HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
MEGADETHの『ROCK IN RIO 91』の映像がこれ!
飲み会好きなあなた!


デート好きなあなた!


食事でロマンティックな気分にひたりたいあなた!

deitosupot.jpg





このサイトは非常にお勧めです。



いろんな素敵なレストラン、飲食店、デートスポットの会計のほとんどが既定の半額で利用できます!



こんなすごいサイトは知りません。



しかも毎日メールマガジンを配信してくれますから、自分の都合に合わせて飲み会ができますよ!



私も最近高級すし屋を半額で利用できました。



あなたも既定の半額で利用してリッチな気分になっては?

suusy.jpg



以下のサイトにアクセスして、会員登録するか、あなたの食指に合った良いサイトを探して利用するだけ!



登録の利用代金はゼロ!



超おすすめです。

  ↓




rio91daze.jpg




MEGADETH
1991年ROCK IN RIOでのライヴ映像が販売になっていた。



ROCK IN RIO』は85年に最初におこなわれ、その年にも数日間におこなわれ、そこに参加したQUEENIRON MAIDEN、WHITESNAKEなどの映像がオフィシャルやブートレッグとして販売され、その内容のいずれもが称賛され今に至っている。



それから6年を経て、再びROCK IN RIOが開催されたのだ。



1991年1月18日から9日間にわたっておこなわれた。



MEGADETH
が参戦したのは、1月23日で、ヘッドライナーがGUNS N’ ROSESだった日である。



guns91daze
  GUNS N' ROSES



その日は、オープニングアクトにSEPULTURA、次にLABAO、その次がMEGADETHだったのだ。



そして次にQUEENSRYCHE、JUDAS PRIESTそしてGUNS N’ ROSESという順だった。



この順位を見れば順当という印象を受ける。



GUNS N’ ROSES
はデビューアルバムが全米1位を記録。



91年
にはアメリカだけで1000万枚を売っていた(現在では1800万枚!)。

そして、この年の夏に発表されることになるUSE YOUR ILLUSION Ⅱ』全米初登場1位を記録し、USE YOUR ILLUSION Ⅰ』初登場2位になる。



u y i 1

USE YOUR ILLUSION Ⅰ』



そのUSE YOUR ILLUSION Ⅱ』について書いたページは以下!


http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-153.html





しかしこのイベントの時は、デビューアルバムしか発表していないのに、この大観衆のフェスティバルでヘッドライナーを務めるとは、恐るべしである。


riorio


しかもメタルゴッドJUDAS PRIESTセカンドビルにしてヘッドライナーになるとは…。



metalgodjuda
 JUDAS PRIEST


このイベントの3年前に、イギリスのMONSTERS OF ROCKにおいて、GUNS N’ ROSES2番手に登場した。



MEGADETH
3番手であった。



ということは歳月をへて立場が逆転したのだ。



mons8888


まあGUNS N’ ROSESにしろ、JUDAS PRIESTにしろ、MEGADETHにしろ、ファンにとってはこのイベントでの映像は誰しも観たいだろう。



どんなアンオフィシャル映像をも販売していた某ブートレッグ屋が今年閉店してしまったのだ。



すると、いろんなブートレッグショップを渡り歩くか、ネットで探しまくるしかなくなってしまった。



GUNS N’ ROSES
にしろ、JUDAS PRIESTにしろ、その映像はブートレッグ屋で売っていたが、それが今もどの店でも可能かと言われると心もとないのが実情である。



私はいずれも所有しているが、どの人も観れるかどうかわからないので、残念ですらある。



しかも今回、オフィシャル化されたのは、MEGADETHのだけなのだ。



非常に残念だ。



MEGADETH
はこのイベントに参加する前年にRUST IN PEACEを発表し、これが全米でプラチナを獲得し、これで3枚のアルバムがプラチナを獲得したことになった。

rust in peace

RUST IN PEACE



まさに快進撃を続けていた時の渦中にあったのだ。




このブラジルではどのくらい売れたのかはわからないが、受け入れられようはやはり尋常ではない。



確実に人気は伸びているのがわかる。



ではその内容を追っていくことにしよう。




●“Devil’s Island

 ↓






https://www.youtube.com/watch?v=WAycaUTtFos





この曲は、わたしがMEGADETH史上最高傑作と思うPEACE SELLS…BUT WHO’S BUYING?』収録の曲である。

pisuseruzu
PEACE SELLS…BUT WHO’S BUYING ?』




しかし、この曲が最近のバンドで演奏されることはまずありえない。



過去のビデオを観るメリットは、そういう過去の曲を垣間見れることもその1つであるはずだ。




最近のこのバンドは、作曲において雑さがなくなった。



デビューから初期の曲には、スラッシュメタルバンドとして出発したことから、やはりそういう曲が多い。



しかし、その雑さが、リスナーとの距離を縮めるのだ。



あまりに作曲のレベルが遠すぎると、あまりに距離を遠く感じて親近感がなくなってしまう。



しかしこの曲は、雑さの中にも一糸乱れぬピッキングの正確さがよく見れる。



こういうアグレッシヴさがまず、ヘヴィメタルの魅力の1つであるはずだ。



最新作にも、やはりこの曲にもMEGADETHの曲だとすぐにわかるアイデンティティが見て取れる。




●“Skull Beneath The Skin

  ↓






https://www.youtube.com/watch?v=qlPir3olKOQ




この曲が演奏されるとは…驚きである。



この曲は、デビューアルバムであるKilling Is My Business…And Business Is Good収録である。



killingismaibs
Killing Is My Business…And Business Is Good




スラッシュメタルよろしくアグレッシブでかつ雑な曲である(笑)。



この曲も最近のMEGADETHでは演奏されない曲であるからして、このDVDを鑑賞するメリットにはなるだろう。



しかし、このライヴではなぜかこういう速い曲が多い。



まあ、そういう曲が多いほうが聴いた後の印象としてはGOODになる。



速さも中途半端、ヘヴィさも中途半端になってしまった時期がこのバンドにはあるが、そういう中途半端なモノはやはり印象として残りにくい。




●“Holy Wars…The Punishment Due

  ↓






https://www.youtube.com/watch?v=eCx1Rfv4epk




意外にもこのトラックが3曲目になされるとは…と驚きだった。



最新アルバムの最高傑作曲が、こんなに早くなされるとは…。



しかし、最初アルバムからは他に多くなされているので、やはりその自信の表れであろうか?



最新アルバムからはこの曲を含めて計5曲が選曲されている。



こういうことは最近のこのバンドではまずないからそういうライヴマテリアルは貴重だ。



雑さの中にも器用な腕の面がうかがわれる曲である。




こんな速いソロでも、ヴォーカルをこなしながらしてしまうデイヴムステインには脱帽である。



目立ちたがり屋のトムキーファー(CINDERELLA)でも、こんな曲まで弾こうとは思わないだろう(笑)。



キーファー

トムキーファー




それを平然とこなしてしまうから驚きである。



曲に起伏があって、しかもドラマティックさがあるのでいつの間にかこの曲に聴き入ってしまうのである。



それは毎回のことである。





●“Peace Sells…But Who’s Buying?”

  ↓






https://www.youtube.com/watch?v=ERsggoNRPzY




この曲が、アンコールの最初になされる。



この曲こそは、私がこのバンドの最高傑作と銘したアルバムである『PEACE SELLS…BUT WHO’S BUYING』のタイトルトラックである。



初めは、ミドルテンポよりちょっと速いテンポで始まるが、のちに雪崩を打って急に転げ落ちるようにスピーディに変わる。



そして、ギザギザと速く多いギターリフを刻みこみ、ドラムも相当なスピードで展開される。



こういう曲展開こそが最高のひと時に様変わりする至高の時になるのだ!



riodenomegades


この曲もいいが、その他同じアルバムからの“Wake Up Dead”も入れたほうが良かったとは思うが、なかなかどうして自分の思い通りのセットリストにはならないものだ!(笑)



“Anarchy In The UK”
も収録されているが、これはパンクバンドのカバーであるだけに、ヘヴィメタルテイストの曲にはやはりヘヴィさ加減で劣ってしまっている。



その他、“Lucretia”“The Conjuring”など最近のこのバンドではなされない曲もなされているからメリットには充分になる。



(収録曲)

Devil’s Island

Take No Prisoner

Holy Wars…The Punishment Due

Lucretia

Anarchy In The UK

Tornado Of Souls

Skull Beneath The Skin

The Conjuring


(ENCORE)

Peace Sells…But Who’s Buying?

Hanger 18





アグレッシブさを前面に出した曲が多く、しかも人気の上昇気流に乗っていたさなかのこのバンドの雰囲気はこの時期のバンド特有のものであったということができるはずである。



そういうモノを堪能できるDVDモノとしてこのライヴをお勧めしたい。




●この作品は以下よりどうぞ!

  ↓






Live in Brazil 1991 [DVD] [Import]

GaRL_0022


彼らのベストアルバムはコレ!

   ↓





Anthology: Set the World Afire






★関連記事


PEACE SELLS…BUT WHO’S BUYING?』



RUST IN PEACE



MONSTERS OF ROCK、ITALY 92』



SO FAR,SO GOOD…SO WHAT!』

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム













メルマガ読者さん募集!
 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ

メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ







●コンサートチケットはこちらからどうぞ!



チケットぴあ




WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13

  ↓

『WHITESNAKE.com』




このブログオススメの店です。



新宿レコード 
良品たくさん取り揃えております!



●おススメのラーメン店『荒海』



http://www.araumi.net/




●この記事がよかったら、このボタンを押してくださいまし!


ハードロック・ヘヴィーメタル ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:いいもの紹介 - ジャンル:アフィリエイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/297-c91b6d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック