HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
アレックスマシ、スティーヴンタイラーとカルロスサンタナのコラボが実現!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

前回紹介したように、NICKELBACKのファンとして、そのシンガーであるチャドクルーガーサンタナがコラボをした曲が出ていたことを知った時は驚いた。

ファイル0004 (1)
チャドクルーガー

知っていれば早く買ったのに…という後悔の念が自分をおそった。

しかし、のみならずサンタナは、今は解散したTHE CALLINGアレックスバンドAEROSMITHスティーヴンタイラーともコラボした曲をだしていたというから驚きだ。

以下その曲をみてもらいたい。

●“Why Don’t You & I”
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=NGzs_dGFGM8


私はチャドクルーガーとのコラボで初めてサンタナの音楽を真面目に聴くようになったがいくつか彼の曲を聴いてみると、一発で彼とわかる音色やメロをもっていることがわかる。

そして彼の好みのシンガーの性質もわかる。

シンガーが言葉を吐き出す時の、細かい音色も、チャドクルーガーとこのアレックスバンドもやはり似ている。

●“Just Feel Better"
  ↓


http://www.youtube.com/watch?v=8CHiwijCSyk

ラテンミュージックの巨匠であるカルロスサンタナAEROSMITHスティーヴンタイラーとのコラボ…こういった貴重でマニアックな情報はネットでよく見ていないと見聞することなく終ってしまうから注意が必要だ。

しかし、サンタナは有名なミュージシャンとのコラボを精力的にする人だ。

ファイル0002 (1)
カルロスサンタナ

しかも自分がこなす音楽とはちょっと趣きの違う音楽をする人とも分け隔てなくこなす精神も私は好きだ。

ラテンミュージックとは言うが、純粋なラテンミュージックというものは存在しない。

世界中には、いろんな音楽が併存していて、街で聴いたり、ラジオやプレイヤーで聴いたり、ひいてはネットで聴いたりしては、そのたびに人間というものはどうしてもそれらから影響を受けて自らの音楽に無意識のうちに取り入れてしまうものなのである。

その取り入れに関して、いつの時代でも、物議を醸すのは定石になっている。

しかも音楽雑誌では当然である。

だが、私は、その取り入れに関しては、その音楽が良い出来になったのなら、それでいいと思う。

良くなかったら良くない試みであった、ということでいいと思う。

聴くに値しない出来のCDになったのなら聴かないでいればいいし、または中古盤屋に売ればいいだけの話しである。

しかし、その試みは、以上2つのコラボ曲に関してだけ言うと、成功であったと言える。

佳曲であるし、サンタナと2人のシンガーの良さを損なうことなく、良さを引き出している。

この2人のバンド(=THE CALLING、AEROSMITHが好きなファンであれば、もっておいて良いアイテムであると断言できる。

●以上2つの曲が収められたアルバムは以下!
  ↓
santana.jpg

シャーマン

モバイルのかたはコチラ!
  ↓

シャーマン



  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム






メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/219-a90da495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック