HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
今、何故ダグアルドリッチか?
doug aldrich  














 
ダグアルドリッチ
、このギタリストこそ、シンデレラボーイと呼ぶにふさわしい男も少ないだろう。

  80年代後半にはLIONにおいて、また90年代からはBAD MOON RISINGでその持てる力をいかんなく発揮し、いい曲といい技能を持っていたにもかかわらず、弱小のレコード会社としか契約を結べなかったがために、成功を収めることがなかったが、

 
2003年に、6年ぶりに復活したWHITESNAKEのリードギタリストに大抜擢され、一躍有名になった。

  WHITESNAKEと言えば、87年に発表したWHITESNAKEアルバムがこれまアメリカだけで1000万枚以上を売り上げたモンスターバンドである。

 これだけの枚数を売り上げれば、たとえその後のアルバムが、これに匹敵するほどの枚数を売り上げなかったとしても、アリーナ以上の会場でライブを行い続けることが可能なのである。

  その後、大ヒットアルバムを出さなくてもである。300万枚クラスではたとえそのアルバム発表の時はアリーナでできても、その後はアリーナですることは難しい。



 それを私は実感した。whitesnake03.jpg  

 2003年に復活したWHITESNAKEだが、その年もそのまた次の年も、そのまた次の年もツアーを敢行してきたが、会場はどれもアリーナ以上であった。

 それは、みんなブートレッグで確認することができる。



 やはりミリオンセールを出したバンドは強い!

 LIONの時もBAD MOON RISINGの時もコンサート会場はどれもクラブか中級ホールがせいぜいだったが、

 WHITESNAKEというモンスターバンドのギタリストに大抜擢されたことによって、いきなりアリーナ級のコンサート会場でばかりにライブをするのが当たり前になった。

 それのみならず、ヨーロッパを中心に数々のフェスティバルでトリを勤めることにもなった!

 やはりWHITESNAKEだ。

 根強さが違う!
 
 

 ダグは、これまでの人生でトリを務めたバンドに加入するのはこれが初めてではないだろうか?

 こんな幸運に恵まれて、本人も感無量だろうと思う。



 これもひとえに、彼の実力があったればこそであろう!

     白蛇の紋章 2003年WHITESNAKEに誘われるまでは、DIOのギタリストをしていたが、そこでのプレイをデヴィッドカヴァーデールが拝見し、

 そのあまりの良さにWHITESNAKEに誘ったというのが加入の経緯のようだ。

 私にとってWHITESNAKEは賭けがいのないバンドである!

 
2003年の復活時の来日公演には勿論足を運んだ。場所は東京国際フォーラム

 会場は6700人を擁する広さだ。

 しかし、こんな広い会場であるにもかかわらず、会場は満員でしかも、ZEPP東京において追加公演まで催される運びになった。

 ニューアルバムを発表したわけでもないのにこの広さをソールドアウトにしてしまう…やはり世界的大ヒットを記録したバンドは強い。

 大好きなWHITESNAKEが復活したという喜びもさることながら、このコンサートが終わった後には、何か、得体のない満足感が私に覆っていた。それは後ほど明らかになるが…



 
この2か月後に、私はこの公演のブートレッグCDを手にいれ、何度も聴くことになる。

 のみならず、追加公演になったZEPP東のも長野KANORAホール公演のも、

 その年におこなわれWHITESNAKEがトリを務めたMONSTERS OF ROCKのも、

 同じくその年に行われたSCORPIONSとの全米ツアーの時のモノはもちろん、

 イタリアミラノで行われたGODS OF METALのDVDなど、数をあげればきりがないほどのブート作品を手に入れては、きいたり観たりした。
 


MONSTERS OF ROCKゲイリームーアセカンドビルをつとめた。

ファイル0035



 この映像は、WHITESNAKEがトリを務めた時のモノだが、このDVDに登場する会場にはWHITESNAKEのTシャツを着ているファンをたくさん見ることができる。
    ↓

 

 自分では、なぜこれほどまでに、この年のWHITESNAKEのブートをほしくなったのかよくわからなかった。とにかく、ほしくてほしくてたまらなかったのである。

 それは、単に自分がWHITESNAKEが大好きだからという理由ではなかった。

 単にWHITESNAKEが好きだという理由ならば、それまでのWHITESNAKEのブートは数限りなく出ている。

 他の年のは、それぞれ1枚以上は持っているが、それ以上踏み込んで買おうという気にはなれなかった。

 
その理由を深く分析することはしなかったが、なぜかと、深く自分に問うことで、理由が明らかになった。

 それを次回述べていきたい





●初期、全盛期くまなく網羅し、選曲が良い!

  




●アメリカだけで1000万枚のセールをあげた、WSの代表作!(この英国盤が一番曲が多い )

   


●広い会場に驚き! ゲイリーのギター が冴えわたる! (国内盤 5040円)





GODS OF METALでのライヴの模様
  


https://www.youtube.com/watch?v=G6LSqzHrXt0



2003年6月18日 MILANの『GODS OF METAL』でのセットリスト


gom2003.jpg


①Bad Boys
②Slide It In
③Slow An' Easy
④Need Your Love So Bad(acapella)
⑤Don't Break My Heart Again( acapella)
⑥Walking In The Shadows Of The Blues
⑦Ready And Willing(acapella)
⑧Blindman(acapella)
⑨Love Ain't No Stranger
⑩Is This Love
⑪Doug Aldrich Guitar solo
⑫Crying In The Rain(Drum solo)
⑬Ain't No Love In The Heart Of The City
⑭Fool For Your Loving
⑮Give Me All Your Love
⑯Here I Go Again

~ENCORE~

⑰Soldier Of Fortune(acapella)
⑱Still Of The Night

2003年 WHITESNAKE ジャパンツアー

  9/18  長野CANORAホール
 9/19 名古屋芸術劇場
 9/21  東京国際フォーラム
 9/23 札幌ZEPP SAPPORO
 9/24 宮城ZEPP SENDAI
 9/25  東京ZEPP TOKYO
 9/27 大阪 ZEPP OSAKA
 9/28  福岡 ZEPP HUKUOKA
  
     
 
メルマガ読者さん募集!  

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ


このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

                   



●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.com/

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/59-29e792bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック