HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
モトリークルーの全米初登場ナンバーツーのベストアルバム!!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



decade.jpg 

 今回も91年のことについて書いていきたい。

 この年におきた珍現象として、MOTLEY CRUEのベストアルバムが発表されたということがある。

ファイル0052 (2)


 ベストアルバムの発表…とりたたて珍しいことでもなんでもないが、実はこのベストアルバムは、ベストアルバムとしては異例のいきなり全米チャートの2位に送り込むのである!

 全米チャートで初登場のアルバムが4つもいきなりでて、全米1位になるアコースティックソングは2つと、こういったことがおこるのはハッキリ言って珍しい!

その後、この年に全米初登場2位になるベストアルバムが出る…相当に珍しい年であった。

 MOTLEY CRUEがベストアルバムを出して当然、私も買って聴いてみた。

 このアルバム全体を俯瞰して聴いてみると、このバンドは非常に自由奔放な音楽性を有している、ということがわかる。

GRP_0328.jpg


 1曲目の、 ”Live Wire””Looks That Kill”などは、80年代初頭に作られたというだけあって、非常にメタル然とした感じを受けるが、3rdのGIRLS、GIRLS、GIRLS収録の曲あたりから、そのメタル然とした楽曲はなりを潜め、軽快なロックンロールの醍醐味が感じれるようになった。 

 ちょうどそのころから、売り上げ的にも快進撃が始まったともいえると思う。

収録曲の選び方もMOTLEYは奔放そのものである。

 普通なら、スタジオレコーディングの既曲を10曲以上選び、それに2~3曲くらいの新曲を入れたりする…それが常識であるが彼らはそうではなく、既曲もスタジオ録音のもあればライヴヴァージョンのもあり、大幅にリミックスしたマテリアルもあり、新曲も数曲のみならず、カヴァーソングや未発表曲もある。

 常識にとらわれない自由奔放といえば自由奔放であるが、悪くいえばハチャメチャなのである。 

 そういった面が彼らの最大の魅力といえば最大の魅力なのである! 

 ニッキーシックス(b)は今でもこのアルバムをベストアルバムとはおもっていないようだが、いわれてみればそんな感じがする。

 でも世間からすれば、これはまぎれもなくベストアルバムである。

以下、このベストアルバム収録の新曲を紹介したい。


●“Primal Scream”
  


https://youtu.be/ioZn-wwMHSQ

 

ファイル0071 (2)

 このバンドは、初めL.Aメタルという枠組み内の音楽性から出発したが、そのGIRLS、GIRLS、GIRLSの前の、 THEATER OF PAINの頃からいろんなレパートリーのある曲、たとえばブルージーな曲も、ロックンロールな曲もあれば、へヴィメタル的な曲もあり、感動的なバラードもありと、いろんなレパートリーに手を出していった。 

 こういったレパートリーが多くなればなるほど多くのファンを獲得することができるようになるのは世間の常識である。

 ちょうどその頃から、同じL.Aメタルというカテゴリーの音楽で出発したRATTとの距離を離し出したように感じる。

ratt.jpg 
            RATT 

 RATTはそのシンガーであるスティーヴンパーシーの声域の狭さやパーソナリティから起因して、いろんなレパートリーの曲が書けないでいた。

 そのせいで、ある程度の成功(=300万枚)は収めはしたものの、それ以上の成功はおさめられないでいた。

 ちょうど同じ年に出されたRATTのベストアルバムRATT N’ ROLL 81-91を聴くと、非常に安定性のある楽曲群で特徴的であると感心するが、違う言い方をすれば機転のきかない音楽であるといえる。


●“Angela”
  ↓



 これも、非常に気分の良くなるロックンロールソングの一つである!

 こういった軽快なロックンロールをおそらくRATTスティーヴンパーシーは歌えないだろう。

 声域の狭さもさることながら、彼のパーソナリティの部分でも不可能であろうと思う。

 こういった曲はRATTにはないのである。

 それもまたRATTの魅力なのだが…


●“Anarchy In The UK”
  ↓




 この曲は、SEX PISTOLSの代表曲で、MEGADETHもカヴァーしたことで有名であるが、こういったタテノリのパンクソングを聴いていると気分が高揚して、愉快になる。
  
 私自身パンク自体は好きでないが、この曲だけは例外である。 

ファイル0024 (1)


 MEGADETHMOTLEYがカヴァーしたからか…よくわからないが、とにかく好きなパンクソングである! 

 気分が良くなる!

ファイル0031


 この曲は、この年に参加したMONSTERS OF ROCK 91‘においてもプレイされた。

 この映像は当のMONSTERS OF ROCK 91‘での映像である!


●“Rock N’ Roll Junkie”
  ↓



https://youtu.be/fkuqkKmsomQ


 こういったベストアルバムに収録される新曲というのは、大抵あまり良くないのが収録されるのが普通であるが、このベストアルバムに関しては例外である。

 上記の4つの曲はどれも新曲であるが、どれもシングルカットされてもおかしくないほどの佳曲であるし、実際に“Primal Scream”や彼らの代表曲である”Home Sweet Home”のリミックスまでもがこのベストアルバムからシングルカットされたのである。 

 普通の常識からは考えれない販売方法である!

そのシングルカットされた”Home Sweet Home”のリミックスが以下である!
  ↓



 このベストアルバムは全米初登場2位というだけあって、200万枚を売り上げたのである。

 これまでに彼らはこのDECADE OF DECADANCEのほか、 RED WHITE & CRUEGREATEST HITSという2つのベストアルバムを出しているが、一番売れているのがこのDECADE OF DECADANCEなのである!

そんな彼らのベストアルバム購入希望のかたはコチラ!
  ↓

(収録曲)
1. ライヴ・ワイアー
2. ピース・オブ・ユア・アクション
3. シャウト・アット・ザ・デヴィル
4. ルックス・ザット・キル
5. ホーム・スウィート・ホーム
6. スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルーム
7. ガールズ,ガールズ,ガールズ
8. ワイルド・サイド
9. ドクター・フィールグッド
10. キックスタート・マイ・ハート
11. ティーザー
12. ロックン・ロール・ジャンキー
13. プライマル・スクリーム
14. アンジェラ
15. アナーキー・イン・ザ・U.K.
16. レッド・ホット(ライヴ)
17. ドクター・フィールグッド(同)

decade.jpg

デケイド・オブ・デカダンス

グレイテスト・ヒッツ~デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)


  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム





メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ





●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ




このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.com/

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/166-789a2b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック