HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ガンズ.アンド.ローゼズの全米初登場ナンバーワンアルバム!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

u y i 2 

 91年における全米初登場ナンバーワンは、METALLICAMETALLICAの次はGUNS N’ ROSESである。

ファイル0072


このバンドのUSE YOUR ILLUSION Ⅱである。

 しかし、91年異常だった年であったと思う。 

 91年は今と違ってハードロックの状況は健全で、ビルボードトップ200内に40前後のアーティストがランクインしていたし、そのランクインしていたアーティストを聴いても自然と感動できるいい出来のアルバムばかりであったからである。

 今のように、ハードロックアーティストのアルバムはあまりいいのが少なくて、メジャーなアーティストだけに一縷の望みを託して貴重な金を出す…こういう状況ならメジャーなアーティストだけに注目が集まってメジャーアーティストばかりが全米で初登場ナンバーワンになる、などという状況も想定できるが、そんな音楽状況ではなかった極めて健全なシーンであっただけに不可思議ですらある。

 まあ、アーティスト側にはいいというか、嬉しいシチュエーションであることに間違いはないが…

 しかし、GUNS N’ ROSESは不思議なバンドである! 

 87年にデビューし、それが数々のシングルヒットをとばし、発売から50週を経て、ついにこのアルバムはナンバーワンを獲得するのである。

 そして90年には全米だけで早くも1000万枚もの売り上げを記録した(今では1800万枚!)。

 それだけに、アメリカはもちろん全世界において次のアルバムが期待されていた。

その意味からいえば、前のアルバムが全米で250万枚、と負けていたMETALLICAよりも、GUNS N’ ROSESの方が注目度は勝っていたと言っても良いだろう。

 しかし、何回も何回もアルバム発表の告知がなされるが、発表には至らず、91年に漸くニューアルバムが出されるのである。

 このようなことをしていたら、間違いなくレコード契約を切られるのが普通だが、GUNS N’ ROSESはもはやプラチナどころかミリオンセールを誇るバンドである。

 そんな凄いバンドのレコード契約を切ったら切ったレコード会社が損害を被るハメになるからそれはできなかったようである。

 普通、どんなアーティストでもアルバムを発表する時は1枚で出すのが普通であるが、この際のGUNS N’ ROSESUSE YOUR ILLUSIONUSE YOUR ILLUSION Ⅱという二つのアルバムを9月17日に同時リリースにした。これも前代未聞である。

下写真が『USE YOUR ILLUSION』

u y i 1


 これは、主な原因がシンガ―のアクセルローズにあるのは、どんな人でも知っているであろう。

 周知のことであるので、ここでは繰り返さないが、とにかくこのバンドはこういう面で異常なのである。 

 しかし、売れているバンドであるから、レコード会社側も契約を切れない…

●このアルバムも、全世界の注目が集まる中でリリースされ、当然のことのように全米ナンバーワンを獲得した。

 2枚いっぺんにリリースされたからして、2枚ともがナンバーワンになったわけでなく、なったのはUSE YOUR ILLUSION Ⅱの方である。

 このアルバムからは、METALLICAMETALLICAと同じく5枚のシングルカットがなされた。

 またUSE YOUR ILLUSIONからもシングルカットが同時になされたのであるが、そのことはこの際省いて、このページではUSE YOUR ILLUSION Ⅱからのシングルをみていきたいと思う。

 まずは、 ” Civil War”である。 

 ●” Civil War”
   ↓



 私自身、メランコリックなメロディが全面に出た音楽は好きではない。

 この曲にはそういった面があるが、私が嫌になるほどのきつさはなく、ちょうどいい按配になっているのが良いと思う。

 テンションが下がるような楽曲はこのアルバムからは1曲も収録されていない。 

 時代全体が売れない音楽シーンであるとそういうことが起こりうるが、そうなってない…いい時代であった。

 全体的にちょうどいいオーラがアルバム全体には漲っているのが懐かしい!


●”You Could Be Mine”
   ↓



 この曲は全米29位にまで上昇し、今でもGUNSのライヴでは欠かせないレパートリーの一つである。 

 この曲は、観てもらえればわかるように、映画『ターミネーター』の主題歌になった曲である。

 当時20歳前後の人間ならこの曲やこのバンドを知らない人はいないというくらい、有名な話しである。

 このバンドは、WHITESNAKENIGHT RANGERなどのようにテクニカルなプレイで客を惹きつけるバンドではない。 

 どの曲もシンプルでとっつきやすく、バンドブームのさなかで誰もが真似できるような入りやすさをもっていた。 

 それでいて特徴的なメロのフレーズがあり、七色の声帯を持つといわれるアクセルローズの声の良さも見逃せない。

 ドラムもギターも上手いが、ファンが敬遠するような難しさもなく、声のオクターブの広さと多さを兼ね備え、「とっつきやすいがいつまでも憧れの気持ちをなえさせない」という魅力がある!

 それがこのバンドの魅力の一つでもある。

以下の“Pretty Tied Up”もそういった魅力の曲である。


●“Pretty Tied Up”
   ↓





●”Knocking Heaven’s Door”
   ↓



 この曲も、いまだにこのバンドを代表する曲であることに間違いはない。 

 パンクバンドにありがちな、 「あまり考えすぎないで曲をつくる」というアティチュードがつらぬかれている。 

 非常にシンプルで、特徴的なアコースティックギターがしょっぱなから出てきて全体を彩る。

 がちがちな職人気質さは見られない。それがまたこのバンドの魅力でもあることに間違いはないが…

 しかし、アクセルの声の使いわけは見事である。

 高音と中音の使い分けが巧妙で、聴いているほうは、別の人がコーラスで歌っているのかと錯覚してしまう。

“Yesterdays” は曲は、72位にまで上昇したヒットシングルである。

 このように全世界的な注目を浴びて制作、発表されたこのアルバムはアメリカでも当然売れ、全米1位を記録した。

 レコード会社の意向か、アクセルを含むバンド内のトラブルかはわかりかねるが、このアルバムが発表される前に、全米ツアーが敢行されるという異常事態が発生した。 

  しかもこの年にハードロックアーティストとして初めて全米初登場ナンバーワンを記録したSKID ROWを前座にしてである。今思えば超ド級の組み合わせである。

 その次の92年には何とこれまた初登場ナンバーワンを記録したMETALLICAとのダブルヘッドライナーツアーである。

時間内に会場にやってこないアクセルのせいで、いつもMETALLICAが先だったが(笑)。

ファイル0075


 これは超超ド級の組み合わせである。

このようなもの凄い組み合わせは観ることはできないであろう!

ファイル0074
なぜなら、この両者とも、バンドの名実ともに大きくなりすぎたために、このバンドが同じ日にフェスで登場しては、主催者側が損をしてしまうからである。

このアルバムは日本でも売れ、92年の来日公演では、なんと57000人収容の東京ドーム3日間のライヴを敢行した!

 そして、次の年にも同じく東京ドーム3日間をこなしている。

 もの凄い偉業である!

ファイル0077


1992年 『USE YOUR ILLUSION』 ジャパンツアー日程)
 2月19日,20日,22日 東京ドーム

1993年 『USE YOUR ILLUSION』 ジャパンツアー日程)
 1月12日,14日,15日 東京ドーム 

 91年の同時期にMETALLICAGUNS N’ ROSESがともにアルバムを発表し、ともに初登場ナンバーワンを獲得したが、アメリカにおいては売り上げではMETALLICAの方が勝っていた。 

 しかし、91年12月31日THUNDER,TESLA,EUROPE,METALLICAの順でなされた東京ドームでの『ファイナルカウントダウン』だが、この時観客として私は足を運んだが、ヘッドライナーのMETALLICAの時でさえも、2階席は1人も入っておらず、1階席は7割方しか埋まっていなかった。 

 前座を3つつけてもMETALLICA東京ドームを1日ですら満席にすることはできなかったのである。

 今はもっと多くの観客を動員することができるであろうが、それでも東京ドームで3日間は、今のMETALLICAでも無理ではないであろうか?

 日米では人気のギャップが存在するのだ!

 しかし、当時のGUNS N’ ROSESには可能であっても、今のGUNS N’ ROSESにも3日間のドーム敢行は難しいのではないであろうか…

 当時は、スラッシュ(g)やダフマッケイガン(b)といったバンドの顔となるメンバーが存在していた。

 しかし、この二人とアクセルは人間的に齟齬をきたし、このバンドを脱退した。

 そして、VELVET REVOLVERを結成し、そのデビューアルバムが全米初登場1位を獲得したのは周知の事実である。

 イジーストラドリン(g)もアクセルの我がままに堪えられなくなり、バンドを脱退し自分のバンドを結成した。

 なら、当時の栄光を取り戻すべくこの三人がまたバンドに戻ってGUNS N’ ROSESを結成できるのかと言えば先のことは全然わからない。先のことは全く不透明である。

ファイル0071


 このUSE YOUR ILLUSIONUSE YOUR ILLUSION Ⅱの頃のようなメンバー構成ではないGUNSだが、今はオリジナルメンバーはアクセルローズだけである。

 それにもかかわらず、つい最近の来日公演では東京ドーム公演を1日だが敢行できている。

 それのみならず、

ファイル0073 


ドイツのROCK AM RING
イタリアでのGODS OF METAL
ブラジルでのROCK IN RIO
日本での
SUMMER SONIC
…etc

 こういったロックフェスにおいて、ことごとくGUNSはヘッドライナーをつとめている!

ファイル0076


 ニューアルバムもUSE YOUR ILLUSION以来ベストアルバムやカバーアルバムを除いて17年間でていない。

 その17年間、ニューソングと題して曲をたんたんとライヴでだけ発表してきただけである。観客はCDで聴いたこともない曲をライヴで初めて聴かされる、という異常事態であった! 

 なのに7万人以上もの観客を擁するロックフェスで、全部ヘッドライナーをつとめれる…信じれない!

 そのいくつもの曲を一挙に集めて発表されたのが2年前に出されたCHINESE DEMOCRASYである。 

 こんな異常なことをしていて、これだけの人気を保てているバンドは、GUNS N’ ROSES以外私は知らない。

 かなり昔でも、全世界的な大ヒットを収めれたバンドはこのように強いのである!だがGUNSに関しては強すぎるのである。

その大ヒットとは300万枚500万枚くらいでは足りない。ミリオン(1000万枚)単位の成功が必須である! 

 GUNS N’ ROSESUSE YOUR ILLUSIONUSE YOUR ILLUSION Ⅱは合わせて全米だけで1500万枚のセールを記録した。

 2枚同時リリースのために、2枚同時に初登場ナンバーワンにはならなかったが、今回はナンバーワンになったUSE YOUR ILLUSION Ⅱの方を紹介しておきたいと思う。


●購入希望のかたは、コチラから! 
   
u y i 2

ユーズ・ユア・イリュージョンII

Use Your Illusion 2



HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム






●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.com/


メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/153-3bc40d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック