HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
JUDAS PRIESTの『US FESTIVAL』での映像が初販売!


メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

speedi.jpg 

 前回のQUIET RIOTに引き続きUS FESTIVALでのJUDAS PRIESTの映像もDVD化された。

 こういった今も頑張っている老舗バンドの過去のライヴ映像がDVD化されるのは嬉しい限りである。 

 今も好きなバンドの過去のライヴ映像が発売されるのは心ときめく。 

 音楽は聴くのみならず映像で観ることによってそのアーティストをより好きになるものである。

 ましてや、今のように盛り上がりにかける時代ではなく、過去の大流行の時代のでは尚更オーラを感じて、その世界に引きいれられざるを得ない。

 このUS FESTIVALは今更説明はいらないが83年に開催され、会場に1日だけで35万人もの観衆を集めた超巨大なフェスである。

ファイル0163


 この際に、ヘッドライナーのVAN HALENを筆頭に、SCORPIONS、TRIUMPH、OZZY OSBOURNE、MOTLEY CRUE、QUIET RIOTが参戦した。

GRP_0604.jpg



 この時にJUDAS PRIESTも当時の最新作のSCREAMING FOR VENGEANCEを引っ下げての参戦になる。

screaming.jpg 
SCREAMING FOR VENGEANCE

 今回の映像化DVDはそのアルバム発表の30周年の記念してのCDのスペシャル版としての特典である。

 しかし、今は良い時代になったものである。

 VHSが初めて世に出た時は、生テープでも4800円もの高値で売っていた。

 そして、ビデオソフトにいたっては7000円以上もの値がついていたものである。

 それが今やDVDになり、VHSの数倍もの機能(早送りや曲のサーチや音の設定など)がついているにもかかわらず、CDのボーナスのDVDであるにもかかわらずこの値段なのだ!

この時のSCREAMING FOR VENGEANCEは彼らのキャリア史上最大のヒット作であったし、今もそうである。

そうであればこそ、彼らは今やへヴィメタルの創始者として君臨するオジーオズボーンのバンドよりも後の出演が可能であったのだ。

ファイル0079 



 95年以降のラウド、へヴィの空前の盛り上がりの中、世界中のあらゆるメタルフェスティバルでヘッドライナーしかつとめてきていないOZZYやその前身のバンドのBLACK SABBATHであるが、このUS FESTIVALでは3番目の出演であった。

そういった貴重で稀な事実を垣間見るのは非常に興味深い。 

 95年以降MONSTERS OF ROCKOZZFESTでは、JUDAS PRIESTOZZYの後塵を拝していて、一度もOZZYSABBATHの後に出演出来ていない(『OZZFEST』はオジーの名を冠したフェスであるだけに当然であるが…)

ファイル0034 kaibutu.jpg

 その事実をかいりみれば、OZZYの後の出演のフェスということで観戦するのは非常に楽しいものである。


●”You’ve Got Another Thing Comin’
  ↓



https://youtu.be/ztZwe1Z7L1s

 非常にアメリカ向けの選曲であるが、その前に、前回のQUIET RIOTと同じように時代がかったコスチュームをしている。

 今、彼らがこのコスチュームをして登場したら時代遅れといって非難されるだろうと思う(笑) 

 でもハードロック全盛の時代に音楽に目覚めた人には懐かしく、しかも異常な息吹を感じれる映像であることは間違いない。

ファイル0159 
       ロブハルフォード

 今は…というか90年代初頭から頭が薄くなり始め、今は完全にスキンヘッドにしてしまったロブハルフォードにもちゃんとこの映像では、髪がある。


●”Metal Gods”
  ↓



https://youtu.be/cX3b02nsejo


 この曲は、こののちのツアーでも、そして今でも重要な彼らのレパートリーであることに間違いはない。

 私は、90年にハードロックの世界にのめり込んだが、当時はハードロックの全盛の時代であったし、 「へヴィメタル」という言葉を聞くと、どうしてもいまいちハードロックに引けをとっていたという印象は確かにあったし、この83年でもそうである。 

 ハードロック全盛の時代にあり、それを象徴するかのように、このイベントのヘッドライナーはVAN HALENであり、セカンドビルはSCORPIONSであった。

glen.jpg


へヴィメタルバンドであるJUDAS PRIESTが、このフェスに参加していることについて感じるのは、やはりういている、という感じが頭の中にあるのは否めないが、それでも、実際に観ると、非常な巧みさをもって溶け込んでいる、という感じがするのだ。

 実際に観てみるとそういった感じがしないのである。 

 この彼らの重要なレパートリーであるこの曲を聞いて思うのは、非常に時代の流行のテイストを巧みに取り入れる能力に長けている、ということである。


●”Electric Eye”
  ↓



http://www.youtube.com/watch?v=yMVV_HsHcX0



 この曲も、この後のアルバムでのライヴでも、そして今でも重要なソングであるから、すっかり馴染みの曲になってしまった観があるが、彼らの最大のヒットがアルバムSCREAMING FOR VENGEANCEからのこの曲であるだけに、観衆の喜びも尋常ではないのがわかる。 

 何せ、この曲は当時最新の曲であったのだから。

 83年当時は、私はハードロックなど全然ゆかりもない時代だったが、もし10年早く生まれて、このフェスを観戦していたら、この曲でもの凄い興奮していただろう。 

 このバンドは、非常に多くのライヴアルバムやライヴビデオを出している。

ファイル0156 


 ロブがソロアルバムを出しても、そのアルバムの全ツアー時のライヴ映像がオフィシャルで出ているから驚きだ!

 これほどの多くのライヴのマテリアルを出せているバンドは非常に珍しい! 

 それは何故かといえば、ライヴでもスタジオアルバムと変わらない妥協のない演奏力と歌唱力をもち、それらを何年も維持させているからにほかならない。 

 その能力はこのライヴ映像からも垣間見ることが出来る。 

 そういった能力には正直脱帽せざるを得ない、というのが正直なところである。


●”Diamonds And Rust”
  ↓



https://youtu.be/clcjOqhlnjM

 演奏された収録曲は以下であるが、今のライヴでも演奏されている曲がほとんどである。

 例外的な曲としてタイトルトラックの”Screaming For Vengeance”があるくらいである。


1. Electric Eye
2. Riding On The Wind
3. Heading Out To The Highway
4. Metal Gods
5. Breaking The Law
6. Diamonds and Rust
7. Victim Of Changes
8. Living After Midnight
9. The Green Manalishi
10. Screaming For Vengeance
11. You've Got Another Thing Coming
12. Hell Bent For Leather



 1つのアルバムが全世界で1000万枚のセールというようなミリオンセールこそない“メタルゴッズ”ことJUDAS PRIESTであるが、100万枚以上のセールのアルバムは連発してきた。

 そういうミリオン単位のセールがないにもかかわらずこの83年以降から一番最近のツアーまで随時アリーナで演奏出来ていたのは、ひとえにファンのアウトが少なく、一度虜になったファンをいつまでも捉え続けて離さなかったからにほかならない。

ファイル0162


 そういった魅力のほどや一端は、このUS FESTIVALでのライヴを観てもらえれば十二分にわかるはずである。


●そのライヴ映像を購入のかたは以下よりどうぞ!

  ↓
speedi.jpg 

Screaming for Vengeance Special 30th Anniversary Edition

国内盤は以下。
  ↓
speedi.jpg

復讐の叫び-30thアニバーサリー・エディション-(DVD付)

GRP_0300.jpg


◆モバイルのかたはコチラから!
  ↓
Screaming for Vengeance Special 30th Anniversary Edition

復讐の叫び-30thアニバーサリー・エディション-(DVD付)

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/

スポンサーサイト

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/210-23626b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック