HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ニールショーン在籍のスーパーバンド!(全米1位の曲あり)

メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ


ファイル0071 (3) 

 80年代後半からのハードロックシーンで活躍したバンドとして忘れてはいけないのは、今回とりあげるBAD ENGLISHもその例に漏れないと思う。

 このバンドは、BABYSという70年代に活躍していたバンドが母体となって、89年にデビューしたバンドである。

 そのBABYSにいたジョナサンケイン(key)がJOURNEYに加入し、そのJOURNEY80年代後半に解散したため、その再結成が可能になったのだが、その際は事情がちょっと変わり、それにJOURNEYのギタリストであったニールショーンや他のバンドのメンバーも加わり、名も新たに

BAD ENGLISH

としたのである。

BABYS
ニールショーン
ジョナサンケイン

こういった名刺を聞けば、おのずとその結成されたバンドの音楽性は簡単に想像できる.

そう…エメラルドのごとき美旋律ハードロックバンド!

 そんな形容がこのバンドにはふさわしいと思うが、ファンは想像するまでもなくこのバンドのファーストアルバムであるBAD ENGLISHを聴いたのではないだろうか?

ファイル0081 (2) 


●”Best Of What I got”
    



 この映像や音楽やバンドのメンバーのルックスから醸し出される雰囲気がいかにも当時の息吹を聴き手に感じさせる!


●“Forget Me Not”
   ↓




 この曲を聴くと、まず最初にドラマティックなキーボードとギターの『絡み合いの妙』に、聴き耳見を奪われる。

 そして曲が展開されるごとに、時おり展開されるあまりにアメリカンなフレーズと深みのいい按配のギターがなんとも嬉しくなる!

ファイル0124 (2)


 BABYSではそれほどでもなかったシンガーのジョンウェイトは、このバンドでの活躍でその名を一挙に有名にした。

 ひとえに彼の実力あってのものであることは、間違いはない。

 この曲における歌のうまさと、ルックスの良さに女性は目を奪われるだろう。

●”When I See You Smile”(全米NO.1)
   ↓


ファイル0024 (5)

 このアルバムはもちろんこのバンドの1番の目玉は、全米ナンバーワンになったこの名バラードであろう!

 このバラードは年代を超えて人を魅了するバラードではないであろうか?

 そんなことを聴く度に思ってしまう。 

 この曲を初めて聴いてから、20年以上がたつが、このバラードを聴く度に感動が全身からにじみ出てくるのである。 

 ジョンウェイトは、一見するとショウユ顔の男であるが、このアルバムでの歌いっぷりと歌のうまさにはどの曲でも聴き手は敬服さざるを得ないだろう!

 殊にこの超名バラードにおいては。

 その良さをバックの楽器が、特にニールのギターが絡むことによって最大限に活かしているのだ!


●“Price Of Love"
  ↓




 違う項で、天才アーティストの定義として、

「演奏が上手いこと」
「魅惑的なメロディを創りだせること」 


 この二つを兼ね備えている人を天才と、私は書き、それに当てはまる人物として、ニールショーン(下写真)を紹介した。
 
ni-ru.jpg


 このバンドの解散後、ニールはご存知のようにHARDLINEを結成し、そこにおいてもなんとも言いようのないほどの見事なアルバムを作ってくれている!

それは、このページに書いてあるので、読んでない人はこのページを読んでいただきたい。
  ↓
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-112.html

 彼のプレイはスティーヴヴァイイングヴェイのように派手さはないが、まず最初に楽曲を一番にした考えで、これを最大限活かすためのメロを創り出すことにかけては、なかなか右に出るものはいない、と私は思う。

steve vai インギー
スティーヴヴァイ      イングヴェイ


 そういった能力で彼と双肩できるのはこれまで数百のアーティストを聴いてきて、5人といないとここで断言したい。

  このバンドのこのアルバムは、最終的に全米プラチナムを獲得するにいたり、当時アメリカで売れに売れていたWHITESNAKEの全米ツアーの一環で前座を務めることになる。

whitesnake 90 
WHITESNAKE

 そのご91年にはセカンドアルバムBACKLASHをリリース後、バンドは空中分解し解散、そしてニール92年ジョエリ兄弟を中心にしたバンドHARDLINEを結成し、傑作のアルバムを作り、96年には再びJOURNEYを結成し、今に至る。 

 ニールのこの経歴を俯瞰して、それらのバンドのアルバムを聴いてみて思うのは、

 『どうして彼のやるバンドは短命で終ってしまうのだろう?』

 『どうして彼の創るアルバムはどれもいいのだろう?』

 ということである。

 後者での思いにおいては、どのバンドも彼の本命のバンドJOURNEYよりもどれも良好なアルバムを出してくれているのである!

 どのJOURNEYのアルバムよりも、BAD ENGLISHHARDLINEのアルバムは回数を重ねて聴いてしまうのである。


ファイル0052 (3)

 彼ニールショーンのファンとしては異様であるかもしれないが、実際そうなのだから仕方ないのである。

 このアルバムを聴いてもらえれば、私のその感慨は理解してもらえると思う。

 このBAD ENGLISHにおけるセカンドアルバムも良好なアルバムであるが、それについては違う機会に詳述したいと思う。


まずは、このファーストアルバムであるBAD ENGLISH購入希望のかたはコチラからどうぞ!(上記4つの曲収録)
  ↓
ファイル0081 (2) 
     BAD ENGLISH

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム




メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ


●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ




このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.com/


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/170-5fdf2a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック