HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
『LOUD PARK』に吾思う 2013年版
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

loupa.jpg

 今回の『LOUD PARK』は3年ぶりの2デイズ開催となった。

 メタルファンとしては、その参加するバンドの顔ぶれが発表前にはもの凄く気になるところであった。

 8月になってその顔ぶれが発表されてビックリした。

 それは、昨今のラウド系のバンドがたくさんいれば、80年代に活躍したハードロック系のバンドが入り乱れているからだ。

 しかし1日目のヘッドライナーがSTONE TEMPLE PILOTなのはわかるにしても、2日目のヘッドライナーがKING DIAMONDなのはどうして?…という感は捨てきれなかった。


lp2013.gif


 キングダイアモンドは、MERCIFUL FATEで活躍したシンガーであるが、それほどの成功を収めたとは言い難く、90年代の半ばにブラジルのMONSTERS OF ROCK等にも参戦したが、かなりの順の早い出場であった。

 彼が自らのバンドKING DIAMONDでレコードを出すも、好評のセールスを記録した、ということも聞かない。しかも、彼は、日本に足を運ぶのはこれが最初というではないか!

 それなのに1万数千人以上のキャパの会場でヘッドライナー出場…言い方によっては、初来日で日本武道館で演ったGUNS N‘ ROSESFOREIGNER以上の偉業だといっていいかもしれない。

 しかし彼らはレコードが売れたからそういったことができたのであって、最近のKING DIAMONDが爆発的に売れたということは絶対にないのだ。

 なのにヘッドライナー…わけが分からない…。

 2日目のヘッドライナーを順当な実績で考えれば、やはりイングヴェイマルムスティーンだと言えるだろう。

 彼は88年、92年、94年、95年4回にわたり日本武道館で単独公演を実現させているし、92年発表のアルバムは日本のオリコンチャートで海外アーティスト史上初めて初登場ナンバーワンを獲得したのである。


火と氷
92年発表のアルバム


※そのアルバムの詳しいリポートに関しては以下のページをご覧いただきたい!
  

 ⇒日本初のオリコンチャートナンバーワンになったイングヴェイのアルバム


 そのことを考えれば、YNGWIEがヘッドライナーで当然だが、そうではなかった。


 今は、ハードロックではなくラウドの時代だから…そんなことでヘッドライナーに祭り上げられるほどの名声がキングダイアモンドにあるとは思えないのである。

 その声が、カリスマ性を宿し、多くのファンの伝説にもなるほどアーティストを啓蒙してきた、という事でもなさそうである。

 まあ、愚痴はこれくらいにした方がいいのかも知れないが、こういった意外性というものをこういったメタルフェスには付きものなのであるが、その理由は実際に会場に足を運んで実感の後に明らかになるのかもしれない…そう思って会場に足を運んだ。

 このイベントが告知された当初は、EUROPEも参戦することを聞いた。そしてのちにイングヴェイが参戦することが告知されたが、日程の割り振りは当時はなされず…この時に、この両者が同じ日に割り振られたらいいのに…と思っていたが、のちにそうはならなかった。

 当然といえば当然といえるかもしれない。

 メジャーなアーティストが同日に割り振られてしまっては、両日に観客が均等にこなくなってしまい、開催社は赤字になってしまうからだ。

 同じ好きなアーティスト、しかも同じ音楽性を有するアーティスト、となれば同日に割り振られてくれればと期待していたが、やはり…仕方ない、より自分が関心のあるアーティストが多い2日目に行こうと思い、2日目に行こうと決めた。

 今は、ハードロックやへヴィメタルはメジャーな音楽ではない。

 むしろマイナーな音楽といっても過言ではないかもしれない。

 今、日本でメジャーな音楽といえば、韓国のポップミュージックである。

 いわゆるK-POPであるが、そのK-POPの中でも、 BIG BANGなるグループの日本での人気はすさまじく、海外アーティスト初の6大ドームを制したグループになった。

bigbang.jpg
   BIG BANG

 これは、BON JOVIAEROSMITHでも成し遂げられなかった偉業である。

 その他、SUPER JUNIORSHINeeee東方神起などの観客動員数もいつもドーム以上であるのが常である。

shineee.jpg
    SHINeeee

 こういったアーティストたちに、メタルバンドが束になってかかっても敵わないだろう。

 しかし、これらのアーティストの曲を聴いたり、クリップを観たりしても私は感動しないのだ、正直。

 確かに、スムージーな動き、セクシーな振り付け…こういったところは目を奪われるし、私が10代の女の子であればシビれてしまうかもしれない。

 しかし、肝心な歌詞を聴いても、私にはどうしても感動できないのが正直なところである。

 K-POPのガールズグループのKARA少女時代などもその人気は凄まじい!

karakara.jpg 
   KARA

girls gene
   少女時代

 彼女らも、ドームか、小さくとも埼玉スーパーアリーナで単独公演をしてしまうというから驚きですらある。

 彼女らの歌い方も、母国語でない日本語を歌っているために、どうしてもたどたどしいか、それに近い発音がネックになっている。

 しかし、それを補って余りある魅力を有しているから、この日本で爆発的な人気を博すことができているのだろうと思う。

 やはり韓国の男性グループと同様に、目を奪われるほどのセクシーな動きの振り付けであろうか…そんな気がする。

 彼女たちのコンサートを見に行ったわけではないが、テレビで見たところ、その観客の多くのほとんどは女性であった。

 そういったものに女性観客は魅せられてしまうのであろうか…よくはわからないが。

 しかし、男性の目線で観察していると、韓国の女性で目を奪われてしまうのは、やはり肌の綺麗さであろうか?

 私は、10年以上前に韓国人が多く定住している東京都新宿区の新大久保駅近くの喫茶店でアルバイトをしていたことがある。

 そこでは多くの韓国人が来店していた。

 そこで気づいたのは、韓国人女性の肌の綺麗さである。

 あまりに肌がきれいなので、20代の女性かと思って顔を見たら30代40代の女性であることもしばしば…そんなこんなで、「韓国人女性は肌がきれい」という印象が、私の頭の中に刻み込まれていた。

 そこへきて空前の韓国のポップのブーム…そしてそのK-POPグループのメンバーはどれも肌がきれい、特に脚には目が奪われる。

 しかし、そういったところだけをみていたら、女性に引かれてしまうのはわかっているから凝視はしないことにしている…しかし、男ならどうしてもK-POPの女性グループの脚の綺麗さには目が奪われてしまうのは否めない(笑)

 なぜそうなのか?

 一番の理由は、韓国食が根本的に肌がきれいになるような作用を及ぼすのが、ダイエットについて勉強していったらわかったのである。

 まず…といって書いていったらきりがないのでやめにするが(笑)、とにかく韓国食というのは、美肌にいいのである。

 美肌をめざす女性は、韓国食を勉強し、日々の中で実践し食すのがいいと思うし、韓国の料理を定期的に食べに行くのもいいと思う。

 しかし、KARAにしろ少女時代にしろ、ルックスや振り付けが魅力的であるが、肝心の歌詞に私は魅力を感じないのが正直なところである。

 美肌、美脚…こういったことだけで、そのグループのCDやDVDなど私は鑑賞したりはしない(笑)。

 しかし、彼女たちの美肌、美脚に対抗できる日本の女性グループは、perfumeくらいであろうか…彼女たちも非常にきれいな脚をしているが、私はそれだけでperfume のCDやDVDを買おうとは思わないのである(笑)。

perfume.jpgpar.jpg 


 話しが非常にそれてしまったが(笑)、メジャーな音楽でなくなってしまったハードロックやへヴィメタルであるが、そんなことは私にとってどうでもいい話である。

 聴いていて一番自分が元気になれる音楽を中心に聴いていけばいいのである。

それが、人生を楽しむ最大の秘訣である。

 某日本の若い10代の女優さんのプロフィールで、「一番ハマっていること」の欄で、「K-POP」と書いていた女性がいた。

 そして、「将来実現したいこと」の欄に、「韓国に移り住むこと」と書いていたのを思い出した。

 この女優さんは、音楽やアーティストに生まれて初めて気になった時に、初めて接して、一番流行っていたのがK-POPなんだなと私は思った。

 大抵の人は音楽を初めて本格的に聴いたときに、その音楽が当時一番流行っていれば、その音楽をとことん好きになるのではないだろうかと思う。

 それが流行りの音楽の力というか魔力であろうと思う。

 不思議だが、流行というものはそういうものである。

 こういう女性(一番ハマっているのがK-POPという)は日本全国に100万人以上いるであろう。

 そうなれば、これから先何年もK-POPの流行りは続くであろう。

 しかし、当時の流行りの音楽にハマっても、流行が終わってしまったら、もう聴かなくなってしまった、ということを私はしなかった。

 あれほど自分を魅了してくれたハードロックとへヴィメタルだから、そうそう簡単に捨てるわけにはいかない…そう思って、ファンでいつづけたのである。

 その結果、今でもこうしてファンであり続けているのである。

 いろんなミュージックを聴いているが、ハードロックとへヴィメタル以上のミュージックは私にはないのが現状である。

 だから、こうしてその素晴らしさを表現しているし、 LOUD PARK 2013』にもドキドキしながら足を運んだのである。

loudpark2013.jpg


 当日はあいにくの雨。

それが理由で、一番最初のバンドである元MEGADETHマーティフリードマンが中心のバンドであるMETAL CLONE Xが始まる刻には若干遅刻してしまった。


clone.jpg
METAL CLONE X

 その音が聞こえてきたのは、私が廊下にいた時であったが、それにしても会場から聞こえてきた音は、騒音というよりも轟音といって良いほどの迫力である。

 しかも、ステージを見るとマーティフリードマンの横で歌っている日本の着物を着ている人がいるではないか。

 見ると八代亜紀ではないか!

 こんなことまでするなんていかにも奇をてらった演出である。

 マーティは日本に愛着があって、演歌風の曲を書いて出していたが、今度は八代亜紀まで一緒に参加させるとは…自由奔放の発想は私は大好きであるし、そういった人生に憧れるのである。

 しかし、八代亜紀もすごい耳というか体をしている。 

 こんな轟音に中に身を置いてもびくともしないのだから。



 何曲かこのバンドと一緒に歌った後に、ステージをあとにして、出てきたのは、このバンドのメインヴォーカルであるCHTHONICフレディリムが出てきて歌った。

 このCHTHONICは,初め「チソニック」と読むのかと思ったら「ソニック」と読むのを最近知った。そんなことどうでもいいか…(笑)。

 しかしCHTHONIC台湾ブラックメタルバンドである。

 そんなメタルとしてはマイナーな国出身であるにもかかわらず、OZZFESTにも参戦していたというから頭が下がる思いである。

 いまから3年前のLOUD PARKに参戦した時にも観戦したが、非常にタイトな演奏をしてなおかつその楽から醸し出されるおどろおどろしいほどのホラー的な世界観には圧倒されてしまった。

 さすがブラックメタルである。 

 そんなバンドのシンガーが歌う音楽であるから、はたまた轟音さながらすごい音のすさまじさである! 

 さすがLOUD PARKとすら言いたくなるほどの轟音であった。

 しかし、このバンドは、やはりマーティの企画した一時的なプロジェクトであるからして、それほどの注目をされないのが残念である。

 このイベントで一番最初に出演、というのも頷ける。

 マーティにはこれからきちんとした正規のバンドを組んで活動してもらいたいものである。

 こういった一時的なプロジェクトのバンドのCDは私は、買わず聴かずにライヴに参戦してしまうのが常である。

 次に出演したバンドであるBREAKING ARROWも同様に、そういった対処のされ方をされがちであったろう。

breaking.gif 
 BREAKING ARROW


 何故なら、日米人混淆のバンドであるからだ。
 

 イギリス人とアメリカ人の混淆のバンド、あるいはデンマーク人とアメリカ人混淆のバンドというのであれば、同じ西洋人ということで見た目には違いがわからない。

 しかし、日本人とアメリカ人というのでは、あまりにその混交具合が明白である。

 こういう変わった趣旨のバンドはやはり敬遠されやすい。

 それなりに気の抜けないバンドではあると思うが…。

 次に出演したのは、ENFORCERである。


enforcer.jpg


 このバンドも、このイベントに来て初めて知ったのである。

 いきなりドタマからスラッシーで速い曲で押しまくる!

 その名の通りまさにエンフォーサーである。

 そのバンドからだされる音は、初期SLAYERや初期MEATLLICAのようなスラッシュメタルに220VOLTのような勢いを有していた。

 これぞ『LOUD PARK』に出るバンドといわざるを得なくなるようなバンドである。

 その勢いに飲まれるように、観客も否が応でものらざるを得ない。

 それくらいの勢いがあった。

 初期のSLAYERMETALLICAもこんな雰囲気を持っていたんだな、という20年以上も前の音楽シーンを思い出してしまった。

 しかし、ENFORCERがそれらのバンドと違っているのは、それらのバンドとは違って場違いなほどのイケメンがいるということである(笑)。

 しかし、よくなかったのはPAの調整不足で、ギター音の後味が良くないことであるし、こもり気味に感じれる部分があったことである。

 まさしく「Fuckin’ PA」といいたくなるほどの調整具合であったのが残念なことであった。

 3年前にこのイベントに参加したRATTもそんなトラブルがあった。

 そんな背景があったために、その時のRATTのオーディエンス録音のブートレッグが販売されていたが、その題名は『Fuckin’ PA』であった。

 今回のENFORCERもまさしく「Fuckin’ PA」であろう!

 彼らの今回の出演のブートが出るのかどうかは私にはわかりかねるが(笑)。

 80年代初期のスラッシュをこよなく愛する人にはこのENFORCERは特におすすめである。

 次のMOKOMAをおいて(私は、食事に忙しくて見逃してしまった)次にフィンランド出身のAMORPHISが登場した。

amorphis.jpg 
  AMORPHIS

 このバンドは15年以上も前から知っていたバンドであったが、聴く機会に恵まれず、また聴こうという衝動に駆られるきっかけもなかったために、ついこの時まで聴けなかった。

 しかし、このイベントに参加してよかったと思ったことの1つは、このバンドの魅力に直接触れて「このバンドのCDを買って聴こう!」と心から思えたことである。

 このバンドの演奏が始まって、すぐに体感したのは、このバンドの演奏力の高さである。

 聴いた瞬間、「うおっ!」と聞き耳をそばだててしまった。

 この演奏のレベルの高さ並大抵ではない!

 そう感じたのである。

 単に高い演奏力のみならず、ヴォーカルとSEとの混淆においてものすごいいい具合に調和し、奥深い世界観を聴き手にもたせ、そこに引入らせる曲のプロデュース能力があるのである。

 ベテランミュージシャンだからこそ出せる演奏力と音作り能力と言わざるを得なかった。




 携帯を持ちながら、インターネットで調べる。

AMORPHIS」と入力して検索すると、プロフィールが出てくる。

 コンサート会場で、そのバンドの詳細を調べながらその音楽を堪能する。

 20年前には考えれなかった光景である。

 何やら、1990年代の初期から活動しているとのこと。

 なら、レベルが高くて当然かと思われがちであるが、その感情を乗り越えて、このバンドのCDを買って聴きたくなる。

そんな魅力を有しているのである。


amor.jpg


 しかし、このイベントの私のメインで見たいアーティストはイングヴェイであるのを考えれば、以下に私がハードロックに惹きいれられているかがわかる。

 AMORPHISのような音楽は私のメインではない。

 このバンドの音を実際に聴いてみるまで、「1へヴィメタルのバンド」という認識でしかなった。

 しかしそれがひっくり返り、どうしても買う!そんな気分に一聴して変えさせる力があるバンドはそういない。

 そのバンドのCDを買って聴いたら、その良さについてこのブログで紹介したいと思う。

 こういったことが経験できるのがこういったイベントのメリットである。

 次の次に登場したTRIVIUMもそんなバンドである。

trivium.jpg


 このバンドがLOUD PARKに参戦するのはこれで3回目である。

 それは多いほうなのにもかかわらず、中盤での登場…まだ、キャリアが足りないのか、ヒットが足りないのか、あるいは時代の要請がされていないのかはわかりかねるが、私の個人的な価値観で順位を決めろと言われれば、サードビルくらいにはするだろうが、この年では12バンド中7番目の登場、まだ順位が早いと思う。

 WOWOWにおいて、2011年に登場してきたときの模様を見たが、非常にメロディアスであるし、へヴィさ加減もよい。

 彼らが出す音にはつい耳をそばだてざるを得ない。

 へヴィメタルというカテゴリーに属すバンドではあるが、奇想天外な展開にもっていかれるし、奇想天外に曲と曲をつなげたりする。

 それがまたスリリングであるし、どうしてもこのバンドの世界に引き込まれる。

trivia.jpg


 このバンドにはどうしても嗚咽するようなシャウトがつきものであるが、それが賛否両論を巻き起こす原因になろうとも、私には全然許容範囲のレベルである。

 その紡ぎだす音が基本的にメロディアスだし、信条的なへヴィネスを維持しているので、気持ちいいレベルである。

 へヴィメタルの信条はへヴィさである。

 そのレベルを維持しながらも、小気味の良いメロディを有している…かなりコンポーザーとしてのレベルが上がったと言わざるを得ない。


 このバンドのCDも買いたくなったし、次の『LOUD PARK』出演時には、サードビルくらいで出演してほしいものである。



 しかし、このバンドの前に出演したBABYMETALは最初のMETAL CLONE Xと同様アバンギャルドなバンド形式である。

babymetal.jpg
  BABYMETAL

 10代初めの女の子が先頭に立ってメタルの音楽を歌っている。

 このバンドのグループショットをちらっと見たとき、「この子たちがバンドの演奏もするのか?」と思ったが、やはり違った。

 バックに演奏する違うメンバーがいるのだ。そのメンバーは白衣を全身に着て誰かが見当つかない。



 壮大なSEに導かれて、演奏が始まると単発の凄まじい音のリフが叩き込まれるとそれに合わせて女の子たちもそれに合わせて飛び跳ねたり、両手を前でつなげて上に跳躍させたりしている。

 そのバックの音楽もさながら轟音といっていい。

 それくらいの音の凄まじさであった。

 そんなすごければ、観客も盛り上がらざるを得ない。

 しかし彼女たちの耳も相当に強い、いや強すぎると感心したものである。

あんな轟音の中で演出をしてしまうのだから…。

 しかし、その振り付けは全員が一体となって一糸乱れない非常にプロフェッショナルな意気がうかがえた。

 みっちりとこなされたリハーサルの情景が浮かぶようであった。

 やはり、敢然たるバンド形式のバンドこそが、こういったイベントでは注目されざるを得ない。

 こういうBABYMETALのようなグループの演奏時は、観客はトイレや一服や食事に行ってしまいがちなのではないかと思う。

 しかしそうならないように、ちゃんと工夫がなされていた。

 マトリックスな演出である。

 曲と曲の間、時折、スクリーンにMEATLLICAのグループショットの画像やその昔のアルバムをドアップで映し出したりする。


metallic download


 すると、どうしても観客は目を向けざるを得なくなる。

METALLICAの曲をやるのか?」「あのアルバムをコピーするのか?」などと思ってしまう。

 MEATLLICA『…AND JUSTICE FOR ALLのジャケットがスクリーンに映し出されたときは、あの「自由の女神云々」とナレーションがなされた時には、BABYMETALの女の子たちのメンバーが女神云々といって次の曲にMETALLICAの某曲のフレーズをちょこととりいれただけだし、METALLICAのメンバーショットがドアップで出てきた時には、2013年MEATALLICAが日本のSUMMER SONICに出演した時に、BABYMETALも同じ日に出演し、その時にMETALLICAのメンバーからNext is your turn!」(次は君たちの番だ!)といわれたエピソードを紹介しただけである。

 ショットとエピソードを巧みにマトリックスさせて観客の関心を喚起する…非常に巧みであると思った(笑)。

…and justice for all
『…AND JUSTICE FOR ALL

 その演出には面白いと思った。

 METALLICAのメンバーが言ったようにNext is your turn!」になるかどうかは、だれにもわからない。

 だが、彼女たちの活躍を見守っていこうと思う。

 次に私が観たのは、フィンランドが誇るメタルバンドであるSTRATOVARIUSである (この前のSPIRITUAL BEGGARSの時は私は廊下で聞いては会場に戻るということを繰り返していたのではっきりとは観ていない。バンドやファンのかたには悪かったが…) 。

storato.jpg
  STRATOVARIUS

 このバンドを初めて知ったのはちょうど20年前である。

 やはり印象に残るのは、アメリカやイギリス出身のバンドにはないメロディであろう。

 非常に清涼感がありながら、時に熱くへヴィなメロを奏で歌いやすいメロで聴き手を取り込む能力を持っている。

 こういったメロディは不思議なもので、どうしてか寒冷な国で過ごしてきたバンドに特有のものなのである。

 他のこういった気候でない国のバンドがこういった曲を書こうにもなぜかかけないのである。

 彼らと同じ国であるフィンランドのHIMCHILDREN OF BODOMは違うが、SONATA ARCTICAはそんなメロディを有している。

 寒冷ではあるが、なぜか時に熱くなるメロというのであろうか。

 そして口ずさみたくなるサビが出てくるとどうしても歌唱したくなるのである。

 こういった特徴があるバンドはライヴには有利である。

 会場の誰もが一緒に歌っていたのを思い出す。

 しかし、このバンドのキーボーディストのヤンスヨハンソンは、元イングヴェイのバンドの一員であった。

 それが、90年にいきなりイングヴェイからクビを宣告されるのである。

 何も、イングヴェイとソリが合わなくなったからでもなんでもなく、ただ「新しいラインナップにしたいから」というだけである。

 そのイングヴェイとヤンスは控室で会ったであろう。

 どんな言葉を交わしたのだろうか…。


 そして、次に出たのはDIOのコピーバンド、トリビュートバンドであるLAST IN LINEである。

lastin.jpg
  LAST IN LINE

 こういったバンドが結成されるということは、今は亡きロニーディオがそれほどまでに偉大であったということだろう。

 バックの務めるメンバーは元DIOのメンバーで固められていたのは言うまでもない。

 ギター、キーボード、ドラムが元DIOであった。

 「いつか生のコンサートで観てみよう!」と思っていたが、ついに生で観ずにDIOは逝ってしまった。

非常に惜しいことをしてしまった。

 それを一回でも観れば、このLAST IN LINEも素晴らしく感動的なものになったはずである。

 それは、オリジナルバンドと比べる、あるいは思い出しながら鑑賞することによってはじめて感動を惹きだすことが可能なのである。

 どのミュージシャンもいい腕をしていることが確認できた。

 特にシンガーのアンドリューフリーマンロニーディオに負けない強靭な声帯には感服した。

 この先、このミュージシャンたちがどういう過程を行くのかはわからない。

 どのような道を行こうとも声援を送っていく所存で私はいる。



 ついに自分の目当てのイングヴェイマルムスティーンが登場する。

 LAST IN LINEが終わって会場の照明が明るくなっていた時に、2つのステージの真ん中にある点滅板を読んでいたら、何やらKING DIAMONDの出演はキャンセルになったという旨のことが書かれているではないか!

kingdiamonds.jpg
   KING DIAMOND

 彼のステージングには、大掛かりなステージを使用するらしく、それを日本にもってこようとしたところ無理ということがわかり、あえなくキャンセルということをもう事前に告知されてたようだが、私は当日に知った。

 これは、残念も何もコメントのしようがなかった。

 彼についてちょっとしたキャリアしか知らないし、実際に彼の音楽を聴いたこともなかったので何ともコメントのしようがなかったのである。

king.jpg


 次に彼が単独か何かで来日公演をおこなうことになり、金と都合が許せば観に行くだろう。

 そして素晴らしかったら、この日のことを残念に思うだろう。

 しかし、それはいつになるかはわからない。

 この夜はイングヴェイがヘッドライナーになったのだ。

 しかしこの時、イングヴェイはどのような感慨をもったのだろうか?

 日本でのライヴでは最高のキャパ数の会場である。

 先にイングヴェイは武道館公演を4回したと書いたが、それがこれまでの彼の最高記録である。それ以上のキャパでやった記録はない。

 一番最近では、DEEP PURPLEとのジョイントツアーで日本に来たが、それは6700人キャパの東京国際フォーラムで2回であった。

 この埼玉スーパーアリーナは満員になれば37000人であるが、その全部を観客席に使うわけではないので、収容人数はそれよりかは少なくなるが、それでも他のアーティストが多く集うフェスであるとはいえ、日本での彼の公演では過去最高の大きさの会場であることに間違いはない。

 当初ヘッドライナーに据えられていたKING DIAMONDがライヴ用の機材が持ってこれないことになり、急遽出演がキャンセルになったとはいえ、これは決勝戦で相手が負傷棄権して自分が不戦勝になって優勝したようなものである。

ingvei.jpg
  イングヴェイマルムスティーン


 今回は彼イングヴェイがヘッドライナーになったのである。

 日本での彼史上最大の会場でのヘッドライナー…非常に感無量であったに違いない。

 彼を20年以上応援してきた私としてもうれしい限りであった。

 これほどの向かい入れをしてくれる国はここ日本以外にあるのだろうか?

 そんなことをふと考えてしまったのである。

 ここ日本で、日本史上初の海外アーティストでオリコンチャートナンバーワンになったのはほかならぬイングヴェイなのである。

 今の20代のキッズには信じれないと思うかもしれないが事実なのである。

 それは92年FIRE & ICEである。

火と氷
FIRE & ICE

 しかし、そんな日本の人気とはうらはらに、当時のイタリアでの生ライヴを収録したテレビがあるが、その会場は1000人くらいのキャパの小さな会場であった。

 他にもイタリアでコンサートは行われたのは間違いないが、大きなアリーナで行われたとは考えにくい。

 その時の、日本では14000人キャパの日本武道館で行われたのに…。

 そして、次のイングヴェイ史上最高傑作の呼び名が高いSEVENTH SIGN発表後のアメリカでのコンサートをオーディエンス録画したブートレッグを拝見したが、そこはもっと小さい500人くらいの渋谷クアトロくらいの大きさであった。

seventh sign
SEVENTH SIGN

 みているだけでかなしくなってしまった。

 同じ年の、日本では同じく日本武道館であったのに…。

 それ以降も、いろんな国のいろんな年のブートを見てきたが、最大でも2000から3000人くらいが最高である。

 こんな埼玉スーパーアリーナのような大きな会場で迎え入れてくれる国は日本くらいのもんではないだろうか…そんなことを考えてしまったのである。

GRP_0527.jpg


 会場には、私より若い20代中頃から30代前半くらいの人たちが大半であった。

 このような年代の人たちが80年代初めから活動してきたイングヴェイを信奉してきたとは思えない。

 中にはそういう人たちもいるには違いないが、それほど多くはいないはずである。

 なのに、会場のキッズたちは、まだかまだと待ち構えている。

 機材の調整がうまくいかないのか、定刻過ぎてから何分も経っているのに始まらない。

 やはり20年以上のキャリアのあるアーティストは、尊崇とはいわないまでもそれに近い存在として崇められる対象になるのだろう。

 しかし、単なる長いキャリアであるだけでは駄目である。

 それなりの名声を得るほどのものを遺さなくては。

 レコードがこれだけ売れたというような実績が普通はそういった尊崇の対象になるのが鉤ではあるが、イングヴェイには世界中でミリオン単位で売れたというような実績はない。

 確かにワールドツアーはアルバムごとに行われてきたのだろうが、そんな大きな実績はない。

 あるのは、ハードロックにおけるネオクラシカルフレーズの先駆者という名声と超速弾きの名手という名声である。

 80年代のハードロック華やかなりし頃、そういった速弾きはギターを弾く人はもちろん、ハードロックをただ聴くだけの人にも憧れの対象であったから、彼がギターマガジンに取り入れられることしきりであった。

gitazassi.jpg yangi.jpg


 そう言った伝説は、今の20代のキッズにも知られているのだろうし、ハードロック雑誌を紐解いて読んでいると、そういったことは誰でも知ることができる。

 やはり、彼は伝説のギタリストなのであろう。

 彼のイメージで強いのはやはり速弾きギタリストということであるが、単なる速弾きではない。

 速いソロでありながらも人を惹きつけるメロがあるのである。

 単に速いだけでは人気を博すことはできない。

 人をいつまでも魅了するメロを創り出す才能がなくては。

 そしてバラードでは、とことんまで哀しく刹那く、とことんまで感情的なメロがあるソロを展開しているのだ。

 “Dreaming” ”Save Our Love” “Prisoner Of Your Love” “Like An Angel”などのバラードは、彼の創り出す感動的なソロがあってこそ感動的で15年以上たった今でも私の好きなバラードのリストに入っているのである。

 これらのうち、 “Dreaming”がこの夜のセットリストに入っていたのは感激であった。

 しかし伝説的に人物であっても、会場にいたオーディエンスのうち、何人がイングヴェイのCDやレコードを保有しているだろうか?

 もっていても、これまで発表したアルバムのうち何枚を所有しているだろうか…かなり少ないのではないだろうか、年代が年代だけに…熱狂的なファンたちが、いろんな知らないアーティストが集うこのフェスに、そういった人たちが来ている可能性はかなり小さい。

 かなしいが現実ではないだろうか?

 考えすぎだろうか?(笑)

 私が初めてLOUD PARKに行ったのは2010年KORNがヘッドライナーだった日である。

 その時は、セカンドビルのHALFORDが終わるまで2階席の観衆は座っていたが、KORNが始まるや2階席の観衆が全員総立ちになったのである。

 しかし次に行ったのは2012年SLAYERがヘッドライナーだった日である。

 その時は、立って声援を送っていたのはアリーナにいた人たちだけで、1階席や2階席の人たちは座ったままだった。

 そして今回も立っているのはアリーナにいる人だけであった。




 ようやく始まり、演奏されたのは彼の最大のロックアンセムの1つである”Rising Force”である。

 しかし、専門のシンガーがいない。

 キーボーディストが、キーボードを弾きながら歌っている。

 専門のシンガー不在で来日公演をおこなうとは…非常にユニークといえばユニークであるが、ここまで自分流を貫くとは…ちょっと笑いがこみあげてくる。

 前年のBURRN!』の11月号の彼のインタビューで、彼はこんなことを言っている。

「そして、他の奴らは脇にいる。これは俺のショウなんだ。繰り返しになるが、それが気いらないならHELLOWEENでも何でも聴きに行けばいい。俺は俺がやりたいことをやる。それが俺のやり方だ。他の奴には何にも言わせない。シンガーが歌う曲があったらいいんじゃないか?なんて俺に言うなよ。俺は俺がやりたいことをやる。それが俺のやり方だ。俺は決して他の誰かが言ったり考えたりすることに従ったりするに従ったりはしない。絶対にだ。」


yng.jpg 


『BURRN!』11月号
  ↓



 バンドという形式にこだわる人には非常に滑稽に映る発言ではあるが、私もこういうイングヴェイの人生モラルに共鳴する価値観で生きているから、彼の人生観には賛同する。

 会社での会話に合わすために、わざわざ興味をそれほど持っていないJリーグの試合を録画予約してから出社し、帰宅したらそれをわざわざ見ておく、という友人がいるが私にはそんなことはできない。

 自分の興味のないものにわざわざ時間をかけることなどもったいない、というモラルでいるからだ。

 確かに、今興味なくとも見たらもしかしたら興味が出てくる、という可能性はあるが、今は自分が興味あって、それに時間を費やしたいと考えているものがいっぱいあるので、残念ながらJリーグを録画して観る時間は、残念ながらないのが現状である(笑)。

 Jポップの売れている某女性シンガーのCDを廉価で販売していたので買って一度は聴いてはみたものの、当時もハードロックに夢中になりっぱなしで、そのCDを再び聴く時間が作れず、ついに1度だけ聴いただけで10年がたってしまった、というケースもある。

 おそらくそのCDを中古盤屋に売っても10円くらいがいいところだろうと思うので(邦楽は値落ちの仕方が異様に急なのである!)そのまま放っておくことにする(笑)。

 おそらく私がJリーグを録画しても1回だけみてそのままお蔵入りになること間違いない。

 おそらく、イングヴェイも私の意見に賛同し、興味ないことを他人たちに合わせるために自分の時間を費やすことなどできないだろう。

 彼にJリーグを録画予約して、それを観ろなどといったところで絶対にしないだろうし、彼に今からミュージシャンを辞めて、今からサラリーマンになれといったところで、1万%無理だろう!(笑)

 そしてイングヴェイはこんなことも言っていた。

「キミの耳に入るのは、俺がやりたいと思ったものそのものだ。キミ達が、そして大衆が好きになってくれるかどうかは関係ない。好きになってくれたら嬉しいけど、好きにならなくても、それはそれで構わない。何故ならこれが俺だからだ。」

malm.jpg


 そしてイングヴェイは、最新作ではシンガーが歌っているのがたったの3曲だけの最新アルバムSPELLBOUNDを発表した。

spellbound.jpg 

SPELLBOUND

 彼は、自分のやりたい音楽を追求するためにそれまで純粋な形式であったバンドであったALCATRAZZを脱退して、84年に自分のバンドを結成した。

 バンドの名義がギタリスト個人の名を使っての珍しい形式である。

 自分の心に貯めておいたものを吐き出したい…そういう思いをいつも募らせているのが、小説や論文を書く作家であり、それを音楽で表現したいという思いを募らせているのがミュージシャンである。

 そういう思いが強い人間は、1つのバンド内では、他のミュージシャンとの折り合いをつけなくてはいけないが、それを全部ありのまま表現したいという思いに駆られることがあり、バンドの休止中にソロアルバムを作ったりする。

 しかし、その音楽によって充分食べていけるようになると脱退して、自分の音楽だけをやっていこうとする場合もある。

 そういう思いも小さいし、今のバンドのままで充分と思っている人は、そのまま現状維持でバンドにとどまって終わる。

 やはりイングヴェイはその思いが強いがために、これまでシンガーが歌う曲がほとんどのアルバムをずっと出してきたが、そのアルバムにはどれもギター中心のインストを必ず収録してきたにもかかわらず、それには満足できず、ついにこんなインストばかりのアルバムを出してしまったのだろう。

 ずっとやりたかったインストの曲が長年にわたり蓄積していたのであろう。

それは、84年YNGWIE MALMSTEEN’S RISING FORCE以来、実に29年ぶりである!

yngyrising.jpg 

YNGWIE MALMSTEEN’S RISING FORCE

 私も一応モノを書いている人間であるし、そういう思いに駆られることがあり、休みがあるときは、一気にその思いを出すべく一気に何千字ものモノを書いてしまうことがあるからイングヴェイの心情はよく理解できる。

 そういう思いに駆られると、時間が経つのも忘れてそれに没頭してしまうのだ。

 私の知っている大学教授で、論文を書くときは何週間も家から一歩も出ないで論文を書き続ける、という人もいるのである。

 ことは他のジャンルは問わず文学、絵画、音楽といった「芸術」と分類されるものに携わっている人間には共通してみられる現象である。



 

 しかし、単独公演でないフェスティバルにおいて彼は演奏曲のほとんどをインストで固めたのである(笑)。

 そんな傍若無人な!

 と、この公演にいかなかった人は思うかもしれないが、実際はそれなりに彼の演奏に熱中していたのである。

 人としゃべっているときに、「この人とは話しが合わない」というのは、その場の空気でわかるのと同じように、ライヴ会場の空気を読めば、受け入れられているかどうかはわかるものである。

 私が感じたところ、それなりに熱中していたことは間違いがない。

 熱狂はしていなかったけれども…。

 更に彼の話は続く。

イングヴェイマルムスティーンは何かをやろうと試みたりはしない。やりたいことをやるだけだ。こうするべきじゃなかったとか、こうするべきだったとか、そんなことも思ったりも一切しない。」

 それなりに売れているし生活も全然不自由なく送れているからこういったことがいえるのだろうことは間違いがない。

 先に書いたように、イングヴェイはここ日本以外の国ではそれほど大きな人気を博すことができていない。

 しかしそれは、私がこれまで見聞してきたブートレッグやオフィシャルビデオから判断しているだけであって、実際は2万くらいのキャパで単独公演できている国はあるのかもしれないし、ないかもしれない。

 それをネットでも詳しく調べる手段がないから判断しているだけであって,あるかないかは実際彼の所属するプロモーション会社に聞いて調べないとわからないのが実情である。

ingii.jpg


しかし、彼の『BURRN!』やその他、雑誌のインタビューで出てくる彼のアメリカにある自宅の大きさや豪華さや彼のいでたちを見れば、かなりの金持ちであることは間違いがない。

 食うのに困らないどころか、充分稼いでいるのがわかる。

 自分のやりたいことだけを追求してもファンが全然いなくて貧相である、というなら妥協をして、今売れている音楽を自分の音楽に取り入れるか、それをそのまま踏襲しなくてはいけない、という事態になるのであろうが、ここ日本を中心に、彼を快く受け入れられる国はまだまだたくさんあるのだろうと思う。

 だからこんな発言ができるのだろうと思う。

 そんな彼に、妥協して違う音楽をやれ!不動のメンバーにしろ!インストは多くてもアルバム1枚につき3つまでにしろ!といったところで、馬の耳に念仏だろう(笑)。

 BON JOVIにしろAEROSMITHにしろ、KISSにしろ、HUEY LEWISにしろ高い人気を維持できているバンドを見ると、20年以上ほぼ不動のメンバーでいることが、その秘訣である。

 アルバムごとに毎回毎回メンバーがチェンジしているバンドは高い人気を博すことができないのは真理のようである。

 自分のやりたいことだけやる、と公言してはばからず、全然売れていない、というミュージシャンがいたら恥そのものだが(笑)、それなりに売れているし、彼には不動のファンがいるのである。

 その1人がわたしであることは間違いがない。

 そんな彼ではあるが、これからも応援はしていきたいと思った。

 一度ハマったら出れなくなるのが、その音楽の魔力であろうと思う。

 その魔力の度合いがイングヴェイの場合、私には強いのである。


LOUD PARK 13』のリポートがされた『BURRN!』はコチラ!
  ↓




●彼の自伝も要望のかたは
  ↓


イングヴェイ・マルムスティーン自伝 Yng-WAY-俺のやり方



 このLOUD PARKの模様もWOWOWで放映予定です!

 まだ、WOWOWに加入していないかたは、へヴィメタルやハードロックの地上波ではみれない音楽番組が多く観れますので加入をお勧めします。
  




  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム







メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ



このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/




スポンサーサイト
コメント
コメント
初めてお伺いさせていただきましたが、『ラウパ2013』記事興味深かったです。正に『キング』はヘタれを打ちましたネ(笑)。もぅ呼ばれることも無いでしょう(音楽的には好きですが)。インギーに常識コイても無駄でしょうし...正に"Yng-WAY"ですネ。そして『2014』には『マノウォー』との事ですが...スタジオ最新作はヘタレを打ちましたら...似の前にならない事を...祈るばかりです(笑)。
2014/03/28(金) 12:17:05 | URL | ドリームダンサー #- [ 編集 ]
私のブログを閲覧いただき誠にありがとうございます。
お褒めのお言葉頂き感謝に堪えません。

こういった言葉をいただくことが、このブログを続けるのに大いに励みになること間違いありません。

ミュージシャンのみならず、天才とカテゴライズされる人たちは、常識外れなところがあり、またそれゆえに天才的な能力を発揮する場面があるので、一概に変人扱いはできませんし、逆に肯定してあげないといけませんね。

当然、イングヴェイも。

しかし、自分のやりたいことだけでは、自分の見えない、しかも良き方面が見えなくなり、空回りをすることが大いにあるので、1回でもいいから、またALCATRAZZをやったらいいのになあと思ったこともあります。

あの84年の来日公演を収めたビデオをみたらそう感じましたし、昨年の『LOUD PARK』のステージはなかなかでしたが、集中して聴けるアルバムが最近はないんですよね…。

この声がイングヴェイに届けばいいんですが…無理ですね(笑)!

しかし、今年の『LOUD PARK』の決定は早いですね。

春の一歩手前にもう告知されるとは…驚きです。

しかも、ヘッドライナーがDREAM THEATERとMANOWARですか。

自分の好きなバンドが多く来れば両日とも行くでしょうが、いいバンドが来なくてもDREAM THEATERが来る日はいくでしょう。

このバンドの最高傑作だと私が思う『IMAGES AND WORDS』のひっさげて再来日した時、行きそびれてしまいましたが、それ以降はハードロックが大不況のどん底に行き、シーンに完全に失望していましたから、彼らのアルバムも見向きもしないでいた時期があり、それ以来、行く機会がないまま20年がたってしまいましたから。

『BURRN!』の広瀬さんは、いろんなバンドが集まるイベントは苦手らしいですが、私は自分の知らないバンドが見れる絶好のモノだと思っているので、こういったイベントは大好きですし、今回も行きます!

また、私のブログに来てくださいね!
2014/03/30(日) 18:50:34 | URL | テヅロック #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/228-f8b5be44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック