HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
(祝)MOTLEY CRUE 『Dr.FEELGOOD』完全再現!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

feelgood.jpg 

09年についにMOTLEY CRUEDr.FEELGOOD全曲披露のライヴがおこなわれた

このアルバムは、この項でとりあげないわけにはいかないだろう。

これまで、いろんなアーティストがアルバム1枚完全再現ライヴをおこなってきたが、そのライブの趣旨は、

「そのバンドの最高売り上げのアルバム」

である場合や

「いろんなアーティストに影響を与えた分岐的なアルバム」

このどちらかであった。

GRP_0201.jpg

しかし、このMOTLEY CRUEDr.FEELGOODはその2つの両方を備えた上に、

「全米ナンバーワンアルバム」

という趣旨を備えている初のアルバム完全ライヴであった。

これは初のことであった。

09年の8月4日、アメリカのコロンビア州フィドラーグリーンアンフィシアターにおいてなされたブートレッグがある。

●そこでのセットリストは以下である!
  ↓
1. Dr.Feelgood
2. Slice Of Your Pie
3. Rattlesnake Shake
4. Kickstart My Heart
5. Without You
6. Same All Situation
7. Sticky Sweet
8. She Goes Down
9. Don’t Go Away Mad
10. Time For Change
11. Wild Side
12. Saints Of Los Angels
13. Shout At The Devil
14. Home Sweet Home
15. Girls, Girls, Girls


feelgood.jpg


このアルバムは89年に発売された。

この前のGIRLS, GIRLS, GIRLSマイケルジャクソンTHRILLERに阻まれてナンバーワンになれなかったが、このアルバムはついに全米ナンバーワンを獲得した。

thriller.jpg
     『THRILLER

このアルバムによって、ともにL.A、メタルの三大巨頭と言われたRATTDOKKENを大きく引き離した。

ratt.jpg DOKKEN.jpg 
                RATT                                                              DOKKEN  

 このアルバムの曲風はそれまでのL.Aメタルという枠組みをはずし、自由奔放にへヴィにつくった作風であった。

 前作の『GIRLS, GIRLS, GIRLS』の時にもそういう傾向はあったが、このアルバムによってもっと大きな飛躍を演じることになる。 

 まずへヴィさからして並のへヴィさではない。

 迫力も並でない。

メタルという枠に捉われないぶっぱなした音楽を体現している!


●“Dr.Feelgood”(全米6位)
  


http://www.youtube.com/watch?v=1XHcPYorSJw

へヴィさや、迫力が半端でない上に、単刀直入に入らない曲展開がなんとも見事というほかない。 

 こういった演出をすることによって、「じらし」の効果が出て、直後に堰をきったような凄まじいギターソロが展開されるともう、鳥膚がとまらなくなる。

GRP_0202.jpg


20年以上も前に聴いた時も、今もいまだに私はこの曲を聴く度に、鳥膚が立つのである。

ハードロックという枠をこえたへヴィさを体現した超名曲である。


●”Kickstart My Heart”(全米27位)
  


http://www.youtube.com/watch?v=2zHNcSwx71w

 この曲はニッキーシックス(b)がギターを使ってわずか10分程度で作った曲らしいが、それに頷けるシンプルな出来でかつ、これまた興奮を抑えきれない名曲である。

出だしのドライヴ感満タンのギター音と畳みかけるトミーリーのドラミングが凄まじすぎてて良い!

GRP_0195.jpg 
      トミーリー

これまで、幾多のロック雑誌の人気投票においてトミーは、ドラマー部門でチャンピオンになった。 

 『BURRN!』誌では、87年の『GIRLS、GIRLS、GIRLS』の発表時においてチャンピオンになり、そしてこのDr.FEELGOODの際には、今はなき『ミュージックライフ』誌によってチャンピオンになった。 

 その特徴は、デカイドラム音であろうか、やはり畳みかける速い展開時においてもその威力を発揮するのである。

デカイドラム音は、ゆっくりな曲の時は発揮できるけれども、速い曲になると出来なくなるドラマーがいるが、トミーの強みは、その両方においてその威力を発揮できるところである。

 しかも、アレックスヴァンへイレンと同様に、とても特徴的で、聴いて一発で彼とわかるドラミングをしているのである。

GRP_0194.jpg 
アレックスヴァンへイレン

こういうドラミングをしている人を擁することはバンドにとって強みになることは間違いない。

この曲も先の“Dr.Feelgood”と同様に、今でもコンサートでは欠かせないレパートリーである。


●”Same All Situation” (全米78位)
  


http://www.youtube.com/watch?v=BXG0q0qesRw

 この曲も「メタル」という枠にとらわれない、軽快なロックナンバーである。

 このアルバムが発表された当時は、まだレコードで発売されていたが、そのレコードのB面の最初を飾るにふさわしい曲である。 

 プレイヤーにかけた途端、爽快なロックンロールが飛び出してくるのである。

メタルという枠にとらわれない精神が柔軟である。

ファイル0002 (1)


こういったナンバーがあることによって、大勢の人と一緒に口ずさみたくなるのである。

こういった曲があるのは、非常にうれしい。

 アルバムが発表されてから1年近く経ってから発売されたシングルであるだけに、それほどのチャート上昇はできなかったが、このアルバムはもちろんバンド史上胸に残る名曲である。


●”Don’t Go Away Mad”
(全米19位)
  


http://www.youtube.com/watch?v=n9sEBBCIZ54&feature=related

これまた、名曲である。 

 出だしのイントロから癒しと清涼感のあるメロがなんともいえない雰囲気があってとてつもなく良いと思う。

 夕方に、沈む夕日を見ながら聴いたら最高である!


●このアルバムが発売された2年後に、イギリスド二ントンでのMONSTERS OF ROCKサードビルに抜擢され、ライヴをおこなう。

ファイル0031
MONSTERS OF ROCK 91'』

セカンドビルは、全世界で2000万枚以上を売ったあの『METALLICA』発表直後のMETALLICAであった。

あのアルバムを聴いた直後のニッキーシックスのコメントが興味深い。

「生まれて初めてジェラシーを感じたよ…」

これほどのライバルを褒める美しい言葉はないだろう。

ファイル00030.. 
  ニッキーシックス

しかし、『METALLICA』発表直後であったのに、その時点ではMOTLEY CRUEのアルバムのそれまでの全米でのアルバムの売り上げの方が上であったはずなのに、どうしてMEALLICAの方が後なの?

という疑問が湧いたものである、蛇足だが。

それは、国による人気の違いであるとしか言いようがない。 

 RATTとともに、MOTLEY CRUEのようなハリウッドタイプのハードロックはヨーロッパではウケがアメリカほどよくないのが事実である。

RATTはファーストから86年のサードまで連続で全米プラチナを獲得したが、85年の『MONSTERS OF ROCK』において、86年の時点でゴールドしか獲得していなかったMETALLICAの前に出演した。

 この後もMOTLEY CRUEは『MONSTERS OF ROCK』やドイツの『ROCK AM RING』に出演しているが、ヘッドライナーになったことはない。

download 09
DOWNLOAD FESTIVAL 09'』

 アメリカでは数百万枚のセールを上げたアルバムが何枚もあるにもかかわらずである。 

 METALLICAは『METALLICA』以降何回もこれらのフェスでヘッドライナーをつとめているが…。

 『MONSTERS OF ROCK』あらため『DOWNLOAD FESTIVAL』においてMOTLEY CRUE09年ヘッドライナーをつとめるが、セカンドステージにおいてである。

●”Without You”(全米8位)
  


http://www.youtube.com/watch?v=P3QhVeHr-gM 

 

話しを本題に戻すが、 

 この作品により、MOTLEY CRUEは世界で確固たる地位を獲得した。

今や、「ハードロック」といえば、過去のモノというイメージを喚起せざるを得ない状況が見え隠れするが、その範疇にはいるバンドでありながら、充分に、今のラウドブームに対抗できる、いやその中でも頭を突出出来るほどの地位までも獲得している。  

 08年の日本のLOUD PARKでのヘッドライナーをつとめたのも記憶に新しい!

loud park 2009
      『LOUD PARK 08'』

あれほどのへヴィでラウドなバンドばかりを擁したフェスでありながら、ヘッドライナーをつとめるのは並大抵のことではない。

ここでは「へヴィさ」ということが重要である。


なぜなら、人は誰でもアクの強いものにハマるからである。

へヴィさを導入しないで、いつまでもマイペースな音楽をやっているブルーズバンドが、時の経過とともに見向きもされなくなるのは、人間のそういった性質によることろが大きいのである。

そんな時代状況であるのにもかかわらず、彼らは他のバンドより未だに頭が1つ以上突出している。

それはひとえに、このDr.FEELGOODマルチプラチナム兼超ロングセールの功績にほかならない!

この超名盤は全米でこれまでに【700万枚のセール】を挙げている。

ファイル (2) 



彼らの歴史上、全米や日本はもちろん、全世界で一番売れたアルバムである。

 絶頂であった彼らの当時の来日公演も過去最高のものであった。

●その日程が以下である。

MOTLEY CRUE 89年来日公演日程)
5月8日 大阪城ホール
5月11日 名古屋レインボーホール
5月12日 横浜アリーナ
5月14日 日本武道館
5月15日 日本武道館
5月16日 日本武道館 

 のみならず、 BURRN!』誌『ミュージックライフ』誌共に人気投票のアルバム部門でDr.FEELGOODチャンピオンになり、『ミュージックライフ』誌ではトミーリーがドラマー部門で、ニッキーシックスがベーシスト部門でチャンピオンになり、翌年のBURRN!』誌の来日公演部門ではバンドがチャンピオンになったのである。

2誌同時に同一アルバムがチャンピオンになることは稀である。

ファイル0001


上記のヒットシングルの他、数々の名曲が収められている。

 シングルカットされなかったが、 ”Without You”を上回る出来と正直思う”Time For Change”や、ミドルでありながら格段のグルーヴ感がたまらない”Sticky Sweet”“Rattlesnake Shake”など枚挙はこと欠かない。

かなりの歴史があるので、上記のシングル曲以外をライヴでみれるのは難しいが、アルバムを買って聴くことによってそれは堪能できる。

●それは以下から購入可能である!
  ↓
feelgood.jpg

ドクター・フィールグッド+5

GRP_0639.gif
「私もこのアルバムをおススメします!

■彼らの最新ベストアルバムはコチラ!
  ↓
グレイテスト・ヒッツ~デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ


●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ






このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

スポンサーサイト

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

90年デビューのベテラン揃いのスーパーバンドとは?!


メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

GRP_0038.jpg

 90年には、ベテランミュージシャンが、寄り集まってスーパーバンドを結成し、良好なアルバムをだし、来日公演をおこなった。 

 その例としてDON DOKKENがいい例であろう。

ファイル0078 
       DON DOKKEN

 今でも、そのアルバムは私の愛聴盤である。

 しかし、そのバンドはその1枚のアルバムだけでバンドは空中分解し、解散してしまった。

 非常に残念であった。

 そして、今回紹介するのは、同じく90年にベテランミュージシャンが集まり結成したバンドである【DAMN YANKEES】である。

GRP_0040.jpg 
   DAMN YANKEES

 このバンドは、ソロシンガーでその専用バンドも結成し活動していたテッドニュージェント(g、vo)

 元STYXトミーショウ(g、vo)

 数々のセッションをしてきた技巧派ドラマーであったマイケルカーテロン(d)

 そして、元NIGHT RANGERジャックブレイズ(b,vo)

という目玉が飛び出るほどの涎の出そうな顔ぶれであった。

 私は当時、NIGHT RANGER以外はあまり知らなかったので、興味深々でこのバンドに接していった記憶がある。

night ranger 
    NIGHT RANGER 89'

 私にとってNIGHT RANGERはかけがえのないバンドであり、そのバンドがその前年に解散してしまったのは、信じたくない事実であった。 

 89年に、ある時ふと音楽雑誌をみていたら、NIGHT RANGERのベストアルバム発表の告知がなされていたのをみて、

「アルバム5枚でベストアルバムは早すぎないか?」

 と思っていたら、なんとこのバンドが解散するというではないか! 

 ショックを隠せないが、それを覆すことは不可能であった。

 このDAMN YANKEESがアルバムを出してツアーに出ていたのを雑誌記事等で読んでいるうちに、

「やはり、NIGHT RANGERは解散したんだなあ…」

 と受け入れたくない事実を心にぶら下げながら、新しいバンドに期待して前に向かっていかなくてはいけないという毅然とした心の態度を意図的に作り出していた当時が、今となっては懐かしい!

●”Coming Of Age”(全米60位)
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=vCXYxGFbsBs&feature=relmfu

 この曲は、アルバムの冒頭を飾る曲である。 

 NIGHT RANGERの大ファンであった私は、当然その音楽性を期待するが、この曲はもちろん、アルバム全体においてもその色は希薄である。

 当時はハードロックの全盛で、しかも凄腕ギタリストが注目を集めていた時期であっただけにどうしてもテクニカルなギターに注目が集まるし、NIGHT RANGERには2人の凄腕ギタリストを擁していただけに、どうしてもそういった要素をこのバンドに求めていたファンは多かったはずであるが、そういったものを期待してもこのアルバムからは得られない…残念ながら。

GRP_0037.jpg 


でもどうしてか、このアルバムには、人をジワリジワリと聴きたくなる要素が含まれている。 

 決して派手ではないが、着実にファンの心をつかむモノを持っているのである。 

 派手さがないだけに、いきなりファンの心をつかむことはなかったが、そういった要素が要因で着実に売り上げを伸ばしていったのである。

●”Come Again”(全米50位)
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=BtuOAnsuZBY&feature=fvwrel 

 こういった寂寥感のある哀愁の漂うバラードは、NIGHT RANGERにはなかったテイストである。 

 しかし、STYXにおいてはよくある曲ではあったが、この曲のテイストはSTYXとはちょっと違ったものである。 

 ありがちな曲…そうでもないかな…ん?

という感じでこのアルバム発表後に思っていたものである。

そう思っているうちに、またCDを手にとって聴いていた。

そうしているうちに、ちょっとこのバンドの虜になっていたりする。 

 不思議な魅力を擁するバンドだなと思わざるを得ないし、今に至るもその原因がわからないままである。

良い曲である…


●”Bad Reputation”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=rwsHzOb3xcQ 

 NIGHT RANGERの初期には、やはり勢いで押し、そこへツインリードギターで叩きこむ、それで聴き手をノックダウンしてしまう。

 そんな手法が有効だったわけだが、その魅力をこのバンドに期待しても得られないが、そのにはない魅力をこのバンドは有しているのである。 

 そういった叩きこみはないが、この曲はそれに負けないへヴィさとパッションが感じれるのである。

もっと凄い勢いのある曲は、このアルバムの最後に収録の”Piledriver”であるが、それと匹敵する出来であると思う。

そして、このバンド最強の曲が以下のバラードであろう!

●”High Enough”(全米3位)
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=l_uh8XjgLTE

この全米3位というのは特筆に値する!

 かつてジャックNIGHT RANGER在籍時の最高記録が5位だった事を考えると、自己のキャリアで最高記録を更新したことになる。

 この曲は、ジャックの史上最高のヒットであるだけに、NIGHT RANGERにおいて今でもこの曲はカバーされている。 

 トミーショウSTYX時代において、 ”Babe”全米ナンバーワンになったが、ジャックのNIGHT RANGERやテッドニュージェントのソロ時代においては、全米3位以上の記録はないのである。

GRP_0042.jpg 


彼らにとっての最高位のシングルであったし、今もそうである!

始めの2曲を見てもらえればわかるように、アルバム発表当時にカットされたシングルはどれも見栄えのいいものではなかった。

曲としてはいいが、一発で聴き手を虜にしてしまうものではなかった。



しかし、この曲がシングルヒットしたことにより、このアルバムは一気に売れだし、日本でもいきなり売れだした。

当初予定されていなかった全米ツアーの旅程も大幅に拡大され、アルバムも全米チャートで最高位13位を記録し、最終的には500万枚以上の売り上げを達成することになる。

(当時のセットリスト)
Damn Yankees
Rock City
Bad Reputation
Free For All ▲
Don’t Tell Me You Love Me ※
Come Again
Mystified
Tell Me How You Want It
Blue Collar Man ★
High Enough
Renegade ★
Coming Of Age
Piledriver
(ENCORE)
Cat Scratch Fever ▲
Rock In Amerca※

★=STYX
▲=TED NUGENT
※=NIGHT RANGER


 しかし、97年NIGHT RANGER再結成から今も現役で頑張っているこのバンドをさらに応援していきたい気持ちが今は溢れている。


 このバンドDAMNYANKEESは、この次のDON’T TREADアルバムを制作し発表、そしてツアーをおこなった後に、テッドが脱退、そしてバンドの休止を宣言した後、トミーショウジャックブレイズは、2人のプロジェクトであるSHAW/BLADESを開始し、アルバムを出した。

その際にDAMN YAKEESの今後について訊かれて、

「僕はあのバンドがまた再び始動されることを信じている。マスメディアはセンセーショナルに物事を捉え過ぎだよ!」

といっていたのを思い出す。

GRP_0041.jpg

 しかし、今もDAMN YANKEES再結成の兆しはないままである。

 しかし、どうもそれぞれのバンドやキャリアを積んだミュージシャンが集まった俗にいうベテランミュージシャンのバンドというのは、長続きしないのが通例のようである。 

 先のDON DOKKENもアルバム1枚で解散した。

 その詳しい事情については私は、ミュージシャンではないし、そのバンドの詳しい事情については知らないのでコメントは差し控えるが、1視聴者としてコメントすれば、至極残念としかいいようがない。 

 NIGHT RANGER再結成後に、良いアルバムは出ているが、聴くに堪えない凡作がいくつかあるのも否定できない。

その凡作が出た時には、「DAMN YANKKES再結成は…?」などと思ったものである。

しかし、そんなことくらいで簡単にできるわけではないし、たとえ再結成したとしても良好なアルバムができる保証などない。

今や1つのバンドだけで生活が安泰という時代ではないし、それだけでもミュージシャンの食指を満たすものではないだろう。


GRP_0043.jpg 

 NIGHT RANGERには、WINGERWHITESNAKEなどで活動しているレブビーチが参加したり、ケリーケイギー(d)や、ブラッドギルス(g)もソロアルバムを出しているし、ジャックブレイズもリンゴスターのバックバンドに参加したり、TMGというプロジェクトもやっている。

 要するに選択肢を多様にしていく時代なのだ!

その一環として、またDAMN YANKEESをしてくれないかと思わざるを得ないのである。

90年 DAMN YANKEES 来日公演日程)
7月3日 川崎クラブチッタ
7月5日 大阪フェスティバルホール
7月6日 東京NHKホール

 いろんなキャリアを積んだミュージシャンの集まりのバンドの音は、ごった煮のようになりまとまりがつきにくい出来になりがちであるが、ちゃんと融和している。

 いろんなキャリアを積んだミュージシャンの集まりのバンドのジンクスとして、

【あまり出来が良くない】

というのが通例ではあるが、そのジンクスを打ち破る素晴らしい出来であるということを付言してこの項を終わりにしたい。


このDAMN YANKEESのアルバムを購入したいかたは以下からどうぞ!
  ↓
damn.jpg 

ダム・ヤンキース (ワーナー・ハード・ロック1500)

新品価格¥1,290から
(2012/7/24 15:07時点)

GRP_0055.jpg 

「私もこのアルバムは おススメです!


■このバンドのベストアルバムが以下。
  ↓

High Enough & Other Hits

新品価格¥304から
(2012/7/24 15:11時点)

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ






このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

スーパーバンドGIANTの最高傑作!?
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

time to burn 

 名プレイヤーでかつ、作曲家でかつ、名プロデューサーであるダンハフ(下写真)は、92年にまたもバンドGIANTでアルバムを出す。

ファイル0037 


 そのバンドに参加したのはいずれも、スタジオミュージシャンである。

ファイル0045 
                GIANT 


 89年にこのGIANTはデビューし、なかなかの佳曲のアルバムを作るが、次のこのTIME TO BURN作曲にも演奏力にももっと磨きがかかり、贅肉を削ぎ落したタイトな印象を与える作品となった。

●”Thunder And lightning”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=ueILqgszXSc 


 のっけから佳曲が登場した! 

 演奏が非常にメリハリが効いている。

 完璧で一糸乱れぬ演奏と歌唱の紡ぎ合わせが見事であるとしか言いようがない。

 そして、サビのぶ厚いコーラスが印象的である。 

 このアルバムにおいては、この「ぶ厚いコーラス」を多用している。

ファイル0047 
 この曲のみならず、2番の”Chain”(この曲は全米16位にまで上昇)が、また良い!

 ミドルテンポだが、先が読めない展開になっている。 

 ベテランのスタジオミュージシャンにしか出せない厚みをもった音が展開されていくのを聴くのはスリリングですらある。 

 そこですかさず、心地いいキーボードの音が展開されるともう堪らなくなる!

●”Stay”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=jAFvEcFKzT4 

 
 80年代の中盤以降、西欧のハードロックにのめりこんでいった世代の人はこの曲にのめり込み、惚れやすいのではないだろうか? 

 爽やかな音声のロングトーンのサビ…これを聴いている人には視覚や想像覚など体全体で広大な西欧の都市風景が広がり、堪らなくなる!

 もちろん、演奏しているミュージシャンが巧くなくてはそれは不可能な話しであるが。


●”I’ll Be There”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=Ks0F-YqEOGk&feature=related

音楽を始め、芸術と称されるモノは、人を啓蒙することが出来なくてはいけないと私は思っている。


この曲を聴いていると、勇気と前向きな心が湧きあがるのである!

こういった役割を私は音楽に対して期待しているのである。

ファイル0040 
93年以降に、暗くドンヨリとしたグランジという音楽が世間をにぎわした。

音楽は人の心を表すものであるから、暗くドンヨリとしたミュージックが流行っても不思議ではないし、自然な成り行きである。

 しかし、それが何年もの間に跳梁跋扈することには疑問を持たざるを得ないのである。 

 そういったミュージックが幅を効かせてしまえば、世界が暗く沈んだものになるだろう。 

 やはり前向きに人生は生きていたいものである。 

 そんなことをこの曲を聴きながら考えてしまった。


●“Save Me Tonight”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=BYUDTcgwIgI&feature=related 


 デヴィッドカヴァーデールWHITESNAKE)は90年に映画DAYS OF THUNDERのサントラに参加したが、そのDAYS OF THUNDERにもGIANTは意外にも参加していたのである。

days of thunder 
DAYS OF THUNDER

それがこの“Save Me Tonight”である。

ファイル0042 


 GIANTダンハフWHITESNAKE全米1位になった“Here I Go Again”のギターで参加している。

ファイル0083 


その”Here I Go Again”で始まるWHITESNAKEベストアルバムは以下。
  ↓




 何か、結びつきというか運命じみたものを感じる。

 しかし、この“Save Me Tonight”DAYS OF THUNDERのサントラのCDには何故か収録されていないのである…不思議である。

まずこのアルバムを俯瞰して、その曲の質の高さ、曲の良さに圧倒される。 

 洋の東西を問わず、始めには変わった編成のものは疎まれがちである。 

 GIANTのように普通のバンドでなく、スタジオミュージシャンの集まり、ということになるとどうしても忌避されがちである。

 巧さのみを最優先して演奏にハートが感じれない…こういったことを言われがちである。

ファイル0043 


 でも、聴いてみれば一聴了然! 

 そんなことは全く当たらないし、なによりもハートが感じれて胸がジーンとなるのである。

ファイル0039


 こういうことを紙面で書いても、現代のようにインターネットのなかった時代では、むなしく響くだけだったが、こうしてすぐに聴きたいものを即時に聴けるのがインターネット時代の強みであるといえるだろう。

 上記以外にも佳曲は満載である。 

 興味のでたかたは以下よりお買い求めくださいませ!
  ↓
time to burn 

  Time to Burn

 新品価格¥341から
 (2012/7/1 12:50時点)


  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ






このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト