HR/HM温故知故
かつて一世を風靡したHR/HMについて、私の個人的な思いいれ、独自な見方、ニッチな情報、そして映像を提示していきます
93年 フォリナーを振り返る!


外人

 93年、ついにル―グラムFOREIGNERに復帰する!

 ル―とこのバンドのリーダーであるミックジョーンズは、 85年発表のAGENT PROVOCATEURに収録されていた
”I Wanna What Love Is”全米ナンバーワンヒットにより、ミックのバンドの音楽性のポップ化への意向を拒否し対立することになる。

 しかし、このバンドが発表した87年INSIDE INFORMATIONは非常に優れた作品であり、このバンドのこれからの未来を輝かせられる予感に満ち溢れていたともいって良い!

 
しかし、ミックが意向していたポップ化へ、ル―は耐え切れず、バンドを抜けソロ作品を作り、その後元WHITESNAKE~RIVERDOGSのギタリストであったヴィヴィアンキャンベルたちと一緒にバンドSHADOWKING(下図)を結成し、アルバムも作るが1年ももたずに解散してしまうことになる。
影王

 一方FOREIGNERは、ル―抜きで1枚のアルバムを発表するが、これが全くと言って良いほどチャートからは相手にされず、また再びル―を呼びもどしてバンドをやろうということになった!

 しかし、私はル―FOREIGNERの偉大さを全く知らず、ことル―に限ってはSHADOWKINGしか知らず、FOREIGNERが元メンバーを戻して…と言われても、全然ピンとこなかったのである。SHADOWKINGと言っても、プロダクション不足でそんな手を挙げて喜ぶような出来ではなく、ル―が戻ったといわれても、ああそうなの、といった程度であった。

 しかし、その後FOREIGNERINSIDE INFORMATIONを聴いてから、もの凄いファンになり、一気にこのバンドについて調べるようになり、その後知ったことでは、

 FOREIGNERLED ZEPPELINBON JOVIよりも凄い記録をもったバンドである!

ということを知って、このバンドの一傍観者であった私は、このバンドの一大ファンとしてル―の再加入劇を間近で観ることになる。

ぼん zep.jpg

 ル―再加入においまず、新曲3つを入れたベストアルバムを発表する。

 ル―の声も、ミックのプレイも共に非常にエモーショナルでメリハリの利いた技が冴えわたっているのがわかる。

これは、新人ではできないベテランの領域に差し掛かったミュージシャンでしか出せない味である。

 その他、ドイツのFAIR WARNINGのヴォーカリストのトミーハートが一時バンド解散後に作ったSOUL DOCTORというバンド名は、このベストアルバム収録の新曲の3つのうちの1つ”Soul Doctor”であることは非常に有名である。
その”Soul Doctor”もこのベストアルバム収録である。

 ル―在籍時のFOREIGNERのベスト曲兼新曲収録のアルバムは以下である!




 LED ZEPPELINBON JOVIよりも凄い記録をもったバンドであるからして、そのタイムリーなアメリカでのFOREIGNERの受け入れ様は、かなり凄いものがある!

 その凄さを垣間見れるのが以下のLive At Deer Greekである!



●”Feels Like First Time”
   ↓



 まさに、ベストオブベストの選曲であり、ル―の脱退から7年を経て、再結成されたファンの喜びもひとしおという感じで、観ていてコチラも嬉しくなる。

 このバンドのINSIDE INFORMATION (下図)を聴くことがなかったら、おそらくこのバンドについて詳しく調べるということはなかったはずだし、このライヴ映像も見ることもなかっただろう。

inside information

 もしINSIDE INFORMATIONを聴くことがなかったら…そんなことを考えながら観て、つくずく運命の偉大さを考えざるを得なかったのである。

 もし、FOREIGNERの偉大さを知らずに、いきなりこのライヴビデオをみたら、あまりの観客動員人数の多さに度肝を抜かれたことは間違いない。

●“Head Games”
   ↓



 長い年月を経て、またバンドが元の鞘に戻るという時、いきなりニューアルバムを作ると、関係がぎくしゃくして、上手くアルバムを作ることが出来ずに終わってしまうこともよくある。

 しかし、この場合にはいきなりそうはせず、ツアー敢行したことによりより強い結束が生まれ、ツアー終了後に作ったアルバムMr.MOONLIGHTは最高傑作と肩を並べるほどの出来を誇るのである。

 その良さ云々については、次回以降にリポートしたいと思う。

まずは、この曲である。

 FOREIGNERはレコードが全盛期の時代にデビューし、この曲は まさに、そんな時代を象徴するような、そんな時代的な雰囲気を擁した曲である。

 にも拘わらず、CD全盛の当時にも全く違和感なく聴けて興奮の胸の内の震えが止まらないのは、非常に興味深い現象である。

 
この曲は、これまでの全時代のバンドのベスト曲を収録したベストアルバムにも入っている。

●“Waiting For A Girls Like You”
     ↓



 この曲は、FOREIGNERファンにとっては、堪らない名曲である。

 全米NO,1を記録した”I Wanna Know What Love Is”である!
この曲において、クリップと同様の設定を施している。

 数え切れないほど大勢の人をステージ上にあげて斉唱しているところは、思わず涙を誘う!




これらの他、以下のセットリストで演奏がなされている。

Long Long Way From Home
Double Vision
Head Games
Waiting For A Girl Like You
Blue Morning
Cold As Ice
That Was Yesterday
Feels Like First Time
Urgent

このベストライヴを収録したDVDがコチラである!
   ↓





DREAM THEATER,NICKELBACK,ORIANTHI,MICHAEL MONROE、SLASHの参戦が決定した今年のサマーソニック(8/7,8/8)
dream theter nickelback.jpg orianthi.jpg  monroe.jpg slash.jpg

               summersonic.jpg 
 9月25日26日 さいたまスーパーアリーナでの公演も決まったMETALLICAの公演も決定!
メタリカ 

11月30日 12月1日 東京ドーム公演が決まったBON JOVI!
BON JOVI


チケットはこちらからどうぞ!






メルマガ読者さん募集!  

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurokennes.blog60.fc2.com/tb.php/99-bcba98ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック