HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
(祝)リチャードマークス来日公演決定!94年発表のプラチナアルバムはコレだ!
paidvaca.jpg

今回も、6月に来日公演が決まったリチャードマークスについて書いていこうと思う。

なお、リチャードの来日公演日程は以下,1日のみ。

6月23日 EX THEATER 六本木


チケットは以下よりどうぞ!

チケットぴあ


リチャードマークス4枚目のアルバムPAID VACATION(邦題は、ナウアンドフォーエヴァー)は、94年に発表される。

このアルバムは、全米37位にまで上昇し、プラチナアルバムを獲得する。

デビューからセカンドまでは順調であったが、3枚目が200万枚、そしてこれが100万枚と、アルバムを発表するごとに売り上げが落ちていった。

これを見ると、RATTCINDERELLA、POISONといったバンドと同じ道をたどっているなと感じるしだいだ。

アルバムを経るごとに売り上げが落ちていく…まあ、どんなアーティストも同じようなものだとは思うが。

しかし私が敬愛するRATTは、バンド内にいざこざがあり、とうとう分裂してしまった。

今、「RATT」という標語をしているのは、ドラマーのボビーブロッツァーのバンドだけである。

genzairatt


あとのメンバーは、抜けて自分の曲やかつてのRATTのメンバーをライヴでしているのである。

RATTという名で、ボビー以外のメンバーは総入れ替えでバンド編成をしてライヴをおこなっているのである。

もうかつてのRATTのバンドは見れないのだろうか…そんなことはないと思いたい。

デビューがあまりにも輝かしいために、のちの90年以降のいざこざや対立、裁判など目を覆いたくなることがこのバンドには多いのだ。

またもう一度、よりを戻してほしいものだが…。

話がずれてしまったが、リチャード4枚目のアルバムは、聴くごとに深みを増すアルバムであるということを言いたいのだ。

かつてのように売れなかった、だからよくないアルバムであるなどと即断は禁物である。

初めの“Way She Love Me”からして体がノってしまう。


●“Way She Love Me
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=AWCKq1F5d9k


ヘヴィさやスピードはそんなにないが、ポップでリズミカルなビートが、聴き手を誘う。

そこへきて、トランペットの音色が更にそのノリの良さを彩る感じである。

この“Way She Love Me”は97年発表のGREATEST HITSアルバムにも収録されたのである。

それくらいいい曲なのである。

しかし、次の“One More Try”はさらにその上をいく曲である。

それくらいいい曲である。

日本のポップアーティストであった藤重政孝は、朝もやのカーテン越しに光る日光を見ていると曲が書ける、とインタビューで書いていたが、そんな情景を思い浮かべるような、癒しと安堵の感情がもよおされる佳曲である。

これから朝起きて一日を迎えるときに、そんな情景の中で聴けたら最高の曲である。

ミドルテンポであるが、心奮わせてくれる良い曲である。


●“Silent Scream
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=mg57bND2brw


次はこの曲であるが、この曲はGREATEST HITSにも収録されたが、92年のバラードアルバムにも収録された。

しかし、このアルバム全体を聴くに、こういった静か目の曲が多いことに気が付く。

アルバム全体のソフト化はやはり売上低下を招くのである。

これは何もこのアーティストだけでなく、どのアーティストにも共通することである。

しかし、ソフト化しても例外的にBON JOVIAEROSMITHに関しては、落ちることなくその人気をかつてのころと同じように維持している。

不思議である。

しかしリチャードは、ソフト化しても、聴き手の耳をつかませることに成功していると感じるのは私だけであろうか?

richied

派手さはないものの、アコースティックギターのバックに、エレキのふくよかなフレーズを彩らせ、さらに少々絢爛な雰囲気のあるフレーズも盛り込んであるので、どうしても集中して聴いてしまうのである。

こういったちょっとしたことで、聴き手の心を奪わせることができるかどうかが、作曲者としての真価が問われるのである。

このような出来が、リチャードの力に由来するものなのは、このアルバムのプロデュースも彼が担当したことでもわかろうというもの。

次の“Nothing To Hide”はアップテンポの甲高いリチャードの声を活かした佳曲である。

その声を聴いていると、晴天の都会のハイウェイやビル街を走りぬけているような気分になる希望溢れる曲である。

かつてはビリージョエルもこういう曲を書いていたものである。

と思っていたら、このアルバムにはビリー“Miami 2017”のカバーが収められているではないか!

それについては後述しよう。

次の“Whole World To Hide”は、真っ白な壁面を想起させるような癒しのミドルテンポの曲である。

どんな曲も難なく歌いこなすリチャードのオクターブの深さには脱帽する。

80年代ポップは、バックのコーラスを活かしてメインヴォーカリストを持ち上げる、という手法をしていたが、まさにこの曲もそんな手法を使っているのである。

その雰囲気はHEUY LEWIS & THE NEWSに通じるものがある。

そのHEUY LEWIS & THE NEWSも私は大好きであるが、このブログでも取り上げようか迷うところである。

次の“Soul Motion”はスローテンポの初めの出だしを聴くと駄曲かと思われがちであるが、徐々にボリュームをあげて曲を盛り上げるSEとキーボードの巧みなアンサンブルが思わず聴き入らせる品位にグレードアップさせているのである。

高く、そしてソフトに歌いこなすリチャードの歌のうまさも注目せざるを得ない。

この曲はシングルにはならなかったが、シングルにもしても全然遜色ない名曲である。


●“Now And Forever
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=OeDiK2uy3DU


そして、この曲こそがこのアルバムの、そしてリチャードを代表する曲の1つである。

この曲は全米7位にまで上昇した。

アコースティックとヴォーカルだけの曲であるが、曲を上品に仕上げるリチャードのプロデューサーとしての能力にも脱帽である。

marksrich


素晴らしきリチャードのシンガーとしての能力もさることながら、その哀愁の心を楽器によって如何に感動させることができるか、というところがプロデューサーの真価が問われるところである。

伴奏のエモーショナルさもさることながら、そのソロもまたシンプルだが感動的である。

この名曲はいつまでも語り継がれるだろう。

次の“Goodbye Hollywood”“One Man”は,先の“One More Try”に通じる、癒しの佳曲である。

ポップでファンキーな曲である“Heaven's Waiting”も聴きごたえがある。

次の“Nothig Left Behind Us”はシングルになった曲であるが、この曲もまさに朝の真っ白のマンション内で、聴いたら癒しと安堵の感情がもよおされる佳曲である。

そんなソフトだが、綺麗なメロディと優しいエモーショナルな声を活かした曲がこのアルバムには多いのである。

しかし、そういった曲ばかりではなく次の“What You Want”REPEAT OFFENDER収録の“Real World”にメロディがそっくりなヘヴィさを活かした曲であり、いつの間にかノッてしまう曲である。

要するにバリエーションに富んでいるのである。

そして、注目したのはビリージョエル“Miami 2017”のカヴァーだろう。

この曲はビリー76年発表の 『TURNSTILESに収録されている。

またビリーのライヴアルバムである『SONGS IN THE ATTIC』の冒頭を飾る感動的でドラマティックな曲である。

Turnstiles
TURNSTILES

このカヴァーをしたこともさることながら、音楽の要所要所でビリーからの影響は感じられる。

リチャードに興味を持った人はビリーの音楽を聴くことを是非ともお勧めする。

ただ良い曲が収められていることは確かだが、計15曲も収められているがために、聴くための集中力が薄れてしまったことは確かだ。

やはり削る勇気をもってほしかったことは確かである。

でもいい曲が多いのは頷いてもらえただろうか。

それがわかった人にはこのアルバムはお勧めしたいものである。

●このCDはコチラから!
  ↓



Paid Vacation

france


国内盤


ナウ・アンド・フォーエヴァー

リチャードのベストアルバムはコレ!



Greatest Hits

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム






●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ


WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13

  ↓

『WHITESNAKE.com』


このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/








【邦楽コーナー】


  

解散宣言もせずに、活動休止をしたまま、その後いつの間にか歴史の中に埋もれてしまったMANISHのシングルがこれですね!



90年代の後半から2000年代の初めくらい
までわけのわからない歌詞を並べているだけのビジュアル系バンドの歌詞には共感が全くできなかった私ですが、このMANISHのように古風な感じの、芯の強い人間性に支えられた人の書いた歌詞を武器にしていたバンドのほうが好きですね、断然。



前向きに生きていくのが私の基本モラルですから、やはりそこの部分は変えられないですよね。



しかし、98年のベストアルバムの発表から、アルバムを作らずにいたということは、やはりそれまでのアルバムがそれほど売れなかったからの他ならないでしょう。



しかし、売れなかったからとて=悪い、出来の悪い作品というふうには捉えることはできませんよね。



こういう歌詞を書き、そして聴いている人の心を鼓舞するようなバンドをこれからも応援したいと思います。



このシングルのカップリングには、アルバムにも、ベストアルバムにも収録されていない“ベストフレンド”というこれまたいい歌詞を持った曲が収録されています。



●このシングルはコチラから!
  ↓

スポンサーサイト

テーマ:いいもの紹介 - ジャンル:アフィリエイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/286-19e0e195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック