HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
難攻不落だったアメリカンチャート28位にまでいったLACUNA COILの『KARMA CODE』
Karmacode.jpg


私がハードロックにのめりこんだ80年代後半から90年代の半ばには、非英語圏のアーティストがアメリカ進出を狙っていろんなバンドが、英語で歌詞を歌った曲のアルバムを出していたが、なかなかどうしてか難しく、アメリカでは売れることはなかった。

しかし、その事態を完全に打開するバンドが現れた。

フィンランド出身のHIMである。

HIM.jpg
  HIM

2005年に出た、このバンドのアルバムDARK LIGHTがアメリカンチャートで18位にまで上昇する快挙を成し遂げ、そのアルバムは最終的にアメリカゴールドディスクを獲得し、フィンランドのバンドとしては初の快挙だったのだ。

そのDARK LIGHTについての詳細は以下を読んでいただきたい。
  ↓
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51298085.html


そのバンドのジャンルは、「ゴシックメタル」と形容されるのであった。

ゴシックメタルとは、「冷たく暗い石つくりのゴシック建築に漂う禍々しいムードと、凍てつく冷気を彷彿とさせるムード」を擁する音楽のようだ。

HIMのデビュー当初は、非常にこの形容が当てはまる音楽を体現していた。

しかし、いつまでもバンドの初期の音楽だけを維持していることは、どのアーティストにもなく、HIMもそれに例外なく、昔の音楽や同時代の音楽の要素を取り入れながら、変化してきた。

でも今のバンドにもそういうメロなどの要素があることは確かだ。

今でこそ、非英語圏のアーティストが、難攻不落のアメリカンチャートを席捲するのは珍しくなくなった。

HIMと同じフィンランドCHILDREN OF BODOMをはじめ、 IN FLAMES、WITHIN TEMPTATION,ARCH ENEMY,AMARANTHE,NIGHTWISHなどもアメリカンチャートを昇ったのである。

私がハードロックにのめりこんだ時期には、SCORPIONSEUROPE以外非英語圏のバンドは絶対に無理だ!」と思っていたころからは信じれない事態が発生しているのは確かだ。

そういう快挙を2番目に成し遂げたバンドとして今回はLACUNA COILKARMA CODEを紹介したい。


grupshot
  LACUNA COIL

DARK LIGHTが出た次の年にこのアルバムは出され、アメリカンチャート28位にまで上昇するのである。

この事実をテレビで知った時に、私は「え~ッ!!」と声を出して驚いてしまったのである。

HIMの次に立て続けにこういう偉業を成し遂げたバンドにやはり注目せざるを得なかったのである。

HIMが好きになり、HIMと同じゴシックメタルのバンドとあればやはり注目をし、そして買って聴いたのである。

ショはなの“Fragil”のギターリフは、90年代のヘヴィロックのようないい意味での荒々しさを持っており、特徴がなさそうに思えてしまうが、民族民謡のような掛け声のコーラスが入り、それがこのバンドの音楽を特徴づけている。


●“Fragil
 ↓



https://www.youtube.com/watch?v=JbLXgHKUHGg


このバンドは、イタリア出身だがイスラムによる占領を受けていた地域出身ということであるが、こういう特徴があるのも、それが影響しているからだろう。

そして、ほのかに暗くせつないドラマティックなSEが挿入されることで、聴き手の心を飲み込んでいく。

その作曲能力とプロデュースは非常にレベルが高い。

そしてこのバンドは2人のヴォーカリストがいる。

しかも男性と女性1人ずつである。

lacunasinger

2人のヴォーカリストを擁するバンドはなぜか南欧や北欧出身のバンドによくある…よくわからないが、こういった国ではオペラが国民的ミュージックになっているからして、その影響で、他のは1人のヴォーカリストが普通ではあるが、その魅力が分かっているこのバンドもやはり1人では満足できなかったのだろう。

ヘヴィで、しかもベースが前面に出ているからして、非常にグルーヴ感のある曲に仕上がっている“To The Edge”は、クリスティーナスカビアの牽引する力強いヴォーカルがさらにグルーヴ感を増している。

rockopera

広大な山の麓からその先にある大海原を上から見渡しているような気分にさせるSEの挿入にこのバンドの作曲能力の高さをうかがわせる。

音楽性は、他のバンドと比べて奇異すぎると引かれてしまうが、このバンドの場合思わず引き入れられてしまう品位がある。

これで多くのファンになった人が多くいたのも、この2曲だけでわかる。

その思いがさらに強くなるのは次の曲を聴いたらわかるであろう。

そうシングルになった“Our Truth”である。


●“Our Truth”
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=XCxFTh-XDy8


このバンドのパッションが直截に脳天に迫ってくる感じである。

冷厳な雰囲気のSEをオペラチックに巧みに取り入れて、交えて綺麗に曲を統率している。

非常に巧みな技だ。

そしてどの楽器も上手い!

coiil


11曲目の“The Game”もそんな感じである。

イタリア出身のバンドでこんな思いにさせてくれるとは…これも予想不可の事態だった。


●“Within Me
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=o7IqqrSjM4I


次の“Within Me”は暗くせつないバラードである。

そのエモーショナルぶりに体幹が折れて、聴き入って頭の中が空白になってしまう。

あまりに感動的なので。

90年代の中盤に多くの北欧出身のバンドが出てきては聴けずに私はCDを売った。

やはり英語を母国語ではない人が歌うので、どうしてもエモーションが感じれないのだ。

そして時間がむなしく去ってしまう…。

しかしこのLACUNA COILは全然そういうバンドと一線を画す。

まるで英語を生れてから使ってきたように巧みに操る…すごい能力だ。

lacunahou

聴いた後に、この“Within Me”のメロディが私の脳内を支配してしまうのだ。

そんな魅力と感動を次の“Devoted”が引き継ぐ。

そして次の“You Create”が素晴らしき世界にいざなう。

燦々と降り注ぐ太陽の下に、色とりどりの花を咲かせた森林の中にきて、その気分がそのまま上空に上昇する…そんな気分にさせるようなオープニングなのだ。

これは凡人には創造できない音楽だ。

それがこういうヘヴィメタルと融和して調和しているから驚き外何物でもない!

男女2人のヴォーカリストを擁するバンドの特長は、やはり聴く緊張感が途絶えないし、色彩を曲に与えるということであろう。

“What I See”“Fragments Of Faith”はそのことを確認できる曲である。

しかし奇異でありながら、心奪われるリフやフレーズや曲展開を垣間見るにこのバンドの天才性に感嘆しないわけにはいかない。


“In Visible Light”もまた感嘆しないわけにいかない名曲である。

ozzfestdokiya
OZZFEST』参戦時

重く暗めのロングトーンのリフがこの曲におおわれているが、それでも思わず忌避したくなるような陰鬱さが全くないのだ。

昨年のLOUD PARKにおいてデスメタルバンドが多く参戦して、それを観ていた私はどうしてもファンになることができずにいた。

そういう重いデスのリフが私には快適ゾーンではなかったからだ。

しかしこの“In Visible Light”のリフはそうならずにいてそれが快適ゾーンになっているのである。

そのレベルというか調合が見事なのだ。

壮大さのあるSEとミックスされていて。

私はデスは興味あるしいくつかCDも所有しているが毎日は聴こうとは思わないのだ(笑)。

最後は、飛躍的な壮大さをもった“Enjoy The Silenceで締めくくる。

ドラマティックな映画のエンディングにピッタりのスピーディな曲である。

謎めいた奥行きの深さのある曲である。


●“Enjoy The Silence”
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=Lx58hXh4pVA


非常に緻密な音楽であり、わずか13曲収録であるにもかかわらず30曲分の魅力を詰めたようなアルバムに感じるのである。

その魅力を堪能するためには、やはり何百回も聴かなくては…という気分になって当然であろう。

しかし昨今では、こと「メタル」というカテゴリー内でも無数のアーティストによる無数のアルバム
が存在しているので、70年代80年代のようにそれほど注目されずに終わってしまう。

ものすごい魅力を擁していても…残念ながらそれが現実である。

よしんばそういうアルバムが出ても、新しい月になると、いろんなバンドのニューアルバムの話題がとってかわってしまう。

ニューアルバムが悪いとは言わないが、そういう面があるということを忘れないでほしいのである。

このアルバムが、全米チャートの上位に行ったことも手伝って、OZZFESTにも参戦し、そして日本のLOUD PARKにも参戦した。

loud park 07


このとき私はLOUD PARKに威厳を感じていなかったのでいかなかったが、このアルバムを熟聴してその良さが分かってからは、LOUD PARKに行かなかったことを非常に後悔することになった。

次は単独であろうがフェス参戦であろうが必ず行くつもりである。


この全米チャート28位にまで上昇したKARMA CODEはコチラ!
  ↓



カーマコード

beautygun


“Within Me”のシングルはコチラ

未発表曲アコースティックヴァージョン6曲のライヴが収録!




“Enjoy The Silence”はコチラ
未発表曲も収録!






“Our Truth”のシングルはコチラ!
  ↓


Our Truth (2 track maxi )

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム








●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ


WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13

  ↓

『WHITESNAKE.com』


このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/




●この記事がよかったら、このボタンを押してくださいまし!


ハードロック・ヘヴィーメタル ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:いいもの紹介 - ジャンル:アフィリエイト

全米トリプルプラチナムのリチャードマークスのデビューアルバムはこれだ!
debyute!.jpg


リチャードマークス
1987年にメジャーデビューしたシンガーソングライターである。


非常に巧みなソングライティングの能力もさることながら、歌唱における上手さや、そのルックスにおけるレベルの高さが、見た人や聴いた人を一発で虜にするものを持っている。


maakusudayo



その魅力の数々に私もいかれたクチである。

その魅力を多くの人にわかってもらいたい…そんな気が起きてしまうのである。

そんなリチャードが、今年の6月に来日公演をおこなうことが決定した。

全盛期においては、日本武道館でやったくらいだが、そんな全盛期のファンは今や仕事や家事に忙しくて、やはり観に来れないのだろうと思う。

また、当時の音楽への情熱が薄れているのだろうと思う。


しかしそういったことは=音楽的な価値とはまり関係はないはずである。

興味出た方は、是非とも彼の来日公演に足を運ぶべきだと思う。

なお、来日公演日程は以下1日のみである。

6月23日 EX THEATER 六本木

チケットは以下よりどうぞ!



チケットぴあ





今回は、そのリチャードのデビュー作RICHARD MARXについてみていこうと思う。

●“Don't Mean Nothing
(全米3位)
  ↓




https://www.youtube.com/watch?v=k8E_dkESwzg


デビュー曲がこの曲である。

そしていきなり全米3位に入る快挙を成し遂げるのである。

私は、このアーティストを知ったのは、ハードロックのバンドがどのくらいチャートを上っているのかを確かめたくて、全米のチャート番組を見ている際に、この人を知ったのである。

そして、出来がいいので印象に残っていたがそのCDを買って聴くまでにはなっていなかった。

そしてハードロックが不況になってから、何かいいものはないかと思い探しながら、放浪していたらこのひとのCDにぶち当たったのである。

そして聴いて虜になったのである。

「もっと早くはまっていればいい」と後悔の念がわいてきたのである。

このCDを聴いていたころは、非常にコンテンポラリー(同時代)な音楽(同時代)であると思っていたが、今聴くと「昔の音だなあ」と思われざるを得ない(苦笑)。

daradds


しかし、そういうことも音楽の価値には関係ないはずである。

しかし、いい声をしているリチャードである。

甲高く清涼感がある声に、聴き手はすぐに虜になるはずである。

年齢を重ねると、音の端々におかず的な色彩を加えることができなくなって、音楽をのっぺりとした味気ないもにしがちであるが、このデビュー作にはそういうところが全くない。

音の端々にいい音色が加わり、聴き後に好印象になるものがある。

特に、カポでギターの音色を大幅に改良しているところがいいと私は思う。

そして曲全体にまたがる癒しの雰囲気である。

憩いの雰囲気もあるのがまたいいのである。


●“Should've Known Better”(全米3位)
  



https://www.youtube.com/watch?v=TpKxH2dDqEM


この曲も全米3位になった曲であり、このアルバムの最初を飾る曲である。

感情豊かで、そしてアクがない声色がリチャードの特徴といえようか?

私はハードロックにはまっていたがために、当初はリチャードの音楽にあまりはまらなかったが、それはやはりヘヴィさにおいて劣っていたからだ。

iirukks


しかし、今聴くとヘヴィさの加減が素晴らしく良い!

ここでも、おかず的な音の色彩のアレンジ加減が聴き耳をそばだてざるを得ない。

朝、光あふれる高級マンションの朝もやの中で聴けたら最高の気分になりそうな曲である。




●“Endless Summer Nights(全米2位)
 



https://www.youtube.com/watch?v=z9rT2hZwk2k


endless

激しいときは激しく、癒しの雰囲気の時はとことん癒しの空間に様変わりする。

そんなメリハリの効いた音楽ができるところがリチャードの音楽の特長といえようか。

そんな音楽はやはりリチャードの心をそのまま体現できているのだろうか。

力強い声が、第一に印象に残るがために、彼の声ゆえにまたそういう曲つくりになったのだろうかはわかりかねるが、そういう曲の出来は印象に残りやすいのである。

endlesssumm

しかし、このビデオを見ると非常に大人びた顔をリチャードはしている。

当時は2324だと思うが、そんな年齢には見えない。

やはり大人びたモラルをしているからこそ、それが顔ににじみ出ているとしか考えれない。

年齢不相応の大人びた経験値の高さが、緻密な歌詞になっても現れているのではないだろうか?

そんな感じがするのである。

このクリップは、こんにのようにインターネットもDVDもなくVHSしかない時代にクリップ集を買ってみたが、そのt期の印象も「クリップやライヴ映像を観るか観ないかで好きになる度合いが違う!」という思いをしたが、今もその考えに変わりはない。

ファンにはぜひとも見てほしい映像がそのクリップ集には入っているが、それをamazonで探すもいずれも2万円前後の値段がついている!

DVDとして再販されればいいのだがそうはいくかどうかはわからない。

私は、今も持っているのでそれを希望者にはダビングして差し上げたいがそれも難しい(笑)。

iine!


次の“Lonely Heart”も活力に満ちている曲である。

ミドルよりもちょっと速いくらいの曲だが、まさにテンション的にも、注目度も絶頂にあるアーティストにしか出せないオーラが声からも、音楽全般からも迫ってくる!

爽やかさもあることも見逃せない。


●“Hold On To The Night”(全米1位)
  



https://www.youtube.com/watch?v=NvPi9zOfhmk


この曲も全米上位に入った曲である。

しかもナンバーワンである!

次のセカンドアルバムであるREPEAT OFFENDER収録の“Right Here Waiting”4週連続して全米1位になったことから、この曲ばかりに注目がいってしまうリチャードのバラードであるが、この曲も静寂の中光明のささやくようなメロディに無意識のうちにいってしまい、いつの間にか虜になって聴き入ってしまう…そんな魅力的なバラード曲である。

そんな光明に導かれて、曲展開がなされるときの希望の光の大きくなる心の様はやはり感動せざるを得ない。

そのメロがいつまでも心に去来して離れない。

しかし、この曲のクリップは、『REPEAT OFFENDER』収録の“Right Here Waiting”“Too Late To Say Good-bye”のビデオの使いまわしもしているのが不可解だ(苦笑)。

売れていたリチャードをもってすれば、そんなことせずに済んだろうと思うが…。

senses!!


次の“Have Mercy”においても、威力ばすさまじいといわんばかりのヘヴィさに満ちている!

ギターとシンセギターの和音コラボがなかなかにいいし、聴き手を鼓舞する!

当時一世を風靡していたハードロックの息吹さえ感じるのである。

まさに20代だからこそできる曲である。

次の“Remember Manhattan”もこの曲のようなハードさ加減の素晴らしい曲である。

buituu


こういう聴き手のハートを鼓舞する品位にあふれているからこそ、いつまでも私は中古盤屋に売っていないで今も愛聴盤になっているのである。

キーボードとトランペットの色彩も綺麗だ。

そしてベースやギターのヘヴィさの按配もいい。

思わず心が高揚する作曲能力には脱帽である。

ベースとギターの渋いメロディを生かした“Rhythm Of Life”や“The Flame Of Love”もミドルテンポながら高揚するメロディに溢れている。

アルバム最後には、男らしさやドラマティック感満載の名バラード“Heaven Only Knows”で締めくくる。

このデビューアルバムは全米8位にまで上昇し、結果的に300万枚を売り上げることになる。

最大の快進撃は次のREPEAT OFFENDERであるが、それについては他のページで書いたので、それを参照していただきたい。

このトリプルプラチナムを獲得したデビューアルバムは以下よりどうぞ!
  ↓


Richard Marx

国内盤


リチャード・マークス

syakuchan


リチャードのベストアルバムはコレ!
   ↓



Greatest Hits


リチャードマークスの関連記事

REPEAT OFFENDER


RUSH STREET


PAID VACATION

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム








●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ


WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13

  ↓

『WHITESNAKE.com』


このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/



テーマ:いいもの紹介 - ジャンル:アフィリエイト