HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
スティーヴンタイラーがビリーのコンサートに飛び入り!?
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

shea stadium

前回までに、

サンタナとチャドクルーガー(NICKELBACK
サンタナとスティーヴンタイラー(AEROSMITH

と、一流のミュージシャン同士のコラボを紹介してきた。

●今回は、それに引き続いて、飛び入りのステージを紹介したい。

前回、スティーヴンタイラーを紹介したが、今回はそのスティーヴンが、あのビリージョエルのコンサートに飛び入りした映像を紹介したい。

ビリージョエルといえば、アメリカを代表する、いや世界を代表するAORミュージシャンであることに間違いはない。

the kid
ビリージョエル

私は、20年以上前、洋楽に入る際に聴いていたのが、このビリージョエルにほかならない。

10代でこの人の音楽に入って、それからというもの、この人の音楽を聴かない日はないと言ったらいいくらいに聴き惚れたのである。

それからほどなくして、BON JOVIをしり、RATTをしり、METALLICAをしり、WHITESNAKEをしり、というふうにだんだんとハードロックを鑑賞するのが中心になり、ビリーのレコードをかける日は少なくなっていったが、今でもこの人のレコードが愛聴盤
だし、書斎での仕事が深夜に終ってから、この人のピアノを主導とした癒しのミュージックは私に完全なる癒しをもたらしてくれる。

“Honesty”
“Streetlife Serenade”
“My Hometown”
“Big Shot”
“My Life”
“This Is The Time”
“We Didn’t Start The Fire”


などなど佳曲を挙げていけばキリがない。

billy.jpg


数々の名曲を生み出し、それによって感動した瞬間を多くもたらしてくれたビリーには感謝の意が尽きない。

そんな凄い彼と、ハードロック畑ですごしてきたスティーヴンタイラーが同じステージに登場したのである!

その場面を観ていただこう。

●”Walk This Way”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=N35ZoBMXtS8

しかし、サンタナにしろ、今回のビリーにしろ、やはり一流のミュージシャンには一流のミュージシャンを呼び寄せるのであろうか?

別の項で、マライアキャリーが、FOREIGNERJOURNEYのカバーをしたことを紹介したが、やはり一流は一流を引き寄せるのである。

ファイル0062
スティーヴンタイラー

このステージングはまさに、豪華と言うにふさわしい。

スティーヴンタイラーのほか、ロジャーダルトリーポールマッカートニーもこのコンサートで飛び入りしている。

この映像を収めたDVDはコチラ!
  ↓
shea stadium


ライヴ・アット・シェイ・スタジアム ザ・コンサート [DVD]

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/


スポンサーサイト

テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

アレックスマシ、スティーヴンタイラーとカルロスサンタナのコラボが実現!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

前回紹介したように、NICKELBACKのファンとして、そのシンガーであるチャドクルーガーサンタナがコラボをした曲が出ていたことを知った時は驚いた。

ファイル0004 (1)
チャドクルーガー

知っていれば早く買ったのに…という後悔の念が自分をおそった。

しかし、のみならずサンタナは、今は解散したTHE CALLINGアレックスバンドAEROSMITHスティーヴンタイラーともコラボした曲をだしていたというから驚きだ。

以下その曲をみてもらいたい。

●“Why Don’t You & I”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=NGzs_dGFGM8


私はチャドクルーガーとのコラボで初めてサンタナの音楽を真面目に聴くようになったがいくつか彼の曲を聴いてみると、一発で彼とわかる音色やメロをもっていることがわかる。

そして彼の好みのシンガーの性質もわかる。

シンガーが言葉を吐き出す時の、細かい音色も、チャドクルーガーとこのアレックスバンドもやはり似ている。

●“Just Feel Better"
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=8CHiwijCSyk

ラテンミュージックの巨匠であるカルロスサンタナAEROSMITHスティーヴンタイラーとのコラボ…こういった貴重でマニアックな情報はネットでよく見ていないと見聞することなく終ってしまうから注意が必要だ。

しかし、サンタナは有名なミュージシャンとのコラボを精力的にする人だ。

ファイル0002 (1)
カルロスサンタナ

しかも自分がこなす音楽とはちょっと趣きの違う音楽をする人とも分け隔てなくこなす精神も私は好きだ。

ラテンミュージックとは言うが、純粋なラテンミュージックというものは存在しない。

世界中には、いろんな音楽が併存していて、街で聴いたり、ラジオやプレイヤーで聴いたり、ひいてはネットで聴いたりしては、そのたびに人間というものはどうしてもそれらから影響を受けて自らの音楽に無意識のうちに取り入れてしまうものなのである。

その取り入れに関して、いつの時代でも、物議を醸すのは定石になっている。

しかも音楽雑誌では当然である。

だが、私は、その取り入れに関しては、その音楽が良い出来になったのなら、それでいいと思う。

良くなかったら良くない試みであった、ということでいいと思う。

聴くに値しない出来のCDになったのなら聴かないでいればいいし、または中古盤屋に売ればいいだけの話しである。

しかし、その試みは、以上2つのコラボ曲に関してだけ言うと、成功であったと言える。

佳曲であるし、サンタナと2人のシンガーの良さを損なうことなく、良さを引き出している。

この2人のバンド(=THE CALLING、AEROSMITHが好きなファンであれば、もっておいて良いアイテムであると断言できる。

●以上2つの曲が収められたアルバムは以下!
  ↓
santana.jpg

シャーマン

モバイルのかたはコチラ!
  ↓

シャーマン



  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム






メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/




テーマ:ブログでアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト