HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
今月に来日を控えたリチャードマークスの97年発表の佳作アルバムはこれだ!
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

nikutohone.jpg


こんにちは。

今回は、今月に迫ったリチャードマークスの過去のアルバムについて書いていこうと思う。

97年発表のFLESH AND BONEである。

なお、リチャードの来日公演日程は以下,1日のみ。

6月23日 EX THEATER 六本木

チケットは以下よりどうぞ!

チケットぴあ



このアルバムは荘厳で厳粛で冷厳なSEに導かれて始まる“Fool's Game”で始まる。

こういう始まり方の曲は、これまでのリチャードにはなかった。

この“Fool's Game”は、アコースティック主体のゆっくりとした、大人しめの曲である。

これもこれまでのリチャードにはなかった。

このアルバムが出たとき、リチャード34歳

アルバムジャケットを見ると、相変わらずイケメンぶりは健在である。

ikemenrich


80年代後半の、まさにリチャードの最盛期にはなかった曲風ではあるが、それからリチャードも年齢を重ね、心理的な経過、音楽的な好みにも当然変化があったのはわかる。

この曲のみならず、このアルバム全体に覆っているのは、やはりこのような大人しめの雰囲気である。

抑揚を高めに歌う時が、まさに彼のアイデンティティを大きく垣間見る機会になるが、そのような時がまさに興奮する。

次の“You Never Take Me Dancing”は、まさにリチャードらしいファンキーさをフィーチャーしたミドルテンポの曲であるが、20代半ばのころのようなメロディの幅が少ないのが分かる。


●“Touch Of Heaven
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=USVLS9bUCRk


次の“Touch Of Heaven”はスローテンポの少しボサノバチックな曲である。

のちのグレイテストヒッツアルバムにもこの曲は選曲された曲である。

こういう曲も、これまでのリチャードにはなかった。

そういうことで、拒絶反応を起こさないで虚心坦懐に聴いてみると、一緒に口ずさみたくなる品位を曲の全体から見出すことができる曲であることが分かるはずだ。

次のミドルテンポの“What's The Story”もメロディの幅がそんなにあるわけではない。

何か所かリチャードのシャウトがあるが、聴いている人の心を高揚するほどの効用はないが、なぜか退屈はしない。

griprichard


不思議であるが、やはりリチャードのファンだからか、バックの音器のレベルが高いからかはわかりかねる。

次の“Can't Lie To My Heart”もそんな魅力のある曲である。

ミドルテンポであるが、ほんのり哀愁の味がフューチャーされたバラードを得意とするリチャードの特徴が活かされた曲である。

その寂しさを味付けするアコースティック、エレクトリック両方のギターの音色が凄くいい。

次の“Until I Find You Again”はリチャード史上ベストのカテゴリーに入る最高のバラードの1つである。


●“Until I Find You Again
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=qJjKDGluoYg


聴き手を癒しにいざなう、アコースティックギターのメロとリチャードの声が凄く素敵でさえある。

高めに抑揚するSEも当然に、である。

このバラードも、のちのグレイテストヒッツアルバムに選曲された。

そのメロの癒しの手法は、次のちょっと速めの“My Confession”にも活かされている。

その次の“Eternity”はミドルテンポであるが、リチャードの癒しの声色が、そういった一見退屈しそうな感じの曲でも、牽引する特徴を備えているので、どうしても最後まで聴いてしまうのである。

次の“What's Wrong With That”は、それまでの曲風とは違い、まさに80年代後半リチャードの全盛期を彷彿とさせるパワフルな曲である。

非常にギター音がパンクして爆発したような感じである。

monkuakkarich


この曲がアルバム全体から見て突出して目だっているのである。

この曲を聴いて、「この曲のような曲をもっとたくさんあればいいのに」とは正直思わなかった私である。

その他の曲も、それなりにいい曲だからである。

次の“The Image”もそんな勢いを継いだような感じである。

一聴して、曲風がスティーヴウィンウッドの曲風に似ている。

リチャードは、ビリージョエルの曲をカバーしたこともあるし、ビリーに似ている曲もある。

そしてこの曲はスティーヴ風である。

何らかの影響はいろんなアーティストから受けているのだろう。

トランペットを多用するところなどは、まさにスティーヴ風である。

ファンキーでノリがいい。

そして最後は、清涼感のあるキーボードで始まる“Miracle”で幕を閉じる。

めは癒しのキーボード、そして少しスピーディに切り替わる。

そして、強いリフを連発する。

そして思わず口ずさみたくなるサビがある。

そして聴き後は、癒しのイメージを聴き手にもたらす。

非常にWHITESNAKE“Here I Go Again”にそっくりだ、曲の特徴が。


●“Miracle
   ↓




https://www.youtube.com/watch?v=n-5wc2VJSS0



このアルバムが制作されたときには、周知のように日本のチャゲ&飛鳥飛鳥とコラボした“Every Day Of Your Life”が日本盤には収録されたし、その曲もシングルとして出た。

everydayof
Every Day Of Your Life


しかし外国盤には、著作権絡みで、その曲は収録されていない。

それはいい曲だったし、それに興味あるかたは、ネットで購入するほかない。

聴き手を高揚させるようなロックンロールではないが、退屈はしない。

askayougisha
  飛鳥涼

このページを書いている時、前日の疲れから、そんなに意気が上がっていない時に書いていたからか、そんな状況からそんなに激しい音楽を体が求めていなかったからなのかわかりかねる。

それでも私は、これまでこのCDを聴いている時に、このCDを止めたいと思ったことは正直1度もない。

それは断言したい。

このアルバムは全体的に同じような低めのメロディのラインにある。


であるからして、リチャード20代半ばのころのマテリアルは、まさに太陽の炎天下にドライヴをしながら聴くのに最高であるが、このアルバムは、オフィスで仕事をしているときに聴くにいい感じである。

聴く場を限定しないで、応変に選んでいけば音楽を活用することができるはずである。

egaorichards


リチャードが全盛期で活躍していた時は、私はハードロックにのめりこんでいたおで、彼の作品を堪能することができなかった。

しかし、ハードロックが不況になってリチャードに目が行くようになったのが、まさにこの時のアルバムなのである。

そして、来日公演が97年に決まって東京国際フォーラムでのチケットを買ったが、会場内で、リチャードの父が危篤状態になってしまい、急遽キャンセルになってしまったことを告知され、場内でチケット代金の払い戻しがおこなわれ、そこでお金をもらい会場を後にした。

リチャードの父が回復してくれることを願ったが、その思いはかなわず還らぬ人になってしまった。

しかしあれから19年がたった。

それまで、私は一度もリチャードのコンサートにはいってないので、今年の来日公演がまさに初めての彼のコンサートになる。

リチャードを初めて知ってから実に28年になる。

非常に心躍っているのである。

このアルバムからも当然演奏されるだろう。

このページを読んで興味出たかたは、このアルバムを聴くことをおススメする。


●このアルバムは以下!
  ↓



Flesh And Bone


飛鳥とコラボした“Every Day Of Your Life”収録の日本盤はコチラ!



この愛のすべて-フレッシュ&ボ



飛鳥とコラボした“Every Day Of Your Life”シングルはコレ!
  ↓


エヴリディ・オブ・ユア・ライフ

manamin


リチャードのベストアルバムはコレ!
  ↓



Greatest Hits



★その他、リチャードマークスのアルバムについてのページ!

PAID VACATION


RUSH STREET


REPEAT OFFENDER


RECHARD MARX




●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ


WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13

  ↓

『WHITESNAKE.com』


このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/





メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

スポンサーサイト

テーマ:いいもの紹介 - ジャンル:アフィリエイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/289-d1d38092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック