HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
(祝)SCORPIONSの『SUPER ROCK 84』の映像が今になって再発!
飲み会好きなあなた!

デート好きなあなた!

食事でロマンティックな気分にひたりたいあなた!

deitosupot.jpg


このサイトは非常にお勧めです。

いろんな素敵なレストラン、飲食店、デートスポットの会計のほとんどが既定の半額で利用できます!


こんなすごいサイトは知りません。

しかも毎日メールマガジンを配信してくれますから、自分の都合に合わせて飲み会ができますよ!

私も最近高級すし屋を半額で利用できました。

あなたも既定の半額で利用してリッチな気分になっては?

suusy.jpg



以下のサイトにアクセスして、会員登録するか、あなたの食指に合った良いサイトを探して利用するだけ!

登録の利用代金はゼロ!

超おすすめです。
  ↓




メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

super rock 

 ファンとしては待望のSCORPIONSSUPER ROCK 84』での映像が輸入盤でDVD化された。  

 WHITESNAKEの『SUPER ROCK 84』での映像に続き嬉しいカウンターパンチである。

 あのSCORPIONS09年に解散前の世界ツアーを敢行してからはや3年がたつ。 

 いまだに続けているところが凄いが、彼らがこれまでに世界中で築き上げてきた人気が根強いからこそこの長きにわたってツアーを続けていられるのだろう。

 しかし、そこで疑問がわく。

 日本には来ないのか?ということである。

 ファンとしては来て欲しいことは間違いないが、しかしSCORPIONSからすれば、どうみているのだろうか?

ファイル0172


世界の他の国と日本との人気のギャップがありすぎるのである。 

 彼らは世界中で人気を博し、いろんな国の大きな会場のフェスでトリをつとめてきたが、ここ日本では来日公演をおこなっても、一番最近では、日本最大の都市の東京でも1000人収容SHIBUYA-AXで1日だけであった。

 これでは彼らは日本で有終の美を飾ることは出来ない。

 先日おこなわれたNICKELBACKの来日公演は、地方公演を一切おこなわずに、日本武道館を1日だけにした。

ファイル0074 
      NICKELBACK

すると9割5分以上の観衆を擁することが出来たが、SCORPIONSでもそれは可能かと言われればこころもとない、としかいいようがない。

今回のSUPER ROCK 84での出演順もそうだが、やはり海外とのギャップを感じざるを得ない。

 このフェスで参加したのは、SCORPIONSのほか、WHITESNAKE、MSG、BON JOVI、ANVILだが、SCORPIONSはサードビル扱いであった。 

 この出演したバンド中、世界で一番売れていたバンドであったにもかかわらずである。

しかも、この84年の前年には、35万人を動員したUS FESTIVALにおいてVAN HALENに次ぐセカンドビル扱いであったにも関わらずである。

ファイル0096 (1) 
   US FESTIVAL』 

 それに、彼らの最大のヒット作であるCRAZY WORLDの来日公演時の、91年の東京公演は日本武道館で1日だけ、しかもその日は満員にはならず、4000人分くらい席が余っていた。

ファイル0143


アメリカと日本でこれだけの人気ギャップがあってはバンドのメンバーも日本をそれほど快く思わず、今回の最終ツアーでも来たくないと言っても不思議ではない。

もちろん、彼らがインタビューでそういったことを言った記録はないが… 

 80年発表のANIMAL MAGNETISMはアメリカで200万枚のセールを挙げ、82年BLACKOUT100万枚、84年LOVE AT FIRST STING300万枚というドイツのバンド史上初の快挙を成し遂げての来日であった。

animal magnetism blackout.jpg love at


まずその内容をみてみよう!

●”Blackout”
  ↓



http://www.youtube.com/watch?v=qcV_PKqd6ec

 この曲がドたまにみれることは近年では全くなかった。

 どのアーティストでもそうだが、90年代の半ばにハードロックが不況になり、80年代のようにいい曲が作れなくなると、コンサートにおいては往年のヒット曲を最後にもっていっていく傾向があった。

SCORPIONSもまたしかりであった。

だが、この曲をショはなに持ってくるということは、この曲以上の佳曲をふんだんにもっていたということである。

私も、コンサートでこの曲がなされると、思わず興奮せざるを得ない!

特にイントロを聞くともうダメである。


●”Make It Real”
  ↓



http://www.youtube.com/watch?v=oqj1D6iyrCg


 この曲は近年の彼らのコンサートではついぞ演奏されなかったマテリアルである。

 このバンドの最大のヒットアルバムである『CRAZY WORLD』時には演奏されていたが…

 日本では、80年代にバンドの大ブームになり、バカテクをもったギタリストが注目された。 

 しかし、そういったカテゴリーに入るギタリストを擁していなかったためにSCORPIONSには注目が集まらなかった。

 こういったことも、日本と諸外国との彼らの人気の差が出来てしまった理由でもあるだろう。

 しかし、このバンドのギタリストのマティアスヤプスは良いメロをもっている。

mathias.jpg 
    マティアスヤプス 


 決して派手さはないが、要所要所でツボを得たメロを展開するがために、聴き手を離さないのだ。 

 ギターテクとしてはそれほどではないが、いつまでも聴き手を中毒にさせる想像力があるのだ!

●“Dynamite”
  ↓



http://www.youtube.com/watch?v=b-f5fk-VFHQ

 この曲も、近年では演奏されなかったが、今のラストツアーではセットリストに復活している。 

 当時の彼らの勢いを表すのに最適の曲であると言っても良いだろう! 

 ヒット作のBLACKOUT収録の曲である。



●”Can’t Live Without You”
  ↓



http://www.youtube.com/watch?v=A3jN9WiZnYM


 私が10年早く生まれて、 SUPER ROCKに観客としてみにいったとしたら、おそらくSCORPIONSをメインに見ていたと思う。 

 何故なら、このバンドが参加したバンド中一番良い楽曲を提供していたバンドであるからだ。 

 コージーパウエルのドラミングをフィーチャーしたWHITESNAKE”Slow An’ Easy”にしろ、BON JOVI”Runaway”にしろ、MSG”Into The Arena”にしろ、私にはいまいち物足りない。

その中で、SCORPIONSの楽曲群の数々の方が勝っている。

 しかし、このイベントの4年後に私はハードロックの世界に入った。

そして、ご周知のように、86年BON JOVI世界で1200万枚ものセールを挙げる大ヒットアルバムを出し、WHITESNAKE87年に世界で1000万枚ものセールを挙げるアルバムを出した。

ワイルドインザ 白蛇の紋章

 その2枚のアルバムと、84年までのSCORPIONSのアルバムを比べると、やはり申し訳ないが、今一歩楽曲の魅力では引け目を感じざるを得ないのが正直なところである。

 しかし、90年発表のSCORPIONSCRAZY WORLDは、この2枚のアルバムに勝るとも劣らないと正直思う。

 

crazy world  
  CRAZY WORLD』 

 しかし、その後、SCORPIONSはその CRAZY WORLD以上か、それに匹敵するほどのアルバムを出せていないのが、BON JOVIWHITESNAKE以上のファンになれないでいる私の中の理由である。

 しかし、ヒットアルバムを書こう、作ろうと思って出来るものではない。

 自分の中からわき出るものを曲にし、詞にすることで世間がどう見て、感じるかである。

 だから音楽というのは難しいものである。 
ファイル0175 

 しかし、平均的な作品以上のものを彼らはそれ以前も、それ以降も連発してきたのである。 

 それが長い間、多くの国の多くの人々を魅了し、語られてきたからこそ、今の彼らの地位があるのである。

 このSUPER ROCKがおこなわれた84年は、ハードロックの全盛期で彼らもプラチナ以上のヒット作を連発していた。

そして最大のヒット作であるCRAZY WORLDの前々作のアルバムを発表した後のツアーの一環の渦中であったのだ。


●そんな時の彼らの雄姿をみるに最適な映像がこのDVDである。

(収録曲)
Blackout
Coming Home
Bad Boys Running Wild
Make It Real
Big City Nights
Coast To Coast
Rock You Like A Hurricane
Can’t Live Without You
Dynamite
The Zoo
Can’t Get Enough

今のSCORPIONSのセットリストでは、この曲群からほとんどが演奏されている。

 しかし、演奏順がちょっと違う。 

 “Blackout”は最近ではコンサートの最後の方で演奏されるし、 ” Rock You Like A Hurricane”は必ず最後に彼らの最高のロックアンセムとして演奏される。

では何故” Rock You Like A Hurricane”がこの時には最後でないかと言うと、この曲以上の曲群が当時あったからにほかならない。

そういった面を眺めながらこういった曲を鑑賞するのもまた昔の映像をみる時の楽しみにほかならない。

●この映像お買い上げのかたはコチラから!
           
super rock

Live in Tokyo [DVD] [Import]


■彼らの当時の最新アルバムがコチラ。全米300万枚を達成!
  ↓
Love at First Sting

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

スポンサーサイト

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト