HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ハードライン『ダブルエクリプス』
メルマガ読者さん募集!

 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

double eclipse 

 これまでに、ホームビデオとして発売されなかったために、市場にクリップが出ることなく終わってしまい、非常に残念な思いをしたが、ユーチューブの登場で昔MTVでしか観れずに終わったが最近観れるようになって嬉しさひとしおという例として、DANGER DANGERを挙げたが、そういうアーティストとして今回はHARDLINEを挙げたいと思う。

 このバンドはジョーイジョエリジョニージョエリの兄弟と元JOURNEY~BAD ENGLISHの二ールショーンが中心となって92年に結成したバンドである。

 天才アーティストというと、どのようなアーティストを思い浮かべるだろうか?

 私の定義からすれば、

 プレイが上手いこと
 魅力的なフレーズやリフを創りだせること

 この2点を備えたアーティストを私は天才と呼んでいる。

 であるからして、プレイが下手な人間や、たとえプレイが上手くとも良いフレーズやリフを創りだせない人間は天才と呼ぶに値しないと思う。

 今回紹介する、以上の2点を備えた二ールショーンは間違いなく天才に部類に属する人物であることは間違いない。

 ハードな曲においても、ゆっくりとしたバーラードにおいても思わず引き込まれるフレーズやリフが満載であるし、楽曲自体非常にレベルが高い。

 
そんなアルバムを二ールショーンは出したのだ。

 当時、あまり二ールショーンについては知らなかった。

 経歴がJOURNEY~BAD ENGLISHであるということを知っていたくらいで、しかもそのBAD ENGLISH”When I See You Smile”くらいで、しかも全曲を知っていたわけではなかった。
 

 だが、音楽を知る際にそんなことはどうでもいいのかもしれない。

 曲ひいてはアルバムを聴いてそれでファンになってそのアーティストについて調べていくのが通常だからだ。

 HARDLINE…このバンドを聴いたのは92年のことである。

 このバンドがこの年にデビューを果たし、ファーストシングルになった曲がにわかにヒットしていたのである。
それが以下の曲である。
      ↓



 しかし、このバンドは「二ールショーンのバンド」という触れ込みで知ったのである。

 二ールショーンといえば、元JOURNEYBAD ENGLISHの人だろ…当時の私の認識では、そんなくらいであった。

 しかし、このHARDLINEを聴いて二ールショーンの虜になってからは、JOURNEYBAD ENGLISHの存在は非常に大きなものになったのである。

 私が二ールショーンのファンになったからである。

それまで私は、JOURNEYBAD ENGLISHもアルバムを買って聴くことはなかった。

 ラジオやテレビでちょっと耳にするくらいであった。

 その少ない機会でも、残った印象では「綺麗で清楚なメロディを紡ぎだすバンド」というイメージをもつことになった。

 
それくらい二ールのファーストインプレッションは良いものを残す魅力があるのである。


 そのHARDLINEがレコードデビューを果たした年は、なぜか来日公演を果たすことはできなかったが、国内のハードロックへヴィメタルの年間アルバムチャートにおいて30位以内のランクインを果たすのである。

 
MTVでもバラードシングルがシングルカットされクリップも流れていた。

 そんなに良いアルバムなら買って聴いてみたい!そう思って買って聴いてみたのである。

 これが私の、二ールの手掛けたアルバムを本格的に聴く最初のパターンであった。


hardline.jpg 

 全体的に、良きメロディに溢れている。

 その紡ぎだされる音から想起される色は、エメラルドグリーン。

 しかも、ハードでスピーディ、バラード、癒しのインストなど極めて高いレパートリーがアルバム全体に満載である!

 
こういった視聴者が求める理想的なアルバムはなかなかあるものではない!

そしてまた、以下の曲も秀逸である!

”Dr.Love”
  ↓




 是非ともおススメしたいアルバムである。

 速くてハードな“Rhythm From Red Car””Bad Taste”メロディの良さを維持しながら曲が進行し、高い楽曲のレベルを終始させているし、

 ”Can’t Find My Way”など、バラードは限りなくエモーショナルだ。

 ”Takin’ Me Down”ギターとドラムの音のハーモニーが絶妙だ。


“Takin’ Me Down”
   ↓





 先に、私の定義する天才の内容について

 プレイが上手いこと
 魅力的なフレーズやリフを創りだせること

と書いたが、前者のプレイが上手いことは、努力によって穴埋めすることが出来るが、後者の魅力的なフレーズやリフを創りだせること、については努力をしても埋めれない溝を感じることは多々ある。

 そのパターンがこの二-ルの創りだすメロディを聴いていると、そう思わざるを得ないのだ。

ni-ru.jpg 
 ニールショーン

 特筆すべきなのは、彼の創りだすメロディである!

 
綺麗で清楚、そんな言葉がぴったりのメロディが、バラードの”Change Of Heart”やミドルテンポの”I’ll Be There””Hands Of Time”である。

 この流れを聴くと、アメリカンで、壮大で、気宇的な世界感が胸の中に拡がっていくのがわかる。

 音楽を聴いていて幸せと感じれる瞬間である。


 そんなアルバムであると思ってもらえたらいいと思う。

●”Can’t Find My Way”
  



http://www.youtube.com/watch?v=TS2TPsDPCao


 こんなに良いアルバムを作ったHARDLINEであるが、ベテランである二ールを擁するバンドであるだけに、当然『BURRN!』誌における人気投票では、新人部門でチャンピオンになると期待していたファンもたくさんいたに違いない。

 しかしそうはならなかった。

 チャンピオンにはドイツのFAIR WARNING(右下写真)が君臨した。

 確かにドイツ出身でありながら、アメリカンなテイストを持ち佳曲を多数擁するアルバムを出したこのバンドがチャンピオンになったのは異論はない。

 しかし、これだけの良いアルバムを出しておきながら、どうして?と疑問にならざるを得ない。
fair warning 
 この年にデビューしたバンド中で一番売れたバンドで未だにアルバムは入手可能なのに、新人部門では最下位の10位である。

 
何とも謎めいた結果である。

 しかし、二ールが出す、JOURNEY以外のプロジェクトやソロアルバムは高い品位を持つものばかりである。

 そのレベルの固さはJOURNEYを凌ぐものも多数ある!
 
しかし、どうも短命で終わってしまうモノばかりであるのも皮肉といえば皮肉である。                                    

 このバンドはもともと、ジョエリ兄弟がバンドをするにあたり、その音のプロデュースを二ールに頼んだところ、その作業を進めるうちに、意気投合して彼がバンド加入になったようである。

 93年にこのバンドはサヨナラも告げずに解散してしまう。そしてのちに再結成されるが、今JOURNEYが再結成されていることからもわかるように、二ール抜きでこのバンドは存続している。

その二ール抜きのHARDLINEについては、機会があったら論じてみたい。



●このすぐれたアルバムお買いのかたはコチラ!
  ↓



ダブル・エクリプス


●輸入盤はコチラ
  ↓



Double Eclipse







メルマガ読者さん募集!

 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

3月12日 3月13日 さいたまスーパーアリーナ公演が決まったIRON MAIDEN!
meidenns.jpg


チケットはこちらからどうぞ!

スポンサーサイト
コメント
コメント
ずっと前に
このCDを持っていて、一番好きなアルバムだったんですが、久しぶりに聴きたいなと思ったら、夫が中古レコード屋に売っちゃったと(>_<)

93年にサヨナラもいわず解散しちゃってたんですね×× 
だから、メディアで見かけることなく、
ずっと、エクリプスっていうのがバンド名だと20年以上勘違い(記憶違い)してたんだ。。
今日、HARDLINEっだったのかーっ!とガッテンしました。聴きたかった曲がようやく聴けてよかったです♪
2014/10/22(水) 14:41:12 | URL | ヘジ #b.nIH9Ek [ 編集 ]
コメントを投函していただき誠にありがとうございました。
再び貴女がこの名アルバムの曲をきっかけになり大変うれしく思います。

このブログのページでは、このアルバムの超名曲である"Can't Find My Way"の映像が削除されていましたが、再びYouTbeから探して貼り付けましたので、どうぞまたこのブログに来て観ていただけたらと思います。

あのアルバムは非常にいい出来で、いつまでも心に残る名メロディが満載ですね!

しかし、ニーㇽショーンのするバンドはBAD ENGLISHにしろSOUL SIRCUSにしろ短命に終わってしまうのが、残念で仕方ないです。

実は、僕はJOURNEYよりもこのHARDLINEのほうが、JUDAS PRIESTよりもHALFORDのほうが好きなんですね。

普通はどれも逆なんですが…(笑)。

またオフ会も企画していますので、どうかメルマガ登録もしていただけたらと思います。

そして、主人が誤ってこのアルバムを売ってしまったのでしたら、このブログページに来て、Amazonのリンクをクリックしてくれれば購入できますので、どうぞ!

今回はこれにて失礼いたします。

この頁に来ていただき感謝に堪えません。



2014/10/24(金) 12:34:21 | URL | テヅロック #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/112-45504cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック