HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ウォレントのトリプルプラチナムアルバム!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

warrant.jpg

今回は、WARRANTを紹介したいと思う。

前回まで、WINGERやそのバンドのギタリストであったレブビーチについて詳説してきたが、その同時代に活躍し、プラチナの売り上げを達成していたバンド、という関連では、このバンドを欠かすことは出来ないといえるだろう。

 しかも、このバンドを取り上げたのは、ほかでもない。

 この年(2011年)に逝去してしまった、このバンドのシンガーであったジェイニーレイン(下写真)への追悼の意味もあるのである。

ファイル0054 
ジェイニーレイン 

 この年に、このバンドのシンガーであるジェイニーレインは亡くなってしまったのである。

 死因はアルコールの過剰摂取、享年47歳であった。

 深く追悼の感情を捧げたい気持ちでいっぱいである。

 このバンドは89年の初頭にデビューした。

ファイル0051


 今はもう廃刊でないが、当時はVIVA ROCKという若いバンドを中心に取材する雑誌があって、そこにWARRANTは早速取り上げられていたのである。

その時、みた印象は

 「美男子揃いのバンドだな!」

 ということである。

 誰でもこのバンドのショットを見ればそう思うだろう。

 当時、私はBON JOVIRATT、METALLICAといったバンドに夢中になり、しかも金がおこずかいしかなかったので、新しいバンドのCDを買うという発想すらもなかったのである。

ファイル0052 (1)


 しかし、それから半年後、何気なく全米チャートを垣間見れる番組をみたら何と!

 WARRANTのシングルが全米2位にまで上昇しているというではないか!

 当時しったバンド、BON JOVI、RATT、METALLICA、VAN HALEN、CINDERELLA…こういったバンドのいずれもが、全米でプラチナムあるいはマルチプラチナムの売り上げを獲得、ということを聞けば、

 「ハードロックはずっと栄え続ける!」

 という感慨にとらわれても全然不思議ではない。

 しかも今年デビューしたバンドが半年後に全米2位を記録ということを聞けば、その気持ちがたかぶってもおかしくはないだろう。

 そんな良い意味でのショックを受けたのが以下のシングルである!

●”Heaven”(全米2位)
  


 しかし、このバンドのメンバーは美形揃いである。

 特にシンガーのジェイニーレインはそうである。

 いきなりこのビデオでドアップに出来るのは、ジェイニーがひとえに美形であるからにほかならない。

 こういったことができるバンドがいくつあろうか? 

 こういったバラードを、たくさんの観客を擁した会場でしかも、夏の時を舞台に設定されたクリップで見せられると私はたまらなくなる!

 非常に感動するし、思い出深くなる。

 しかも、このバラード自体が良好である。

清涼感のあるSEの使い方が非常に巧妙であるし、それが、曲自体を盛り上げることに貢献している。

 今は、ギターヒーローの不在の時代であるが、当時は上手いソロプレイは誰もがやろうとし、それに注目を浴びていた時代であり、それにそぐうような見事な深い音が印象的なプレイを見せてくれている。 

 永遠に心に残るバラードである。

 ブームが去ってしまえば、もう聴かなくなり、そのCDを処分してしまおう…それも人の人生であるから文句はつけないが、私は満足しない。

 だが、このCDを20年以上も前に買い、そしてこういった機会に出くわしては、感慨にふけっている。

 確かに、人は過去に生きたりはしない。

 しかし、昔を振り返って、

「こういう感動した時期があった。」

「こういう感動的なバラードがあった。」

 という感情も大切なのではないか?

 そんな気がするのである!

 ましてや、これほどの名バラードを擁したアルバムを容易に処分することは私には出来ない。

●”Big Talk”
  ↓





 そんなギターブームの冷めやらぬ91年に実現した彼らの初来日公演の模様である。

 そんな時代に目覚めた世代の人にとっては、こういったツインリードギターの模様をみせられると思わず興奮せざるを得ない。 

 ドラムのビートに導かれて、ギターの短音のフレーズが覆いかぶさる。 

 非常に興奮する。

 初めに中盤でジョーイアレンがソロを弾き、最後にエリックターナーがソロを弾く。 

 こういった情景を見れるのがツインリードギターバンドの醍醐味と言っても良い!


●”Down Boys”
  ↓





 これは90年に発売されたD.R.F.S.R LIVEというオフィシャルビデオからの抜粋だが、みていて思うのは、このバンドのステージングは非常に元気いっぱいで、どんなに気が沈んでいても、みていると元気になる。 

 このバンドは自己撞着に陥ることなく、観客の立場に立ったライヴを実現している、ということである。

ファイル0049 
↑このようなこともライヴでよくやる! 

 アマチュアバンドのライヴに足を運ぶこともある私であるが、非常に自己満足に陥り、どのプレーヤーも自分の楽器とだけ格闘しているバンドも多い。

 そんなバンドに、アンケートで、

 「もっと観客とコミュニケした方が良い。」

 「もっとマイクの横に出てプレイした方が良い。」

 「もっと手元を見ないで観客を見ながらプレイした方が良い。」

 というようなことを書いても、我知らん、というように態度を変えないバンドもいれば、きちっと観客とコミュニケしてくれるバンドもある。

 後者はもちろん、人気を博すことが出来るが、唯我独尊よろしく観客とほとんどコミュニケしないバンドは廃れていくのは実例でたくさんある。 

 「観客がどうしたらグッドな時間をすごせるか?」

 それを悟り、ライヴで実行する。

 これはシンプルだが、行動に移すのは難しいのかもしれない。

 だが、WARRANTは実行した。 

 それによって人気を博すことができた面も大いにある。

 このライヴビデオにおいてそういった面の好印象が胸に残り、次のアルバム購入の契機になったことは絶対に間違いはない!

●”Sometimes She Cries”
  ↓




 このバンドは、先の曲でも、ヘッドバンキングをするし、また別の曲ではギタリストを肩車してソロを弾かせたりしている。 

 非常にエンターテイメント性に優れたバンドである。

 こういう面を強調すると、職人気質のバンドを求めやすいメタルファンからは揶揄されやすい。

 そう…パーティバンドであると!

 こういうバンドの形容はややもすると、誤解を招きやすい。 

 【パーティバンド=ひ弱なバンド】

のようにである。

 このWARRANTPOISONと同じく、 「パーティバンド」としてカタゴライズされ、メタルファンからは忌避されがちであるし、先の”Big Talk”を見てもらえればわかるように、女性ファンが多い。 

 89年は、有力で、しかも今も活躍を見せている

SKID ROW
DREAM THEATER
BLUE MURDER
MR.BIG
EXTREME
DANGER DANGER

といった多くのバンドがデビューした年で、WARRANTもこの年にデビューしたが、 BURRN!の人気投票の新人部門では、10位にもランクインしていない。

 この年に、新人部門でチャンピオンになったSKID ROWに次ぐアルバムセールをアメリカで挙げたにもかかわらずである。 

 このバンドを評価し、その魅力を堪能したいなら、一度先入観を捨てて、謙虚に聴いてみるのが良いだろう。 

 決して、このバンドは軟弱なバンドではないのがわかるはずである! 

 その聴く曲は上記の4つで充分である。 

ファイル0050


 演奏や歌唱力は一級品のものをもっているし、この”Sometimes She Cries”でも見事なライトハンドすら難なくこなしている。

 決してこのバンドは軟弱なバンドではないのである。

 デビューアルバムのDirty Rotten Filthy Stinking Richは上記の4つがシングルカットされ、RATTMOTLEY CRUEなどの前座を務めて全米を回るうちに、あれよあれよという間にチャートを駆け巡り、結果的に300万枚のセールを挙げることになる!

そんなアルバムであるということを認識してもらえたらいいと思う。


●このWARRANTのトリプルプラチナムを記録したアルバムはコチラから!
  ↓
ファイル0051

Dirty Rotten Filthy Stinking Rich


■そして彼らのベストアルバムが以下!
  ↓
Best of


 しかし、このバンドのシンガーであったジェイニーレインが今年に亡くなったのはかなりのショックであった。 

 非常に感動的な歌詞や歌、パフォーマンスで我々を魅了してくれて、しかも大変に素敵な時間を過ごせたことを、今この場を借りて、ジェイニーにお礼が言いたい。 

 本当にありがとう!ジェイニー!……rest in peace



  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム





メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ

三越のお中元 



このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/179-51494bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック