HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ルーグラムが復帰して製作したオリジナルFOREIGNER最後のアルバム
mr moonlight

 94年、ついにFOREIGNERの、ル―グラムが戻ったメンバーでのアルバムが完成する!

それがMR.MOONLIGHTである。

 87年のINSIDE INFORMATION以来、実に7年振りである。

この前年にオリジナルメンバーのルーが戻り全米ツアーが敢行されてからのアルバムである。

 一時メンバーが離れていて、それからいきなりアルバムを作るとなると制作途中で確執が起こり作られずにまた離散、などというパターンがあるが、今回はツアーを敢行してからのアルバム制作ということで、何とか上手く制作できた感じのようだ。

  このアルバムでは、オリジナルメンバーでは、ミックジョーンズル―グラムしかいない。

 そもそもこの二人が別れてしまったのは、 

INSIDE INFORMATION以降のミックのポップ化路線にルーが反対したからだ。

 そのことからか、94年のこのアルバムMR.MOONLIGHTはポップ化は極力抑えられている感じだ。

しかもかなり出来がいい!

思わず聴き耳をそばだててしまいたくなるAORの色が強い。 



forina-

 清涼感たっぷりのアコースティックギターが印象的な”White Lie”からこのアルバムは始まる。

聴いてるだけで脳内もきれいにされる感じである。

朝の通勤時に聴くと、気分は高揚する感じがする。



●”White Lie”
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=az90AGs2EeM


 次の“Rain”もまた良い曲である。

テンポは緩いが、清涼感に加え安煽感がある。 


そして、寂寥感かありながら希望が見えてくるバラードである”Keep Hoping”もこのアルバムからのシングルになる。


Keep Hoping
 ↓



https://www.youtube.com/watch?v=xXz7EypjlUc

 寂寥感がありながら希望が見えてくる…これは一瞬矛盾するような感情だが、年齢を重ねてくるに従って味わう感情である。

こういった場面がいわゆるヴェテランのバンド、という感じがする。

  このアルバムでは、テクニカルなへヴィメタルバンドのような派手なことはやっていないが、その他、このバンドのメンバーが紡ぎだす音、ヴォーカルの声、コーラスの味、各楽器のメロディの絡みあいこれらはすべてヴェテランでなければ出せない微妙な味をもっているのである。

その味がまたたまらない!

いわばAOR的なハードロックといった感じであろうか?

 先のアルバムでは、ポップ化していたが、今回ではAOR的である。ポップ、AORどちらでも良いアルバムが作れる、さすがヴェテランバンドという気がする。

その力を最大限に昇華させたバラードが次の”Until The End Of Time”である。


Until The End Of Time
 ↓



https://www.youtube.com/watch?v=OngMpfcXmJs


このビデオから醸しだされる大人な雰囲気やレベルアップしたコスチューム…レベルがチューンナップされているのだ。

こういったアップ現象は、ファンなら誰しも喜び、うっとりとした気分になるだろうことは間違いない。

夜の静かな静寂の中で聴けたら最高の曲ではないだろうか?

高音で歌いあげる場面には、思わず心打たれる。

 こういった佳曲が揃ったアルバムであるにもかかわらず、これまでのFOEIGNERの歴史からいってル―の再加入のアルバムにもかかわらずこのアルバムは全米136位止り終わってしまう。

 そして、このアルバム発表から3年後(何故3年後なのかわからないが)の97年FOREIGNERの来日公演が決定されるが、急遽ル―の病気により、キャンセルされてしまう。

 
そして、 MR.MOONLIGHT発表から一切アルバムは作られず、2003年ル―は再び脱退してしまうのである。

 そして、今はミックジョーンズ、ケリ―ハンセン、ジェイソンボーナム、ジェフピルソンジェフヤコブス、トムジンベルというラインナップでFOREIGNERは活動している。

要するにオリジナルメンバーはミック1人だけである。

ふぉりなー


 これはもうFOREIGNERとは言えない。このメンバーで昨年CAN’T SLOW DOWNというアルバムが発表された。

 このことについてどう思うだろうか。

私はINSIDE INFORMATIONを聴いて以来、彼らの大ファンになった。

そして調べていくうちにこのバンドはもの凄い偉業を達成してきたバンドだということを知って驚愕したものである。 

 77年のデビュー以来、実に6作連続でアルバムを全米チャートの10以内に送り込むのである。

 そんな偉業を達成してしまえば、この後どういった経緯を辿ろうがその偉業は確実に大きく語り継がれることは間違いない。

 だが、問題なのはその後の辿り方ではないだろうか?

 オリジナルメンバーが1人だけで、あとは全部違うメンバー、これでは歴史の断絶としか言いようがない。

今後どんなに良いアルバムを作りヒットを出してもである。

どんな良いように語られ、良い印象を残すことができるのだろうか?非常に疑問である。

何も今のメンバーが役不足などと言っているのではない。

メンバーの経歴を見れば一流どころがそろっている。

オリジナルメンバーが1人では、もうFOREIGNERとしての魅力が感じれないというだけである。

そのことは強調して断わっておきたい。  

●上記の曲を収めた名アルバムが以下である!
 ↓



Mr Moonlight

dwaiteGRP_0026



 











HMVジャパン




メルマガ読者さん募集!  

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ




【PR】ダイエットの成功は『NO!つらいこと我慢』が基本です!

こんにちは。

今回は前回の続きをしていきます。

前回は、完璧を目指すことをやめましょうということを話しました。

完璧を目指すと、完璧にこなさなかったことに対してうしろめたさを感じ、それをストレスに感じて、ダイエットに挫折してしまう、
ということです。

burutanyu


これまで紹介してきました清水一宏さん『NO!ストレスダイエット』においても、完璧にこなす必要は全くない、ということを話しています。

この商材通りにこなす必要は全くない、とまで仰っています。

ですから、「ダイエットは完璧にこなさんなくてはいけない」ともし貴女がお思いでしたら、その感情はかなぐり捨てましょう。


それでいいのです。

「お菓子が大好きでもダイエットには成功できる」

「お酒が大好きな人でもダイエットに成功できる」

「運動嫌いな人でもダイエットに成功できる」


清水さんは話しています。

例えば、朝早く起きてランニングするのが苦手という人ならば、夜にすることでいいといいます。

ジョギングが苦手という人ならば、軽いウォーキングでも構わないといいます。


このように、その人に合った方法を選択し、実行すればダイエットには成功できる、ということです。

これは驚きではないですか?


ダイエットは、運動を欠かさずにこなして、つらいことは我慢しなくてはいけない、というような思い込みをしていた人(僕もその1人ですが)には、目から鱗だと思います。

エアロ


そういう悪しき思い込みを脱して、貴女がダイエットに成功することを僕は心から応援しています。

その清水さんのお勧めダイエット商材は以下です!


1200人の成功者輩出 

120日以内ならいつでも返金可能です!

メール相談120日間無制限

アフターフォローメール 90日間

何度もダイエットに失敗してきた人用のマニュアル

時間が不規則な人のためのマニュアル

実際の疑問と回答を書いたQ&A集 53問




今回はこれにて失礼いたします。



ここまで読んでいただき感謝いたします。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/100-d8a081d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック