HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
(祝)アヴリルラヴィーンとチャドクルーガーが結婚!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

avril lavigne

意外や意外のカップルが成立!

あのNICKELBACKのヴォーカリストであるチャドクルーガーとあのアヴリルラヴィーンが結婚しました。

2人ともカナダ人でカナダを代表する世界的に有名なアーティストである。

2005年6月SUM41デリックウィブリーと結婚したが、2009年の9月に別居中であることがマスコミを通じて口外される。そして、「和解しがたいほどの不和である」ことを裁判所に離婚を申請し、離婚が成立。

その後、2012年の8月8日NICKELBACKのヴォーカリストのチャドクルーガーとの半年間の交際の末、再婚が成立。


●そして、2人で作った曲が以下!
  ↓


http://youtu.be/AqajUg85Ax4

●この曲収録のアヴリルラヴィーンの最新アルバムが以下!
  ↓

avril lavigne

Avril Lavigne

輸入盤が以下

アヴリル・ラヴィーン


しかし、2人ともカナダ人であるとはいえ、婚約が成立してしまうとは驚きであった。

以下の写真を今年の初めにウェブ上で見たとき、「2人ともカナダ人だから仲良くツーショットになっているんだな…」くらいにしか思っていなかったが、雑誌やテレビなどのメディアを通じて、2人が婚約ひいては結婚にまでたどり着くとは意外であった。
  ↓
avril and chad


何故なら、2人のパーソナリティが全然相容れないような感じを与えるからである。

GRP_0339.jpg


チャドは非常に大人びていて、時にダミ声で咆哮するまさに獅子吼する情熱的な歌詞を体現するへヴィなロックミュージシャンで、

かたやアヴリルラヴィーンは、17歳でデビューから29歳の今に至るまで、子供っぽさを維持しながら決して少女の時の無垢な精神を維持している…こういったことが、どうもモラル的に不協和になってしまうのではないかと思わざるを得ないのである。

avril.jpg


しかし、このクリップを見ると、どうしてかアヴリルは、かなり大人びた印象を与える。

少女趣味は後退し、非常に大人びた感動的なエモーショナルな感動するバラードである。

こういったバラードはチャドの得意とするところであるが、そういった曲にアヴリルもフィットするということは、共通点があるということであろうか。

でも今は、2人の行く末を温かく見守りたい気持ちでいっぱいである。

昨年は、バンドのメンバーの意向で来日公演は、日本武道館の1日だけであったが、非常に素晴らしいライヴを魅せてくれたNICKELBACKである。

GRP_0335.jpg
日本武道館にて撮影

そのバンドのリーダーの妻となったアヴリルラヴィーンは、来年、来日公演を敢行する運びになった。

2人とも今が旬で、勢いに乗っている上昇の途上にいる…そんな感じがする。

●その日程は以下。
  
2月3日 東京 日本武道館
2月4日 東京 日本武道館
2月5日 神奈川 パシフィコ横浜
2月6日 愛知県 日本ガイシホール
2月7日 大阪 インテックス大阪

チケットを申し込みたいかたは以下よりどうぞ
  ↓
チケットぴあ

では今回はこれにて終了します。


  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/226-3458dd8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック