HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
(祝)!スリップノットの『ダウンロードフェスティヴァル』でのヘッドライナー!

メルマガ読者さん募集!

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

slip.jpg 

 2009年、ついにSLIPKNOTが『MONSTERS OF ROCK』あらためDOWNLOAD FESTIVALにおいてヘッドライナーをつとめるにいたった!

 RAINBOWがヘッドライナーであったMONSTERS OF ROCK80年から見ると随分と音楽シーンが変貌したものだと感慨深くなる。

マリリンマンソン
 マリリンマンソン

 SLIPKNOTがヘッドライナーをつとめた日のセカンドビルはMARILYN MANSONであったが実はこの2者、因縁深い関係にあった。

 2000年の日本で行われたSUMMER SONICのメインステージにおいてヘッドライナーをつとめたのはMARILYN MANSONであった。
 
 次の年のアメリカおこなわれたOZZFESTセカンドビルをつとめたのはMARILYN MANSONで、SLIPKNOTサードビルになるなど、いつもSLIPKNOTMARILYN MANSONの後塵を拝していたが、この年のDOWNLOAD FESTIVAL

 ついにMARILYN MANSONの後に演奏するということができた! 
 
ozzfest 2001  




 いや、私が単に因縁の関係などと書いているが、2者はそんなこと全然考えてはいないかもしれない。

 彼らミュージシャンは、演奏し詞に思いを込めたいからミュージックをしているのであって、そんなことは全然考えていないのだろうと思う。

 私があえてそれを取り上げたのは単なる知的遊戯である。

 




 この年の前年にSLIPKNOTが発表したALL HOPE IS GONE全米チャート初登場で№ワンを獲得したから、この09年DOWNLOAD FESTIVALでのヘッドライナーも当然の帰結であったといえよう。

all hope 
ALL HOPE IS GONE
 
 さて、そのアルバムの内容であるが、いつまでも心に残る名曲の集まりである!

 
それくらい素晴らしい出来である!


 このバンドのリーダーであるコリ―テイラーは、非常に奥の深い頭を持っている。

彼は、最近自伝を出したようである。その、内容について語った内容についてのインタビューで、次の様な事を語っている。

コリ―テイラー
         コリーテイラー

 ~宗教が如何に見当違いであるかを茶化しているんだ。

 単に大切だからしているというのではなく、神のためという大義名分をつけて善行をおこなうなんて言うのはナンセンスだよ。 ~

 俺は神よりも人間を信頼しているんだ。

 ~感情自体は罪ではない。

 怒りは、暴力になりうるが、罪は暴力なのであって、怒りそのものでない、と俺は言ってるんだ。

 肝心なのは、感情をどう使うかなんだ。 ~

 強欲は、間違った使い方をすれば、俺の国で何年か前に起こったことのようになる。 ~

 非常に奥の深いコンテンツのある人であることが窺われる。

 
売れるミュージシャンは読書家、思想家である場合が多々ある。

 ことコリ―テイラーもその例外ではない。

 常に情報や知識を本やネット、新聞、テレビ等で摂取し、自分の頭で考え、それがどういう意義を持ち、実際に正しいのか間違っているのかを判断し、どう国民が考え行動していくのかを曲を経由して訴えかけているのである。

 その姿勢は、むやみに現代社会を批判するのでもなく、むやみに賞賛するだけのものでもない。

 
社会の事象は良い面と悪い面を同時に併せ持っているからである。

 こういった姿勢は、大人になってからよりも、実際は音楽に目覚める頃に身につけた方が良いとは私は思う。

 SLIPKNOTの音楽を通じてそういった良い意味での「批判精神」を身につけてもらえたら私は嬉しい!

 良い意味での「批判精神」、それが詞にも現れている。

 その優れた詞を活かすためには、作曲力演奏力ともに優れていなくては、そのコンテンツも台無しになってしまうこと必至である!

download 09


 ”SIC”-この曲からスタートした。

 この曲は、ファーストアルバムからの曲であるが、デビュー当時のコンサートにおいてスタートを飾る曲であった。

 しかし、この曲から始まるパターンは近年はなかったが、突如この曲から始まるカタチになった。

 デビュー当時のブートレッグを私は多数もっているが、デビュー当時のコンサート会場はみな1000人くらいのキャパのものがほとんどである。

 この曲を観ていると、当時の頃を思い出すが、この場は年月が流れ、立場は巨大イベントでのヘッドライナーである!

 当時とこれを同時に回顧すると、感慨深いものを感じざるを得ない。




 SLIPKNOTは、9人組の風変わりのバンド編成である!

 
しかも、全員が恐ろしいげな覆面をつけている。

 ドラムが1人とパーカッションが3人もいる。

 ただ、風変わりなだけのエンターテイメントのバンドではない。

 
非常に演奏力も高く、作曲能力も高い!

 
ゆえに現在の地位を確立したということが充分にわかる気がする。

 9人もいれば、その演奏が一つに結束するには、バンドメンバー1人1人が非常に高い演奏力を有していなくては逆に、曲がボロボロになってしまうだろう。

 そういった背景を考慮すると、このバンドは瞠目すべきバンドである。

 日本のみならず、全世界のSLIPKNOTファンにとってのアンセムソングは以下の“People=Shit”であろう。

 相変わらず、この曲の支持のされ方は凄まじいし、大合唱である!

 この受け入れられ方を観ていると、思わず鳥肌が立つ!

 
私含めこのソングで彼らのファンになった人も少なくないであろう。



 ミュージシャンは、今悪い方向に進行している世界の社会情勢を常にウォッチして観察しているのである。

 
それに関して、良い意味で懐疑の精神で眺め、批判を加えていく。

 
その内容に多くのファンは惹きつけられていくのではないだろうか。

 単に、不満をぶちまけるアーティストとはSLIPKNOTは違う!

 深い洞察を加えていく能力を有するがゆえに、進行につれいろんな情報や知識が積み重なり、それが詞になっていく。

 軍事、グローバル政治、コンピュータ化社会…etc、こういった内容がアルバムごとに多く語られるために、このバンドのメンバーは異常性格の人間と見られがちになるかも知れないが、覆面をとって日常生活に戻れば、普通の人間である。

 こういった詞にのめり込み過ぎはよくないので、距離をおくことをバンドのメンバーもファンもわすれないようにしてほしいものである(笑)

 私は、このバンドを知ったのは、セカンドアルバムのAIOWA (下図)からであるが、その時聴いた感想は、

 非常に叩きだすリフがギターにしろドラムにしろソリッドで削ぎ落したように精錬であるということである。

 キレが良いのである。

 それでいて、非常にへヴィでいてパワフルである。

aiowa.jpg 感動の余韻は残すが、演奏のムダな残滓は残さない演奏の高さがあるのである。

…???とよくわからないかもしれないが、そういう特徴を持っているのである。

 詳しくは内容を聴いてみてもらえればわかると思う。 

 往年のスラッシュメタルが年齢とともに力を失っていくのをまのあたりにしながら、かつてのパワーやスピードを取り戻すことはできないのか?


 などと思っていた矢先にこのアルバムが、私の眼前に現れた。それでこのアルバムである!

 私は非常に感動した。

 それでファンになったのである。  

 
その特徴は今回のアルバムALL HOPE IS GONEでも踏襲されている。

  魅惑的なイントロSEからキレのいいドラミングで幕を開ける、それがいつものSLIPKNOTの定番である!

 それに加え、耳をついそばだてざるを得ないギターリフや歌メロも満載である! 

 へヴィバンドの信条はへヴィさである。

 これだけは、どんなにアルバムを重ねても、どんなに年齢を重ねても失ってはならないと思うし、貫いてほしいスタンスである。

 それをSLIPKNOTはデビュー以来維持していてくれている。嬉しい限りである! 

 "Before I Forget”

 サードアルバムVOL,3からのシングルになったこの曲も素晴らしい!

 受け入れられ様も観ていて嬉しくなる!

 へヴィさ、サビの良さとそれでの大合唱、サビにあわせての火の噴射、すべてに興奮を覚える!
    ↓



gods of metal 09  




 この優れたアルバムALL HOPE IS GONEアメリカやイギリスのみならず世界中で支持された!

  毎年イタリアで行われるGODS OF METALはもちろん

 日本でのLOUD PARK

 においてもヘッドライナーをつとめた! 

  08年と09年はまさしくSLIPKNOTの年であったのは間違いない。
 





loud park 2009 
 4枚のシングルがこのアルバムからカットされた。

 現今のバンドでこの枚数のシングルを出せるバンドは限られている。

 その4つのシングルのクリップも全部収録されている。

 しかも、全米初登場1位を記録した最高傑作のアルバム発表後、聴衆80000人のまえでヘッドライナーをつとめた時のカット一切なしのフェスティヴァルの映像である!


 ファンにとってこんなに嬉しい出来ごとがあるだろうか?

 これを買って観ずしてこのバンドのファンを自称するなかれ!(笑)
     ↓

  オール・ホープ・イズ・ゴーン~スペシャル・エディション~(DVD付き)



●輸入盤DVD再生には以下のプレイヤーが必要です!
(輸入盤とこのプレイヤーの値段を足しても、国内盤より安いです!)


HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


(収録曲)
① 742617000027
② (SIC)
③ Eyeless
④ Wait And Bleed
⑤ Get This
⑥ Before I Forget
⑦ Sulfur
⑧ The Blister Exists
⑨ Dead Memories
⑩ Left Behind
⑪ Disasterpiece
⑫ Vermilion
⑬ Everything Ends
⑭ Psychosocial
⑮ Duality
⑯ People=Shit
⑰ Surfacing
⑱ Spit It Out


●”Sulfur” (クリップ)
    ↓



 このクリップのみならず、 ALL HOPE IS GONEからシングルカットされた

”Psychosocial”
”Dead Memories”
”Snuff”

のクリップも全部収められている! 
  ↓

   
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム



メルマガ読者さん募集!

 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

3月12日 3月13日 さいたまスーパーアリーナ公演が決まったIRON MAIDEN!
meidenns.jpg 

3月11日 渋谷クラブクアトロ公演が決まったALL THAT REMAINS
3月16日 3月17日 新木場STUDIO COAST3月18日 横浜BAY HALL公演が決まったSLASH !
slash.jpg 

4月22日 パシフィコ横浜4月25日 日本武道館公演がきまったMR.BIG !
big.jpg 


●チケットはこちらからどうぞ!



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/127-75971fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック