HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
バッドムーンライジングの最高傑作
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。

登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら

まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

badmoonrising91.jpg


KAL,DOUG  
 BAD MOON RISINGは元LIONのカルスワンダグアルドリッチの二人によって結成された。
 
 まず初めは、日本のみのデビューということであった。

 その期待を一身に集め、素晴らしいデビューアルバム91年に出したのである。

 初回限定のブックレット付で発売された。

 私はもちろんそれを買った。  

 とにかく良い出来のアルバムである。

 佳曲揃いである。
 

 正直これまで良い曲を擁するアルバムは、ハードロック史上稀である!

 
それは声を大にして言いたいものである。

 最近これまでのBAD MOON RISINGの3枚のアルバムが、ハイクオリティCDとして生まれ変わって発売されたが、これを買って聴いて良くなかったら、私がその代金を出してあげるとまで良いたいほどのアルバムである。

(もちろんそんなことはしないが.笑。しかし、私の家の近くに住んでいる人間ならば、そのファーストアルバムをCD-Rにコピーしてプレゼントしてあげたいものである。だからこそ、早くオフ会を実現したいのであるが、読者が増えないことにはどうにもならないのが、歯がゆい.笑) 
デビューアルバム
① hands on heaven
② if it ain’t dirty
③ without your love
④ full moon fever
⑤ lie down
⑥ old flames
⑦ built for speed
⑧ darkside of babylon
⑨ sunset after midnight
⑩ wayward son  


  このアルバムはドタマから良い曲である。 

 濃厚で良い味をしたギターリフがまず耳に残る。

 そのリフのロング、ショートの使い分けも見事である。

 オカズ的なギターフレーズもちょっとしたスパイスのように効いていい!

① もそうだが②はとくに、ドラムとベースの切れのよさがわかるはずだ!

 当時HOUSE OF LORDSに在籍していたチャックライトのベースとケンメリーのドラミングに瞠目すべきもの、いや聴いていれば自然と分かる彼らの上手さにはただ舌を巻くばかりだ。

 ホントに上手い!

 とくに注目すべきはケンのドラミングである!

 
このアルバムは、プログレッシブほどでないにしろ、少しばかり奇想天外に曲が展開する曲がたくさんあるのである。

 その展開が、アルバム全体を良い出来と思わせる要因になっているのだが、その展開は、楽曲の基盤になるドラムがしっかりしていなくてはどうにもならない。

 そのケンメリーのドラミングの良さが最大限発揮されているのがこの曲である。

 初めて聴いた時の興奮と感動を、私は今も忘れないでいるのである!

●“If It Ain’t Dirty”
   

 
 ケン
は非常に小技も効くドラマーである。

 
それが、曲を良い印象付けに貢献しているのは明白だ。

 そして、大技もなんなくこなす稀有のプレイヤーである。

 ケンはこのアルバムでのレコーディングと、それに伴うジャパンツアーで来日してから、脱退してしまったのは、なんとも残念至極というほかない。


●“Old Flames”

  



 名バラードである。

 
しかし、この曲は、発表当時からWHITESNAKE”Is This Love”風だといわれ注目されたバラードとして有名である。 

 その通り、始まり方といい、雰囲気といい、ギターのフレーズといい、実に”Is This Love”そっくりだ。 

 
 
 運命は面白いものである。

 この曲は”Is This Love”よりもきらびやかで、ラクシャリーな輝きをもったバラードである。

 とことんエモーショナルなカルの声も良い。

 ダグの泣きのソロのメロディーは思わず涙を誘わずにはいない。

 
名バラードだ!

 しかし、そのWHITESNAKEに今加入し、当の”Is This Love”を実際にプレイしているダグの心境はどんなものであるか訊いてみたいものである。

 それについてのインタビューを聞いたことはないが、そこまでマニアックなことを覚えているファンは果たして私だけであろうか?

 そんなことはないと思いたい!

DOUG(whitesnake).jpg  ④と⑦は、このアルバム、いやBAD MOON RISINGを代表するといっていいくらいの良いスピーディーな名曲である。

 ④はシングルカットされたが、キーボードが素晴らしい色を加えて曲を盛り立てる。

 リアルサスペンスアクションの舞台に立っているようなスリリングさである。

 ⑦は疾走感がたっぷりである。

 ケンの切れのいいドラミング、そしてダグのただ速いだけでない執拗なソロも見逃してはならない!

 カルが引っぱる声を発しているからこそ曲が盛り上がるのである。

 
その曲の素晴らしさは以下を観て確認してほしいものである。


●“Full Moon Fever”

   


 当のシングルになった曲にクリップがないのはちょっと、というかかなり残念な気がする。

 このファーストアルバムは当初は日本だけの販売で、のちにヨーロッパで販売されたらしいが、しかしそれにしてもこれほどの名曲のクリップがないとはかなりの程度寂しいのである!

 曲の展開、構成、按配の良さ、演奏や歌唱の高さ…秀逸である!

 ⑤⑧⑩はミドルテンポだが、重厚でかつキャッチーなリフに、ドラマティックな展開を持っており決して飽きはこない。

 
⑩において哀愁ただようメロディとカルの声に導かれて曲は終わる。

●”Without Your Love
   ↓



 

  これも良いバラードである!

 これまでカルスワンダグアルドリッチLIONにおいても名バラードを輩出してきた。

 このバラードはもっといいバラードである。

  91年の来日公演において感動とともに合唱した時のことを思い出す!

 以上挙げたファーストアルバムからの曲を聴いてもらえればわかるように、カルダグはいい曲を輩出してきたのである!

 しかし、BAD MOON RISINGが解散してからは、あまりこのバンドに関してはいい評判を聞かない。

 
それはこのファーストアルバムに比べてあまりにも佳曲の少ないアルバムしか作れなかったからである。

 何故作れなかったのかは、作曲などしたことのない私にはわからないが、とにかくスランプに陥ったとしか言いようがない。

 であるならば、それ以降においていいアルバムを出すなり、何なりしてその評判の悪さを忘れられてしまうほどのことをすればいい、それだけではないだろうか?

 とにかく、BAD MOON RISINGの恵まれなかった後期だけをみて、「あのバンドはダメだった…」というような評を書かれるのは府に落ちないのである。

 彼らのファンであった私はかなりそう思うのである。

 このアルバムが全曲がおわった後、非常に気持ちの良い満足感が胸を覆うのである。

 これほどまでの満足感をもたらしてくれるアルバムは本気で言って、なかなかないのである!

 そう思ったファンはかなり多いはずで、このデビューアルバムが発表された91年BURRN!の人気投票において、BAD MOON RISINGは見事チャンピオンになるのである!

 こんなにいい曲が書けるのに、なぜセカンドからは、良い曲が書けなくなってしまったのだろうか。未だに謎なのである。不思議である。


●Do you wanna buy?
  
GRP_0477.jpg 

バッド・ムーン・ライジング



彼らの軌跡をみるベスト盤がコレ!

  ↓
ザ・ベスト・オブ・バッド・ムーン・ライジング






HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム




 BAD MOON RISING 91'  
来日公演日程

6月14日 大阪国際交流センター
6月15日 東京 中野サンプラザ
6月16日 東京 中野サンプラザ
6月19日 東京 渋谷公会堂

91’ セットリスト

  1. sunset after midnight
  2. fatal attraction
  3. hands on heaven
  4. old flames
  5. if it ain't dirty
  6. hard and heavy
  7. full moon fever
  8. darkside of babylon
  9. one night in tokyo
  10. lie down
  11. power love
    -encore-
  12. lonely girl
  13. without your love
  14. built for speed
  15. rock n' roll

 


メルマガ読者さん募集! 

 読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/57-6c7e9f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック