HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
ヴィヴィアンキャンベル、WS脱退後のバンドRIVERDOGS
メルマガ読者さん募集!

 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

riverdogs.jpg 
RIVERDOGS…このバンドはヴィヴィアンキャンベルWHITESNAKE脱退後、結成したバンドである。 

 WHITESNAKEを脱退した理由は、他のメンバーとあまり上手く関係を築くことが出来なかった. 

 殊にエイドリアンヴァンデンバーグとの折り合いが上手くいかなかったようである。

 しかも、ワールドツアー終了後に新たなアルバム制作にあたり、デヴィッドカヴァーデールが新曲を作ってくるように、宿題を出したにもかかわらず、ヴィヴィアンキャンベルが持ってきた曲はWHITESNAKEの音楽性とは似ても似つかない代物だったようで、再度バンドに合う曲を作ってくるように宿題を出したにもかかわらず、再度持ってきたものも、バンドには合わないものだったらしく、バンドのメンバーと上手くやっていけない性格と音楽性の違いのせいで、彼はクビになったのである。

 しかし、彼を私が最初に見たのはWHITESNAKE”Still Of The Night”のクリップを見たときである。

 この曲のあまりに素晴らしいギター音に私は思わず、

 「なんて凄いギタリストを入れたんだ!」

と感動したものであるが、実際はジョンサイクスがレコーディングしたのであり、その曲に合わせて、ヴィヴィアンはクリップでは弾いているマネをしているだけであるというのをあとで知って私はがっくりしたのを覚えている。

コピー ~ GetAttachment[1]   しかし、2003年WHITESNAKEに加入したダグアルドリッチによってようやく再現されたので、  興味 味ある方はライヴDVDの『イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト [DVD]
』を見てほしい。

 しかし、ヴィヴァンWHITESNAKE脱退後に結成したRIVERDOGS87年以降の WHITESNAKEのようにへヴィ志向ではなかったので、それほどのテクニックは必要ではなかった。


 でもこのアルバムにおいて、ヴィヴィアンは実に良い仕事をしている。

 
彼にこんなテクニックがあったのかと驚いたものである。このアルバムが発売されたちょうど20年前である。

riverdogs.jpg  このアルバムは全体的に、ブルージーである。

 87年以降WHITESNAKEのようなへヴィさや激しさはない。

 そういった面は希薄だが、いいアルバムであることに間違いはない。 

 アコースティックで始まる曲にヴォーカルの渋くマンリーな声が癒しの空間をもたらしてくれる。

 どの曲においてもどの楽器の存在感は浮き彫りになっている。


 シンプルがベストというこのバンドの信条の通り、アルバム全体がそのコンセプトで貫かれている。

 FOREIGNERPAUL ROGERSのファンはきっと気に入るだろう。


●"Toy Soldier"
    ↓



 注目すべきはヴィヴィアンのプレイである。


小手先のテクニック特に、ピッキングの正確さには驚いた!

③”Big House”や④”Holy War”⑧”Rain,Rain”
の幻惑的魅惑的なプレイは必聴である!

 どうしてこんなプレイがWHITESNAKEで出来なかったの?と悔やんでならない。


●”Big House”
   ↓



 これは、シンガーのロブの最近のライヴ映像であるが、もちろんこのアルバム収録の曲である。

 このアルバムが発表された頃はそうでもなかったが、いま聴くとかなり時代を感じる。 

 アルバム全体が、こういったハットにアコースティックギターをかきならしながら歌う趣旨のものである場合がよくある。

 ちょうどその頃、イギリスにおいてブリティッシュロックの復権が叫ばれていて、その先鋒を切るという重役を担うバンドとして、イギリスのTHUNDERQUIREBOYSが壇上に挙げられていた

サンダー クワイアボーイズ
                       THUNDER                                                QUIREBOYS

 または、ちょうど時を同じくしてアメリカのJAGGED EDGEなどもその例に入れられようか…

 または、ちょうどこの頃に既にデビューしてアルバムも数枚出していたGREAT WHITEなどもそうであろう。 

 しみじみとした感慨にふけるのは、私にとって快感である。

 癒される雰囲気をこのRIVERDOGSももっている。

感動的な曲である。




びびあん  要するに、ヴィヴィアンには87年88年WHITESNAKEでの仕事よりも、このバンドではいい仕事をしているのである。

 実に良い仕事をしていた。

 
それは強調しておきたい。

 何事も、適材適所のバンドでやる方がいいのだ!
 
 しかしRIVERDOGSのデビューアルバム発表後、少しのツアー後、ヴィヴィアンは脱退してしまう。

 
脱退理由は、「レコード会社がきちんと自分らをサポートしてくれなかった」ということを雑誌で話していた。

 しかし、本当のところはわからない。
 
 ヴィヴィアン脱退後、バンドは新しいギタリストを加入させて1枚のスタジオアルバムと、1枚のライヴアルバムをリリースしているが、今の近況は全くわからない。

 2004年になぜかこのバンドのオリジナルメンバーが集って、一度だけギグをしたことが記録として残っているだけである。


●”I Believe”
  ↓



 このライヴ映像は、2004年ヴィヴィアンが参加した時のライヴである。

 もちろんRIVERDOGSRIVERDOGS収録の曲である。

脱退してもそのバンドによばれるとは…ヴィヴィアンは意外にモテルんだなあ、ということがわかる! 

 DEF LEPPARDに加入した時のバンドのメンバーの意見をきいても、 ヴィヴィアンは最高に良い奴だ!」というコメントがなされていたのを思いだす。

dl 2008 


 87年WHITESNAKEのようなへヴィさはないけれども、南部ブルーズを根幹としたロックに影響されたロブラモスらしい曲であることがよくわかる。


●“Water From The Moon”
  ↓
http://www.youtube.com/watch?v=SirBGd7uhGU&feature=fvsr 

 この曲も、このアルバム中の私の好きな曲の1つである。 

 エナジーが漲っているし、80年代の中盤に良く表にでたフレーズやテイストが満載であり、なによりもロブの通りがよく渋めのある声がなんとも男らしい!

 ブルーズにとことんのめっていったアーティストにとっては、音楽を作るにあたっては、このくらいのへヴィさが限界なのかもしれない。

 今のラウドへヴィの時代においては、この手のへヴィさのレベルでは大衆に受けづらいのは明白である。


 ブルーズアーティストから、全米はおろか全世界的なヒットをとばしたバンドのような劇的なチェンジが必要であるのは私の言を待つまでもないだろうと思う。 

 この音楽性やロブの声をそういった売り上げ的な面で成功できるかどうかは、本人の考えの枠組みを良い意味で壊せるかどうかにあると私は思うのだがどうだろうか?

これらの曲に興味関心のある人間は、このRIVERDOGSも買って聴くべきであろう!
  ↓
  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム




DREAM THEATER,NICKELBACK,ORIANTHI,MICHAEL MONROE、SLASHの参戦が決定した今年のサマーソニック(8/7,8/8)
dream theter nickelback.jpg orianthi.jpg  monroe.jpg slash.jpg

               summersonic.jpg


チケットはこちらからどうぞ!





メルマガ読者さん募集!

 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/95-f5512767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック