングルカットされた“Otta My Head”だ。

この曲でも相変わらずパッションのみならず、テンションが高い。

このクリスという人は、人をイニシアティブで引っ張っていくタイプであることに間違いはない。

dotrybang.jpg


ここまでやる気だして、高めのテンションを維持するのは並大抵の能力ではない。

NICKELBACK“She Keeps Me Up”のような曲だ。

GRP_0036.jpg
  NICKELBACK

このバンドもDAUGHTRYと一緒だ。

シンガーがバンドを引っ張っていきおのずとバンドのテンションを上がらせる。


●“Start Of Something Good
  ↓




https://www.youtube.com/watch?v=WKsyxZWQ_g0



次もシングルカットされた“Start Of Something Good”だ。

これはバラードであるが、聴いてすぐにDAUGHTRYとわかるアイデンティティたっぷりの曲だ。

テンション高めの曲も、こういうエモーショナルなバラードも非常に巧みに作り、歌い、演奏もこなす。

非常にレベルの高いミュージシャンの集まりだこのバンドは。

こういうストリート系のバラードには私はとことん弱い、いや弱すぎる(笑)

この曲を聴いた後の何日かは、このバラードが脳内に去来しては離れないのだ。



素晴らしい事象だ。

これまでしょはなから4曲まですべてがシングルカットされたのだ。

この時世で4つのシングルカットがなされること自体凄いが、いずれも佳曲だからに他ならない。

しかし、それからの曲は駄曲なのか、そんなことはない!

順次見ていこう。

次は“Crazy”だが、これはミドルテンポであるが、相変わらずパッションの途切れないクリスのヴォーカルに注目せざるを得ない。

GRP_0111.jpg

その哀愁漂うミュージックに惹かれ、そのままクリスの声、そしてオーラの出るミュージックには魂が引かれるようだ。

そしてまたミドルテンポの“Break The Spell”につなげられる。

しかしまたもパッションが途切れることはなく、聴き手の魂が引き入れられてしまう。

この曲の歌メロや、ギターのメロがNICKELBACKのに似ているいるのに気づいただろうか?

ゆえに時折NICKELBACK“Lullabye”を聴いているような錯覚にとらわれるのだ。

その慟哭に似た奏法もだ。

GRP_0131.jpg


曲展開にもそんな錯覚をしてしまう品位を持っているのだ。

次の“We're Not Gonna Fall”にもその品位は引き継がれる。

そして寒冷な大地をみおろしながら朝を迎えるような錯覚に陥る澄み切った空気が曲全体を覆う“Gone Too Soon”は最高のバラードだ。

澄み切った空気を彷彿とさせるものでも、聴き手のテンションを下がらせないためのドラミングのリフの連続攻撃やアコースティックギターのそれも非常に巧みだ。


完璧に一流のミュージシャンの集まりなのか?などと即座に思わせるほどの作曲の巧みさがまたこ憎いほどだ。

こういったバラードがあると思いきや、ソフト観のある憩いのバラードもあるからバラエティさも持ち合わせているミュージシャンであることも発見できる。

それが次の“Losing My Mind”“Rescue Me”だ。

ここまでバラードが続いたらさすがに退屈してしまうが一切そういう事はないから脱帽だ。

そして次にアップテンポの“Louder Than Ever”に入って気が高揚させられる。

カッコイイギターリフとメロと曲展開に安堵の思いになる。

そして次の“Spaceship”で幕を閉じるがこの曲もミドルテンポだが、非常によくできた癒しの曲である。

krisdaut.jpg


その雰囲気と曲のバラエティさはNICKELBACKそっくりだ。

このバンドのファンは、このアルバムを買った方がいいだろう。

いや買わなかったら損をする!といっても過言ではないだろう。

このアルバムは全米で8位、カナダでは13位になり、全米とカナダ両方でゴールドディスクを獲得した。

この時点でも来日公演は無しであった。

初来日は次のBaptized発表を待たねばならなかった。

しかし、DAUGHTRY2006年AMRICAN IDOL4位に入ったことがきっかけでデビューしたのだ。

beikokutaida.jpg


ならば、優勝から3位まではどうしてるの?と素朴な疑問が浮かぶだろう。

そこで私は調べてみた。

いずれも音楽でメジャーデビューしていたようである。

以下、優勝から3位までの人物で、()はこれまでに出したアルバム枚数で、隣はアルバムの最高位を示したものである。


テイラー.ヒックス(3枚)  最高2位
キャサリン.マクフィー(3枚) 最高2位
エリオット.ヤミン(6枚) 最高3位

そしてDAUGHTRYであるが、(4枚)最高1位である。

やはりアメリカンアイドルでの順位は関係はないようである。


●このアルバムは以下よりどうぞ!
  ↓



Break the Spell


このアルバムはスペシャルエディションも出され、それには2曲のクリップと5曲のアコースティックライヴを収めたDVDがついている。

それは他のアルバムとはジャケットが異なる。

それが以下である。
  ↓


Break the Spell: Tour Edition (+DVD)

vanyieGRP_0028


その他このアルバムに興味のわいたかたは、DAUGHTRY  BREAK THE SPELL「」内をコピーして、以下のサイトのうち、あなたのお好きなサイトにアクセスして、ペーストして「検索」ボタンを押して購入することをお勧めしたい。

いろんな国のいろんなフォーマット(CD,LP,SHM-CD、スペシャルエディションetc)がありますから、お好きなモノをお選びください!


 











HMVジャパン




一緒にいて好循環になる異性はいますか?

【PR】

酵素はダイエットには不可欠なものです。

ダイエットというと、どうしても、エクササイズ(=運動)と思われがちですが、確かにエクササイズは大事ですが、それだけでは、無理です。

血液中の脂肪には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、脂肪酸などがありますが、これらは、分解させなくては、脂肪細胞を肥えさせ、大量に脂を作り出させます。

分解は、エクササイズだけでは残念ながら完全にはできません。

僕自身、そういう経験があります。

全然、エクササイズだけでは痩せるのに限界がありどうしたらいいかわからず、情報をいろいろ調べていくうちに、こういう分解には、
【酵素】

が良いということを知り、早速試してみました。

そうしたらどうでしょう?

酵素を摂るようになってから、3カ月で8キロものダイエットに成功したのです。

そういった、「脂肪を分解してくれる成分」としての酵素は、どうしてもダイエットに成功したいかたには、どうしても大事なものであることがわかりました。

今や、ビタミンやミネラルや、酵素といわれる成分は、現代の野菜や果物、海藻からは摂取出来ません。

なぜなら、環境汚染や連作などの要因によって昔ほどのものがとれないのが、現代の現実のようです。

であるからして、現代人には、手っとりばやく摂取してもらうには、こういったものだけでなく、サプリメントからも摂るのが理想のようです。

その理想的なサプリメントとして以下のサプリを紹介します。

これは、169種類の酵素を粒にしたものです!

90粒入りで、1日に3粒摂るのがいいようです。

ですから、1ヶ月分です。

1ヶ月で1000円ですからお買い得ですね!

この値で、現代の果物や野菜、海藻からの不足を補えるのですから嬉しいです!

●お買求めのかたは以下からどうぞ




濃縮酵素パニックSOS【TVで話題の酵素ダイエット】






★おすすめのダイエット商材が以下です!
  ↓
Smart Diet -スマートダイエット-






みなさん、こんにちは!

今回は、異性間だけでなく同性間との関係を交えて考察していきたいと考えていきます。

社会に出ると、嫌な奴、一緒にいたくない奴はいますね!

こいつがいなければいいのに…などと愚痴をいってしまいたくなるような奴が職場に必ずいます。

でも、そこで愚痴らずに、「こいつを反面教師にして頑張ろう!」という意気込みで頑張っていきましょう!

それも社会勉強と思いましょう!

好意の持てない人間の特徴は、「礼儀ができていなく、人を褒めないのに失敗をしたときだけ文句を言い、態度が横柄で、どうでもいいことを自分流に人に強制する」というものです。

こういう人間はいつまでたっても友人ができなくて、社長であればいつまでも社員が根付かないです。

でも、そのことに当の本人は悩んでいないから信じれません!

好意の持てない人間と一緒に仕事をすると、

声が小さくなり、行動ものろくなり、頭の機転も効かなくなり、仕事の歯車が悪循環で回るようになります。


しかし反面、好意の持てる人間もかならずいるものです。

そういう人間の特徴は、「礼儀ができていて、人を必ず褒めれる、謙虚で、どうでもいいことのやり方など人の自由に任せる」というものです!

そういう人間と一緒に仕事をすると、

声が大きくなり、行動もキビキビとして、頭の機転も効くようになり、仕事の歯車が好循環で回るようになります!


仕事場では勿論、違う恋愛の場でもこういうようにモノが好循環で回る異性の人はいませんか?

いたら、その人とは相性は抜群のはずです!

付き合うべきと思いますよ、絶対に!

そういう異性がいる貴女には是非とも綺麗になってほしいです!

実はボクにもそういう人がいました。

waiwai



一緒にいると何もかも好循環になり、生活が楽しくなる…そういうカノジョがいたにもかかわらず、ボクの不徳で別れざるをえなくなってしまった…ボクの人生の汚点の一つです。

今、思えばその彼女の脚は綺麗でした。

その彼女との生活がただ好循環だっただけでは、その彼女に対して好印象の度合いがそれほど大きかったとは思わないです。

全体的にホントに綺麗でした。

特に脚が!

beautypropo



このように綺麗でいることは、男性にとって好印象を残すのです!

一緒にいると生活や仕事が好循環になる男性がいるという貴女!

そんなあなたには是非とも脚が綺麗になってほしいです。

綺麗な人がいて、良い感情を持つのはボクだけでない、男性全般の願いでもあります!

そのことを強調してこの項は終わりたいと思います。

今回はこれにて失礼いたします。

今回紹介の商材をもう一度!
    ↓



テーマ:こんなのいかかでしょうっ? - ジャンル:アフィリエイト

持ち前の良さとヘヴィさを融合させたWINGERの傑作アルバムはこれだ!=『KARMA』
【PR】男性は注意!女の子を傷つけるトラウマとは?

みなさん、こんにちは! 

 前回、「女の子を傷つける3大トラウマ」について話しましたが、その続きで、その3つ目「視線によるセクハラ」について話したいと思います! 

 男が思っているよりも、セクハラというのは女の子を傷つける、のですね!Y(>_<、) 

 いやらしい目で追いかける視線も立派なセクハラです! 

 綺麗な脚を男からジロジロみられる…それが続くと、女性は見られないように長いズボンをはいたりするようです! 

 ズボンによって空気が脚に当たらなくなれば、当然綺麗さを保つ効果はへってきます! 


kuvire



 脚に限らず、肌というのは空気に当たることが美しさを保つ上で、必要なのです。 

美脚に良くない、のみならずこれからの厚い時期にはズボンでなくてスカートをはいていたいものです。 

 それを妨げないように、男性諸君! 

 ジロジロと女性の美脚に目で追いかけないようにしましょう! 

 こういった言論というのは、より良き人間関係や社会関係を築くためにあるのです。 

 こういうことをやめた方が良い、ということが書いてあったら、それを自分の頭で吟味して、考えて、行動に移す、ということが大切であると思います。

 この場合でしたら、「いやらしい視線は女性を非常に精神的に傷つける」ということが書いてあったら、「そうなんだ、自分は気付いてなかったけど、知らず知らずの内に女性を傷つけていたんだ!」と反省し、それからは決してそういういやらしい目はしない! 

GRP_0074


 こういうことを、こういった言論(本、メルマガ、ブログetc)から学んでいってほしいですね! 

 言論は、悪い意味での「現状維持」のためにあるのではないのです! 

 良いように、行動を促すためにあるのです! 

 以上です!


【脚痩せるんるん、美脚の創り方】
コチラ→http://infotop.jp/click.php?aid=169091&iid=24314





今回はLOUD PARKに出演が決まったWINGERについてまた書きたいと思う。

iikalouper


しかし、WINGERが出る日のセカンドビルがEMPERORというのはやはり解せない。

売上実績が参加バンド中2位というわけでもないのに、どうして?と思わざるを得ない。

ならばALICE COOPERがセカンドビルになっても、いや考え方によってはヘッドライナーでもおかしくはないはずだ。

なのにセカンドビル…これではアリスに失礼だ。

前にEMPERORがセカンドビルになったことについて「過度な格上げ」と書いたが、そうではない。

正しくは「不相応な待遇」といったほうがいいだろう!

まあこれ以上書くとファンから反発を食らいそうだからやめるが(笑)、こういうイベントには、そういう不可解なことが往々にしてある。

もしかしたら、こういう順番を1人の采配で決めれる黒幕がいて、その人の1声で決まってしまうことがあるのかもしれない。

ゆえにEMPERORがセカンドビルになったのだろうか?

私がそういう黒幕になったら、必ずWINGERをヘッドライナーにしただろう。

wink


いや真面目にそうしてもおかしくはないほどの実力(作曲能力、演奏力,パフォーマンス力etc)があるのは確かだ。

ファースト、セカンドともに全米で実に100万枚以上を売っているのだ。

それに匹敵するほどの売り上げを上げているバンドは、このイベント中そんなにないはずだ。

今はハードロックの時代が終焉してしまっていてラウドなバンドが先頭にたっている時代だから、WINGER7番目の出場なのだ。

ハードロックの時代ならば、もっと後の順番だったはずだ。

このイベントでヘッドライナーを務めるSLAYERは、1つのアルバムの全米での売り上げは最高で50万枚なのだ。

kellyking


しかし長く活動を続けていたこともあり、アルバムの枚数も多いこともあり、早計の売り上げ枚数では圧倒的にWINGERよりも上なのは否めない事実だ。

しかし、今回出場するWINGERはハードロックバンドでありながら、ラウドなバンドには打ち負けない強靭なヘヴィさを備えていることは間違いない。

そんなアルバムとして、2009年発表のこのKARMAを紹介したい。

wingertokarma.jpg


始めの“Deal Wih The Devil”からして抑揚に溢れ、キャッチーなリフとメロディ満載のいい出来の曲だ。

レブ.ビーチのアーム奏法もギターキッズを一気に虜にする良い色を出している。

dougandreb

こんな曲で始まったら観客は喜ぶことこの上ない。

90年代初頭のようなハードロック全盛の雰囲気をそこかしこに感じれる曲だ。

レブの特徴的なメロに溢れたソロを聴いていると、この人の魅力がこのバンドの一翼を担っていることがわかる。


●“Stone Cold Killer
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=DStF4rMfobY


少しばかり抑揚に溢れてぐんぐん進んでいく次の“Stone Cold Killer”もつなぎとしては最高の曲だ。

この迫力こそはまさにこのバンドのメンバーのパッションを表しているかのようだ。

NICKELBACK“Never Again”のそっくりの出だしもいい!

sumithtyado.jpg


このアルバムには、これまでのWINGERにはないアプローチ法がそこかしこに発見できる。

岩のような塊が前進していくようなヘヴィさで押し込んでいくヘヴィさはまさにそういう品を持っているのだ。

次の“Big World Day”はさらにそのヘヴィさを前面に出している。

そのヘヴィさの中に、叙情的なコーラスの色を出しているのが、こ憎い演出だ。

このバンドのファーストやセカンドにあったキーボードの癒しの雰囲気で最初に、聴き手をノックダウンさせる演出はこのアルバムではとられていない。

それは、時代の売れる背景を察知してあえてバンドが、意図的にこうしたのかはわかりかねる。

しかし、ヘヴィな曲が続く。

しかし、そんな中でもハードロックバンドとしての誇りは忘れていないのがいい。

wingaanoossan.jpg


まるっきりヘヴィメタルバンドのアルバムに変えていないのがさすがと思う。

次の“Come A Little Closer”を聴くとそう思う。


●“Pull Me Under
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=vaTX5ofyLjo


また次の“Pull Me Under”は、すがすがしい清涼流れのごときメロを交えたスピーディな曲だ。

その魅惑的なメロを聴いていると思わず引き込まれそうな錯覚に陥る。

このバンドの曲風のバリエーションの多さには脱帽してしまう。

悲愴感溢れる次の“Supernova”のような曲ですらも、そのバリエーションの多さだけでなく、持ち前のメロメイカーの腕を生かして、聴き耳をそばだてる音を出しているからつい聴き進めてしまう。

伴奏内のリフだけでなく、ソロにもそういうモノが多く含まれているのだ。

バラードに弱い私がとことん勧めたくなるのが次の“Always Within Me”である。

初期のこのバンドのファンである人には“Without The Night”“Miles Away”などをバラードの場合に期待してしまうのが必然であるが、そうではなくもうそうバラードを歌う年齢ではないのを確認して、キップ.ウィンガーには大人のバラードを期待すべきなのだ。(今のバンドはこれらのバラードをライヴで歌っているが。)

kipwoget.jpg


この“Always Within Me”をバラードと位置付けるかどうか微妙なところだが、静けさの中からギターリフで速めの曲展開がなされ、希望に満ちたリフが跋扈するようになる。

そしてまたバラード調になる。

これは言ってみればパワーバラードになるのだろうか。

とことん恋愛感情に浸る曲展開になっていないのはバラードの好きなファンには物足りないだろうが、それはそれで好印象を残す出来の曲だ。

2曲後の“After All This Time”こそは、正銘のバラードといえるのだろう。

最近のBON JOVIのような西部の午後過ぎの居間の空間を想起させる癒し感のあるバラードに心から疲れが抜けていく感覚が来るのだ。


●“Witness
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=uRHK1U6dYW8


そして、最後の“Witness”こそは最大限人に勧めれるバラードだ。

このバラードはIN THE HEART OF THE YOUNG全曲披露のKAWASAKI ROCK CITYで最後のほうで演奏されていたが、その時余りの感動で身動き1つできなくなるほどの良い出来のバラードである。

kawasakihawaya.jpg


綺麗なキーボードの音で始まり、壮大な夜の広い海岸や都会のネオンの情景が脳内にあふれて覆われてしまい、感動のふちに立たされる。

こういう感動の渦中に引き入れられることはヘヴィメタルバンドにはない。

それが、やはり私がハードロックバンドに重きを置いてしまう理由だ。

こういうバラードの情景を味わうのに、キップの大人の声こそが、最大に合っている。


kippu

曲の良さを引き出している。

それがまたドラマティックな気分になってしまう。


こういう瞬間はとてつもなく私は好きだ。

こういう素晴らしい曲でアルバムを終焉できるのがメリットの1つだ。

このアルバムにともなう日本でのライヴはなしである。

しかし、ハードロックファンにはぜひとも聴いてほしい作品であることは間違いない。

きたるLOUD PARKへの期待も高まる。


●このアルバムは以下よりどうぞ!
  ↓



KARMA

 国内盤


カーマ

akiioGRP_0271.jpg



 











HMVジャパン





【PR】朝Hに最高のジェルはこれ!

このサイトに来ていただき感謝します。

前々回に、「朝Hのメリット」について話しました。

では今回は、その朝Hの具体的な方法について話します! 

これをする前に下準備が必要です。

彼が寝ている時に、シャワーを浴びます。


kyuudatt




そして浴び終わったら、タオルドライをせずに、そのままLCラヴコスメティックの、「プエラリア ハーバルジェル」を全身に塗るのです。

よく触られる、ヒップやバストには念入りに塗ります。

するとサラーっとしたジェルが、スーっと肌にしみ込んでいき肌がふっくらしていきます。

その「プエラリア ハーバルジェル」を使った女性のコメントは以下。

「彼氏が、すべすべしてて気持ちいい。ずっと触ってたくなる、と言ってくれました!」

ということです。

haabaru




プエラリアと言えば、バストアップには欠かせない植物で、バストアップのサプリには必ず入ってますね。

それに、触り心地の良くなる成分が入っているのでしょう。

LCラヴコスメティックスはその手の商品開発には余念がありませんから、期待大です!(笑)

僕も、次のHの時に必ず使ってみようと思います!

そのLCラヴコスメティックの、「プエラリア ハーバルジェル」はコチラからどうぞ! 
  ↓
LCラヴコスメティック

ここまで付き合いいただき感謝いたします。

次は、朝Hの2段階目を話していきます。

これにて終了します。

テーマ:おすすめ - ジャンル:アフィリエイト

『LOUD PARK』参戦を控えたWINGERの2006年の復活作品!
【PR】 ダメ男を好きになってしまう女性の心理学

こんにちは。

今日、久しぶりにエクセルシオールカフェに行ってブレックファーストを摂ってきました。

これまで、以前400円だったモーニングメニューが420円になってました。

ということは、完全に値上げですね。

すると20円値上げしていることになります。

これを計算したら、「もうエクセルシオールカフェくんのやめようかな…」なんて思っていた矢先、店員さんから、「当店のスタンプカードをどうぞ!」と言われ、コーヒー1杯につき1個のスタンプを押してくれて、それを10個ためたら、コーヒー1杯無料にしてくれる、というカードをくれました。

僕は、「上手いな!」と思いました(笑)。(・∀・)

便乗値上げで遠ざかっていきそうな客をこういったことを施してまた来させる…お客の心理を突いた非常に巧みな戦術だと思いました。

経営者の皆様、こういった巧妙なエクセルシオールカフェの戦術を学び、活かし乗り切っていきましょう!

さて、本題に行きましょう。

以前に、「女性は自分の父と同じような欠点をもった男を好きになってしまう」ということを話しました。

そうですね、言われてみればそうだな!と思うむきの人いるんではないでしょうか?

僕の知っている姉妹で、2人ともダメ男を好きになって、両方とも結婚生活が破たんして、結婚でできた子供と、その姉妹の両親と一緒に暮らしている…なんていうパターンも知ってますもの。

姉は旦那の子供たちへの暴力、妹は旦那の借金…あきれて声が出なかったですもの。

こういう精神的に欠陥のある人間を姉妹両方とも好きになって結婚してしまうから参りました。

男なら理性でもって、「こんな男と付き合ったらだめだから一緒にはならない!」と合理的な判断ができるけれども、女はそういった判断をすることが非常に不得手です。

欠陥のある父親だけれども、そんな父でも好きにならなければ、生きてはいけない…そう思って無理やり欠陥のある父親を好きになろうと努力した結果、そういった同じような男を好きなってしまう。

ムラムラっと惹かれてしまう…完全にまいってしまいますね、僕は。

理性よりも感情が優先してしまう。

「話をきかない男、地図が読めない女」とはよく言ったものです。

しかし、僕が小中高の12年間の中で、8回同じクラスになった女性については、恋愛の対象には正直なりませんでした。

顔はかわいい部類に入る人ですが、何回か同じ遠足のグループになったり、同じ班になったりしましたが、いつも言い争いが絶えませんしたし、第一、話が合わない人でしたからね(苦笑)

話の合わない同性と友人になれないのと同じように、話の合わない異性とは恋人同士にはなれません!

高校3年時も同じクラスになっても、「運命のめぐりあわせだ!」などとは思わななかったですね。

yorokobasiiren

しかし、8年間も一緒になった女性が、ホントにホントにホントに気に入った人としか話さないし、付き合わないという内弁慶の男と結婚してしまったのは残念なことに違いはありませんでした。

彼女のこれから先の行く末を憂慮します。

こんな旦那では、幅広い人間関係も築けませんし、心の交流もできないのは間違いありません。

でも、こういう女性が、きちんとした男とのめぐりあわせをしていくにはどうしたらいいか?

を次に話していきたいと思います。




WINGERの今年のLOUD PARKへの出演がきまった。

1日目に7番目で登場することも決まった。

laupa17


私は、このバンドへの思い入れが大きいので、当然このイベントに行くことに決めた。

また同時にALICE COOPERの思い入れも大きいので行くことに決めた要因にもなった。

しかし偶然かもしれないが、WINGERALICEが一緒の日というのは興味深い。

実はWINGERのリーダーであるキップ.ウィンガーALICE COOPERのバンドに在籍していたことがあるのである。

ベーシストとして80年代の後半にである。

意外にも、キップALICEのバンドにいた時のライヴDVDが出ていたことを知って私は驚いたのである。

それがNIGHTMARE RETURNSである。

興味あるかたは以下をどうぞ!(リージョンコード1なので注意!(笑))



Nightmare Returns [DVD] [Import]

wink

しかし、そのバンドから独立してバンドをする、と聞いたときにファンはどう思っただろうか?

ベーシストがバンドをやる?と誰しもいぶかしげに思っただろう。

しかし、キップはベースのみならず、ギターもキーボードもなんでもこなすマルチプレイヤーであって、ゆえに多くの曲が書けて、しかもバンド内での作曲のほとんど全部を手掛けているのだ。

その楽曲群のすばらしさは、88年のデビューアルバムから聴いてみれば即効でわかる。

現にデビューアルバムとセカンドアルバムは両方とも全米プラチナを獲得した。

プラチナ以上の売り上げはその2つだけであるが、その他、素晴らしい楽曲に溢れたアルバムはいくつも存在する。

そのデビュー作とセカンドとサードと最新アルバムについて紹介したページは以下。

WINGER
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-173.html

IN THE HEART OF THE YOUNG
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-174.html

BETTER DAYS COMIN'
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-275.html


iv.jpg


今回紹介するのは、2006年発表の『IV』アルバムである。

このバンド94年に一度長い休息に入り、2000年初頭から始まった80年代に大きな売り上げを達したが、のちに不況によって活動が狭められてしまったハードロックバンドを集めておこなわれた多数のツアーに参加した。

そして2006年についにこのアルバムを出すのである。

93年PULLから実に13年ぶりである。

そのPULLは当時流行りのグランジ的手法にハードロックを融合させた傑作として認識しているが、それでWINGERの魅力を充分に堪能出来たかどうかは人によって評価が違ってくるだろう。

pull
PULL

私は今もこのアルバムを聴いているし正直良いと思う。

聴くときに、そのグランジという言葉から想起させるイメージをどう処理しながら聴くのかが問題である。

私はそのアーティストの魅力を堪能できればそれはそれでいいと思うし、ちょっと良くなかったからといってファンを辞めるほど気難しい人ではないから、良き点があれば酷評はしない。

良好と正直言える作品である。

この『IV』は、そのPULLの音楽性を引きずる作品になっている。

暗めのアコースティックギターと、キップの慟哭で始まる1曲目の“Right Up Ahead”のイントロから重くのしかかるギターソロはまさに、90年代中盤METALLICAを想起させるに充分だ。

スローテンポだし、PULL収録の“Who's One”の雰囲気をそのまま持ってきたようだ。

ファーストとセカンドのすがすがしいイメージはまるでない。

アームを駆使したレブ.ビーチのソロが聴けることで、あの頃の音楽性だけを期待していたファンが喜べる一瞬間であるだろう。

ファイル0032 (2)
レブ.ビーチ

しかし、次の“Blue Suede Shoes”では、あの頃の音楽を想起させる爽やかなドラムのメロディと、キーボード音が聴けるので、更に期待感が高まる。

レブのソロのメロディもさらにそんな感じだ。

しかしまたもスロータイプなので、期待感の高さには限界を感じてしまう。

しかし3曲目の“Four Leaf Clover”や4曲目の“M16”でようやくスピードがかかってきて、ノレだせる。

しかしともに凡曲であることは否めない。

レブはたぐいまれなるソロのメロディを作る能力のあるプレイヤーなので、そこを聴くだけで駄曲が凡曲で止まる要因なっている。

こういうことで曲のイメージが変わってくるので、プレイヤーの資質は非常に大事と思えるのだ。

●“Your Great Escape
  ↓




https://youtu.be/0cRDlUXKtGs


しかし、5曲目“Your Great Escape”で事態は急展開を見せる。

メロも良好、スピード感も良好、ゆえにどの楽器もいきなりテンションが上がりだすように誰もが感じるだろう。

特にドラマーのロッド.モーゲンステインの切れの良さが耳に残る!


速いだけでなく曲展開の仕方、曲の彩り方が非常に巧みなのだ。

4分足らずの曲だが、曲の内容が非常に濃厚なので、いい意味で長く感じる曲だ。

このアルバムの中でもかなり上位に来る曲であることに変わりない。

“Disappear”はホラーチックなイントロとリフが印象的なミドルテンポの曲だ。

そのイントロを聴くとベースのメロディのカッコよさに感動するだろう。


●“On A Day Like Today



https://youtu.be/-KJ12n7c8zk


次の“On A Day Like Today”はバラードであるが, “Without The Night”“Miles Away”のようなすがすがしさに溢れたモノではなく、大人の味を出したバラードというにふさわしい。

暗い中で、アコースティックのメロディが巧みに彩る哀愁あふれるバラードである。

ビルの高層で、洋酒をやりながら夜のネオンをみたら最高と思える傑作である。

FOREIGNER“Until The End Of Time”のような大人のバラードだ。

次の“Livin' Just To Die”でようやく80年代WINGERのファンを喜ばすモノになる。

ファイル0037


まさに当時に戻ったような感覚を与えるのだ。

ギターやキーボードの音色も雰囲気もまさに当時そのものだ。

ギターソロを聴いて更にその観を強くするだろう


非常な佳曲だ。

次の“Short Flight To MEXICO”もいいスピーディな曲だ。

ファーストアルバムの音楽性とPULLのそれの中間にあるような曲だ。

次の“Generica”は面白い趣向の曲だ。

キップの声にエコーがかかっていて普通の曲には感じれない趣向になっている。

いろんな楽器が混然一体となって、しかもごった煮ではなく、一体感を保ちながら曲が展開されていくミドルテンポなのだ。


kippu

その一体感が聴き手を気持ちよくさせるのだ。

各プレイヤーがエゴをむき出しにしたごった煮の曲では不快になる。

これはジャムによるインプロヴィゼーションで作ったのが明白な曲で、曲の中間部分でジャムのような掛け合いが挟まれている。

いずれのプレーヤーも一流なので、混然ではなく一体となって綺麗に曲を彩っている。


これも佳曲の1つだ。

来るLOUD PARKでもやってほしい曲の1つだ。


●“Can't Take It Back
  ↓




https://youtu.be/IU226g6LYrA


次の“Can't Take It Back”はドラマ性を含んだ名曲だ。

サスペンスの映画のエンディング曲にしたら最高とすぐに思えるのだ。

ロングトーンのギターが展開された後に、また曲が展開される時間の妙(加減)がまさにちょうどいいのだ。

それとヴォーカルとギターのメロのコラボ音と、コーラスのメロディもまたいいのだ。

聴いていて至福の時間が到来するのだ。

日本盤には先の“Blue Suede Shoes”のアコースティックヴァージョンがボーナストラックとして収録されている。

このアルバム発表後、このバンドはいろんな国で単独公演をしたのみならず、アメリカのオクラホマ州で開催されたROCKLAHOMAにも参戦。

rocklahoma07


そして日本では同じく当時に復活したRATTとともにドッキングでライブをおこなった。

ratt and winger


アメリカでの単独ライヴを収めたDVDについて紹介したページは以下!

LIVE !』
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-242.html


イベントやドッキングに参加してもやはり90年代初頭のような繁栄具合がこのアルバムからはない。

当時はKISSSCORPIONSの前座を務め、いずれもアリーナレベルの会場であったので、当時のアルバムの営業の効果もあったことは間違いない。

scopiwing_0035


当時のSCORPIONSの最新アルバムは非常によくできていたので、私にとって好感度はさらにいい。

だが、この作品『IV』は当時のアルバムに負けない良い出来のアルバムであると正直思うし、毅然と人に勧めれる作品である。

興味出たかたは是非とも聴いてほしいものである。

●この『IV』はコチラ!
  ↓



ウィンガー IV

hossyz.jpg

その他このアルバムに興味のわいたかたは、「」「」内をコピーして、以下のサイトのうち、あなたのお好きなサイトにアクセスして、ペーストして「検索」ボタンを押して購入することをお勧めしたい。

いろんな国のいろんなフォーマット(CD,LP,SHM-CD、スペシャルエディションetc)がありますから、お好きなモノをお選びください!




 











HMVジャパン





【PR】男女関係のレベルアップの仕方教えます!

このサイトに来ていただき感謝します。

最近、パートナーとのH関係がご無沙汰になっている。

あるいは、最近あまり感じなくなってきた、
という人はあるのではないでしょうか? 

人間だれしも、谷あり底ありで関係にも波がありますから、そこは低く見る必要はないでしょう。


そこを如何によくするかが大事です!

今回は、そんな関係にグッバイできるヒントを差し上げましょう。

まず、Hする前に水分補給をしていますか?

ということです。

waterflow


「Hでは、体を動かすし、汗もかくけど、そんな水分補給するほどではないんじゃ…」と思われがちですが、女性が濡れやすくなるためには、水分補給が大事です!


水分を摂ってくと、濡れやすくなり、感度も良好になります。


そして、膣の周囲ある骨盤を鍛えるエクササイズをしておくとセックスの時に感度がアップします。

立ちながら肛門と膣に力を入れてキューっと閉めて休む、を繰り返すといいでしょう。

充分な効果アップのエクササイズになるでしょう。

そして、日ごろからスキンシップを欠かさない、ということが大事ですね。

skinship


日ごろからそれができているカップルと、できていないカップルでは全然それへの気持ちよさが違うのは、これまで僕が聞いた話でも、これまでの幾多のアンケートでも明らかです。

これは大事と思いますよ。

男性というのは、僕も含めてバカですから、女性にちょっと触られただけで心がグッと動きますし、そんな知らない女性にそうされると「俺に気があるんじゃないかしら…」なんて思ってしまいますから…(笑)。

そして、カップルで同じ香りを共有しない、ということです。

体の匂いは、セックスアピールの重要な要素です。

カップルで同じ匂いをしてしまうと、新鮮味が消え失せ、興奮しづらくなるものです。

男女は、別々のシャンプー、ボディソープ、コロンを使うようにしましょう!

セックスの時は、催淫効果のあるイランイランのようなアロマを使うと効果的です。

そんな時に便利なサイトが以下です。
  ↓
【LC ラヴ】


しかし、世の中豊かになりましたね。

いろんな分野で専門家がいるだけでなく、いろんな分野での専門のマニアックな用品を扱った店舗やサイトがあるのですから…いやあ感心します!

より良き男女関係を構築するためのH専用のサイトが出来るなんて予想だにしなかったですものね。

確かにHにしろ、恋愛にしろ、そのシチュエーションは大事ですよね?

部屋の中身が違うだけで、ムードは全然違いますものね。

そこの香りも違うだけで、ムードも全然違ってきますものね。


そんなツールを使って男女とも素晴らしい関係を醸成してって欲しいものです。

でも、同時に大事なのは男なら男の、女なら女の人間のレベルアップですね。

これなくして、ツールに凝るだけではあまり良くないですね。

そう思います。

男女頑張って素晴らしい関係を構築してってくださいませ!
 ↓
【LC ラヴ】 

テーマ:おすすめ - ジャンル:アフィリエイト

全米、全英ともに6位になったSTONE SOURのサードアルバムはこんなにいい!=『AUDIO SECRECY』
【PR】西内まりやに学ぶ恋愛術 『7 wonders』

まずはこの映像を観ていただきましょう!
  ↓


https://www.youtube.com/watch?v=rEKAn9JARCU

この映像は、僕は東京の渋谷のあるビルにあるスクリーンで流れていました。

この時、初めて西内まりやの名を知りました。

男は、ファッションなどには女性ほど関心がありませんが、女性ならばそういったものに関心が大ありですから、西内まりやは誰でも知っているでしょう。

この時、関心事になったのは、綺麗な脚、でしょう。

そういうインパクトになります、男なら…(苦笑)

綺麗な脚だからとて、凝視などはしませんよ、女性に対して失礼ですからね。

でも確認しておきたいのは、肌を露出しておくと、男性の心にインパクトを残す、ということですね。

それが綺麗なら尚更です。

そのインパクトが恋愛心を醸成させるのです。

しかし、それだけではありません重要なのは。

この西内まりやの映像を観てわかるのは、彼女の笑顔の良さですね!

綺麗な露出肌もさることながら、笑顔がいいと男性はその女性に恋愛心がアップします。

これは非常に大事なことです。

男というのは僕も含めバカですから、笑顔の綺麗な人がいると、「自分に気があるんじゃないかしら…」なんて思ったりします。

彼氏づらしてくる男というのは聞きますが、彼女づらしてくる女というのはないですよね?(苦笑)

ですから、男とはバカなんです(笑)

でも、そんな誤った思い込みでも、恋愛に話に発展するきっかけになればいいことに間違いはないですよね?

ですから、気になる男性の気を惹くためには、やはり笑顔が綺麗であるにいいことは間違いありません。

西内まりやのこの100万ドルの笑顔に注目!
  ↓
nakanaideb



そして、礼儀が正しいというのもまた大事なことです。

レストランのウェイターをしていたことが僕にはありますが、そこで帰る女性客に「ありがとうございました!」ということを言ってましたが、そこで「ごちそうさまでした!」と返す人は稀です。

少数派です。

しかし、そういう返事が出来る女性には、男性は良い気持ちになりますし、それもまた、恋愛心を醸成させます!

これは間違いありません。

綺麗な肌(とくに脚)、綺麗な笑顔、そして元気のいい返事、この3つがあると間違いなく男の恋愛心をいやがおうにもかきたてます。

もうメロメロになります!

この3つを体現しているのが間違いなく西内まりやである、そう思いました。

それともう1つ、恋愛成就に重要なことを話しておきましょう。

それは、恋愛がしたい、と思ったら友人とは一緒にいないことです。

1人でいることです!

もう1人の人間がいるだけで、男性は話しかけるのがものすごい大変になりますし、障壁になります。

邪魔になって話しかけずに終わり…絶対にこうなります。

防備があるよりも、ない方が恋愛には大事なことです。

レストランでも、喫茶店でもそうですが、2人以上でいる人よりも、1人でいる女性客のほうが断然話しかけやすいです、これは絶対に間違いありません!

いや、2人以上でいる女性には声かけないで終わり、なんてことは日常茶飯です。

肌がきれいで、笑顔が綺麗で、礼儀正しい女性が1人で喫茶店にいる…それだけで「おっ!」と男性は思い、一気に攻勢をかけることが出来ます。

2人以上ではそれは絶対にできません。

ですから恋愛のきっかけを探しているのならば、是非とも1人でいましょう。

しかし、西内まりやさんは強烈なインパクトを残す女性ですね。

一番最近のスキャンダルでは、モデルの呂敏との間が取りざたされて、それをスクープされないように、サングラスとマスクで呂敏の車に乗っていたなんていうことが報道されていました。


呂敏クンはセンスがいい!僕に似ていて(笑)

今回はこれにて失礼いたします。


7 WONDERS (CD+DVD) (初回生産限定)



audiosec.jpg


STONE SOURはいわずと知れたSLIPKNOTのヴォーカリストであるコリー.テイラーのバンドである。

こういうサイドプロジェクト的なバンドは、本家のバンドよりは格下に見られがちであるし、それゆえにアルバムもなかなか売れなかったりするが、なかなかどうしてこのバンドはそうでないのがわかると興味深くこのバンドについて調べていってしまう魅力を有している。

stone sour


しかしSTONE SOURとは面白い名前である。

直訳すると「石のサワー」であるが、そんなサワーなんか飲めたものではない(笑)。

今回紹介するのはSTONE SOURのサードアルバムであるAUDIO SECRECYである。

このアルバムは2010年に発表された。

このアルバムが売れたことによって、一気にスターダムにのし上がる機運を身に着けたように私には感じるのだが、すでにファーストアルバムからしてアメリカで売れていたのだ。

このアルバムの始まりは暗くゴシカルは雰囲気のあるピアノインストであり、タイトルトラックである“Audio Secrecy”である。

こういう始まり方はSLIPKNOTにはない。

そして、それが終わると一気にヘヴィなギターで畳みかけになる“Mission Statement”につなぐ。

“Mission Statement”
  
https://www.youtube.com/watch?v=W08A-a7hE9c


非常にスピーディで、ギザギザとしたギターリフが聴いていて気持ちよくなる。

ツインリードギターでソロを飾るところもまたいい。


SLIPKNOTにはほとんどギターソロはないから、こういう場面は素晴らしく感じる。

更に聴いている人の心をたたみかけにさせる次の“Digital”もまたいい!

この曲を聴いていても気づくことだが、コリーのロングトーンで伸ばした声は、時折癒しの雰囲気をもたらしてくれるのである。

コリ―テイラー
コリー.テイラー

ほんの短い間であるが、それが聴き手を引き込むことに成功している。

この魅力もまたSLIPKNOTにはないものである。

ヘヴィな轟音のさなかに癒しの空間…不思議な描写だが真実なのである。

その空間を引き継ぐように、次の“Say You'll Haunt Me”が始まる。


●“Say You'll Haunt Me
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=eEn-nTkbEM0


この曲こそがこのアルバムを代表する曲なのであろうか。

ヘヴィメタルというとどうしてもうるさい音楽というイメージを与えてしまうものであるが、虚心坦懐に聴いてみると要所要所で人を感動させるものがあるのだ。

その魅力に惹かれて私はのめりこんだのが、この曲やその他STONE SOURの曲の中には、轟音の中にも癒しのメロディというように、些細なことではあるが、その魅力に取りつかれてファンになってしまう、ということが往々にしてあるのだ。

一見魅力のなさそうな音楽でも、いろんな魅力があるのだヘヴィメタルやハードロックには。

そのことを体感してもらうしか、うるさいだけの音楽というイメージを払拭することはできないのは言うまでもない。

まずはとっつきやすいSTONE SOURのこのアルバムを聴いてみては、ということが言いたくなる。

特にこの曲を、と。

ston.jpg


コリーとヘヴィなギターリフ音のブレンド具合がまたいいのだ。

そのブレンド具合をよくする場合、一番大切なのはやはり作曲者の音楽的才能であるのは言うまでもない。


そこにプロデューサーの腕もかかってくるのも大事である。

その按配が実にちょうどいいのである。

そんなことを考えているうちに、次の癒し感満載の“Dying”が始まる。

アコースティックギターで始まるそのイントロメロはまるでNICKELBACKBON JOVIの音楽のような空間を提供してくれる。

このような音楽性もまたSLIPKNOTにはないものである。

曲進行もまるでNICKELBACKBON JOVIのようだ。

nc.jpg
  NICKELBACK


意外にもそういう曲も活かす能力がコリーにはあるようだ。

幅広いオクターブと感情の豊かさがあるのだ。

次の曲の名が“Let's Be Honest”ということからもそれは伺える。

そのまた次の“Unfinished”SLIPKNOT“My Plague”のリフを参考にして作ったのだろうかわからないがちょっと似ている。

こういう厚みのあるヘヴィメタルのギターリフは聴いていて気持ちがいいのだ。


●“Hesitate
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=qrv6sa0PrtU



意外なるカウンターパンチを食らったのがこの“Hesitate”である。

曲の雰囲気はさながらBACKSTREET BOYSのバラードのようだが、あのグループの曲は詞も他人が書いたものであるから聴いていて一向に感動しない。

しかし、このバラードである“Hesitate”に感動し、外出時にもこのメロディが頭の中を去来している。

特に、曲が進行する際に、ギターのリフとアコースティックギターが重なる時がものすごく感動するのだ。

これはひとえにコリーの声域の広さと感情の豊かさゆえであろところが一番大きいのだろう。


ギターソロのメロも魅力の一端を担っている。

ハードロックではなくヘヴィメタルバンドのバラードで感動するとは奇想天外である。

このような事態になるとは予想だにしていなかった。

へヴィメタルのバラード…すぐに思い起こされるのはMETALLICA“Nothing Else Matters”である。

しかし、このバラードに感動したことはないのが正直なのである。

駄曲でも嫌いな曲でもないが、この曲が演奏されてときめいたことはないのだ。

あの曲が収録されているMETALLICAアルバムの“Enter Sandman”“Sad But True”“Wherever I May Roam”はいずれも大好きだが、 Nothing ~”はなぜか好きになれない。

ブラックアルバム
METALLICA

しかし“Hesitate”は感動ものであるし、いつまでも聴きたいヘヴィメタルバラードだ。

是非ともおすすめしたいモノである。

またグラインド感のある次の“Nylon 6/6”はさながらPANTERAを想起させ気持ちいいし、郷愁漂うスロータイプの“Miracles”ビリージョエルタイプの“Pieces”などいろんなタイプの曲がある。

全14曲55分弱の聴きごたえ充分の量である。

一貫して言えるのは、音楽とコリーの声のコラボによって醸し出させる雰囲気が聴き手に感動を呼び覚まし、人生の奥深さを感じさせ、生きていくうえで力や勇気になるのではないだろうか、そんなことをすぐさま思ったのである。

そういう感動を引き起こされたファンが多くいたからこそ、多くその魅力が口伝えに語られ、多く売れたのではないだろうか。

全米全英でともにこのアルバムは6位にまで上昇した。

しかしシンガーのサイドプロジェクトのバンドでこれほどの売れ行きをしたアルバムはあるのだろうか?

私は知らないし、例があるなら教えてほしいものである。

このアルバム発表後LOUD PARK 10』 でサードにビルになり、この次の年にも単独公演が行われた。

loud park
LOUD PARK 10』

その日程が以下である。

2月20日 横浜BAY HALL
2月21日 赤坂BLITZ
2月22日 名古屋ダイアモンドホール
2月23日 大阪なんばHATCH


このバンドがデビューした2006年にはSUMMER SONICのメインステージでオープニングを飾った。

sumaGRP_0029


そして2010年には、イベントは違えどLOUD PARK 10サードビルと、大きく躍進した。

(『LOUD PARK 10』のレポートはコチラ→http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-108.html)

しかし、2006年SUMMER SONICのメインステージに出場したバンドの1番手と2番手がいずれもワールドワイドで成功を収めるまでになっているから興味深い。

2番手はAVENGED SEVENFOLDであった。

あべんジド


AVENGED SEVENFOLD2013年ROCK IN RIOにおいてSLAYERを抑えてセカンドビルになり、2014年SUMMER SONICの幕張メッセのステージでMEGADETHを抑えてヘッドライナーになった。

iravsl
ROCK IN RIO 13』

これほどの躍進をするとはだれが予想しただろうか?

この2バンドがこんなに大活躍をするのがわかったら、この時のステージも目の収めていればよかったと後悔している(笑)。

私はSUMMER SONIC 06では、トリMETALLICAのステージしか興味なかったので、この直前のDEFTONESからしか見てなかったのだ。

次はこの両者とも、同じイベントであろうが違うイベントであろうが必ず目に収めるつもりだ!

●このAUDIO SECRECYは以下よりどうぞ!
  ↓



Audio Secrecy

58曲のビデオを収録したDVD付きのスペシャルエディションはこれ!



Audio Secrecy

rinty


その他このアルバムに興味のわいたかたは、「STONE SOUR AUDIO SECRECY」「」内をコピーして、以下のサイトのうち、あなたのお好きなサイトにアクセスして、ペーストして「検索」ボタンを押して購入することをお勧めしたい。

いろんな国のいろんなフォーマット(CD,LP,SHM-CD、スペシャルエディションetc)がありますから、お好きなモノをお選びください!




 











HMVジャパン






【PR】じんわり濡れて、朝Hを…!

このサイトに来ていただき感謝します。

朝Hで盛り上がるための、ステップとして、「感触」「香り」ときましたが、最終段階として今回は,「ヌレ」について書いてきます。

いきなりHしようと意気込んでも、女の子としては、無理がありますよね?

だからこそ前戯が必要なのです。

それに、前に、濡れやすくするためには、「水を摂ることの重要性」についても強調しました。

waterflow


それだけでなく、もっと濡れやすくするための方法についてお教えしましょう!

あることをするだけで、女性のほうからじんわりと濡れてくる、ということです。

それは、これまでにもご紹介してきた「LCラヴコスメティック」『ラヴコスメ、リュイールホット』を塗るのです。

hotdaze


これを女性が感じる部分に塗るだけで、じんわりと濡れてくるのです。

これは、潤滑ローションとは違い、女性自身から○液が流れてくるのです。

前もって、仕込んでおけば、いきなりの朝Hでも、

「寝起きのHなのに、こんなにヌレヌレになるとは…エッチだね!

とパートナーから言われたというエピソードも!

また、

「今まで感じたことない様子にビックリ!

「あまりに濡れて、シーツにシミを作るくらいに!」


などというものもあります。

moeruyouna


これはこれは試してみる価値ありですね!

最高の快感を味わうためのHですから、そのレベルを上げていかないとダメですね。

いつまでも一緒では向上心がないのと一緒ですね。

夫婦として、恋人としてレベルを上げていきたいのなら、これらの意見を参考に、Hのレベルを上げていくことをおすすめしますね。

そんな時に最適なツールとして、『ラヴコスメ、リュイールホット』をお薦めします!

それを扱いしている「LCラヴコスメティック」のサイトはコチラ!
  ↓
LCラヴコスメ



いかがでしたでしょうか?

これまでの行動を変えるためには、やはり「朝Hのメリット」を認識する必要があるのでしょう。

やはり人間だれしも、一度同じことを繰り返すと、そこから抜け出すことが難しくなるのですね、私にもそういう一面があります。

でも勇気を出して違うことをすることは、目の覚めるような良い変化を生み出すことになるのです。

まずは、その「朝Hのメリット」を認識しましょう!

これでわかったかたは、変化をつけていきましょう。

あなたの性活を応援しています。

ここまでおつきあいいただき感謝します。

失礼いたします。

テーマ:いいもの紹介 - ジャンル:アフィリエイト