HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
KISSの最高傑作とは?
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



crazy night 


 今年の初旬、折角の来日公演が延期になってしまったKISSだが、 

 「このバンドで一番好きなアルバムは?」

ときかれれば、私は間違いなく『クレイジーナイト』と答えるだろう!

 そのアルバムが発表された当時の来日公演日程は東京だけでいえば日本武道館2デイズを達成している。 

 アルバム14枚目にしてこの数字は並大抵ではない!

ファイル0009 (1)


 今回されるはずだった来日公演日程(4/14パシフィコ横浜、4/17さいたまスーパーアリーナ、4/20 4/21日本武道館)見るとほとんど変わりはない。

●当時の来日公演日程は以下である。
  ↓
4月16日 名古屋市公会堂、
18日 大阪城ホール、
20日 横浜文化体育館、
21日・22日 日本武道館、
24日 国立代々木競技場第一体育館 

 それだけ人気を維持しているというか、当時のファンだけでなく、最近の若い世代も惹きつけるようなカリスマ性がなくては、20年以上も同じコンサートの規模を維持などできる相談ではないのである。

 まずは、そのアルバムのファーストシングルから見ていただきたい!

●”Crazy Crazy Nights”(全米65位)
  ↓


http://youtu.be/8g4ygMGXU7Q


 非常に良好なメロディが全体にちりばめられている! 

 このアルバムが発売された88年当時に全米でチャートを席巻していたBON JOVIはもちろん、SCORPIONSRATT、DOKKEN、NIGHT RANGERといったバンドの良さをふんだんに取り入れた良質のアルバムと思わず形容したくなるホントに素晴らしいアルバムである。 

 KISSといえば、あの地獄からの使者というイメージを前面にだしたメイクの時代を想定されがちであり、ノーメイク時代よりもその時代の方が、人気は高かったしアルバムも売れたのは事実である。

 当時の全米を席巻していたハードロックバンドの要素をふんだんに取り入れた、ということから、そのメイク時代のよりも毒々しさが抜けて、ちょっとKISSらしくない、というような意見が出そうであるが、その通りだと思う。

ファイル0052 (1) 


しかし、視点を楽曲中心に据えると、私はこのアルバムが一番好きであるし、好みである。

 メイク時代のファンもKISSらしさが後退…」とは思えども、充分許容範囲のことではなかったであろうか?

 であるからして、このアルバムは全米チャートの18位にまで上昇、100万枚のセールを挙げることができたし、日本での公演日程もアリーナばかりだったのではないだろうか?

 私は、過去のことにとらわれすぎず、楽曲中心に考えているのである。

 らしさが後退しても、その曲が感動できる出来ならばそれでいいではないか…そう考えるたちなのである。 

 メンバーのコーラスの声が他のバンドよりも高いのでサビの部分でもすでに、コンサート会場にいるような醍醐味を味わえることができるのである。

 初めて聴いてから、印象はかなり強く残る佳曲である!

●”Reason To Live”(全米64位)
  ↓


 ポールスタンレイ(vo)は激しさを速い曲では発揮するが、このバラードではかなりの優しさをもった声が、聴き手を幽静な気分に浸らせてくれる贅沢なバラードである。 

 バラードを聴いていると、あまりの癒しの雰囲気に何も言葉が要らなくなってしまい、ただ目を閉じて聴き入るばかりである。

この曲を夜景を見ながらタワーの頂上で聴けたら最高である!

●”No No No(at BUDOKAN 88’)



 ブルースキューリック(g)は、あまり評価されることが少ないが、このアルバム全体を聴いてもわかるように、時に情熱的に、時にトリッキーなプレイが聴き手を唸らせるものをもっている。

ファイル0071 (1)
       ブルースキューリック

 このアルバムで唯一、メイク時代の毒々しさをもった曲といえば、この曲になるだろうか。

 それでも他のアルバム収録の曲と違和感のない出来になっているのは、さすがとしか言いようがない。

 このアルバムを聴いて、このバンドのもつメイク時代とは違う魅力と、ブルースのギターの良さを感じて欲しいのである。

●”Turn On The Night”
  ↓


ファイル0023 (2) 
”Turn On The Night”のシングルジャケット

 ふくよかなキーボード音が心地よい!これまた分厚いサビの部分でのコーラスの音が印象的である!

 聴いていて生活が楽しくなる、ウキウキになる、そんな曲である。

 その印象は20年以上前に初めて聴いてから、今も変わりはない。

 この曲が好きな人は、このアルバム収録の”My Way””Hell To Hold You”も絶対に気に入るであろうこと間違いなし!

ファイル0024


このアルバム発表にともなうワールドツアーの一環として、88年

HELLOWEEN
GUNS N’ ROSES
ANTHRAX
MEGADETH
DEVID LEE ROTH
IRON MAIDEN

というラインナップでドニントンで行われたMONSTERS OF ROCKでセカンドビルをつとめたのである。

destroyer.jpg 


ポールスタンレイがDESTROYER(上写真)以来の最高傑作と豪語し、私がKISSの歴史の中で最高の出来と思う、以上4つの曲を収めたアルバムが以下!!
  ↓
crazy night 
      CRAZY NIGHT

クレイジー・ナイト

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム




メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ


●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.com/

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/165-2c3b8939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック