HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ホワイトスネイク『ライヴ.アット.ド二ントン 90』


メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

mor 90

 ついにホワイトスネイク、いやハードロックファンにとって超待望のDVDが発売される運びになりました!

 それは、ホワイトスネイク90年『モンスターズ.オブ.ロック』でトリを務めた時のライヴが完全収録のライヴDVDとCDがリリースされます。

 実は、この時はホワイトスネイク『モンスターズ.オブ.ロック』においてトリを務めるのは、83年に次いで2度目ですが、その時はTOMMY VANCE、DIAMOND HEAD、DIO、ZZ TOP、MEAT LOAFという顔ぶれでのトリでしたが、この90年では

THUNDER
QUIREBOYS
POISON
AEROSMITH
WHITESNAKE


 という顔ぶれです。83年のときとは違ってラインナップの格が違います。

 いずれもプラチナかマルチプラチナのバンドでしたから!

whitesnake 90


 そんな凄いバンドたちをしたがえてのヘッドライナーですから、ホワイトスネイクはもの凄い成長したなあ、と感じざるを得ません。

非常に感激的でした!

 ホワイトスネイクは、87年に発表したWHITESNAKE全世界で1000万枚を売り上げる快挙をみせ、続く『スリップ.オブ.ザ.タング』全米で10位にまで上昇するという、それまでヨーロッパや日本など一部の地域でしかウケていなかったバンドが世界規模で名を轟かせるバンドに成長してからのヘッドライナーでしたので、凄くファンにとっては嬉しい出来ごとでした。

 こんな輝かしい時代のライヴを何故オフィシャル盤として出さないのか不思議でした。

 出してくれえ、出してくれえと不満に思ってましたが、ついにそれが実現しました。

 私としては、まるでサンタクロースが本当にきたのかと思いました。

 このライヴがDVDになると聞いた時は!

 この『スリップ.オブ.ザ.タング』ツアーでの日本公演は私も行きました。

 最終日の日本武道館で公演です!


まずは、この超!ドラマティックな展開でかつ鳥肌モノのこの曲から始まります!
     ↓
“Slip Of The Tongue”



 この曲を観ると、その時の興奮が甦ってくるようです!

 「この世にこのバンドよりカッコいいバンドなど存在するのか?」と正直思いました。

 しかし、いまだこのバンドに匹敵するバンドはそんなにいませんね、正直そう思います。

 この『スリップ.オブ.ザ.タング』においてアメリカ人ギタリストであるスティーヴヴァイが参加し、腕の腱鞘炎でレコーディングできなかったエイドリアンにかわって全部のレコーディンを彼がしています。

 そのせいで、このアルバムは前作よりもアメリカ向けの音に変わっています。

 
曲の端々に耳に残る印象的なフレーズやオカズがちりばめられて、曲を良い意味で彩っています。

 その例として挙げれる好例の曲が以下になります!
    ↓
“Kitten’s Gotten Claws”
    ↓


また優麗かつ夢幻的な音が次から次に紡ぎだされる彼スティーヴのソロタイムもあります!

steve vai 
スティーヴヴァイ

それが以下になります!
   ↓


以下の映像はすでに90年当時においてオムニバス形式のビデオに収録されていました。

 その他このフェスに参加していたバンドのも全部1曲づつ出ていました。

“スライド.イット.イン”…この曲はもうホワイトスネイクでは定番の曲ですね!

 このライヴでも当然のように演奏されました!

”Slide It In”
   ↓



 この曲を観てもわかるように、8万人近くあつまった観衆は大いに騒ぎ狂喜していますね!

 実は、この前年にホワイトスネイクがこのフェスでトリを務めるはずだったのに、ニューアルバムの制作のために出演できなかったので、当然この90年にはトリを務めることになったので、そのウップンを晴らすかのようにノリまくっていたのではないでしょうか?

 そんな気がします。

この頃のホワイトスネイク

スパーヴォーカリスト(デヴィッドカヴァーデール)
スーパーギタリスト(スティーヴヴァイ)
スーパードラマー(トミーアルドリッジ)

が同居していた非常に珍しい時期でありました!

デヴィッドやスティーヴの凄さは以上の4曲を観てもらえればすぐにわかると思いますが、トミーの凄さはそのドラムソロで発揮されます!

そのソロタイムも収録されています!

 90年の日本公演でもされました!

そのパワー、キレ…聴いた時の興奮は半端ではありませんでした。

 観た時、 「この人以上上手いドラマーなど存在するのか?」正直そう思いました。

 2004年のライヴDVDでもソロはされていますが、ちょっと年齢のせいでパワーダウンしていて勧めれませんが、この90年時はもの凄いパワーとキレです!

ドニントンにて 



●以上、ホワイトスネイクの黄金時代の超傑作ライヴを買い求めのかたはコチラ!

 これを買わずして、ホワイトスネイクファンおよびハードロックファンを自称するなかれ!(笑)

 ■THE 10th ANNIVERSARY
 MONSTERS OF ROCKDonington Park

 18th August 1990  headliner WHITESNAKE

1. Slip Of The Togue
2. Slide It In
3. Judgement Day
4. Slow An’ Easy
5. Kitten’s Got Claws
6. ADRIAN Solo
7. Is This Love
8. Cheap An’ Nasty
9. Crying In The Rain~TOMMY Solo
10. Fool For Your Loving
11. STEVE Solo
12. Here I Go Again
13. Bad Boys
14. Ain’t No Love In The Heart Of The City
15. Still Of The Night


DVDとCDのセットの豪華盤はコチラ!
     ↓
live at donington 90 

ライヴ.アット.ド二ントン90 スペシャルエディション

●DVDのみはコチラ! 
         ↓
live at donington 90 

ライヴ.アット.ド二ントン90


●当時最新のアルバムを検証したいかたはコチラ!

『スリップ.オブ.ザ.タング』(シングルカットされた3曲のクリップとライヴ映像が5つ収録された豪華盤!)

スリップ.オブ.ザ.タング.スペシャルエディション



HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム





●おススメのラーメン店『荒海』
    ↓
http://www.araumi.com/


メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



スポンサーサイト

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/142-2f9bde31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック