HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
フォリナー『インサイド インフォメーション』


inside information

 FOREIGNER…このバンドは、私にとって非常に興味深いバンドである。

 前回書いたSHADOW KINGを通じてこのバンドを知ったが、正直SHADOW KINGを聴いて、このバンドに興味をもったわけではなかった。

このアルバムはそれほど完成度が高かったわけでも、優れた楽曲が多数あったわけでもなかったのである。 

 FOREIGNERのアルバムを初めて買った理由は、「あのSHADOW KINGのヴォーカリストか、興味がてら聴いてみよう!」というニュアンスで買って聴いたまでのことである。

決して主体的に聴いてみようというものではなかった。
影王

 そんな動機で聴いてみたのだが、初めて買って聴いたアルバムの1曲目から私はノックダウンされることになる。

 
そのアルバムはINSIDE INFORMATIONである。

清涼感あるキーボードのイントロに導かれて始まる①の”Heart Turns To Stone”からして秀逸なナンバーである。


●"Heart Turns To Stone"
     ↓



http://www.youtube.com/watch?v=_yw3I7u9qO0&feature=related

 


非常に優れている曲である!

滑らかな喉を潤すようなル―グラムの声に、ときおり独自のフレーズを顔を出すベース音に、きらめく閃光のごときインパクトのあるキーボードの音が何ともいえない!

 注目すべきはル―の声である!

バックの演奏にその声をのせ、決して強すぎずに自己主張をしているのは注目に値する。

SHADOW KINGの時のように、自己主張しすぎて楽曲を味気ないものにしていないどころか、非常に高価な出来にしているのである。

②の“Can’t Wait”や⑦の“Beat Of My Heart”のように静と騒の明確な区分けが出来ている曲の、騒に切り替わる際のへヴィなリフのつくろい方も見事である!

その手法は、まるでWHITESNAKEを聴いているような錯覚にとらわれる!

ふくよかなキーボード音が印象的な以下③の”Say You Will”が第1弾シングルになった。
 

●”Say You Will
    ↓  



http://www.youtube.com/watch?v=wpdVGTqh0gU


ル―のヴォーカルが見事である!

 ④のオーロラのごとき調べで始まり、頭も胸も両方癒される癒しのアロマのごとき雰囲気が売り物の傑作のバラード”I Don’t Wanna Live Without You”が次のシングルになったのである。

それが以下である。


●”I Don’t Wanna Live Without You
  ↓



http://www.youtube.com/watch?v=wpdVGTqh0gU
  

 

 そして、そのバラードをもっと高次な次元にまで高めたバラードが⑨の”Out Of The Blue”である。

 何故、こちらの方が優れているのに、コチラがシングルカットされなかったのか不思議であるが、この”Out Of The Blue”感動的なメロディに誰もが完全にノックダウンされるだろう。

そう言いたくなるほどの出来である。



●"Out Of The Blue"
     ↓



https://www.youtube.com/watch?v=yYDShdVmuV4

 

 そして、スピーディな”A Night To Remember”でこのアルバムは幕を閉じる。

 この曲は、高音と中音の緩急の付け方が見事で、特にキーボードとヴォーカルの絡み方、ヴォーカルとバックの楽器との絡んだ音のハーモニーが絶妙で、塩梅が申し分ない。

この絡めかたは、ヴェテランミュージシャンでないと出来ない領域ですらある。

 このアルバム全体を俯瞰していえることは、捨て曲が一つもなく、高度な完成度を誇る楽曲が満載ということである。

 バンドのリーダーであるミックジョーンズのそのプロデュースの能力はデビューから見て、非常にアップしている。

 センス、能力ともにである。


 そして、最も私が感動したのは、ル―グラムの声の素晴らしさである。

 
繰り返しになるが91年にヴィヴィアンキャンベルたちとしたバンドSHADOW KINGでの彼の仕事は、あまり褒めれたものではなかった。

 しかし、このFOREIGNERINSIDE INFORMATIONではまるで別人のようである。

 こんな素晴らしいシンガーだったのかーと感動せずにはいられなかった!


外人 

 この何気なく買ったアルバムに非常に感激し、私は次の日からいろんな店にいってはFOREIGNERのアルバムを買い、非常に短期間にすべてのアルバムを集めてしまったのである。

 そして、それまで雑誌でFOREIGNERに関する記事があっても読みとばしていたものを、片っぱしから探し当ててすべて読んだのである。 

 皆さんもこういう経験はないだろうか? 

 それまで気にもせずに読みとばしていたアーティストの記事を、ある時いきなりファンになって全部さがし当てたというような。


いきなり大ファンになって短期間にアルバム全部を集めてしまったというような…


そういったバンドはたまにあるが、そんなにたくさんはない。

 私にとってそういう思い出があるバンドのうちの一つがこのFOREIGNERである。

 次の日から大ファンになって雑誌等をたくさん調べていくうちに、このバンドがとてつもなく凄いバンドであることを知って私は驚いたものである。


その凄さは、次回以降に詳しく述べていきたいと思う。

 このアルバムは非常に良いアルバムである。

 そう思った人は相当な数いたようで、全米15位にまで上昇するのである。

 私としては非常に好きなアルバムであり、

 FOREIGNERのアルバム中、間違いなくベスト3にはいる良いアルバムであることは間違いない!

 このアルバム発表後、ル―グラムとバンドのリーダーであるミックジョーンズとの確執が深まり、ル―は脱退しソロ活動に入る。


そして94年に復活するのである。



●この素晴らしいFOREIGNERのアルバム購入はコチラから出来ます!  


輸入盤
  ↓


Inside Information

国内盤
 ↓


インサイド・インフォメーション(紙ジャケット仕様)


■彼らのベストアルバムはコチラ!

  ↓
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・フォリナー (ワーナー・スーパー・ベスト40)



DREAM THEATER,NICKELBACK,ORIANTHI,MICHAEL MONROE、SLASHの参戦が決定した今年のサマーソニック(8/7,8/8)
dream theter nickelback.jpg orianthi.jpg  monroe.jpg slash.jpg

               summersonic.jpg 

 9月25日26日 さいたまスーパーアリーナでの公演も決まったMETALLICAの公演も決定!
メタリカ

チケットはこちらからどうぞ!





 

 メルマガ読者さん募集!

 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ


このメルマガオススメの店です。

新宿レコード 良品たくさん取り揃えております!

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/97-eee19ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック