HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
フィンランド2位、アメリカ15位のHIMの『TEARS ON TAPE』はこんなに素晴らしい!!

【PR】食べたいモノを我慢せずに、美容に、お通じ改善に、ダイエットに燃えたいかたに『マルチスリムワン』を!

このサイトに来ていただき感謝します。

好きなモノを食べるのに我慢しないで、ダイエットに美容にお通じ改善に、燃えたい人に朗報です!

もともと、ダイエットは、我慢をしていたら決して成功することはありません!

それはきっぱりと断言します。

hadareya


我慢に我慢に重ねているとそれがストレスになり、ドカ食いの原因になり、それでリバウンドしてしまいます。

 ですから、好きなモノを我慢したり、スポーツの嫌いな人が、それを無理やりしようとすると挫折してしまいます。
ではどうすればいいか?


 「つじつまを合わせる」


これに尽きます!

 運動が苦手なら、速足で走る。

 好きなモノを食べてもいいから食べたら、その他の食べ物のカロリーを減らす。

 こういうことでつじつまを合わせて、頑張るしかないのです。

kuvire


 また、サプリメンㇳでそれを補う、という手があります!

 今回ご紹介する【マルチスリムワン】に配合されているものとして、1つ例を挙げます。

 まず、キトサンには、

 「脂肪分や体の有害物質を包み込んで体外へ排出するという働きがある」

ということです。

 これは、食べたいモノを我慢しないということに助けになりますね?

 あとの、

ダイエット
美容
お通じ改善


 の3項については、それぞれの有効成分がはいっているということです。

 ということは、このサプリメントは、多分野にわたって貴女の生活をサポートするということです。

yasebara


 ですが、間違ってはいけないのは、


 「このサプリメントを飲むだけで、ダイエットに美容に成功するということはあり得ない」


ということです(苦笑)


どうしても人間の体の構造上、そういうような簡単なものにはなっていない、ということです。

 ダイエットの成功のためには、


体内部をよくするために、食べるもの、飲むもの、エクササイズ…etc

 体外部をよくするために、マッサージ…etc

そして精神論…etc


とその詳細についてすべてをここで書くことはできませんが、やはり日々の行動の積み重ねが、ダイエットを成功を導くのです。

こういった日々の行動に加え、このサプリを摂ることによって、ダイエット効果を相乗させるのです。

 決して、このサプリを摂るだけで…ということにはなりませんから、お断りしておきます。

 そのことがわかった貴女にはこの【マルチスリムワン】をお勧めいたします。


 【マルチスリムワン】の公式サイトはコチラ!



まず、ダイエットに励むためにはきちんとした整序づけられた情報が必要です。

その際に最適な本を以下に紹介しておきます!
 ↓
 
どうしてもヤセられなかった人たちが「おデブ習慣」に気づいたらみるみる10kgヤセました プレミアム



tersinformation.jpg


フィンランドのアーティスト史上初アメリカでゴールドディスクを獲得したHIMは、そのアルバム以降、 VENUS DOOM』『SCREAMWORKSと順調にアルバムをだして好調なセールを挙げた。

しかし、それらのアルバムがいい出来で日本でも売れたにもかかわらず、日本公演はなしのままだった。

私としては、このバンドにぞっこんになったこともあり、早く日本に来てくれなかなあと憂慮していたのだが…。

そう思っているうちに2013年HIMはアルバムTEARS ON TAPEを出す。

以下そのアルバムのレビューをしたので読んでいただきたい。

幻想的で、黄泉の世界にいざなうインストの“Unleash The Red”に導かれ以下“All Lips Go Blue”につなぐ。


●“All Lips Go Blue
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=h5G0-nJtnjE


しかしインストの曲名にしろ、この曲にしろHIMは英米のアーティストがつけないような曲名をよくつけるものだ。

METALLICAのヘヴィネスを継承したかのようなヘヴィなリフが印象的だ。

そのヘヴィネスは何かパンクしたようなヘヴィさを持っている。

このバンドのリーダーであるヴィレヴァロは影響を受けたバンドとしてMETALLICAを挙げているので、その影響は少なからずあることは間違いない。

メタリカ
 METALLICA

そのリフに悲壮感あるメロがあるキーボードの音が迫ってくる強さをもって流れると緊張感が来て、いい気持ちの按配になる。

今回は、こういった哀愁の色が強い曲がこのアルバムには多い。

アルバムごとに変化を見せるのはこのバンドの特徴である。

よくアーティストは変化を意図的にするが、その変化は「間違いだった!」と思って落胆してしまう場合があるが、ことHIMに関してはそういう思いにさせられたことはないのが正直なところである。

一緒になって口ずさめるサビや伴奏もいい感じだ。

次もパンクしたようなへヴィさが迫ってくる曲だ。

その“Love Without Tears”は、ヘヴィさの案配がよくて好印象になる。

静かな場面に移行して哀愁の濃いヴィレの声で聴き手を唸らせる手法がこの曲でも取られていて、その場面になると思わずうっとりしてしまう。

hisinfa

次は“I Will Be The End Of You”だ。

この曲の、初めの非常に勢いのあるデジタルチックなリフ音を聴くと緊張感が否が応にも心躍る。

こういう音のプロデュース能力にも感服するのである。

それでいてHIMのアイデンティティのあるメロも炸裂するとやはりHIMファンは喜ぶだろう!

これは進化なのか、どうなのだろう?

そうだろう!

VENUS DOOM収録の“Dead Lover’s Lane”のような迫りくる勢いが凄い!


●“Tears On Tape
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=9hieTGR0djU

この曲のシングル
   ↓




そしてつぎにこのアルバム名のタイトルトラックが来る。

これがこれまでのヘヴィさと相変わって、憩いの場に転ずる名ミドルの曲だ。

そのメロディは、SCREAMWORKS収録の“Scared To Death”に似たメロだがパロディではなく曲が構築されているから感心するし、HIMらしいメロディもそこかしこに散見できるのだから嬉しくなる。

このビデオをみていると!

こういう憩いの場を提供できるのはひとえにこのバンドのキーボーディストのバートンによるところが大きい。

burtoned
    バートン

そのことをいうBURRN !』の編集員がいないのは不思議である。


●“Into The Night
 ↓



https://www.youtube.com/watch?v=c6xaurYbY6c


そしてこの曲につなげられる。

生々しいギター音が印象的だ。

よくもこのように変化にとんだ曲を多く作れるなあと感心せざるを得ないのだ。

生々しいギターリフで始まったかと思いきや、癒しのメロも搭載した場面にもつなげるから全く先が読めない。

でありながら聴かざるを得ないメロディがあるから、後々まで耳朶に残ってまた聴きたくなるのだ。

癒しのメロと生々しい音がコラボしながら流れていくから面白い。

vampirefest


次の“Hearts At War”の始まりのリフもまさにMETALLICAだ。

否、終わりははちきれんばかりのリフで終了するのだ。

その次は、グルーヴ感が心地いい“No Love”だ。

緊張感が一切途絶えないのがこのバンドの特徴だが、それはスローでもミドルでも変わらない。

ましてや、このようなスピーディな曲では特にである。

その緊張感は、非英語圏の国の歌う曲ではなくなりがちだが、ことHIMについてはそういうところが全くないから不思議である。

のみならず作曲の引き出しが非常に多いので、「曲調を変えてほしい!」と思った瞬間に曲が変わるから息が合うこのバンドは!

次の“Drawn And Quarted”で癒し目のヘヴィさの低くなったミドルテンポの曲につなぐ。

ヘヴィさのある曲と、癒しのミドルとの配合もいい感じだ!

そしてインストを挟んで、凄まじいばかりのヘヴィさを含んだ“WLSTD”の迫力がまた凄い。

そして寂寥感と哀愁感の超スローテンポの“Kiss The Void”で聴き手の心を整備させてこのアルバムは終わる。

このアルバムは、工夫で非常にギター音がシンプルにアレンジにさせて、そこに哀愁感の多いヴォイスを乗せて曲を高揚感高くして、聴き手を参らせるという感じが往々にしてある曲で満載である、ということであろうか、そんな感じがするのだ。

him2015tour


ファンになってアルバムを最初から全部買っていくも、つまらないアルバムになって、ほとんど聴かずじまい…というパターンがメジャーアーティストでもよくあるが、ことHIMに関してはそういうことが全くないのだ。

えてしてこのアルバムも例外ではない。

ほんとかウソかは、この文を読めばわかるだろう。

感情とはそういうものだ。

HIMのこれは8枚目のアルバムだが、聴かずじまいには全然なってない。

この記録はやはり伊達ではない。

このアルバムは、地元フィンランドでは2位ドイツでも同様に2位になった。

HIMドイツでは人気がいつまでも高い。

ゆえに巨大メタルフェスティバルであるROCK AM RINGセカンドビルに抜擢されるのだろう。

そしてアメリカでは12位である。

すごい記録である。

最近の『BURRN!』で読んだところ、ヴィレヴァロの印税収入と労働収入を合わせると日本円にして年3700万円になるそうだ!

vilekura
  ヴィレヴァロ

非常にうらやましい限りである。

このアルバム発表後、リトアニアでの野外フェスティバルであるKARKLE FESTIVALに参加し、その模様が地元で放映され、その映像が日本でもブートとして売られていたが、やはり旧社会主義国のせいで、映像技術もさることながら、撮影もいまいち。

karklefes
karklerithua


ズームのアップやダウンが一切ないから観ていて集中力が萎えてしまった(苦笑)。

その時のセットリストが以下である。

Buried Alived By Love
Rip Out The Wings Of A Butterfly
Right Here In My Arms
The Kiss Of Dawn
All Lips Go Blue
Join Me In Death
Your Sweet 666
Passion Killing Floor
It’s All Tears
Wicked Games
Tears On Tape
Poison Girl
For You
The Funeral Of Hearts
Into The Night
Soul On Fire
When Love And Death Enbrace

=TEARS ON TAPEからの選曲
( 『KARKLE FESTIVALKarkle,RITHUANIA 8.16、2014)

そして肝心の日本へはどうかというと(笑)、来ていない、と他のページで書いてしまったがそれは誤りであったので訂正したい。

2015年11月に、日本が誇るラルクアンシエルのヴォーカリストのHYDEが中心メンバーになったVAMPSをヘッドライナーにしたVAMPS JOINT 666』HIMは参加していたのだ。

joint666


HIMには“Vampire Heart”という曲もあるし、Your Sweet 666”という曲もある。

何よりもオカルトチックでヴァンパイアというモチーフならヴィレVAMPSは共通するからこのイベントに招かれて当然だったのだ。

私は全く見逃してしまった。

ville


そのイベントがおこなわれる前の『BURRN!』のライヴスケジュールには、国内アーティストの欄に確かにVAMPSとして出ているが、海外アーティストの欄には書いていない。

それで見逃してしまったのだ!

それにVAMPS JOINT 666』でのHIMのライヴリポートもなされていない。

これでは気づかなくて当然だろう。

しかし後悔の思いが今私には強すぎる。

こうならないように次からはこまめにチェックしたいところだ。

快進撃を続けているHIMのアルバムとしてこのアルバムもお勧めしたい。

●このアルバムは以下よりどうぞ!
  ↓

 輸入盤


Tears on Tape

  国内盤


ティアーズ・オン・テープ

isshikGRL_0082

昨今は、CDやDVDの生産と中止のスピードが早く、また他のサイトで新品が入手不可能になっても、また別のサイトでは入手可能というパターンが往々にしてあるようで、amazonで入手できなくても他のサイトでは入手可能になっているパターンもあるので、以下のサイトもご覧になることをお勧めしたい。

このTEARS ON TAPEは、初回限定で7曲のスタジオライヴを収めたDVD付きのCDも発売されたし、LP盤も発売された。

それらは以下のサイトでは入手可能である。
  ↓
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム




 

その他、HIMについてのページは以下!

DARK LIGHT

http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51298085.html

LOVE METAL

http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51490264.html 

DEGITAL VERSATILE DOOM

http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-73.html


DOWNLOAD FESTIVAL 2005』

http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-72.html

Greatest Lovesongs Vol. 666』
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51491301.html

SCREAMWORKS;Love in Theory and Theory
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51491330.html

VENUS DOOM
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51491694.html

DEEP SHADOWS AND BRILLIANT HIGHLIGHTS
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51491813.html





メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ


WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13

  ↓

『WHITESNAKE.com』


このブログオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/





●この記事がよかったら、このボタンを押してくださいまし!


ハードロック・ヘヴィーメタル ブログランキングへ



【PR】これまでの置き換えダイエットの常識を覆した『ソイスリム』はいかが?
このサイトに来ていただき感謝します。

また、置き換えダイエットのご紹介いたします。

 置き換えダイエットとは、1日3食のうち1食をサプリメントなどで置き換えにすることです。

今回紹介する【ソイスリム】は、これまでの置き換えダイエット食の不満をすべて解消したものに開発されました。


soisuri


1番の不満は、やはり お腹がへりやすいということです。

 この【ソイスリム】は、1食135キロカロリーと低カロリーにもかかわらず、ビタミンミネラルを多く含んでいますから、食欲中枢が満足されてお腹がへらないのです。

食べても食べてもお腹がへる、というのは、同じ物をずっと食べていると起きる現象です。

 ラーメンの早食い競争とか、蕎麦の早食い競争とかありますね?

 あれは、ずっと同じ物ばかりを食べているから可能なのです。

 食べ物にバリエーションをつけたら、あのような早食い競争は不可能です(笑)

すぐにお腹いっぱいになってしまいますから。


2つ目は、同じ味だから毎日食べていると飽きてしまう、ということです。

 しかし、その不満を解消すべく、7つの味を用意しました。

毎日違うものを摂っていれば、飽きることなく続けられることは間違いないでしょう。


 
3つ目は、単調な食感ということです。

 味と同じく、同じような食感では毎日摂るのは億劫になりますね!
 
その不満を解消するよう、しっかりとした咀嚼感に仕上げました。

koudoudaie


 
他のページでも書きましたが、ダイエット用のサプリや酵素ドリンクは、

 「ただそれだけを摂っているだけで成功できるものではない」

ということを心してほしいものです。

 ダイエットの成功のためには、

体内部をよくするために、食べるもの、飲むもの、エクササイズ…etc

体外部をよくするために、マッサージ…etc

そして精神論…etc

 とその詳細についてすべてをここで書くことはできませんが、やはり日々の行動の積み重ねが、ダイエットを成功を導くのです。

 こういった日々の行動に加え、このサプリを摂ることによって、ダイエット効果を相乗させるのです。


daizu


 サプリ等を摂っているだけで…ということには残念ながらなりません。

 人間の体が構造上そうなっているのです。

 そのことがわかった貴女には、この【ソイスリム】をやりながら、ダイエットに励んでいただきたいものです。


 【ソイスリム】の公式サイトはコチラ!


今回はこれにて失礼いたします。
スポンサーサイト

テーマ:いいもの紹介 - ジャンル:アフィリエイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/317-21168dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック