HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
『US FESTIVAL』でヘッドライナーをつとめた時のVAN HALENのアルバムはこれだ!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

diver down 

 VAN HALENの凄さを垣間見るのに最適なのが、83年の3月29日に、35万人を動員したUS FESTIVALであろう。

ファイル0095 
  『US FESTIVAL

 このフェストで彼らはヘッドライナーをつとめるのである。 

 彼らの人気の凄さはデビュー当時から既に爆発していた。

 デビューアルバムからチャートの19位に送り込み、セカンドは6位,サードアルバムが6位,4枚目のアルバムが5位,そして5枚目のアルバムが3位を記録した。

 売り上げはファーストから1000万枚,500万枚,300万枚,200万枚と凄まじい記録ですらある。

そして今回紹介する5枚目のアルバムのDIVER DOWN400万枚を売り上げるのである。

ファイル0374


 大抵のアーティストは、だいたい2枚から3枚のアルバムを売って、それから次第に売れなくなる…というパターンがほとんどであるが、ことVAN HALENは例外なのだ。

 日本での人気も凄まじく、最盛期は89年で、来日公演において東京ドームでの単独公演を2日間敢行してなおも日本武道館での公演を実現している。 

 これはBON JOVI以上の偉業である。

bon 85 
     BON JOVI

 その彼らの最初の偉業としてUS FESTIVALでのヘッドライナーをつとめた時のことを紹介するのに、やはり当時のタイムリーなアルバムのDIVER DOWNを述べるのが良いと思う。

●”(Oh) Pretty Woman”(全米12位)
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=JcB-BRSnlf8 

 この曲こそが、このアルバムの代表的な曲である。 

 彼らは、デビュー当時から他のアーティストのカバー曲を多くしてアルバムにも収録してきた。

 このアルバムも例外ではなく、KINKSのカバーである”Where Have The Good Time Gone”や、このロイオービンソンのカバーも収録されている。

 しかし、この曲を聴けばすぐさまVAN HALENだ、と心が反応してしまうようにオリジナルを超えるほどのヒットとなってしまったのである。

●”The Full Bag”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=18ZE4J_oCrQ

 このフレーズ、畳みかけかた、そして燦然としたアレックスヴァンへイレンのドラミング音は、この後デイヴが脱退してからサミーヘイガーが加入してからのVAN HALENにも受け継がれた特徴的な音である。

ファイル0373 
アレックスヴァンへイレン

 こういった特徴的なメロディは、バンドにとっては貴重な財産である。

 この曲を聴いてもアレックスヴァンへイレンのドラミングの凄さ、技能の高さが窺われるというもの!

 ここ日本で、彼の偉大さが強調されなさすぎなのが不思議でしょうがないのであるがどうだろうか?

●”Little Guitar”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=YX1f9nEe4Kw&feature=fvwrel

 今や、新人が完成度の高いアルバムを出すのは、何ら珍しいことではなくむしろ当然のことになった。

 80年代には、最初は荒削りだが徐々に新人離れしていく音を作りだすのが当然であった。

 このVAN HALENのアルバムはまだ粗削りである。

 しかし、それは下手というのではない。 

 荒削りと下手とは違う。

ファイル0371 


 しかし、その荒削りさが一般のファンとの心理的な距離を近づけるのだ。 

 あまりに完成度の高い音をはじめに作ってしまうとその心理的な距離が遠ざかる気もしないではない。

 しかし、この曲もアルバム収録の”Where Have The Good Time Gone”にしても単なる普通の曲になりかねない作りであるが、エディの独特のメロのおかげで聴き手の心を鷲掴みにしている。

その効用で、私もこのアルバムを20年以上愛聴しているのだ。

●”Secret”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=peZbLN7dOig

 この曲は、 “Cathedral”というエディヴァンへイレンのギターのみのインストに導かれて始まるのだが、そのピッキングをしない、フィンガリングとハンマリングの組み合わせだけの音色しかないが、非常に幽玄でゆらりとしたメロディにうっとりとなる。

 それのメロディは、NIGHT RANGERMIDNIGHT MADNESS収録の”Rumour’s In The Air”の出だしにそっくりで、これを弾いているブラッドギルスが、その“Cathedral”を参考にしたとしか考えられない。

midnight madness 
MIDNIGHT MADNESS

非常に他のアーティストに影響を与えたのだ。

しかし、91年に発表のFUCKアルバムには、電気ドライバーを使用した”Poundcake”というシングルがあったが、これはMR.BIGポールギルバートの方法を真似したのだ。

fuck.jpg 
     FUCK』 

 エディは、その独自の技法であるライトハンドが世界的に有名なギタリストであるが、その地位に甘んじることなく、どんなことでも取り入れるその柔軟性には頭が下がる思いがする。

ファイル0371 


 なにはともあれ、94年において、VAN HALEN初のベストアルバムが制作され、その際に新曲を2曲それに付け加えるに際し、デイヴリーロスが戻りレコーディングをし、「ついに待望の再加入か!?」と騒がれたにもかかわらず、エディヴァンへイレンとの確執でまた別れてしまったが、ついに昨年にデイヴがもどったフルアルバムが制作され、そのラインナップでの世界ツアーが敢行される運びとなってファンにとっては嬉しい限りである。

 日本でのツアーも予定されているが、ファンには残念ながらチケットは全公演売り切れになってしまった。

 これではダフ屋が儲かってしまう(笑)

 そのデイヴがいた最初の頃のアルバムで、聴いておかなくてはいけないアルバムが、このDIVER DOWNであろうということで今回紹介させていただいた。

★この全米3位を記録し、400万枚を売ったアルバムはコチラ!
  ↓
diver down

20110619100611.jpg


★国内盤はコチラ!
  ↓
diver down

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

スポンサーサイト

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

(祝)WHITESNAKEの27年ぶりの日本でのフェスティバル参加!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

loud park

 記念すべきLOUD PARK 2011におけるヘッドライナーのステージでのライヴ映像! 

 と言いたいが、 LOUD PARK 2011開催告知当始は、WHITESNAKEがヘッドライナーであると告知されたが、のちにLIMP BIZKITにとってかわられてしまった。



ファイル0064 
      LIMP BIZKIT

 私もそれには危惧していた。

 大好きなWHITESNAKEがヘッドライナーであればうれしいことこの上ないが、88のように15000人キャパの代々木オリンピックプール3日間満杯にするほどの人気を彼らは維持できていないからだ。

しかも、10以上のバンドが参戦するとはいえ、ハードロックやへヴィメタルのピークはとっくに過ぎていたからだ。

 こんな状態では、埼玉スーパーアリーナを満杯にするのは難しいのでは、と思っていたがそのことは的中してしまった。

 これから実に27年ぶりの日本のフェスティバルでのステージである。

 その27年まえのフェスとは、言うまでもなくSUPER ROCK 84’である。

 この時は、WHITESNAKEMSGがヘッドライナーを日によって交代したようである。

 これぞ、まさに「ダブルヘッドライナー」という趣旨である。

ネットのwikiでは、 LOUD PARK 2011のことをダブルヘッドライナーと書いてあったが、それは虚である。

 はじめWHITESNAKEをヘッドライナーとして告知していたが、人気の差のためにLIMP BIZKITを最後にせざるを得なくなり、そのWHITESNAKEへの便宜を考慮して、そう書いたとしか考えれない。

 だが、そんなことはどうでも良いかもしれない!

 謙虚に彼らのセカンドビルになってしまった時のステージングを垣間見てみよう。 

  ●”Best Years”   
       


http://www.youtube.com/watch?v=M7p1kUY5pyM

 
まずこの曲が最初であった。 全世界で70万枚を売ったというGOOD TO BE BADアルバムの最初に収録されている曲である。

good to be bad 
GOOD TO BE BAD

前回のツアーでもこの曲が最初であったが、今回もこの曲で始まるとは、デヴィッドもさぞこの曲を気に入ってるのだろう。

 この曲はミドルテンポで、いまいち盛り上がりに欠けるということを、『BURRN!のライヴのレビューでも書かれていたが、頷ける。

ましてや、彼らの直前に演奏した、叙情的で攻撃的な疾走感溢れるへヴィバンドのARCH ENEMYの直後とあってはなおさらだろう。

ファイル0034 (1)
       ARCH ENEMY

 しかし、WHITESNAKEのブートレッグを何回も見ている私や多くのファンにとっては、結構興奮する曲に様変わりしている。

 この曲が展開されると、思わず顔がにっこりしてきだすのである。

 ファンかそれほどのファンでないかで、受け入れ方は違ってこざるを得ない。

 こういったミドルテンポの曲では。

 WHITESNAKEのファン以外の人たちには、やはり”Bad Boys””Slip Of The Tongue”などの曲をした方が、ウケはいいに違いない。

 ましてや”Slip Of The Tongue”は20年以上もライヴで演奏されてない…あんな良い曲をしないのはもったいない!


●”Steal Your Heart Away”  
       
 


http://www.youtube.com/watch?v=cpejPPzeHBI

 

 WHITESNAKEいやデヴィッドカヴァーデールといったほうがいいのだろうか?健在なりを堪能できる新曲である。

 この曲を聞くと、どうしてもデヴィッド76年DEEP PURPLEで制作したCOME TASTE THE BANDを想起してしまう。

come taste the band

 
COME TASTE THE BAND

 要するにファンキーな作品なのである。

 こういったファンキーな作品というのは、デヴィッドWHITESNAKEを結成してから一度も作られていない。

 そのCOME TASTE THE BANDはそれまでのDEEP PURPLEの印象を全く様変わりさせた音楽性で、多くのPURPLEファンを裏切っただろう。

 だが、ハードロックの作品としては良いので、今でも私の愛聴盤になっている。

 ファンク、レゲエ…こういった音楽はリッチーブラックモアの好むところではなく、こういった音楽性を前面に出そうとするデヴィッドグレンヒューズというメインソングライターと好みが相通じることなく、それに我慢できなくなったリッチーPURPLEを脱退してしまう。

そのいわくつきの音楽性(=ファンキー)が今ここに散見することが出来る、というのは何か不思議めいている。

そういった音楽性をちょっと散見することは出来るが、 COME TASTE THE BANDそのままではないということは断っておかなくてはいけない。


●”Love Will Set You Free”  
   




http://www.youtube.com/watch?v=mBmIYhV_yfY

この曲が、最新アルバムのFOREVERMOREのシングルになった曲である。

 


forevermore.jpg 
  FOREVERMORE

 先の”Steal Your Heart Away”の延長上にある曲である。

 この曲でも、わかるのは、ダグアルドリッチのフィーリングのよさである。


2013ダグ 
   ダグアルドリッチ

 このギタリストは、2002年当時にDIOに加入していたが、そのステージでのプレイの良さをデヴィッドがえらく感動し、急遽加入を依頼したということである。

 この曲でのソロで、普通のフレーズで始め、その後の終盤で一気にたたみかける、という手法がとられているが、その手法がWHITESNAKEの楽曲を活かすにはもってこいなのである。

 これまでのWHITESNAKE”Love Ain’t No Stranger”におけるソロでも、このライヴでの”Forevermore”でもその手法がとられているが、それはまさにWHITESNAKEのヴァイヴには最適なのである。

 そう思うからこそ、私は2003年以降WHITESNAKEのブートレッグはもちろん、オフィシャル映像を一番多く鑑賞してしまうのである。

 それ以前のブートレッグをみても、他のギタリスト達がWHITESNAKEの楽曲を高く活かす、という仕事をしていないのである。

 ダグは、WHITESNAKEに加入してはや10年になる。

 これまでのWHITESNAKEの歴史上で最長である。

 確かに、78年結成からバーニーマースデンミッキームーディが6枚のアルバムをレコーディングしてきて、ダグはまだ2作だけだが、この先それ以上のアルバムをレコーディングしてくれることを私は切に願っているのである。

●”Forevermore”
  ↓



http://www.youtube.com/watch?v=gEJLphqkuYo

 この曲は, SLIP OF THE TONGUEアルバム収録の”Sailing Ship”に通じる、壮大なロマンスに迫るスケールのあまりに大きなロングスタンスの曲である。 

 7分以上もの長い曲であるのに、そんな長いことも忘れて、つい聴き入ってしまうのだから、その魅力には参ってしまう。

 もともとディープヴォイスをリッチーブラックモアに買われて74年DEEP PURPLEに引き抜かれたデヴィッドカヴァーデールではあるが、そのリッチーの目に狂いはなかったようである。 

 その魅力が、今も褪せることなく維持されている。 

 2003年に復活を果たしたカヴァーデールではあるが、その後5年間はニューアルバムを作らなかったが、こうして佳曲が作れるのだからその力にこれからも期待をかけても間違いはないようである。

 しかし、この会場に集まったファンの趣向には驚きである。

 AUGUST BURNS RED、AMARANTHE、STRYPER、KROKUS、UNISONIC、UNITED、ARCH ENEMYなど、参加したバンドの多種多様さには驚きである。

 そんな多種多様な趣向をもったファン達の前でこなしたWHITESNAKEの名曲の数々にはどう受け入れられたか、実際にはもの凄く興味がこの映像を観ながら湧いたものである。

 このライヴの映像で観る限り、反応は良い!

 やはりいけばよかったのかなという後悔の念が襲ったのである。

  しかし、フルライヴではないのがやはり残念である。

devi.jpg

 私もLOUD PARK 2011が告知されWHITESNAKEが当初はヘッドライナーであるということを聞いた時は、絶対にLOUD PARK 2011に行くぞ!と意気込んだものだが、ヘッドライナーが変わった時点で、いくのはやめて、単独公演に行くことにした。

 セカンドビルでは、フルライヴでは演奏されないからである。

 やはり、WHITESNAKEのファンとしては、フルライヴを垣間見たいものである。

 しかし、リリース情報にはやはり自分の欲が全部受け入れられるはずもない。

 その感情を押し殺しても、やはり彼らのライヴを充分に堪能できるライヴ映像作品であることに間違いはない。

 新旧どの曲も素晴らしく、新旧入り混ぜても何の違和感もない。

 しかも、FOREVERMORE収録の壮大かつドラマティックな”Forevermore”という曲も演奏されてこういった大きな会場でなされれば、その曲の偉大さをより堪能できる。

 この曲を映像でみれることもこのDVDを観るメリットであると言える。


 
収録曲は以下
 ↓
1. Best Years

2. Give Me All Your Love

3. Love Ain’t No Stranger

4. Is This Love

5. Steal Your Heart Away

6. Guitar Solo

7. Love Will Set You Free

8. Drum Solo

9. Fool For Your Loving

10. Here I Go Again

11. Still Of The Night

WHITESNAKEのこの映像をお求めのかたは以下から!  
  ↓
国内盤DVD



メイド・イン・ジャパン~ライヴ・アット・ラウド・パーク 11【DVD/日本語字幕付】



輸入盤DVD



Made in Japan [DVD] [Import]


ブルーレイはコチラ!



Made in Japan [Blu-ray] [Import]



  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト