HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ウィンガーのデビュープラチナアルバム!

メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ


 前回は、エピック史上、マイケルジャクソンTHRILLERに次ぐナンバー2のアルバムの売り上げを誇ったアリスクーパーTRASHを紹介したが、今回はそのアリスがらみのアーティストとして、

WINGER

を紹介したいと思う。

ファイル0034


 このWINGERは、そのアリスのバンドに在籍していた、キップウィンガーが結成し89年にデビューしたバンドである。 

 アリスクーパーのバンドは、このキップウィンガーの他、

ケインロバーツ
アルピトレリMEGADETHに在籍)
ブルーノラヴェルDANGER  DANGERのリーダー)
ケンメリーHOUSE OF LORDSBAD MOON RISINGに在籍)

ファイル0054ファイル0056
ケインロバーツ               ブルーノラヴェル


など、のちに名を馳せることになるバンドでの活躍を見せる名だたるメンバーが在籍したのである。

 このアリスクーパーバンドは言ってみれば、幕末から維新にかけて活躍をした久坂玄瑞、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山縣有朋、品川弥二郎を擁した松下村塾のような観を呈しているのである。 

 非常に優秀なミュージシャンがこのバンドから羽ばたいていったのである。

 そのアリスの偉業を讃えられることは少ない。

 今はWHITESNAKEで活躍しているレブビーチもかつてはこのWINGERに属していたのである。

ファイル0033 
                       レブビーチ 

 というか、その方が有名であるべきにもかかわらず、今は2003年から数えて8年もの長きにわたってWHITESNAKEに在籍しているので、WINGERが順調にプラチナ以上の売り上げを誇っていた期間よりも長いので、今はWHITESNAKEのメンバーとして有名である。

 しかし、WINGERが時をおいて時期を見計らって活動する時は、必ずWINGERのギタリストとして参加している。 

 2007年RATTとのカップリングツアーでも、レブは参加し、来日公演において見事なプレイを見せてくれた。

ratt and winger


今や、トップクラスのバンドでないバンドメンバーは複数のバンドを掛け持ちしないと食べていけない時代なのかもしれない。

なにはともあれ、今回紹介するWINGERのデビューアルバムは傑作である。

●”Madalain”
  ↓
http://www.youtube.com/watch?v=NozSLdxAVnw 


 キップウィンガーの甲高い声をもち、ハンサムでかつ精悍な顔つき、しかもバレーで培った振り付けの妙に誰もが目を向けざるを得ない。


ファイル0036 (1) 
キップウィンガー

 それにあわせて、レブの正確無比なフィンガリングにピッキングの上手さ、そして世界屈指といわれるロッドモーゲンステインのこれまた正確無比のドラミング…全然新人とは思えない…当然か、このバンドは新人だが、名うてのミュージシャンの集まりなのだ。

●“Seventeen”
   ↓


ファイル0038


  このWINGERがデビューした89年という年は、空前のバンドブームで、ここ日本でも多くのバンドが競って4人~5人のロックバンドでのメジャーデビューをめざしてバンドを結成してはライヴを敢行していた。

 私の属する高校でもいくつものバンドがあり、学園祭ではライヴをしていたのである。

 もちろんプロを目指していた人間もいた。

 そういったアマチュアバンドのメジャーデビューを手伝う番組もあった。

 それだけのブームであれば、誰もが競って上手くなろうとするのは当然の成り行きで、テクニック的に凄いギタリストが多数輩出された。

ギターはドラムやキーボードと違って購入も上達も容易であるということから人口がおおいからなおさらであった。

 その先駆けはやはりイングヴェイマルムスティーンであり、彼の日本での人気が爆発したのも80年代後半で、88年には初の日本武道館公演を実現させた。

インギー 
イングヴェイマルムスティーン

のみならず、

WHITESNAKEスティーヴヴァイ
DOKKENジョージリンチ
BLUE MURDERジョンサイクス
NIGHT RANGERブラッドギルス
RATTウォーレンデマルティーニ
RACER Xポールギルバート
IMPERITELLIクリスインぺリテリ

 こういった技巧派のギタリストがギター雑誌において紙面をにぎわせていた。

 技巧派が紙面をにぎわせる…今はこういったブームがすぎ去ってしまったが…

 こういった技巧派にレブビーチも漏れないだろうといえる。

ファイル0031 (1) 
 某ギター雑誌では、ギタープレイが魅力的な曲の楽譜を紹介するコーナーがあって、その項において、このWINGER”Seventeen”が紹介されていた。

 ただ、紹介するのではなく、そのプレイの難易度が出ていた。

 その難易度は4段階に分類され、 ”Seventeen”最高の難易度にランクインされていたのである! 

 レブの得意とする速弾きは、短音でなく和音を奏でるのだが、畳みかけがなされるのが、毎回同じようになされているのである。

これは短音でならば、比較的簡単にこなせるが、和音であるだけに難しい!

その和音での畳みかけの後、すかさずに流麗なライトハンドを正確無比にこなす能力は半端ではない!

 ギターキッズ(この言葉も懐かしい)はこの曲を研究してみるのもいいだろう。


●“Headed For A Heartbreak”
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=1knO1Ip9oEg&feature=related

 このクリップをみると、やはりキップウィンガーのセクシーさに、男でも思わず目がいってしまう。

 毛深いがそのセクシーさが損なわれることが全くない。

 90年度BURRN!』誌の人気投票のアルバムカバー部門で、このキップが表紙になった号がチャンピオンになった。 

ファイル0042

これがその号!

 寒いこの季節にピッタリの情景が浮かび上がるこのクリップの画もいい! 

 寒い空気に透き通すようなキップの声が貫かれるのがまたいい。

 そして、ここでもレブのギターが活躍している。 

 魅惑的な音色がどこまでも続く回廊をつたっていくような幻想にとらわれる… 

 そしてフィンガリングやピッキングはもとより、アームの巧みな使いこなしがまた上手いのである。

●“Hungry”
  ↓
http://www.youtube.com/watch?v=NF_-_MVfFiw&feature=related

 

 このアルバムは、全米21位にまで上昇し、結果的に全米プラチナを獲得することになる。

 日本やカナダではゴールドディスクを獲得した。

 そして来日公演も実現するのである。

 その来日公演の日程が以下である!

ファイル0040
  

89年 来日公演日程)
9月19日 大阪厚生年金会館ホール
9月20日 名古屋市公会堂
9月22日 東京NHKホール
9月23日 川崎クラブチッタ
9月25日 東京中野サンプラザ


●”Without The Night”
   ↓



 私はとことんこういったバラードに弱い!

 この映像は、91年の来日公演の模様だが、このように川のせせらぎのような優しいメロディが全体を覆っているバラードは何も言わずにノックダウンされてしまう! 

 ギターもだが、ことにキーボードの音にそういった品位が溢れている! 

 ウットリする非常に贅沢な時空間である。

 初めの”Without The Night”WINGERに収録のバラードであるが、前出の“Headed For A Heartbreak”の上をいく魅力的なバラードであるが、なのにもかかわらず、シングルカットされなかったのが不思議である!

 このフルエレクトリックヴァージョンを動画で探すもないのが残念である!

 気になったかたは是非ともこのWINGERを買ってその良さを堪能してもらいたいものである。

以上5つのソングを擁するWINGERプラチナを獲得したデビューアルバムは以下!
  ↓
ファイル0034
          ウィンガー

       WINGER




そしてベストアルバムが以下!
  ↓
ヴェリーベストオブウィンガー


今回はこれにて終了いたします。

WINGERの2014年の来日公演が決定!

winnga.jpg


Y & T、WINGER、FIREHOUSEの3バンドが参戦!
WINGERは2番目のバッターになります。

しかも、デビューアルバムWINGERアルバム1枚完全再現を公言してのライヴですから、これはこれは楽しみな公演になることは間違いありません!

ファイル0034



日程は1月11日、12日 川崎クラブチッタ

FIREHOUSE は参加しませんが1月13日は、なんばHATCHY & T、WINGERのみの参戦になります。

チケットを申し込みたい人は以下からどうぞ!
  ↓
チケットぴあ




  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム





メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ
三越中元
三越のお中元 



このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.com/

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/173-0a772b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック