HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
89年に最高の売り上げを達成したオムニバスCDとは?


メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

mpmf.jpg 

 MOSCOW MUSIC PEACE FESTIVAL…このフェストをこのブログで取り上げないわけにはいかないだろう。

 このフェストは、89年ロシアのモスクワで開催された。

 ラインナップは、BON JOVI、SCORPIONS、OZZY OSBOURNE、MOTLEY CRUE、CINDERELLA、SKID ROW、GORKY PARKと錚々たるメンバーが集った。

GRP_0243.jpg  
                   SCORPIONS 

 今や、押しも押されもせず、アルバムを出せば一切オープニングアクトもつけず、また多数のバンドを擁するフェスにも参加せず、個体だけでスタジアム級の会場を満杯にするツアーだけをしているBON JOVIをはじめ、SCORPIONSにしろ、OZZYMOTLEYにしろ今やここ何年も大きな会場のフェスでずっとヘッドライナーを務め続けている。

●“Somebody Save Me”(=CINDERELLA
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=DDOSBWxKSPs 

 CINDERELLAは94年のアルバムが不振でそれから復活することができずにいるし、SKIDSもデビューから3作まで好調なセールを続けたが、今やセバスチャンバックという看板男を失い長い低迷を続けているが、GORKY PARK以外は当時、どのバンドもマルチプラチナムの売り上げを全米で挙げていたのである。

シンデレラ


 それを考えれば、このフェスに集ったバンドたちは超豪華な顔ぶれであったのがわかる。

 非常に貴重な記念すべきフェストであったのがわかる。

 今はもうこのような顔ぶれでフェストはできないであろう。

 この顔ぶれで1日で集まったら会場がパンクするであろう。

●“Wild Side”(=MOTLEY CRUE
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=BABpjSr8_RY

 このフェストは、ロシアをはじめとする共産主義体制の崩壊に伴い、全世界の麻薬撲滅をスローガン89年の8月12日13日レニングラードスタジアムで開催されたのである。

 両日とも10万人以上が会場に集ったという記録がある。

ファイル0071 (2) 
                  MOTLEY CRUE 

 開催当時、どのバンドをヘッドライナーにすべきかを当局は迷っていたが、当時2作連続で全米1位のアルバムを送りだしていたBON JOVIが務めることになった。 

 91年以降に空前のへヴィブームが到来し、96年以降今に至るまで世界中のあらゆるフェスでヘッドライナーをつとめているOZZY OSBOURNEがヘッドライナーでないという面でも、貴重なフェスである。

●“Paranoid”(=OZZY OSBOURNE
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=WNuH1SSGSNY


 2日間にわたって開催され、最終日にはLED ZEPPELINのドラマーであったジョンボーナムの息子であるジェイソンボーナムも加わってジャムもおこなわれた。

その模様は、当時VHSで販売されたが、今は廃盤で、その映像はブートレッグ屋でしか手に入らない。 

 しかし、CDでなら入手可能である。

 しかし、驚くなかれ、このMOSCOW MUSIC PEACE FESTIVALのオムニバスCDSTAIRWAY TO HEAVENは、日本の89年度のハードロックへヴィメタルチャートで何と1位を獲得するのである!

 しかし、不思議である。

 こういった、オムニバス形式のCDというのは売れないのが普通なのだ。

 しかし、マルチプラチナムの売り上げを達成した多数のバンドが多くいた中で、このオムニバスCDが売り上げでチャンピオンになるのである!

●“Living On A Prayer”(=BON JOVI
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=ce-lgrHJsEo&feature=related

 他のバンドはそれぞれ数曲をプレイしたが、BON JOVIはヘッドライナーということもあり、 9曲を披露した。 

 だがCDでの収録曲は、それぞれ1曲づつである。

ボン ジョヴィ 


 しかも、それぞれが、オリジナル曲だけでなく影響を受けたアーティストのカバーをしていた。

それは、麻薬撲滅を祈願してのフェスであることもあり、麻薬が原因で死んだアーティストのカバーである。 

 このアルバムに収録されているのも、そのフェスでしたカバーだけである。

その収録曲が以下である。

1. マイ・ジェネレーション(ザ・フー =ゴーリキー・パーク)

2.さらばベルリンの陽(セックスピストルズ =スキッド・ロウ)

3.アイ・キャント・エクスプレイン(ザ・フー =スコーピオンズ)

4.紫のけむり(ジミ・ヘンドリックス =オジー・オズボーン)

5.ティーザー(トミー・ボーリン =モトリー・クルー)

6.ヤツらは町へ(シン・リジィ =ボン・ジョヴィ)

7.ムーヴ・オーヴァー(ジャニス・ジョプリン =シンデレラ)

8.モビィ・ディック(レッド・ツェッペリン =ドラム・マッドネス)

9.“ジャム”ハウンド・ドッグ/“ジャム”のっぽのサリー~ブルー・スウェード・シューズ/“ジャム”ロックン・ロール(ライヴ・イン・モスクワ)

この、89年度の売上ナンバーワンMOSCOW MUSIC PEACE FESTIVALの模様を収めたCDをお買い上げのかたはコチラ!
  ↓
STAIRWAY TO HEAVEN

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム





メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ






このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/194-b3bc764c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック