HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
HALESTORMの3枚目のカバーアルバム『REANIMATE3.0:THE COVERS EP』

【PR】 サプリとダイエットの関係?

こんにちは。

このサイトに来ていただき感謝いたします。

今回は、サプリとダイエットの関係について書いていきたいと思います。

昨今は、酵素ドリンクなるものが流行ってますね。

aqua


酵素は、人間の体内では作ることはできないもので、それを摂ることによって食べたものを分解してくれるものです。

ダイエットにも当然いいわけです。

ですから、このことを知った人は、「これはいいや!」と思い購買し、摂るわけです。

しかし、そこが落とし穴です。

ちょっとでもダイエットについて勉強した人はわかると思いますが、その酵素ドリンクを摂るだけでダイエットに成功するほど甘くはないのです(笑)。

ダイエットには、正しい食事と飲料と適度なエクササイズが大事なので, 「ただ酵素ドリンクを飲むだけ」で達成されるものではありません。

kuvire


その商品の販売ホームページには、「これを摂ってダイエットに成功した人です!」のような見出しで、その太っていた人のダイエットをする前の写真と、ダイエットに成功した後の写真があるので、さも「これを摂るだけで…!」というような錯覚を与えてしまいますが、そうではないのです(笑)。

そのダイエットの成功者は、「正しい食事や飲料の工夫と適度な運動をして」、そしてこの酵素ドリンクを飲み成功したのですが、「」内はあえて書かないでいるのです。

何故か?

訪問者に簡単に成功できると思わせて買わせるためですね!(笑)

ですから、その販売会社の意図を読み取りできるようにしましょう。

しかし、酵素ドリンクは全く効き目がないというとそうではなく、分解する力はあることは確かです。

しかし、あくまでもそんな大幅な効き目はないことは頭に入れておいた方がいいでしょう。

その酵素ドリンクを飲むことによって、その酵素ドリンクを飲まない場合よりも1.1倍くらいの効果であると、弊社がこれまでに紹介している清水一宏さんは話しております。

この清水一宏さんは、これまでに1200人のダイエット成功者を出しています。

ですからダイエットの超エキスパートなのです。

そのことを頭に入れて、これからも貴女にはダイエットに頑張っていただきたいものです。

その清水一宏さんのダイエット商材は以下です!

120日以内ならいつでも返金可能です!

メール相談120日間無制限

アフターフォローメール 90日間

何度もダイエットに失敗してきた人用のマニュアル

時間が不規則な人のためのマニュアル

実際の疑問と回答を書いたQ&A集 53問
  









Reanimate.jpg


HALESTORMが、カバーアルバムを出した。

私はHMVの会員登録をしているので、自分の気に入ったアーティストの発売が決まったらメールにて教えてくれる、というサービスをこのサイトは提供してくれているのだ、喜ばしいことである。

そのHMVのサービスメールでこのカバーアルバムの発売を知り、そして買うことに決めた。

このバンドは、これまでにいろんなアルバムを出し、いずれもが興味深い味を出してくれている。

このバンドは、これまで日本にはLOUD PARKに参戦している。

私は2回目のLOUD PARKである12年のにいった。
ファイル02950


その時は、充分売り上げ実績があるにも関わらず,3番目での登場であった。

この時、SKID ROW“Slave To The Grind”をカバーした。

その時、元SKID ROWで、この3番後に出演するセバスチャン.バックもゲスト出演して一緒に歌った。

そしてセバスチャンの時にも、 “Slave To The Grind”がどたまに演奏されたので面白かった記憶がある。

sebas
  セバスチャン.バック

その“Slave To The Grind”はカバーアルバムであるREANIMATE:THE COVERS EPに収められている。

その後にもカバーアルバムを出し、そして今回のカバーアルバム…であるからこのカバーアルバムは3枚目である。

このカバーアルバムの購入を決めたのはほかでもない。

WHITESNAKEの超名曲である“Still Of The Night”のカバーをしているからだ。

コピー ~ GetAttachment[1]
    WHITESNAKE

この曲のカバーをしていると聞いたら私の食指が動かないはずはない。

そのカバーの模様も動画で紹介してくれていたのだ。

そして観た。

それで感動し買うことに決めた。

このHALESTORMのシンガーであるリジー.ヘイルは肉食系のアグレッシヴさで観客を引っ張り、魅了してきた女性である。

その性格からして、やはり肉食系の歌詞を書き、そういう曲を作ってきた。

hale


そのパソナリティから容易にこのミュージシャンの影響も簡単に想像できる。

GUNS,SKIDROW、MARILYN MANSONというのは予想できたが、まさかWHITESNAKEまでも…と意外であった。

でも考えてみれば、そういうモチーフの曲や歌詞だけに、頷けるように徐々になった。

とにかく聞いてみよう。

●“Still Of The Night(WHITESNAKEカバー)
  



https://www.youtube.com/watch?v=PH1Qc5odhEk


この曲もそうだが、どの曲もオリジナルのようなプロデュースの深みはない。

だからと言って雑に仕上げたわけではない。

演奏はしっかりしているし、オリジナルとまったく同じような完全なコピーではなく、聴き手を興味を持たせるようなアレンジが施されているのがまたいい。

しかしリジーの男勝りの積極性と咆哮とシャウトには脱帽する。

ARCH ENEMYアンジェラ.ゴソウ顔負けの声である。

そういうパーソナリティに似つかわしい曲であることがこの曲を聴いてわかった。

「オリジナルの曲をこんなアレンジにしやがって!」というカバー曲のパターンがあるらしい。

そういうパターンに私は出会ったことはないが、この曲はオリジナルのWHITESNAKEの原曲を台無しにするようなものは一切ないし、逆に初めてこのHALESTORMヴァージョンで聴いた人には、「この曲のオリジナルは?」と興味を抱かせるに充分な出来ではないかとすら思うのである。

このHALESTORMヴァージョンを聴いた後に、外に出ているときも私の耳朶に残っているのである。

このオリジナル曲のWHITESNAKEのアルバムはこちらをどうぞ!
  ↓
WHITESNAKE 87
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51097605.html


次は、ソフィー.B.ホーキンスというアメリカの女性シンガーのカバーの“Damn I Wish I Was Your Lover” である。

この曲がまたいい。

80年代後半から90年代初頭のポップよろしく非常にノスタルジックな雰囲気とエモーショナルな曲風が私に憩いをもたらす。

緩急あるリフを打った後の雰囲気が非常にいい。

カバーソングというのは、オリジナルを聴いたほうがいいのか、聴かないほうがいいのかは人によってまちまちであろうが、私は甲乙つけがたい。

しかしこの曲はオリジナルを聴いたことのない人でも充分感動できる曲と思う。

次はJOAN JETT AND THE BLACKHEARTS“I Hate Myself For Loving You”である。

このバンドはパンクバンドであるがゆえにリジーのモチーフに合致している。

HALESTORMの曲に“It‘s Not You”という曲があるが、直訳すれば「貴方じゃない!」ということである。

彼氏づらして近寄ってくる男に対する皮肉であろうが、もう来るなということを言いたいのだろうが、やはりリジーはルックスもいいし、スタイルもいいがゆえに近寄ってくる男がいるのだろうが本命でないのに来るのも多くあるのだろう(笑)

hl

また、このJOAN JETT AND THE BLACKHEARTSの曲も、この男を愛した自分に対する嫌悪感を歌った曲なのだろう。

その感情が理解できるがゆえに歌ったのだろう。

失恋体験をやはりリジーも多くしてきたのであろう。

POISONに多くありがちだったバイブをこの曲でも多様されているところを聴くとそのバンドのファンの私は嬉しくなる。

リフやサビもメロディがいい。

次のTWENTY ONE PILOTS“Heathens”と、SOUNDGARDEN“Fell On Black Days”と続く。

TWENTY ONE PILOTSは知らなかったが、SOUNDGARDENはグランジやオルタナの先駆的バンドとして認知していたが、そのグランジやオルタナのイメージから彷彿させるメランコリックなメロディは, “Heathens”のほうが濃厚である。

逆に、“Fell On Black Days”のほうが起伏が少ないまま終わってしまう感がある。

このグランジやオルタナは90年代の半ばの日本で、悪いイメージとしてとらえられていたが、そんなに悪いイメージだけで終わってしまう音楽ならば、すぐに終わってしまうはずだが、それでも長く続いたのはそれなりにキッズを魅了したからにほかならない。

その先駆的バンドとしてこのSOUNDGARDENとともにALICE IN CHAINSがあげられるが、その音楽の片鱗を聴いたことがあるが80年代のハードロックから音楽に入った私のも共感できるほどの品位があった。

horiuti.jpg


機会があればそのアルバムについても、紹介していきたい。

そんな気にさせたのは、この“Heathens”を聴いたからである。

そして最後は、METALLICA“Ride The Lightning”である。

非常にアグレッシブであり、スピーディである。

GUNSSKIDSをピックアップしたHALESTORMがこの曲をカバーしないはずはないと思っていた。

そしたら案の定やってくれたのである。

オリジナルのレコードで聴けるギターソロはやはり完コピかそれに近い出来にしてくれないと私はやはり失望してしまう。

それはどのバンドでも同様である。

しかしこのオリジナルの感動した私を失望させるようなアレンジを施すことなく、完コピに近い感じでプレイしてくれたので安堵の思いである。

咆哮の瞬間がやはりリジーに似合っているとどうしても思ってしまう。

それのみならず、ドラミングも伴奏もやはり完成度が高く、聴き後の満足感は高い。

halest

いろんな年代からのアーティストをチョイスしていることもさることながら、そのアレンジにおいて、年代を超えたアレンジを施しているので、ジェネレーションギャップはないと思われるのである。

レビューは以上である。

今の時代、この曲数(6曲)ゆえに1000円もしないのは当たり前である。

興味出たかたは聴くことをお勧めしたい。

●このCDは以下よりどうぞ!
  ↓



Reanimate 3.0: the Covers Ep

manamin.jpgHMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム




 



メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ


WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13

  ↓

『WHITESNAKE.com』






【PR】EICOプロデュースのクビレダイエット!

ダイエットコーチEICO さんプロデュースの「クビレダイエット」の紹介です!

kubirekake


EICO さんは、2005年度 準ミス日本受賞し、 ダイエットサロン桜梅桃李を主宰しています。

そして、 NESTA認定パーソナルフィットネストレーナーをしています。

 これまでに出した美脚になるための教則本やDVDは多数あり、いずれもベストセラーを記録しています。

そんなEICO さんがプロデュースしたクビレのためのグッズは、お腹を締めずに肋骨まわりを締めてくびれメイクを施してくれます!

kuririus


肋骨まわりをしっかり締めるリブラインベルトと体のラインをキープする6本のボーンが売り物です。

 それが以下になります!
 ↓
EICO式 くびれメーカー ブラック M

EICO式 くびれメーカー ブラック L
スポンサーサイト

テーマ:いいもの紹介 - ジャンル:アフィリエイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/324-ac797785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック