HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
2003年に実現していたHIMの『LOVE METAL』完全再現を垣間見る!
【PR】可愛いワンちゃんをお飼いのかた必読です

こんにちは。

2日前に、うちの前で水まきをしていました。

すると、その前にダックスフントを連れて散歩していた爺さんが通りました。

僕は、舌を「フュ~イ!」と鳴らして、そのワンちゃんが来るように促しました。

するとそのワンちゃん、僕のそばに来てくれました。

そして、僕は、手のひらでおたまを作って、そこに水をためて、そのワンちゃんに飲ませてあげました。

すると、そのワンちゃん、僕の誠意がわかって、しっぽを振ってさらに接近してきて、僕に抱っこを懇願してきました。

「僕の良さがわかるなんて、センスのいいワンちゃんだ!」

と思いました(笑)。

そこで、思い出したのは、ワンちゃんの病気や死因ですね。

今、ワンちゃんの死因で一番多いのは「ガン」だということです。

信じれませんがそうなのです。

inu



何故、そうなってしまうのか・一番の原因は「ペットフード」なのです。

ペットフードには、生命保存に必要な、ビタミンミネラルがほとんど、あるいはまったく含んでいないのです。

しかも加熱してあるものですから、そこに哺乳類の生存に必要な「酵素」などもまたっく入っていないのです。

それでは病気になるのも当然です。

そうではなく、生の野菜や果物を含んだ手作りのペットフードを作ってあげる必要があるのです。

ドッグフードのたぐいは、飼い主さんが、便利に簡単に生活できるように考案されたのが由来なのです。

しかしそれだけでは、ワンちゃんは病気になってしまうのです。

僕の知り合いの人がワンちゃんをガンで亡くしてしまったことをきっかけに、僕はいろんなサイトを閲覧していくうちに、ワンちゃんの病気がこんなにもあることをしって驚愕の思いになりました。


人間はなんて罪深いのか!と思い、うちのワンちゃんには、それからはドッグフードをあげるのはやめて、手作りの野菜入り果物入りのフードを作ってあげるようにしました。


inukun


それでいいのです!

ワンちゃんには、ドッグフードだけでいい…なんていうのはおかしな迷信です!

ドッグフードができたのは、ここ数十年のことですから、ドッグフードでなければいけない、というなら犬という種はとっくに滅んでいるはずです。

今、このページを読んでいるかたで、犬を飼っている人は、今日からドッグフードではなく、手作りの食事をあげましょう。

こんな例があるのですから、どうかあなたのワンちゃんのためにも、市販のドッグフードはやめましょう。

poisonfood


たまにはあげるのはいいと思いますよ。

しかし、それが永遠であっては、いずれワンちゃんは病気になってしまいます。

ひいてはガンに…それは、明白ですから。

うちの前にきたダックスフントの飼い主さんに、

「ワンちゃんに何をあげていますか?」

ときいたらドッグフードしかあげていないということです。

それではいけないと、生の野菜と果物の入った手作りの餌をあげるように言いました。

その飼い主さんは、「わかった」と言ってましたが、はたしていまその通りにしているかどうか疑いのほうがつよいです。

人は初めてのことは、何回も講義されないと行動しないものだからです。

初めての商品の宣伝をみて、その商品を買うまでに何回もその宣伝をみてからでないと買わないのは当たり前ですね。

その飼い主さんが、「ワンちゃんにあげるドッグフードが原因で多くの病気になる」ということを何回も聞いて、行動に移すことを僕は期待しています。

それが早ければ早いほどいいです。

ドッグフードだけではいけない…このことが認識できているのなら、あなたは早く、行動に移すことをすべきです。

このブログに紹介する以下の本を読んで、すぐに実行してください!

調理の仕方、調味料の配合等詳しく書いてます!

よろしくお願いします。







  

notfes16


今年も、LOUD PARKKNOTFESTも盛況のうちに終了した。

しかしKNOTFEST日本でだけの開催なのかと思っていたら、アメリカ南米でも開催されているから驚いた。

しかし、SLIPKNOTが自分のバンド名を冠したフェスを開催できるようになるとは驚きである。

このバンドの初来日公演が数百人しかはいらない渋谷クアトロであったことを考えれば、ものすごい出世ぶりだ。

2008年発表のALL HOPE IS GONE全米初登場ナンバーワンを獲得し、その直後のLOUD PARKでは当然ながらヘッドライナーになり、THE GRAY CHAPTER全米1位になった。

こういう実績をあげられてはどのメタルバンドも敵いはしない。

slipkowai
   SLIPKNOT

日本でも人気爆発!

KNOTFESTとこのバンドの名を冠したフェスを開催できて当たり前である。

2001年SUMMER SONICのメインステージでMARILYN MANSONに次ぐセカンドビルとして登場したが、それでもアルバムたった2枚だけで、この地位を得ること自体が驚異であった。

samasoni01
  SUMMER SONIC 2001

その他いろんなメタルフェスにSLIPKNOTは参加し、そのたびにMARILYN MANSONの前に公演していたが、2009年DOWNLOAD FESTIVALでついに立場が逆転!

MARILYN MANSONをおさえてヘッドライナーになったのだ。

今回のKNOTFESTにもMARILYN MANSONも参加したが、当然ながらセカンドビルだ。

maricemiz
  MARILYN MANSON

もうこのバンドをフェスでセカンドビルにすることはできないだろう、こんな実績をあげられては。

しかし、2001年SUMMER SONICにおいてMARILYN MANSONはメインステージでヘッドライナーを務めたが、もうその勢いはない。

昨年もSUMMER SONICにも参加したがセカンドステージでの参加であった。

しかし、いつまでもメインステージでヘッドライナーを務めたいのはどのバンドでも一緒であるが、それを維持しようにも自分の意図ではどうしようもないのである。

売ろうと思って売れるCDを作れるわけではない、それはどんなビジネスでも同様である。

ことはSLIPKNOTも同様だろう。

godsniokersn


このCDを売ろうと思って作った結果CDが売れたわけではない。

CDを出した結果、幸運等に見舞われて売れたのである。

しかし、メインステージで公演できなくなってもMARILYN MANSONのこれまでの偉業が損なわれるわけでは決してない。

しかし、SLIPKNOT2000年GODS OF METAL2004年ROCK IN RIOセカンドビルで参加した。

godsof2000
GODS OF METAL 2000』において

ROCK IN RIOではMETALLICAにつぐセカンドビルとして参加したが、もうこのバンドはセカンドビル以下でフェスに参加することはないだろう。

rio2004


それくらい巨大なバンドに変化してしまったのだ。

脱線しすぎたが(笑)、KNOTFESTに私が敬愛するHIMも参加しているのを某サイトで知って驚いた。

それが以下の画像である。

himknotfest


しかし、SLIPKNOTHIMと私が非常に敬愛するバンドがドッキングしていては、観たくて観たくてしょうがない気持ちになる。

しかしHIM2005年の単独公演以降まったく日本に来日していないのは残念至極である。

HIMは、フィンランドのバンドであるが、同じ国のバンドとしてCHILDREN OF BODOMNIGHTWISHがあるが、このバンドはよく日本に来日公演をおこないに来ている。

HIMこそは、フィンランド出身のバンドで唯一全米ゴールドディスクを獲得したバンドであるが、それだけでは人気を維持することは難しい。

こういった来日公演を重ねているバンドのほうがファンの心をつかみやすく離れさせないのは明白である。

ファン離れを起こしてほしくないのと、早くまたライヴを観たいという理由から、HIMのまたの来日公演をしてほしいのが私の願いである。

2005年DOWNLOAD FESTIVALBLACK SABBATH、VELVET REVOLVERに次ぐサードビルで登場したが、その枕詞だけでいつまでも人気が維持できることはないのだ。

全米ゴールドを獲得したバンドということだけでなく、私はこのバンドを心から敬愛するファンである。

それはROCK CITYでこのバンドのライヴやクリップを観てぞっこんになったのである。

その内容については以下のページで書いたので、その素晴らしいHIMの内容については読んでいただきたい!
   ↓
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51298085.html


今回取り上げるのはHIMの代名詞のタイトルを冠したアルバムLOVE METALの完全再現についてである。

metalove.jpg


これは、2003年3月8日ドイツグロッセハイトでおこなわれた。

アルバム1枚の完全再現は、これまでいろんなバンドがしてきた。

DIOに始まり、METALLICA、MOTLEY CRUE、RATT、EXTREME、MEGADETHその他いろんなバンドがしてきた。

それらについては以下のページで書いてきたのでそれも参照していただきたい。

DIO HOLY DIVER
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-89.html

METALLICA MASTER OF PUPPETS
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-101.html

MOTLEY CRUE Dr.FEELGOOD
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-199.html

RATT OUT OF THE CELLAR
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-88.html

EXTREME PORNOGRAFITTI
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-191.html

JUDAS PRIEST BRITISH STEEL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-98.html

MEGADETH RUST IN PEACE
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-92.html


これらは、日本のメタル雑誌の代表格である『BURRN!』において報道されたものもあるが、ないものもある。

それは、ネットやブートレッグの発売を見て初めて知ることが出来たものもある。

そのネットやブートも、好奇心の赴くまま誰でもアクセスして知りたいことは知りたいだけ知ることができる。

いい時代になったものである。

このHIMLOVE METAL完全再現は、ブートレッグの販売を見て知ることができたが、ブートレッグ屋といってもどのブートレッグ屋でも扱っているかといえばそんなことはなく、つぶさにいろんなブートレッグ屋を見て回らないと知ることができない場合があるので注意が必要である。

私の住む東京都の某区にはブートレッグを扱う店が5件あるが、そのうちの4件が扱っていなかったが、1件だけ扱っている店があって、そこで知ることができたのだ。

こういうことがあるから、知りたいことがあったらとことん調べるなり足を運ぶことが重要である。

このハートと星の重なったマークはこのバンドの象徴である。

hatogram


このバンドの中心人物であるヴィレヴァロがイメージする音楽の世界観でもある。

このバンドのカテゴライズは「ラヴメタル」と表現されるが、そのアルバムは、どれもが変化にあふれ魅力に富んでいる。

自分のアイデンティティは維持しつつも、変化は忘れない。

こういうバンドはいつまでもファンを獲得できるのだ。

まずは順をおってこのアルバムを紹介していこうと思う。

●“Buried Alive By Love
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=QO2DUDKmaEk


この曲名からしてヴィレの世界観を象徴している。

ville
ヴィレヴァロ

訳すと「愛に生き埋めにされる」である。

この曲はシングルになったしクリップにもなっている。

フィンランドのバンドとして、SONATA ARCTICAがあるが、このバンドの音楽は不思議なもので、出身のフィンランドの国を象徴する寒冷さを持ちながら、非常にヘヴィな熱さがあるのだ。

実に不思議な特徴であるが、2013年LOUD PARKにおいて出演した時感じたのはそういうものである。

同じ国の出身としてHIMにもそういう面はあるが、そこまで寒冷で熱くはない。

HIM.jpg


熱いのは同様だが、そのプレイする楽器に込められたパッションにである。

それにグルーヴ感があるリフがコラボをなすと、否が応でも聴き入らざるを得ない。

薄いながらも熱さを感じさせるヴィレのシングのスタイルにである。

このバンドをデビューさせた音楽業界のプロデューサーは、このバンドがヴィレの一枚岩的な特徴に気づいたのだろう。

このビデオも同様にライヴでも、またアルバムやシングルのジャケットでもヴィレだけを登場させるものがほとんどだ。

それでこのバンドの人気を決定させているのだ。

このバンドの曲は、高度なギターソロはほとんどない。

それは、ヴィレが目立たなくなってしまうからだろう。

それは日本T-BOLANも同様だ。

このバンドのシンガーである森友嵐士のカリスマによってこのバンドの人気は保って入れられので、森友だけがアルバムジャケットやシングルジャケットに出ている。

GRP_0028
        森友嵐士

高度なギターソロは一切なしである。

しかしこのビデオの背景も北欧のバンドらしく、カテドラルの中で撮影するところなどはまさにヨーロッパ出身のバンドらしい。

こういうコンセプトはアメリカのバンドでは思いつかないし、アイデンティティが感じるビデオである。

観る価値が非常にある。


●“The Funeral Of Hearts
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=PMD1k16baVE


次に、シングルになったこの曲が続く。

CDをはじめに聴いた人には、まったく想像もできないクリップになっている。

古代アテネの戦争を舞台にした映画に登場するようなルックスをした人や、ホラー映画に登場するようなキャラの老婆も登場したりする。

ヴィレも、クールな吸血鬼のような化粧をしている。

アメリカ出身のバンドでは想像もできないようなコンセプトだ。

またそういうコンセプトだからこそ、こういう北欧出身のバンドの映像は観る価値があるのである。

程よいヘヴィなリフに、ピアノの高い音が寒冷さを綺麗に彩る。

次の“Beyond Redemption”も、初め薄いシンギングにしてから、ヘヴィなギター音に変わる際に、通常のマイク音の領域に戻している。

こういう試みが、当時のHIMにはよく見れる工夫である。

また曲初めの響く中高音のギターフレーズの音が、木枯らしの木立の風景を思い起こさせて、このバンドの当初のカテゴライズ名であったゴシックメタルという名にふさわしい魅力になっているのである。

バックのキーボード音も乾いた感じを受けるが決してだるくはならない。

それどころか、じわりじわりと聴き手の心を高揚させる…不思議な魅力を有したバンドである。

虜になりそうだ、いや既になっている。

hatokiro.jpg


次の“Sweet Pandemonium”はミドルテンポの曲だ。

このバンドはBLACK SABBATHにも影響を受けてバンドを始めたというが、その影響も充分に感じれる曲風であるが、BLACK SABBATHそのもののパクリではない。

乾いた感じに音がプロデュースされ、そこに乾いた音にヘヴィさを少減してあり、そこにキーボードの音と少しばかりのポップ感を加味していい感じにしてあり、決してドゥームメタルのようなけだるさはなく、多くの人向けに変化している。

単なるミドルテンポの駄曲にならずに佳曲に仕上げるセンスはなかなかのものである。

次は、シングルにはならなかったが、このアルバム発表後から今まで必ずライヴでは演奏されるHIM必需の“Soul On Fire”だ。

作曲の手法は、前の2曲と同様だが、按配のいいヘヴィさと、激しさの加減が良い!

HIMの楽曲は、ともすれば普通の曲で終わってしまうのが、ちょっとした品位ある雰囲気やフレーズ等が加味されることで、アルバムを聴いた後にじわりじわりと聴きたくなるような魅力を有する曲に様変わりさせる能力があるのだ。

これはひとえに生まれ持っての力なのだろうか?

私にはわからない。

しかし、それがゆえに私はHIMのファンでいるのだ。


●“Sacrament
    ↓



https://www.youtube.com/watch?v=QlFNCQxfE_g



次は印象的なピアノ音で始まる“Sacrament”である。

寂しげな小説の舞台を想像してしまう寂寥感ある曲であるが、決して暗い気分にはさせないのがこの曲の魅力であり、その他HIMの多くの曲の魅力である。

寂寥感の中に、暖かさがある。

このバンドは、ドイツのフェスであるROCK AM RINGにも参戦していて、その映像をブートレッグ屋で手に入れ、観た。

この曲もされたときに気づいたのが、この曲におけるピアノ音のまばゆいばかりの綺麗さである。

弾く人の心がきれいでなくては、こういうメロディを紡ぎだすことはできないのだ。

このバンドの魅力は、決してヴィレヴァロだけではないのだ。

このバンドのキーボーディストのバートンのキーを聴くために買ってもいいくらいの魅力を備えている。

バートンの魅力を最大限に生かしたのが1999年発表の“Join Me In Death”だろうか?

その音に、ヴィレの声域の広い高音が重なればもう言うことはない。

villesama.jpg


次は“Fortress Of Tears”である。

この曲もBLACK SABBATHばりのヘヴィリフで始まるが、伴奏に入るとあまりにエモーショナルな楽器音やSE、そして声に魅了されるはずだ。

先にSONATA ARCTICAの音楽は、寒冷な雰囲気の中に熱いヘヴィさにあると書いたが、このHIMは、寂寥感の中の温かさと形容してもいいのではないだろうか?

しかし、その形容が当てはまるのは、主にこのアルバムである。

その後やその前にも、何枚もアルバムを出してきたが、そのたびにこういった魅力を有しながらも、音楽を変化させてきたのだ。

その変化は、いずれも歓迎するに充分な品位を持っている。

その次はミドルの“Circle Of Fear”だが、まさにそういう曲で、時にアメリカンハードロックのような雰囲気がある。

曲全体に響き渡るアルペジオのギターが印象的だ。

次の“Endless Dark”は更に磨きのかかった「寂寥感の中の温かさ」を持っている。

その魅力がさらにチューンナップされて昇華されたアルバムが次のアルバムのDARK LIGHTであるといっていいだろう。

lovehatub.jpg

そんな魅力に優しさを加味したバラードである“The Path”でこのアルバムは締めくくられる。

音楽は聴いた人の生活を魅力あるものに変えるものでなくてはならないと思う。

そういうものこそが聴く価値のあるものである。

この“The Path”は、聴いた後に心穏やかに、心静かにさせてくれるのだ。

そういう効用もあってしかるべしだ。

ましてや今のような寒い季節の夜に聴くと少しばかりロマンティックな気分になってしまい、爽快感が心を覆うのである。

尚、2003年3月8日ドイツグロッセハイトでおこなわれたLOVE METAL完全再現の際のセットリストは以下!

Buried Alive By Love
Funeral Of Hearts
Beyond Redemption
Sweet Pandemonium
Soul On Fire
The Sacrament
Fortress Of Tears
Circle Of Fear
Endless Dark
The Path
Right Here In My Arms
Heartache Every Moment
Your Sweet 666
Wicked Games
Join In Me Death


不思議だが異様な魅力を有したHIMのアルバムはこれだけでなく、他にもいいアルバムはたくさんある。

その中の1つとして、今回はこのアルバムをお勧めしたい。

●このアルバムは以下よりどうぞ。
   ↓



Love Metal

  国内盤


ラヴ・メタル

honyouGRP_0077


上記の3つのクリップ含む、デビューアルバムからこのアルバムまでの全クリップと、
“Beyond Redemption”“Sweet Pandemonium”“Soul On Fire”“Fortress Of Tears”のライヴ映像も収めたDVDはこれ!
   ↓



LOVE METAL ARCHIVES VOL.1 [DVD] [Import]

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム








メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ


WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13

  ↓

『WHITESNAKE.com』


このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/




●この記事がよかったら、このボタンを押してくださいまし!


ハードロック・ヘヴィーメタル ブログランキングへ





【PR】 砂糖で肌の潤いとバリアーを?


このサイトに来ていただき感謝します。

今回ご紹介いたしますのは、肌につける砂糖です。

肌に砂糖を付ける…なんか胡散臭いなあ、と思われる向きもありましょうが(笑)、どうか最後まで読んでいってくださいませ。

いろんな肌用のスキンケア商品を試しても、上手くいかない人に共通するのは、

『潤いが保持できない肌になっている』


ということであるそうです。

要するに肌が本来もっているバリア機能がなくなっているために、潤いを保持しようにも水分が肌の外へ出ていってしまい、紫外線の影響を体内にもろに受けてしまうのです。

ですから、潤い成分を浸透させ、それが外部に出ていかないように、そして紫外線の影響を受けないようにバリアを肌上に作る必要があるのです。


sittori



水分の浸透

肌上のバリア

この2つを、この【みんなの肌潤糖】は持っているのです!

使用の仕方はいたって簡単!

これを水につけて溶かして、そして洗い流すだけ。

これは、モンドセクション2年連続金賞を受賞しました!

そして、口コミ評価5点満点中平均「4.6」です!

しかし、これを家にある砂糖をむやみに、水につけて溶かして、そして洗い流したりしないように(笑)!

この【みんなの肌潤糖】は、肌に浸透するように分子の大きさを調整し、バリアー機能も付けているのです。

市販の砂糖は、分子の大きさも肌に入るように調整されてはいませんし、バリアー機能もありませんのでご注意を!(笑)

単品では3000円です。

年間コース、3か月コースとありますが、2400円、2700円と安くなるコースがあります。

しかし、いきなり、このホムペを読んで買えと言われても困りますよね?(苦笑)

そういった方のために1200円のお試し商品もありますから、ご安心を!

これまで「自分の肌が嫌い!」とまで自己嫌悪に陥っていた人も効果を実感していますから、おススメです!

ご興味ある方はいますか?


【みんなの肌潤糖】の公式サイトはコチラ!

これにて失礼いたします。

  


スポンサーサイト