HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
PRETTY MAIDS 史上ベスト4に入るアルバムはこれだ!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

future world 

 今回紹介するのは、PRETTY MAIDSが最高のルックスと作曲力を有していた頃のものである。 

 87年FUTURE WORLDである。

この作品こそは、彼らのベスト4に入るほどのアルバムであると私は確信している。

 まずは、そのアルバム名を冠したタイトルトラックを観ていただこう!


●”Future World”
  ↓



http://www.youtube.com/watch?v=Ka6OFwp25YI 

 華やかな未来都市を想起させるドラマティックなSEに導かれて、即、強力なギターリフに
変換される。
 

 こういった展開は普通のロックにはなじまない。 

 ハードロックにしかない魅力である。

 ギターはもちろん、ドラム、ベース、キーボードとどれも、2枚目のフルレンスアルバムとは思えない巧さを誇っている。 

GRP_0021.jpg


 この曲で3色の声の音色を使いこなすロニーアトキンスの巧妙さにも思わず脱帽である。

 次の、 ”We Came To Rock”はミドルテンポだが、着実なソウルを備えた曲である。

 叙情的なキーのメロにギターが絡むとなんとも言えない気分になる!


●”Love Game”
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=Qmi00ZSTPus

 夏に聴いたら思わず心躍らされるキーのメロディとギターの織り合いがとてつもなく良い!

 この音楽に出会って良かったと思える瞬間である。


 ギターソロ…これもこれまでにも書いてきたが、ただ速いだけでは聴き手を掴むことはできない。 

 聴き手を惹きつけるメロがなくてはいけない。

そういったメロを創り出す力が、ケンハマーには充分にある。 

 しかし、この映像もみると、当時の彼らのカッコよさが実感できる!

GRP_0022.jpg


 やはり、当時のオフィシャル映像を是非とも出してほしいと思わざるをえない。

 最近でたライヴ映像を観ると、あまりに歳をとり過ぎている(笑)


●”Yellow Rain”
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=IFrU1ChbCUU

 これも”Future World”と同じようにドラマティックな展開が売り物の曲である。 

 曲展開の緩急が絶妙なのである。 

 激しい時は激しく、メロディアスな時は徹底的なメロディアスさを展開する。 

 こういったハードロックは私自身大好きであるし、そういった性質を備えたバンドの虜になるファンはたくさんいるだろう。

この曲が気に入った人なら、このアルバム収録の”Loud N’ Proud””Eye Of The Storm”なども間違いなく好きになるだろう。


●”Rodeo”
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=s870tauPLsI

 いくら激しいだけでは、やはり聴き手は疲れてしまう。

 心休まるというか、癒されるというメロがなくては、アルバム1枚通して聴くのは難しい。

GRP_0049.jpg 


 この曲の始まりのようにへヴィなリフに導かれて抒情性のあるSEメロとの折り合い、その配合の仕方がなんとも言いようのないくらい良いのである。

 また中盤のアルペジオのギターメロも同様に。


 こういった工夫をしてくれることで、アルバム1枚を通して聴くことができるのである。


 このアルバム発表後、ドイツにおいておこなわれたMONSTERS OF ROCKPRETTY MAIDSは参戦することになる。

 それがこの期のバンドの特筆すべき事件であろう。

mor 87
MONSTERS OF ROCK  87』(Germany

 このことによって、世界にこのバンドの名を知らしめるきっかけになったのである。 

 PRETTY MAIDSがオープニングアクトで、 

 HELLOWEEN、CINDERELLA、RATT、METALLICA、DIO、DEEP PURPLEの順で公演がなされた。

 この時のヘッドライナーであったDEEP PURPLEのベーシストのロジャーグロバーと知り合い、次のアルバムであるJUMP THE GUNのプロデュースをロジャーに依頼するきっかけになったのである。

ROGER GLOVER 
ロジャーグロバー 

 このFUTURE WORLDは、バンド史上間違いなくベスト4に入るアルバムであるが、このアルバム発表にともなう来日公演はなかった。

彼らの初来日公演は、次のアルバムJUMP THE GUN発表にともなった時が最初である。

それが実現したのは、このFUTURE WORLDや他のアルバムの良さが牽引役になったことは絶対に否むことの出来ない事実であろう!

そんな良好なアルバムを堪能したいかたは、以下からどうぞ!
     ↓
Future World

GRP_0029.jpg


そして彼らのベストアルバムが以下!

FUTURE WORLD』からは、3曲が選曲されている。
  ↓
Best of

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ






このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/203-04595039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック