HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ウィンガー最大のヒットアルバム!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ


ファイル0033 (1) 

 89年WINGERのデビューアルバムが全米プラチナムを獲得するヒットとなり、次のセカンドアルバムは90年に早くも発表される運びになった。

今思えば、このころはハードロック勢が順調な動きを見せていたと思う。

 この頃に発売されたアルバムは、良質のものであればどのバンドでもゴールド、あるいはプラチナの売り上げを果たしていたのである。

 単に、売れていたというのみならず、よかったので、何回も聴いてしまったものが多数ある。

 その例に今回紹介するWINGERのセカンドアルバムのIN THE HEART OF THE YOUNGもその例に漏れない。

ファイル0037
      WINGER

単に、このアルバムを紹介することによって、今はそれほど目立った活躍はしていないこのバンドの栄光の過去を回顧するにとどまらず、今も元気に活躍しているWHITESNAKEでギタリストとして活躍しているレブビーチの当時の活躍ぶりを垣間見るというメリットを今出来る、ということもある。

 しかし、 WHITESNAKEは凄い!

ファイル0061
          WHITESNAKE 

 87年全世界で1000万枚もの売り上げを誇るアルバムを出したことによって、それから20年以上も経った今も、大きなアリーナでコンサートを敢行することができるのみならず、各国のロックフェスティバルでヘッドライナーをつとめることができている。

 今年のスウェーデンでのSWEDEN ROCK FESTIVALでもヘッドライナーをつとめたし、日本のLOUD PARKでもセカンドビルに抜擢された。 

 WINGERが順調にプラチナアルバムを獲得出来ていた時期のBURRN!をみると、89年のデビュー時には、

CIDERELLA
WINGER
BULLET BOYS

という顔ぶれでギグをしている。

シンデレラ 


 今は、まるで活動していないに等しいCINDERELLAだが、当時はデビューアルバムがいきなり全米でトリプルプラチナムを獲得し、セカンドもダブルプラチナムを獲得するという快挙を成し遂げる、非常に順調な活躍を見せていたバンドであったのだ。

そのバンドの前座をつとめたということになれば、どのような規模のギグであったかは、簡単に想像がつく。

 また、WINGERがセカンドアルバムを出した90年BURRN!をみると、

KISS
WINGER
SLAUGHTER

という顔ぶれで、スタジアム級のキャパでのギグを敢行している。

ファイル0052 (1) 


 KISSと聞けば、誰でもどのような規模かは想像ができる。

 コンサート会場は、スタジアムが基本である!

 それほどの大きな規模のコンサート会場でできていたのは、残念ながら、このファーストとセカンドでの頃だけで、次のサードアルバムの頃には、気だるい暗い音楽が大きく台頭し始め、WINGERのようなさわやかな清涼なメロディをもつバンドの拠って立つ余地は大幅に少なくなり、当然ながらファースト、セカンドの頃のような大きな会場でのコンサートやギグには参加出来ていない。

 しかし、WINGERのサードアルバムは、その当時の気だるい暗い音楽の要素を巧みに取り入れてバンドの良き面と融合させた良好なアルバムである!

 その良好なサードアルバムについては期を改めて紹介したい。

  ともあれ、売り上げが順調だった頃に味わえた大きな会場でのコンサートの敢行という栄光は、 レブビーチは今、WHITESNAKEで味わうことができている。

ファイル0032 (2)
レブビーチ

 その期間は2003年から数えて8年になる!

 その感慨がどういうものか、直接レブに訊いてみたいものである。

 そのレブが順調にいっていた頃のWINGERのセカンドもまたいい出来である。

 その良さは、このころに、他のバンドもたくさん良好なアルバムを出していたということも手伝って、その良さをそれほど深く堪能し、味わうことができずに終わってしまっていた。

そのことをいま、堪能するためにこの項を書いていきたい!

●Can’t Get Enuff
   ↓


https://www.youtube.com/watch?v=VSFvK4Pzasg



 この曲はファーストシングルになった曲であるが、プラチナを獲得したファーストアルバムの延長上にある出来で、しかも洗練度が高まったといえるだろう。 

ファイル0039



 世界屈指のドラマーのロッドモーゲンステインのドラムのキレも増している! 

 曲の流れにたたみこむキーボードの音、それにエナジーたっぷりのレブビーチのギターソロが加わると、そのエナジーに圧倒されてしまう!


●”Easy Come Easy Go”
  ↓


https://www.youtube.com/watch?v=Xn7rSQCHoKc



 しかし、デカい会場である! 

 こんな大きな会場でコンサートができるなんて、今のハードロック勢には夢のような話しである。

 この曲はもちろん、前の曲も、その他このアルバム収録の曲は全般的にファーストアルバムの延長線上にある。

 いきなりの音楽性のチェンジはよくないし、このWINGERのようにプラチナを獲得したアルバムと延長上にある音楽性を踏襲すればよかった、そうすれば確実に売れたのに、とまず思い浮かぶバンドがある。

 そう、 STEELHEARTである。

スティールハート 
                STEELHEART

  このバンドは、ファーストアルバムが非常に良い出来で佳曲も溢れていたにもかかわらず、セカンドではいきなりの音楽性の切り替えをおこなってしまったガために、ファンは離れ、ファーストのような売り上げを果たすことなく、日本公演も実現せず、果ては、バンドメンバーは総入れ替えし、シーンからは遠ざかる…という、いたってほしくない道をいってしまったのである。

●”Loosen Up”
  ↓


https://www.youtube.com/watch?v=C6FEKofHiSw

 これは、91年に来日公演をおこなった時の映像で、今はもう手に入らないオフィシャルビデオからの映像であるが、金がないために買えずじまいだったのが悔しい!(笑) 

 この曲におけるレブビーチのソロプレイは素晴らしい! 

 今のWHITESNAKEでも彼特有のフレーズを巧みにこなしている。 

 その流麗さ、正確なフィンガリングやハンマリングは並みのプレイヤーではないことを証明している!



●”Miles Away”
(全米12位)
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=JMKPQKU61QI&feature=related 




ファイル0035 (2)

この曲のシングルジャケット


 この曲こそが、このアルバムを代表する曲といって良いかもしれない。

 このバンドのキーボーディストである、ポールテイラーのペンによる曲であるが、弾き出しのイントロからいって聴き耳をそばだてざるを得ない綺麗なメロディが流れ出る。

【綺麗なメロディは綺麗な心からしか出ない】

 非常に的を得た言葉だと思う。 

 メロディはそのプレイヤーの心を表しているのだといえる。 

 この曲を何回聴いただろう?

 アルバム全部を聴くのが私の流儀だが、時間がない時はこの曲だけを聴いてから登校したものである。

 しかし、いい曲であり、良いメロディである!

 これほどのバラード曲であれば、全米12位にまで上昇したのも頷ける!

 このバンドは一度解散し、また復活するが、このペンを執ったポールテイラーは残念ながら参加していない。

 彼が復活時に参加していれば、またこのバラードと同じような佳曲ができたのにと残念でならない! 

 キーボードの音色で心奪われざるを得ないプレイヤーとして3人挙げろと言われれば、私は、

元DREAM THEATER~CHROMA KEYのケヴィンムーア
フィンランドのHIMのバートン
そして、このポールテイラー

を挙げるだろう!

ファイル0040 (1)
ポールテイラー

 このバラード等のシングルヒットも手伝って、このセカンドアルバムIN THE HEART OF THE YOUNGは前作を上回る150万枚のセールを挙げることになる。 

 ジャパンツアーも前回以上の動員数を記録することになる。

WINGER  91年 来日公演日程)
3月14,15日 東京メルパルクホール
3月16日 大阪アルカイックホール
3月18日 東京メルパルクホール
3月19日 東京中野サンプラザホール

上記4つの曲収録のWINGER最大のヒットアルバムをお買い求めのかたはコチラ!
  ↓


イン・ザ・ハート・オブ・ザ・ヤング (ワーナー・ハード・ロック1500)


輸入盤はコチラ!
     ↓



In the Heart of the Young


●彼らのベストアルバムはコチラ!
  ↓
ヴェリーベストオブウィンガー

WINGERの2014年の来日公演が決定!

winnga.jpg


Y & T、WINGER、FIREHOUSEの3バンドが参戦!
WINGERは2番目のバッターになります。

しかも、デビューアルバムWINGERアルバム1枚完全再現を公言してのライヴですから、これはこれは楽しみな公演になることは間違いありません!

ファイル0034



日程は1月11日、12日 川崎クラブチッタ

FIREHOUSE は参加しませんが1月13日は、なんばHATCHY & T、WINGERのみの参戦になります。

チケットを申し込みたい人は以下からどうぞ!
  ↓
チケットぴあ

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム



メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ
三越中元
三越のお中元 



このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!



今回はこれにて終了します。

スポンサーサイト
コメント
コメント
気になってる昔のMV
海岸で、ダッチワイフを膨らませて空に飛ばしているMVがあったんですが、誰の何の曲か思い出せなく気になっています。
長髪の5人くらいの、明るめのバンドだったと思います。スローターかな??
記憶にありましたら、教えてください。
多分、80年代後半~90年代前半のものだと思います。
 
2014/11/16(日) 13:01:30 | URL | ヘジ #b.nIH9Ek [ 編集 ]
すみませんが。
ちょっとわかりません。

いろんなPVを見てきましたが、そういうのは記憶がないです。

1つ提言ですが、もっと礼儀正しいコメントを書いてもらえます?

ネットであろうと、実際に会うにしろ、両者に違いはなく、礼儀正しく文章を書きましょう。

よろしくお願いします。
2014/11/17(月) 01:38:34 | URL | テヅロック #- [ 編集 ]
??
たしかに、少々ぶしつけで質問したのは認めますが、逆にいわせてもらうと、メールやコメントで苦情は言わない方がいいですよ。
2014/11/17(月) 13:03:07 | URL | ヘジ #b.nIH9Ek [ 編集 ]
なんともコメントに困りますが…。
メールやコメントで苦情は言わない方がいいですよ、ということですが、そのことを言わないとあなたは気が付かないですよね?

あなたのために書いた方がいいのです。

次からは定石通りにお願いします。

またきてくれたらうれしいです。

これにて失礼いたします。
2014/11/19(水) 02:48:16 | URL | テヅロック #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/174-0fc641ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック