HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
反町隆史とリッチーサンボラの夢の共演!!


メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

ファイル0124 (1) 

 前回は、リッチーサンボラの最高のソロアルバムについて公開したが、今回はリッチーがらみの話をしたい。

 それは、97年にまで時代はくだる。

●意外にも日本では有名な俳優である反町隆史BON JOVIのギタリストのリッチーサンボラの共演が97年に実現していたのである。 

ファイル0008 (1) + ファイル0127


 メインのヴォーカリスト反町であるが、バックで「いかにもリッチー!」といわんばかりのヴォーカルを聴かせてくれているし、ギターでもリッチーが参加している。

 この曲は反町の歌手デビューの曲であり、作詞も彼が手掛けている。

 当時24歳ということもあり、かなりの人気を博していたことを思い出す。 

 97年当時は、 『反町隆史展』という写真展も開かれていて、そこには女子高生や女子大生やOLはもちろん主婦までも連日駆けつけている姿がテレビで映し出されていたことを思い出す。

 当時彼は、 「最も抱かれたい男性ナンバーワン」であったのだ!

 この曲は、97年7月7日から放映されたテレビドラマ『ビーチボーイズ』の主題歌に抜擢された。

 そこに反町は主演として参加。

 そこで共演した1コ年上の稲森いずみとそこから交際がスタート!

ファイル0023 (1)
 稲森いずみ

 その1年後には「結婚間近!」とまでいわれたが、その次の年の7月7日からスタートし、これまた主演として参加したテレビドラマ『GTO』で共演した松嶋奈々子と交際がスタートし、みなさんご存知のようにこの二人は最終的に結婚し、現在は二人の間に二人の女の子をもうけている。

ファイル0009
 松嶋奈々子

 しかし、反町は羨ましい男である!

 稲森いずみ松島奈々子という二人の綺麗な女性と交際をできたのだから…

●しかし、気になるのは、稲森いずみである。

 何故反町と別れなくてはならなかったのか…98年当時もう、二人は上手くいってなかったのかどうかはわかりかねるが、ドラマの共演ですぐに反町松島に鞍替えしてしまったのは、もう気がなかったのだろうと思うが、そのへんの詳しい事情についてはテレビで詳細を確認していないし、私自身あまり芸能スキャンダルについては興味があまりないのでわかりかねるのはいたしかたない。

 綺麗にもかかわらず、それから10年以上経ち現在39歳である今も稲森いずみは未だに独身であるのは、不可解としか言いようがない。

何はともあれ、反町隆史リッチーサンボラという夢の共演が実現した曲を堪能してもらいたい!

●”forever”
  ↓



 リッチーのソロアルバムのStranger In This Townに通じるギターメロディが印象的である。

 曲に非常に躍動感がある!

ファイル0126


 その躍動感が、80年代半ばの―つまり反町が音楽的なインスピを受けた頃の年代日本の歌謡曲の雰囲気を彷彿とさせるメロを非常に良い色彩を添えている。

 歌詞も非常にその頃の年代を思い起させる。

反町隆史リッチーサンボラという夢の共演を聴きたいかたはコチラのアルバムを!
  ↓
反町隆史 

ゴールデン☆ベスト 反町隆史

●シングルは今廃盤でとてつもなく高くなっているが、それでも買いたい人はコチラ!(笑)
  ↓
ファイル0124 (1) 

Forever
  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム





メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ
三越中元
三越のお中元 



このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.com/

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/163-5a50f8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック