HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ボンジョヴィの大逆転、ラットの成功

メルマガ読者さん募集!
入会金、購読料無料です。今は計画中ですが、いずれオフ会プレゼントコーナーも開催いたします。ご希望のかたはクリック→<登録> 


 


dancing undercover
 BON JOVISLIPPERY WHEN WET(右下図)このアルバムは、

全米8週連続1位を記録し、アメリカだけで800万枚、

全世界で1300万枚
の売上げを上げることになる!スリッペリーウェンウェット

 一方、RATTDANCING UNDERCOVER(左図)は

プラチナ(100万枚)で終ってしまう。

 


 RATTは自分らの元前座に大きく水をあけられたのである!

 

 このように、大きく水をあけられた理由は何か?


 この2つのバンドの本質的な音楽や歌詞の違いが、ここにきて露呈してしまったからにほかならないと

私は思う。                     

 jon bon jovi

     


 私が、生まれて初めてRATTを聴いたのは、このDANCING UNDERCOVERである。
 
 その時思ったのは、 
  

 「このシンガーは非常に個性的な声をしているな」

 「このバンドは、曲作りが非常に安定しているな」

ということである。

 男性なら、誰でも経験したことがあるが、思春期に声変わりを経過すると、低音よりも高音を出すほうが難しくなるのである。

iwanta.jpg
スティーヴンパーシー

 しかし、このRATTのシンガースティーヴンパーシー

 低音を出すのが苦手で、高音を出すのが得手の、極めて特異な人なのである。

 ゆえに出せる声域が狭く、書ける曲も限られてくるのである。

 ギザギザと刻みこむようなへヴィなギターリフが売り物のRATTのサウンドは、リフやフレーズにキャッチーさはあるものの、

 
心に染み入るようなバラードもなく、
 歌詞も感情移入しいくい性質のものであり好き嫌いが画然と分かれてしまう性質であ り


 バンド側も、「自分の感じたこと、体験したこと、自分にとっての真実しか書けない」と述べていた。

 そんなに大衆ウケしにくかったのであろう。

 
history of ratt

 
jonnobi.jpg
ジョンボンジョヴィ

 しかし、BON JOVIのシンガーであるジョンボンジョヴィは、

 低音であろうが高音であろうがどこでも自由自在に歌いこなせるシンガーである。

 そしてBON JOVIの音楽性は、

 キャッチーなメロディをもち、
 歌詞も当時の聴き手(主に若者)の現実生活に密着し、
 感情移入しやすいものであって、
 しかも感動せざるを得ないバラードもある。

 こういう点を考えればもともと大衆ウケする性質のものだったのである。

 
ファーストとセカンドでは、時代的背景やタイミングなどの問題もあり、あまり売れなかったが、このサードでは、努力が実り見事にNO,1を獲得するにいたるのである。

 NO,1も当然の結果だったのである。

 では、RATTのこれまでの偉業が無効になったのか?
 
 そんなことはないだろう。

 確かに、かつて自分らの前座を務めたBON JOVIに大きく水をあけられ、その溝はこの先、埋められないまま終ったし、同時期にデビューしL・Aメタルの両翼とまで言われたMOTLEY CRUEほども売れてないのは確かである。

 しかし、それだけがロックの価値ではないはずである!

 もともとが、好き嫌いが分かれる性質のものであるのならば、それを前提にしつつ各々の道を行けばいいだけの話である。


 では、私はRATTBON JOVI、どちらが好きか?どちらも同じくらい好きである正直な思いである。

dancing undercover
このDANCING UNDERCOVERを初めて聴いたとき、私はものすごい興奮した!

 
1曲目の“Dance”にしろ、次の”One Good Lover“にしろ、”Drive Me Crazyにしろ、”Slip Of The lip“にしろ、”Body Talk“Looking For Love“などなど、

 とにかくのっけから最後まで良い曲だらけである!

●”Dance”
 (全米59位)
   


http://www.youtube.com/watch?v=2eED8cDsuAo

 刻み込むようなキャッチーなフレーズとリフに導かれて、曲が展開していくその中身は、RATTにしかつくれない!
 
 まさにRATT N’ ROLLと呼ぶにふさわしいものである。


 先に書いたように、バラードはないが、

 曲の良さやかっこよさ
 憶えやすいサビ
 いつまでも忘れられないカッコ良いギターソロのメロディ



 一度聴いただけですっかり虜のなってしまったほどである!

●”Slip Of The Lip”
  ↓



http://youtu.be/lrAkSnTY7lo


dancing undercover



 
 私は音楽の魅力はデジャヴにもあると考えている。

 その音楽を聴いていると、行ったこともないのに、その音楽が醸し出す、情景が頭の中に浮かび上がり、その世界に酩酊してしまう。


 このアルバムを聴いていると、

 そこから出されるアメリカという近代都市を象徴するランドマークが浮かび、すっかり酔いしれてしまった。

 このアルバムを今でも所有しているが、何度聴いたかわからない!

 おそらく100回以上は少なくとも聴いただろうか。

 これだけ聴いても、まだ手放す気にはなれないし、これからも所有していくことになるだろう。

●”Body Talk”
  


http://www.youtube.com/watch?v=QuY2biZ0wAE

 このアルバムはRATTの最高傑作のひとつである !

  
その様に考えている人は、タイムリーの人の中で大勢いただろう。

 前に、RATTの来日公演の日程を書いたが、このアルバム発表時にはついに、武道館公演が実現した。それを以下に明記したい。

RATT JAPAN TOUR 87‘
5月9日  名古屋厚生年金会館ホール
5月11日 大阪フェスティバルホール
5月12日 大阪フェスティバルホール
5月14日 東京 日本武道館
5月15日 東京 日本武道館



●Drive Me Crazy”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=aUGtnCN0oec

dancing undercover
 その人気ぶりや、私の今回のレビューを読んで、RATTのこのアルバムを試してみたいと思ったかたは、下の商品リンクをクリックしてお求めくださいませ。

 RATTの魅力は、曲のカッコよさにあると先に書いたが、加えてルックスのよさも明記しておきたい

 音楽に関係ないと思われがちであるが、音楽のよさに加えてルックスのよさも手伝えば、より魅力がますのは、言うまでもない!

 DANCING UNDERCOVERからシングルカットされた3つのクリップは、これまでオフィシャルでは、見ることが出来なかったが、2年前にようやく、RATTのこれまでの全クリップが網羅されたDVDが発売された!

  詳しくは下をご覧ください                                          
 

  80年代に大ヒットを飛ばしたアーティストのクリップが2000年代以降にようやく発売されるケースが多くなってきた。それは、80年代は、ビデオを発売しなくともレコードだけで充分売れてたからにほかならない。

 それを今になって発売するケースが多くなったのかは、昨今CDが売れなくなり、この時代のを今になって発売すれば、この時代のファンが喜んで買うと、レコード会社が目論んだからにほかならない。

 わたしもこのDANCING UNDERCOVERからのクリップは、これまで発売されてなかったので、今回初見であり嬉しい限りである。

ファンは必見である。購入を勧めたい。!



ビデオ・コレクション [DVD]

uruya.jpg

RATTの絶頂期を堪能できるDVDやCDですよ!💛」


●国内盤はコチラ!
  ↓



ダンシング・アンダーカヴァー(紙ジャケSHM-CD)


●輸入盤はコチラ!
  ↓



Dancing Undercover






『DANCING UNDERCOVER』発表後のセットリスト
(ファンの人はCDを以下のように編集して聴いてみることをオススメしたい。
最近のRATTはグレイテストヒッツの曲ばかり演奏して,変わりばえなく、面白みがないが、以下のは最近全く演奏されていない曲が多数あるので驚きがある。)
1. Looking For Love
2. One Good Lover
3. Wanted Man
4. Back For More
5. Morning After
6. Dangerous But Worth The Risk
7. Lack Of Communication
8. 7th Avenue
9. Lay It Down
10. You Should Know By Now
11. You’re In Love
12. You Think You’re Tough
13. Drive Me Crazy
14. Slip Of The Lip
15. Walkin’ The Dog
16. Round & Round
(ENCORE)
1. Body Talk
2. Dance      

(1987年5月14日 日本武道館)




HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム





ハードロック/へヴィメタルを愛する人には超オススメの店
新宿レコード→<クリック>

 



メルマガ読者さん募集!

 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ


4月22日 パシフィコ横浜4月25日 日本武道館公演がきまったMR.BIG !
big.jpg 


●チケットはこちらからどうぞ!



三越中元
三越のお中元 

スポンサーサイト

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

ボンジョヴィの大逆転、ラットの成功
メルマガ読者さん募集
以下をクリックして、読者登録していただければ、毎週2回、あなたの受信ボックスにこの『HR/HM温故知故』をお届けします!登録、購読共に無料です。登録→<クリック>



ワイルドインザ 
 RATTBON JOVI
同じ84年にデビューし、85年にも同じようにアルバムを出し、2枚ともRATTの大勝に終ったが、

同じ86年に出したアルバムによって立場は完全に逆転することになる!



 

 SLIPPERY WHEN  WET

 このアルバムからシングルカットされた“Wanted Dead Or Alive”や、 “Living On A Prayer””You Give Love A Bad Name”はことごとくヒットし、後2者は全米ビルボード1位を記録し、

 このアルバムは、それまでのLED ZEPPELINの全米7週連続1位を上回る8週連続1位を記録し、アメリカだけで800万枚、全世界で1300万枚の売上げを上げることになる。

“You Give Love A Bad Name”  全米1位





 とにかくこのアルバムは素晴らしい!
dancing undercover
 一方、RATTDANCING UNDERCOVERプラチナ(100万枚)どまりで終ってしまう。

 RATTは自分らの元前座に大きく水をあけられたのである!

 このように、大きく水をあけられた理由は何か?

 この2つのバンドの本質的な音楽や歌詞の違いが、ここにきて露呈してしまったからにほかならない。

 SLIPPERY WHEN WET とにかくこのアルバムは素晴らしい。

適度にハード、適度にポップ、そして晴れやかで気持ち良い、そんな形容がふさわしいのではないだろうか?

 “Livin’ On A Prayer”  (全米1位)

この曲は、幽玄なキーボードの音で始まる。

 そして、ドラマティックに展開し、いとも晴れやかに曲が終了するとえもいわれぬ感動が、胸を彷徨する。


 
なんとも良い曲である。



 この曲は、BON JOVIを代表する曲である!

 
この曲で、私は徹底的な彼らのファンになった。

 この曲もだが、”I’d Die For You”このアルバムに伴うツアーのオープニングの”Raise Your Hands”などの、スピードナンバーはハードであるが適度にハードで、かつポップで入りやすいナンバーである。
スリッペリーウェンウェット 
 ジョンの声域は広いし、表現力も豊富なので曲の幅が広がる。

 歌詞も、現代の若い世代の生活に密着した、しかも、聴き手を楽しくさせる要素をふんだんにもちあわせているのだ。

 そのために、より広いファンを獲得するのに成功できたのだろう。

 
その代表例が”Wild In The Streets”ではないだろうか。



 

 シングルカットはされなかったが、ホームビデオ『ワイルドインザストリーツザビデオ』収録のこの曲のクリップは、見ていると本当に楽しくなる。

 夏のツアー時に行われたライブをクリップに編集したものであるが、メンバーが汗だくになって演奏している姿が、快い。みんなで一緒になって口ずさみたいメロディが満載、また、見ているとこのバンドをしっていてホントに良かった!と心から言える!

  同じくシングルカットはされなかったが、ホームビデオ『ワイルドインザストリーツザビデオ』収録の” Never Say Good-Bye”、この良さを語らずにいられるかと、つい思ってしまう。



http://www.youtube.com/watch?v=ifm00JEjSeo


 リッチーのエモーショナルなギターが醸し出す、の音色が夕暮れ時の太陽を思い出させ、心ふくよかな雰囲気を聴き手の心に出させる。

 それが、曲の進展と共に心を癒し、周りの友人、恋人、知り合い、肉親こういった人たちに出会えたこと、共に生きてきたことについて非常に良かったなという気が芽生えるのである。

 
この曲は、SLIPPERY WHEN WETツアー時に演奏された。

  だが、そのツアー時には、私はBON JOVIの存在すらしらなかった。

 その6年後のKEEP THE FAITHツアー時に、フィナーレでアコースティックバージョンで演奏されたのを、来日公演で見た。

 是非また、フルエレクトリックバージョンで演奏されるのを切望せずにはいられない。

 こういった曲は、RATTは残念ながら持ち合わせていないのである。

 まあ、それは、そのバンドの特性であるから、咎めだてする必要はないが。

 今では、 ”Livin’ On A Prayer”“You Give Love A Bad Name” ”Wanted Dead Or Alive”といった曲だけが、最近は評価されがちであるが、 ”Raise Your Hands” ”Wild In The Streets″” Never Say Good-Bye”といった曲の良さも
忘れられてはもったいない!

“Wanted Dead Or Alive”   全米7位



ファイル0071 (5)
↑この曲のシングルジャケット

ドニントン 

 このアルバム発表の1年後、イギリスのキャッスルドニントン

CINDERELLA
ANTHRAX
METALLICA
DIO

 
の順で行われたMONSTERS OF ROCKBON JOVIヘッドライナーで出演することになる。

 アメリカで800万枚、全世界で1300万枚、これだけ売れれば、当然の結果である。

 日本でも人気爆発し、AXIAのカセットテープの宣伝でテレビ出演し、来日公演は異例の武道館5デイズを記録することになる。

Do You Wanna Buy?


以上の曲を収録したアルバムがコチラ!

          
   ↑

国内盤と輸入盤ではジャケットが異なります!




87年 BON JOVI 来日公演日程

9月24日 日本武道館
9月25日 日本武道館
9月28日 日本武道館
9月29日 日本武道館
9月30日 日本武道館
10月1日 横浜文化体育館
10月3日 愛知県体育館
10月5日 大阪城ホール
10月6日 大阪城ホール

次回は、RATTDANCING UNDERCOVERついてお話しします。

オススメのお店

新宿レコード

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

SUMMER NIGHTS! 夏にヴァンへイレン!

515.jpg 

夏だ!海だ!サマーフェスティバルだ!

 

 とバカ騒ぎしたい、そんな気分の今日この頃であるが、こんな日和にはどんなハードロックのアルバムが聴きたいだろうか?
私は、サラリーマン兼スポーツマン兼ブローガーである…ってそんなことだれも訊いてませんが(笑)

 今日この頃の日程は仕事終わった後に数kmを全力で走り、そのあとに数種類のアスリートトレーニングのメニューをこなす。汗びっしょりである。

 そして、帰宅してシャワーを浴びる、そこでスカッシュを飲りながら、オーディオをかける。その時、かけていて最高の気分になるのは、なんといってもVAN HALEN5150である!


 このアルバムは、前作までシンガーを勤めていたデヴィッドリーロスがぬけて、サミーヘイガーが加入し見事、全米NO、1を獲得することになる。

 前作の1984は惜しくも2位に甘んじてしまう。

 それは、今までに全世界で1億4000万枚の売上を記録し、今でもこの記録は破られていないマイケルジャクソンTHRILLERアルバムに阻まれてしまったからだが、そのTHRILLERVAN HALENのギタリストのエドワードヴァンへイレンがゲスト出演していたのは、なんとも皮肉であった!

 ちなみに、 1984アルバム収録の“Jump”全米シングルチャート3週連続で1位を獲得した。
その困難をのりこえてアルバム初の全米NO.1は彼らも、嬉しさひとしおであったろう。



 
 蛇足ながら、ヴァンへイレン兄弟は、かの、世界でハリーポッターよりも売った話題作の本「金持ち父さん、貧乏父さん」で有名なロバートキヨサキが発明した、マジックテープを使ったナイロン製サーファー用財布の使用者であった。

 
ヘイレン兄弟
はサーファーだったようだ(詳しくは、ロバートの著『金持ち父さんのファイナンシャルIQ』参照のこと)(ロバートキヨサキ) robert kiyosaki

 

 この5150であるが、

 強調したいのは、シングルヒット云々よりも、全体的な曲の良さである!

 VAN HALENのシングル曲はどれも良いが、アルバム1枚通して聴けるものといえば、なかなかないのである。

 『DIVER DOWN』アルバムもなかなかいいが…。

 こういった理由で、かれらのは、スタジオアルバムよりもどうしてもベストアルバムのほうに手がいってしまうのである。

そういう思いでいるのは私だけではないはずだ。それはVAN HALENのみならずDEF LEPPARDや最近のBON JOVIにも当てはまる。シングルカットされる曲は最高だが、1枚通して聴けるアルバムが少ないのである。


       だが,こと5150に関しては、事情が違う! 5150.jpg
   佳曲揃いである!
 
 始めの“Good Enough”から疾走感のあるスピードナンバーであり、その曲でアレックスヴァンへイレンの畳み掛けるようなバスドラとシンバルが気持ち良いドラミングにエディのスウィープピッキングが折り合わさって快感度がなんともいえない具合に増すのだ!


 私の特に好きなこのアルバム収録の曲は、 “Dreams”“Love Walks In”である。

 “Dreams”はスピーディな曲である。

 透明感あるエディのキーボードに、それになぞるようなアコースティックギターがかぶさるイントロで始まるが、この時点で、すでにこの曲の世界に引き込まれるようだ!

 甲高い声で歌うサミーヘイガーの声によってさらに新しい世界観が開ける。そこに、またエディのこれぞといわんばかりのライトハンド奏法のギターソロを聴いていると、もう胸が熱くなる!




 “Love Walks In”は名が示すとおりバーラードである。 

 サミーの叙情的な声に、ふくよかで奥の深いキーボード音に、エディの強いギターリフがかぶさりさらに彼独特のフレーズがあるソロが入ると,感動のあまり声が出なくなる!

 上手いだけではない。独特のものをもっているのだ!

 その他、このアルバムには、数曲スピードナンバーが収録されているが、その曲の良さを増す要因になっているのは何といっても、エディのギタープレイである!

 荒削りながらも整序さがあり、しかも彼独特のフレーズがあり、一度聴いただけで、彼とわかるものを持っているのである 
 
 これは貴重な財産である!

Love walks In(『LIVE WITHOUT A NET』より)




先にも書いた通り、このアルバムは佳曲揃いのアルバムであり、しかも夏に聴くと大変に気持ちの良い快感が得られるアルバムでもある!

 そういったアルバム発表後に行われたツアーの模様はどうしても、オフィシャルビデオ(DVD)としても発表して欲しいと思うのは、ファンとして当然の心理だろう。

 BON JOVISLIPPERY WHEN WET
 RATTDANCING UNDERCOVER
 WHITESNAKESLIP OF THE TONGUE
 
JUDAS PRIESTPAINKILLER
 
NIGHT RENGERBIG LIFE

 
それぞれの発表直後のツアーを収めたオフィシャルライブDVDが出て欲しいと思うのだが、なかなかどうして人生自分の思い通りにいかないもので、出ていないのである。なんとも残念至極である。 など

 しかし、

 この5150発表後のツアーの模様を収めたライブDVDLIVE WITHOUT A NETがあるのは、自分にとって嬉しいことこの上ない!しかも、 5150からの選曲が一番多いのも非常に嬉しい。

 今でも、私は愛観している。非常に出来の良いライブDVDである!

 
アメリカンロックここに極まれり!

 そう叫びたくなるのである。そう思うのは、私だけではないであろう。大勢の人間がそう考えているからこそ、86年発表というにもかかわらず、未だにavailable(入手可能)なのである。

Best Of Both World(『LIVE WITHOUT A NET』より)



 van halen
 蛇足ながら、85年発表BON JOVIのライブDVDWELCOME BACK TO TOKYO ROADですら早々と廃盤になっている。

 このようにライブビデオは生産の寿命が短いのである。

 夏休みにヒットしていた曲は、いつまでも思い出に残るのではないだろうか。

 

そして、もう1つのシングルがこれ!

Why can‘t This Be Love



 それくらい夏というのは特別なものである。

 このVAN HALENのアルバムやライブDVDで特別な夏にしてもらいたいものである!これを読んだひとは、この気持ちを汲んでもらいたいものである。このアルバムで、夏を気持ちいいものにしていただきたいものである。

 聴いたことのないない人も、VAN HALENにそんな音楽があるということを心に留めておいてもらえたら嬉しいです。

 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 ショッピングコーナー

    



<『5150』ツアー時のセットリスト>

There 's Only One Way To Rock
Summer Nights
Get Up
Drum solo
5150
Best Of Both Worlds
Bass solo
Panama
Love Walks In
Guitar solo
I Can't Drive
Ain't Talkin' 'Bout Love
Why Can't This Be Love
Rock 'N Roll
 



メルマガ読者さん募集!  

 読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

10月16日17日 KORNOZZYがそれぞれヘッドライナーに決定したLOUD PARK

16日HALFORD、STONE SOUR、ACCEPT、RATTなど
17日MOTORHEAD、AVENGED 7FOLD、ANGRAなどが参戦決定!
その他の、参加バンドは以下を見てチェック!

loud park



11月30日 12月1日 東京ドーム公演が決まったBON JOVI!
BON JOVI


チケットはこちらからどうぞ!





テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト