HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ミックミカエリの魅力とは?
メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

mic michaeli
     ミックミカエリ


 EUROPETHE FINAL COUNTDOWN (右下図)は全米チャート8位にまで送りこみ、アメリカだけで300万枚を売った傑作アルバムであった。
 
 これまでこのバンドに見向きもしなかったファンでも、このアルバムからファンになったという人は多いはずである。

 かくいう私もその一人である。

ファイナルカウントダウン


 しかし、この傑作アルバムの次に88年に発表されたOUT OF THIS WORLDは何かと批判がましいアルバムである。

キーボードを全面に出したために、

軟弱になっただの、アメリカに魂を売っただの

という感じのものである。

 しかし、そうだろうか?実際はどうなのかということを検証したいと思う。


 OUT OF THIS WORLD (左下図)は、それまでよりも一層とキーボード音がでたことによって、コアなハードロックファンにはそっぽを向かれたむきがあったアルバムである。

out of this world

 




















 そもそもハードロックにおける、キーボードの立つ位置を考えてみたい。
 


・そもそもロックにおいてギターが基本の音、キーボードはそれに付随するものである。 

・ ギターの音が全面にでている、それがロックの本道、それ以外のは邪道。

・キーボード音の導入においては、そのバンドのスタンスを考えて導入を図らなくてはエライ事になる。

 こんな風にいろんなみるむきがあるようだが、それは違うと私は思う。

 


 キーボード音の導入に関しては、私は楽曲の良さを中心に考えるべきだと思う!

 年月を重ねれば、考え方も違ってくる。

 コンテンポラリーな音との折衷も考えなくてはならない。

 いつまでも、成功した音の維持だけを考えていては、これから先、良い曲をつくり続けることはできないからだ。 


・ロックなのだからギターの音を中心にして、キーボードはあくまでもリフの一つにとどまらせるべきだ。

・アルバムを耳触りの良いものにするために、大幅にキーボードを導入してポップ化を図ろう。


 どちらもあってしかるべきだと思う。 

 
そこで重要なのは、楽曲が良いか悪いか,それだけだと私は思う。

 

 
こういう意見は反論が出そうだが…

 大幅にキーボードを導入して楽曲が損なわれてもいけないし。

 かといってギター音のみで悪い出来であっても良くない。

 キーボード音の大幅導入で楽曲の質が上がったのなら、それで構わないと思う。

 大体において、キーボードを使うバンドは、ギターだけでは表現できないものを表現したいからこそ導入するのであって、いたずらにポップ化でアルバム売上上昇をめざしているのではないのだ。

 表現力のアップを目指す一手段と考えて良いだろう。
europe.jpg


 EOROPEは最初の2作まではキーボード音の活躍する場面は少なく、ピアノ音がちょっと目立つ程度にすぎなかった。

 しかし、 THE FINAL COUNTDOWNにおいてシンセサイザーの活躍により楽曲の幅も、表現力も大幅にアップした。

 シンセの活躍なしにあのアルバム収録の
 

”The Final Countdown”
”Carrie”
”Cherokee”
”The Time Has Come”

 
といった名曲は絶対に生まれなかったと断言しても良いだろう!

 その次のOUT OF THIS WORLDは前作以上にキーボードが全面に出ており、そのことによって批判が多かったアルバムである。

 しかし、虚心坦懐にこのアルバムを聴いてほしい。

 楽曲の質はもちろん、演奏力のアップ、バンドのキーマンであるジョーイテンペストのファッションセンスが見事に開花した最高のアルバムである(へヴィで速い曲が”Ready Or Not”だけなのはちょっと注文をつけたくなるが)。

まずは、セカンドシングルになった以下の曲を聴いてほしい。

●”Let The Good Times Rock”
  ↓


http://youtu.be/7FckTNOTwEk


キーボードが全面に出たことによって、注目すべきはキーボーディストのミックミカエリのプレイである!

このアルバムの最初を飾るのが、ふくよかな、シンフォニックなキーボードが余韻に残るこの曲である!
         
●”Superstitious”
  ↓


http://youtu.be/5gU5Vg2JokU

 ショはなの”Superstitious””Let The Good Times Rock”からして素晴らしい曲だ。


 この、セカンドアルバム収録の”Open Your Heart”のリメイク。

この曲はオリジナルよりも数倍出来がいい。

何故これでなく、オリジナルのほうがベストアルバムに収録されているのか理解できない!

●”Open Your Heart”
  ↓


http://youtu.be/qX4LC1HBmag


この曲や“Coast To Coast”といったせつなく哀しいメロディや“More Than Meets The Eyes”のふくよかな余韻を心に残すキーボード音、オーロラのごとき珠玉のメロディで始まる”Sign Of Time”のイントロ、

こういった曲に共通なのは、

 哀しいけれども、それ以上に聴き手に希望と明るさを与えるのである。

 聴き後に大変な満足を与えてくれる。

 そんな魅力を有しているのだミックは。

 こういったメロディを弾けるのを私はミック以外に知らないのである。

 これは、バンドにとって大きな財産である!

 そこに、新加入したキーマルセロの柔らかく朗らかなギターに、ジョーイテンペストの美しい声が重なり、絶妙のハーモニーが繰り出されている。

 その極め付きの曲はアルバム最終曲の”Tomorrow”だろう。

”Tomorrow”
  ↓


http://youtu.be/3Ta3Q5_4nhU


 このせつなく哀しいバラードに涙しない人間は果たしているのかとさえ言いたくなるほどの泣けるバラードである。

 
 このアルバムOUT OF THIS WORLDでのキーボード音の全面化は、

 ギター音だけでは表現できないものを得ようとして突き詰めた結果であると私は思う。
 
 決して売れ線を狙って作ったアルバムではない


 このアルバムは批判がましい意見が多いが、正直売れたアルバムである。勿論日本でもである。

 以下にアルバムが発表された88年の来日公演日程を明記しておこう。

12月3日 名古屋レインボーホール
12月5日 広島郵便貯金ホール
12月6日 大阪城ホール
12月8日 日本武道館
12月9日 日本武道館
12月13日 仙台市体育館
12月15日 横浜文化体育館

 軟弱化、売れ線狙い…こういった言葉が目に付いて、まだ未聴の人は、謙虚にこのアルバムを聴いてみてほしい。

 決して、前作THE FINAL COUNTDOWNに負けない良いアルバムであるということが発見できると思う。

 これまでよりも、キーボードが全面に出るといろいろと批判が出やすい。

 他の項でも取り上げて論じたが、NIGHT RANGERBIG LIFE(下図)もキーボードの大量導入を図り批判されたが、普通に聴いてみるとバンド史上最高傑作の出来であることがわかると思う。

 しかし、このアルバムは50万枚にしか届かなかったし、傑作といわれることなど全然ない。

 何とも皮肉なものである。

big life


 キーボードの大量導入によって批判にさらされたのもEUROPEも同じだ。

 しかし、このアルバムはバンド史上傑作の範疇にはいるものだし、バンド史上2番目に売れた(=100万枚)アルバムであることを明記しておきたい。

 そして、このバンドのキーボーディストのミックミカエリの珠玉のプレイにも注目していただきたい!


●これら珠玉の曲収録のアルバムがコチラ!
    ↓
out of this world









Out of This World

アウト・オブ・ディス・ワールド

彼らのベスト盤は以下!
 ↓
Final Countdown: Best of


モバイル用のかたはコチラ!
  ↓
輸入盤
Out of This World

国内盤
アウト・オブ・ディス・ワールド


  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム





メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●チケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ






このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/86-67618039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック